片道切符社長のその後の目的地は?ALSと共に生きる恩田聖敬のブログ

株式会社まんまる笑店代表取締役社長。サッカークラブ『FC岐阜』前社長。 FC岐阜社長就任と同時にALS(筋委縮性側索硬化症)を発症。その後も社長業を続投していたが、2015年11月末の公式リーグ最終戦を以って病の進行により、止む無く社長を辞任。 2016年4月25日に取締役を退任し、FC岐阜の業務から離れる。2016年6月30日、株式会社まんまる笑店を設立、代表取締役社長に就任。 ブログを通して、自分の現況や経験、考えを発信しています。ビジネスやALSについての発信を通じて、社会とつながりを持てればと思います。

娘の算数の宿題シリーズ 今日は小数の計算です。 0.4+0.6= 娘の答えは1.0、計算ドリル(通称けド)の答えは1。 娘は、「先生が1.0でもいいと言ってた!」と主張。 ...

先日、娘の誕生日でした。 何か特別なプレゼントをあげられないか思案していると、ある人の言葉を思い出しました。ある人とは、ALSに罹患した母親のもとで育った女性で、「母が誕生日に手紙をくれた。今でも大切に持ってる」と仰っていました ...

日本語の難しさ 日常生活で感じること。 ⑴車椅子をティルト(座面と背面の角度は変えずに椅子ごと傾ける)するとき 介助人によって、 起こします、倒します、あげます、下げます、というよう ...

障害者と選挙 先の衆議院選挙のことです 投票日は県外で仕事があったため、秘書を連れ立って期日前不在者投票に行ってきました。投票場所は最低限のバリアフリーとなっており、スムーズに中に入れました。 ...

病人じゃない 私は、講演などで人前に立つときは、身だしなみに気をつけます。Tシャツではなく襟付きシャツ、ジャージでなくスラックスにベルト、スニーカーでなく革靴、腕時計をして、髭と鼻毛の手入れして、、、 A ...

中日新聞コラム「サポーター日記」より 2017年10月1日15時キックオフ。FC岐阜対名古屋グランパスの公式戦。記憶にも記録にも残る試合となりました。まず記録は、17,027人と歴代観客数を大幅に更新しました。J1ライセンス取得要件の「観客席15 ...

るくぴあ 本日は、障がい者雇用の"円滑化"と"負担軽減"を実現するWebサービス「るくぴあ」を紹介させていただきます。 これは、障がい者従業員の不安や悩みを、同じく障がいを持つカウンセラーがTV電話を利 ...

「FC岐阜あかんね〜。」最近、病院などで声をかけられると、このような話になってしまっていました。しかし、前節のアウェイ千葉戦は、風間選手のハットトリック(1試合で3得点すること)で見事勝利しました。これまでのモヤモヤを吹き飛ばす試合でした。いよいよシー ...

言葉と向き合う 私は日常会話を口文字で行っている。そのせいか、言葉に対する感覚が磨かれた気がする。 いかに短く、わかりやすく伝えるか、いつも必死に考えている。口文字をやると、助詞や句読点の威力を思い ...

社名の由来 ~「まんまる笑店」に込めた思い~ 「まんまる」 私は「まる」が好きです。なんだかホッとするかたちです。まるを進化させた「まんまる」はとっても優しい響きです。まる=輪、まる=切れ目がない、温かい言葉です。 ...

高校野球の季節ですね! 突然ですが問題です。 A県の甲子園県予選に参加する高校は200校です。トーナメント形式で試合し、必ず1試合で勝ち負けがつくと仮定すると、A県の県予選は全部で何試合になるでしょう? ...

FC岐阜サポーターにとっては、ひたすら我慢の状態が続いています。サポーターは信じています。ナイターのホーム戦で、二試合連続で観客六千人超えが、その証拠です。満員のゴール裏が、その証拠です。だから、選手も自分たちを信じてください。我々サポーターが、信 ...

173cm/58kg 現在の私の体型です。 密かに、ALS罹患前のベストウエイトです。1年ほどキープしています。よく、お腹出た?とか、ふくよかになった?とか言われます(笑)今日は、具体的な食生活を紹介します。 ...

滋賀県、茨城県から講演依頼キター(笑) 受ける方向で調整してます!引き続き、お声掛けお待ちしています。 話変わりますが、先日の講演に娘と息子が聞きに来てくれました。最前列で、時に笑い時に真剣な表情で聞いていました。 ...

今週、岐阜県のALS患者さんが亡くなりました。 発病から44年、気管切開から30年。 私のこれまでの人生よりも長い闘病生活。 このような方の苦労が礎となり、今の障害者を ...

ゴロンinNAGOYA 既にFacebookで多くの人が発信していますが、7/2にALS啓発イベントが行われました。 今回は、私の中のALS界のヒーロー 東の横綱、ALS協会会長の岡部さん ...

↑このページのトップヘ