2019年03月02日

作業所の先輩が亡くなった

昨日、元作業所のメンバーさんから電話があり、
作業所の一番古株の大先輩が病気の為亡くなった
という情報を伝えてくれた。

担当のスタッフからは何も連絡が無くて、
来週ミーティングがあるので、その場で話が
あるのかもしれないけど、もしその情報が
本当だとすれば、担当スタッフが一番付き合い
が長かったから辛いのかな、とも思う。

僕も約10年身近に居たので、本当に
信じられなくて、正直作業所に行くのが怖い。
行って本当の情報が確定してしまうのが怖い。

いつもおおらかで作業所のことを考えていて、
みんなのことを常に気にかけていた人だった。
仕事のことも、人間としてもとても学ぶことが
多い人だった。

もうため息しか出なくて、昨夜はほとんど眠れず。
まだ死んでしまう歳ではないのにと思ってしまって。

でも、作業所を本当に大切にしていた人だったので、
何としても営業を続けることを願っていると思う。

すぐにその人の代わりなんて務まる訳なんてないけど、
僕も意識をレベルアップさせて、引きこもり体質を
脱出して、せめて出勤日数を増やしたい。

数年前に担当スタッフにいずれはあなたが先輩たちの
ようになって欲しいと言われたこともあった。

教育係を嫌でも引き受けていたのはそういう思いを
大切にしていたからでもあり、先輩の負担を軽くする
為でもあった。

今はやっぱりため息ばかりで何も手が付かない。
元作業所のメンバーさんから突然知らされたと
いうのも何だかスッキリしないものがあるし。
担当スタッフから聞きたかったな。

とりあえずは次回のミーティングを休まないように
体調を整えること。

気持ちのギアを一段アップさせること。

何としても作業所を潰さずに営業を続けること。

歯科医院通院の終わりも見え始めて来たので、
終わったら一つづつ実行に移していこう。

いつもおおらかに笑っていた人だから
天国でも笑ってくれていると良いな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


one_more_chance_2015 at 23:52│Comments(0)日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

かずやん