御中の手紙(封筒)やメールでの使い方と書き方様・殿 ⇒ 様

御中と様を併用して使っている手紙やメールを
見かけることがあります。

これはすぐに御中と様の使い方を分かっていないなと
判断することができます。

そもそも御中は特定の誰かではなく、
課や係に対して封筒やビジネス文書を送る際に使います。

「ご担当者様」と同様の意味だと考えて置き換えると
使い方や書き方で迷うことはないでしょう。

一方で様は、ご存知の通り特定の誰かに対して使うものです。

宛先の会社や事務局の担当者の名前を分かっているのであれば、
名前の後に様をつければいいわけです。

(○)「株式会社ABCDE 人事課 御中」
(○)「株式会社ABCDE 人事課 鈴木一郎様」

(×)「株式会社ABCDE 人事課 御中 鈴木一郎様」

御中の意味や使い方をよく理解しないままでいると、
マナーの分かっていない人間だと判断されてしまいます。

会社間であれば、会社の信頼や信用を損なう危険性があります。

就職や転職の際には、宛名の御中や様の書き方を誤ったために、
履歴書さえ読んでもらえないこともあります。

採用係や採用担当に履歴書を送る際には特に注意が必要です。

ただ、就転職の際は、企業の採用担当の名前が
具体的に分かっているケースは決して多くないはずなので、
基本的には様を使うのではなく、
御中のみを使うと考えておけばよいでしょう。

ちなみに寺や神社、病院や市役所に郵便ではがきを出す場合にも、
御中と様に関する考え方は同様です。

メールやFAXもしかりです。

相手のことを知っているのなら様、それだけのことです。
御中と様をしっかり使い分けましょう。

使い方