★が、がんばっています。今日も更新です。
 やっと追いつきました、18ヶ月以降のスケジュールです。
 12-18ヶ月と違う点について、BABY編と同様に太字にしてみましたが…上手く反映できているかな?


★P120〜124
☆18-24ヶ月の幼児のためのスケジュール
☆食事時間
 朝食-午前7時/7:30
 昼食-正午12時/12:30
 夕食-午後5時

☆お昼寝の時間
 午後12:30/1時-午後2時/3時


 日中の最大睡眠時間合計-2時間

☆午前7時/7:30
・幼児は、通常6:30-7時の間に起きます。
 おむつを替え、朝食の前に母乳か、全脂肪乳を1カップ飲みます。
・食事の前後に自分で手を洗うようにさせます。(まだ手助けは必要でしょう。)

☆午前8時/8:30
・あなたが身支度をしている短い時間、子供は1人でご機嫌で遊んでいなければなりません。
 洗濯機をかけたり、昼食の一部を用意しておくのにいい時間です。
・もしまだだったら、子供の歯を磨いてゆすぎ、着替えをしておきましょう。
 この段階では、服をほとんど自分で着られるようになっていなければいけませんが、ボタンなどではまだ手助けが必要でしょう。

☆午前9:30/10時
・いつ起き、朝食をとったかによりますが、少しの水か、よく薄めたジュースと果物を少しとる必要があるかもしれません。
・昼食の食欲を削がないように、10時以降には飲食物をあげないように努力しましょう。


☆午前10時
・この時間には、幼児の活力(energy levels)は最高潮を迎えます。
 退屈を避けたいのならば、なにかの遊びを計画しなければなりません。
 公園に行く、サークル仲間で遊ぶ、スイミング、その他の社会的活動が効果的でしょう。
 外に出掛けるのが不可能な場合、家や庭でご機嫌でいるためには、あなたが子供に注意を払っている必要があるかもしれません。
・週に1.2回、習い事に通わせるか、遊びの種類を変えて、あなた以外の人の世話になるような機会を作りましょう。保育園を始める準備になります。

☆正午12時/午後12:30
・活力は低下し始め、空腹になってきます。
 余裕をもって家路につき、昼食を作るか、温め直しましょう。
 もしその日朝早くに起きたとしたなら、食事時に疲れすぎになってしまわないように、10-15分早く食事を開始する必要があるかもしれません。
・もし昼食を温めたり、準備したりしている間に怒りっぽくなる様子を見せたら、野菜か果物を口にしていると良いかもしれません。
 水やよく薄めたジュースを与える前に、ほとんどの固形物を食べ終えているようにしましょう。
 食事のほとんどを自分でスプーンを使って食べるようにさせましょう。
 手づかみ食べできるものを必ず用意しましょう。
・大部分の食事の後、あなたが片付けをしている間は、果物かチーズを1人で食べていられるようにしましょう。
 もしもう食べる気がないようだったら、おもちゃをか本を与えましょう。
・子供用の小さい机と椅子か、大人の椅子に着ける補助椅子にいればご機嫌でいられるかもしれません。
 食事中は、絶対に目を離してはいけません。
・必ず、食事の前後には自分で手を洗ってぬぐうようにさせます。


☆午後12:30/1時
・一番長いお昼寝に向かって準備をしましょう。
 それに先だって顔と手を洗い、おむつを替えておきましょう。
・2時間以内の昼寝をします。
 もし午前7時/7:30まで寝ている子ならば、もう少し短くていいはずです。

☆午後2:30/3時
・授乳か、牛乳か、よく薄めたジュースを飲みます。
・おやつとして、果物を少しあげましょう。

☆午後3時
・午前中に非常に疲れる活動をしたのならば、午後はもう少し静かな活動へと変化を付けましょう。
 もし午前中に静かだったなら、午後は体力的な活動をしましょう。
 天気が許すのならば、公園で歩いたり、庭を走って新鮮な空気を吸ったりするのは、前の活動に関わらず、夕食前の活動としてはふわさしいでしょう。
・夕食前に、遊んでいた全てのおもちゃを片付けさせましょう。

☆午後5時
・水や、ミルクをコップから飲む前に、固形物のほとんどを食べ終えているようにしましょう。
 就寝前によくミルクが飲めるように、この時間の飲み物は最小限に抑えることは未だに重要です。
・手づかみ食べできるものを用意しましょう。
・食事が終わったら「ごちそうさま」を言い、使ったお皿やコップを流しまで運ぶようにさせましょう。

・食事の前後には必ず手を洗わせましょう。

☆午後5:45
・夕食と就寝前の準備の間をあまり空けないようにしましょう。
 この月齢の幼児は、おもちゃと一緒に1階へ置いておかれればすぐに興奮して遊びたがるようになります。(1階=リビング、2階=寝室という設定らしい)
・手を握ってやれば、2階まで片足ずつ交互にあげて上れるかもしれません。
・お風呂前にほとんどの服を自分で脱ぐことができ、経験から、どこに脱衣籠があるかも分かっているはずです。
・お風呂を準備する間、おまるにちょっとの間座っていられるようにさせましょう。
・乾かしたり、クリームを塗ったりするのにまだ手助けが必要でしょう。
 けれど、おむつを着けたら、パジャマはボタンなどの手助け以外、自分で着られるようになっているはずです。
・翌日の服を2つの中から選ばせましょう。1着選択し、出して準備しておきます。


☆午後6:30/7時
・今は静かにする時間だとわからせるために、明かりを暗くしておきましょう。
 本を選ばせ、読み聞かせに参加させましょう。
 1ページに1.2行の、とても簡単なお話についてくることができるかもしれません。
 ページをめくったり、本に出てくる物を指したりすることができるでしょう。
・この時期の幼児は、就寝前の時間を引き延ばしたり、儀式を変えようとしたりします。
 重要なのは、本の追加要求とかミルクのお代わりだとかいう脇道にそれたり、遅らせるための策略にはまったりしないようにすることです。
 就寝前の授乳や読書は15-20分にしましょう。
 それ以上執着するような様子が見られたら、ベッドに入っているなら子守歌やお話のテープを20分かけてもよいということにします。
・就寝前のミルクは全てコップから飲むようにし、常に就寝前には歯磨きが終わっているようにしましょう。
・弟か妹ができた時のスケジュールへの準備として、あなたが授乳している同じ時に膝の上に座らせておくことはできないので、読み聞かせの間、幼児を椅子やベッドに座ることに慣れさせておくことは良いことです。



★ …だ、だいぶ違うなぁ、Hのと。
 「でも、ま、いっか」と思えるのはもう1年半もやってきて、「重要ポイントさえハズしてなきゃ多少変えても問題ない」ことがわかってるからだ思います。
 ちなみに、大きく違うのは以下の事柄です。

・朝、就寝前の授乳がない
・朝食時間がもっと遅い(私も7時に起きるので、8時頃一家で食べます…)
・午前10時のおやつがない(牛乳のみです。牛乳の総量は1日200mlくらい)
・昼食時間がもっと早い(12時からネムネムモードになるので、それまでに食事の大半が終わっているようにします。食後は午後1時まで起きてられます)
・午後のおやつ以降が15-30分ずつくらい後ろへずれています。(風呂あがりが午後6:45くらいで、ダッシュで読み聞かせ、「おやすみ」)
・週1.2の外部での習い事をしていない(四六時中私と一緒…これはちょっと心配です。人見知りはないですが、外では寡黙です)