御中の手紙(封筒)やメールでの使い方と書き方係・課 ⇒ 係

御中は、例えば係や課に対して手紙やはがきを送る際、
宛名の部分に使います。

その会社なり事務局の係の中の、特定の誰か宛に書類を送る際は、
名前の後に様や殿をつけます。

御中は全く必要ありません。

係の中のこの案件を担当している担当者の方、
名前は知らないけどどうか受け取ってください、
というときには係の後に御中が必要です。

係の中の誰かしらがこのあなたからの書類を受け取り、
担当者へと書類を渡してくれるわけです。

意味を一度理解すれば、単純な使い方ですし、
今後間違うこともありません。

でも、いつまでも書き方をあいまいにしておくと、
いずれマナーのなっていない人間だと思われたり、
会社の信頼を失うとして、
部長や課長に怒られてしまうかもしれませんね。

怒られるくらいならいいですが、
これが係の中でも採用係などに履歴書を送る際に起こってしまうと、
就職や転職の際に取り返しのつかないことになってしまいます。

ここで今一度確認しておきましょう。

(○)「株式会社ABCDE 人事課 採用係 御中」
(○)「株式会社XYZ 人事課 採用係 山田花子様」

(×)「株式会社XYZ 人事課 御中 鈴木一郎様」
(×)「株式会社XYZ 人事課 採用係 御中 山田花子様」

係の中でも採用係には十分注意しましょう。

ちなみにこれは、郵便や銀行の係、市役所や学校の係に
手紙や封筒を送るときにも同様の考え方です。

あるいはメールやFAXといった媒体を使う場合も同様です。
ぜひ今後の参考にしてください。