2011年12月22日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 まとめ

いろいろ8回に分けて書いてきたけれど、いわなければいけないことをしっかりと書くことにする。

一つ。
何かをなそうと思うなら、事前に真剣にいろんな人と話し合い、相談すること。
特に今まで同じようなイベントをしたことがある人、コミュニティの中心にいる人達とは話す必要がある。

一つ。
計画を練るときはまず、目的をしっかりとさせてからにすること。
何のためにするのかを決めなければ、内容がぶれたり発散してしまう。

一つ。
人に依頼するときは、その人の背景、依頼の仕方を考慮すること。
そのために、依頼する人がどういう人なのか、頼んでも大丈夫なのか、どういう頼み方が良いのかなどを周りの人に相談すること。

一つ。
行動をする際には、周りにどう見えるか、どう映っているかを考えること。
主催をやる、誰かにモノを依頼する、そういったことをしているときは、特に自分の行動を他の人は見ているため、外に移っている行動によって他の人がどう思うかを考えて行動すること。

一つ。
事前準備はしっかりと行い、体制と期間をキチンとしておくこと。

一つ。
宣伝はしっかりと行うこと。
できるだけ多くのコミュニティに貼り、生放送に自貼りしに行くことでいろんな人に知ってもらうことが大事です。

一つ。
人に何かを依頼するときは、ログに頼らずにその人がいるところで1から説明する。
1から説明がしやすいようにしておくのがなお良し。

一つ。
生放送と動画の投稿は事故に遭う可能性がかなり高いため、それらを想定した予定を組んでおくこと。

これら、8個をこれから守っていかないと行けないと思ってます。
こんな感じ。

その8からかなり時間が経ってしまったし、祭りからもしばらく時間が経ってしまいました。
それでも、最後にこれだけはいわせて欲しいです。
ボカマス祭り5に中で関わった方々、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
自分の不手際と配慮が足りないところでかなり嫌な思いやいらぬ苦労をさせてしまいました。
それでも、オープニング動画、エンディング動画をあげることができたのはその人達のおかげでした。
本当に、本当に、ありがとうございました。  

2011年11月29日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その8

まずは生放送についてです。
ある方の生放送にてボカマス祭り5を特集してもらいました。
基本的にホストに采配を任せていたのですが、それでも自分の発言は要領を得ないモノでした。
ボカマスにこうなって欲しいというのがあるんですよと言っておきながら、それについてはっきり言えないという対応にも困る発言をしていたのは主催としての発言ではないなと思っています。
 ※生放送で発言する際には、事前に何を言うのかカンペまで用意しておくのが、いいでしょう。喋りなれている人でも何をしゃべりたいかは事前にメモっておくのがベターでしょう。

次に、フライング生放送です。事前にマイリストでの放送には準備をしていたのですが、本番中にマシンのネットが重くなる、繋がらなくなる、マシンが起動しなくなると言うトラブルに遭いました。今までは放送中にそういったことが起きなかったので、油断していました。生放送で何も流せない状態のまま、30分ほどもう一人の主催と生放送を見てくださっていた人たちに場を持っていただいてました。メインPCのほうが復活する見込みがあまりにも遅かったため、急遽サブPCの方でニコヘルを入れ直して、放送を再開しました。しかし、30分も何もながしていなかったため、本来フライング放送中にながす予定だった作品がいくつか流せませんでした。PCを止めてから50分ぐらいしてからようやくメインPCの方が復旧して放送もメインPCの方に切り替えた次第です。
 ※イベントの時の生放送をやるときには可能であれば2台PC、そうでなければ、PCとパケ放題などのネット料金が定額のコースに入っている携帯電話を用意して同じ環境にしておくべきでしょう。そうすれば、例え片方が不具合を起こしたとしてももう片方で素早く復帰することができます。

そして、1日目の放送でのイベント告知と、ED動画のアップロードについてです。
OP動画をあげたときは平日の夜であったため、ニコニコ動画のサーバーも全くコンでなくすんなりとアップロードできたのですが、1日目の夜や3日目の夜は金曜日の夜であり、日曜日の夜であったのでかなり混んでいました。そのことを考慮できておらずアップロードにかなりの時間を要しました。
 ※祝祭日、休日、休日の前日はかなり混むようです。場合によっては一時間以上エンコードに時間がかかることも十二分にあり得ます。なので、ED動画については22時30分ぐらいからエンコードに入っておくのが安全だと思います。

最後に、自分の言動というか、発言の仕方、しゃべり方についてです。
以前から何度も言われているのですが、自分としてはそういうつもりで発言していなくても周りからはかなり人を見下ろしている、圧迫面接の面接官みたい、ととられることが多いです。気をつけてはいるつもりなのですが、それでもやはりそうとらえられるような発言をすることが多いので、これはこれからも注意していかないと行けないと思っています。

Voc@loidM@ster祭り5は後、遅刻組フォロー放送が残っていますが、11月14日までの流れを書きました。
次回に、8つに分けた長いこれらの文章をまとめます。  
Posted by one_night_moon at 01:03Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月27日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その7

実際にOPとEDを製作するに当たってのことについて書いていく。

OPについては前述のようにコンテ(ただし、字のみ)のものは作ってあった。ただ、字のみなのでイメージがしにくいと制作する人たちに言われました。
 ※字のみのコンテで作れるのは極限られた人です。下手でも良いので、絵コンテ、もしくは動画コンテを作ると制作する人もイメージがしやすいです。
その状態で、いろんな人をかき集めて製作のお願いをしました。
そこで、MMDを使うにあたり考慮できていなかったところが色々浮き彫りになりました。
一つ、使用するモデルとステージについて。どのモデルを使用するかというのは統一しないとちぐはぐな動画になってしまいます。モデル名だけを決めていたため、製作者の方々にモデルを検索してもらったり、リストがなかったがために、毎回どのモデルを使用するのかを説明する必要がありました。
 ※モデルを指定、決めるときは紹介動画のURLやダウンロード先のURLで指定しないと、製作者がモデルを探さないといけません。また、各モデルの利用規程をよく読んでおきましょう。使用、改造、配布に関しては細心の注意が必要です。
二つ、使用するモーションについて。
どのモーションを使うか、またそのモーションが存在するかを考慮できていなかったため、モーション探し、そして、モーション作成をしてもらうことになりました。私はMMDで動画を作るに当たってどれぐらいの労力がかかるのかをほとんど考慮することができませんでした。そのため、かなり無茶なお願いをしたと後から分かりました。
 ※MMDでどれぐらいかかるかというのは個人の腕にもよりますが、自分で見積もるためにも100フレームぐらいのモーションを作ってみるといいかもしれません。
 ※モーションについてもモデルと同様、前もってどのモーションを使うか、そのモーションが使おうとしているモデルで使えるかどうかを見極めておくことが必要です。モーションを一から作らないと行けない場合は、かなり労力がかかります。(私は未だにどれぐらいかかるのかは分かりません)
三つ、使用するエフェクト、ライティングについて。
完全に考慮できていなかった点です。MMEでどういうエフェクトをかけるのかは人によって違うのに、どうしようかというのが考えられていませんでした。
 ※エフェクトの内容も多岐にわたるので、使用するエフェクトも指定する場合は、URL、値も決めておいた方が良いでしょう。

 ※作ってもらう立場である以上、製作者の方々にはできるだけ動画以外のところで手間をかけさせないようにするべきです。

MMD以外のところ、今回では春香とミクのバーストアピールですが、これもお願いして取ってもらったモノなのですが、確認が甘かったために、ゲームを無理矢理クリアしてもらったのをダメにしました。そのため、当日になって再度ゲームをクリアしなくてもいい衣装で取り直してもらうという事態になりました。
 ※仕事をお願いしている以上、綿密な確認が必要です。そのためには、確認項目をあらかじめ作っておいて、一つ一つチェックしていくのが良いでしょう。確認項目についてもファイルなどにまとめて、制作してくれる人と同意を取っておくと確実です。

ED動画についてはコンテがない状態でした。あったのは、だいたいのイメージを書いた文章のみでした。
OP動画の制作依頼の時に、あるところで「作業員を求めているようだ、制作じゃない」と言われたこともあって、だいたいのイメージだけを伝えて後は全て製作者に任せようと思っていました。
しかし、イメージだけでは動画が作れなかったため、超特急で睡眠時間を削ってまで絵コンテを作ってもらい、そこからシーンを割り振って制作にうつってもらいました。分割して依頼したシーンの合成を考慮して祭りの一週間前に締め切りというのに固執したため、どこでどう転ぶかが分からなかったというのもあり、製作期間が3日というあり得ないスケジュールでお願いすることになりました。
 ※シーン数が少なくても制作にはかなりの時間がかかるため、一ヶ月前の段階でコンテが決まっていないのであれば、よほどパワーのある人が時間を割けない限りは、簡易なモノにするか、無しにする、自分ができる範囲のモノにするという選択肢を考慮するべきだと思います。
 ※私は歌詞や秒数でシーンを作ったりしますが、MMDは基本フレームで制作をします。そのため、お願いをするときはフレーム数で考慮するのが良いでしょう。

制作陣にはかなりの無茶なお願いをしてしまい、そして、そのお願いを仕方なく受け入れてくれた方々がいっぱいいます。というより、主催以外はみんなそうでした。
そんな中で自分は相手にどう見えるかを全く考慮できておらず、また、他の人のことを考えられずに、動いてました。
今回の顛末でまずかったのは、ここのところが大きいです。
これ以外でも、まだあと生放送、動画のアップロード、言動(言い方)についてがあるけれど、それは次回にする。  

2011年11月22日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その6

さて、OP動画を作るという段階に入ったと認識した私だけど、いかんせん、人脈はほぼゼロに等しかった。いや、ゼロと言っていいだろう。
ではどうやって集めたのか、それはすごくやるべきではない手段だと後から人に言われて気付いた。
その人の背景や、やってきたこと関係なく、とにかく手当たり次第にお願いをしまくった。
手伝ってくださいと。
製作期間1ヶ月、コンテは文字だけの状態、主催である自分はMMDをよく使えない、端から見ればすでにデスマーチプロジェクトといえる。
ずっとOP動画とED動画をきちっとしたモノを作らないとという妄執にとりつかれていた自分はいろんな人に声をかけて、失礼なお願いの仕方をして、製作をしてもらった。
そして、さらに馬鹿なことに、全パートをお願いし終わったところで自分は遊んだ、それも他の人に見える形で。
全く人のことを考えずに自分本位な行為であると、後からなら分かる。
 ※主催はまずやらないといけないことと、やっておいたほうがいいことと、やりたいことを整理しておきましょう。
 ※動画を作ることができない人が主催の時は、「手伝って」という依頼の仕方は基本的にダメだと思います。これはED動画製作チームの人から言われたことですが、手伝いだと思ったら制作だったのでびっくりしたと。なので、「制作をお願いできませんか」が正しいのかもしれない。
 ※制作をお願いするときにコンテを用意してお願いした方がいい人と、一緒に最初から作っていくのがいい人といろいろな人がいますが、基本的に作る人は後者です。なので、コンテを作る段階からお願いした方が良いと思います。
 ※制作をお願いするときは、親交のある人にしましょう。そうでない人にお願いするときは、事前に誰かにお願いする人がどういう人なのかを聞いて、相談するべきです。リアルが多忙な人、タスクを抱えている人、いろいろいます。
 ※誰もやらないとは思いますが、書いておきます。人に何かを依頼しているときは、絶対に遊ぶ、怠けるは厳禁。チャットもするべきではないです。というより、そういう暇があってはいけないです。時間があるなら、自分でできることをしましょう。
 ※※(修正)遊んだり、息抜きをするのはリアルがあるのでしてはいけないというのは言い過ぎでした。そういうことをするときは、その様子を見て周りがどう思うかを考慮した上で行動すべきというべきでした。主催の行動はネットに見える部分は特にかなり見られていると言うことを意識したほうがいいです。(助言をしていただいた型、ありがとうございます)

そして、私はこの段階でもう一つの企画を立ち上げます。ボカマス祭り5で告知するべきと思ったために、祭り1ヶ月前になりこのプロジェクトを立ち上げました。やるべきだったのか、そうでないのかはまだ分かりません。しかし、この企画は特性上祭りで告知するべきだと思い、急遽立ち上げました。
遊んでいたと言うことなので、こちらの企画で忙しかったわけではないです。この企画での話し合いなどもしてましたが、時間はあったはずです。
 ※複数の企画を受け持つのは、ある程度なれている人でも大変です。初めてやる人なら一つに絞るのが妥当です。

さらに、この時点でED動画のコンテはほぼゼロに等しい状態です。OP動画を作成することで手一杯で、EDの方に頭が回っていなかった・・・・いや、遊んでいたのだから、回していなかったという言い方が正しいでしょう。ある程度のイメージレベルのモノを一人の人に渡してお願いしましたが、無理ですと答えが返ってきました。1ヶ月でMMDで1本作るのはかなりきついです。
 ※OP動画とED動画の両方に頭が回らないのであれば、どちらか片方だけにするか、誰かにお願いするのもてかもしれません。時間は限られているので、平行に走らせるのが一番だと思います。

OP動画、ED動画にまつわる話はまだありますが、今回はここまで。
次回にも続きを書きます。主に制作の内部に関わることあたりを。  

2011年11月21日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その5

OP動画の制作に取りかかったのは2ヶ月と1週間前あたりから。
これは実際にすごく遅い。動画を作るだけでも2ヶ月は必要だっただろう。
 ※OP動画とED動画に凝ったモノを出すつもりなら3ヶ月前からメンバーを集めてどうするかを話し合うのが良いでしょう。
もう一人の主催とどういう動画にするかを考えてかなり意見が割れた。
これはいきなり詳細のことを詰めようとした結果である。
 ※話し合いは時間と着地点を決めてから、そして詳細を決めるのではなく、一番元となるところから決めないと発散します
そして、もう一人の主催が手術のため2週間入院した。当初は病院内でもネットにつなげられるから連絡が取れるだろうと思ったが、全くそんなことはなく何も進展がないまま2週間が過ぎた。
 ※病院でネットが使えることはまずあり得ません。なので、連絡はつかないと考えるのが普通?。自分は病院から生放送をずっとやってた人を知ってたので感覚が麻痺ってたのかもしれません。
 ※主催が二人以上の時は誰かがメインとなり、全員が揃わなくてもその人が決めれるようにしておくのが良いでしょう。メインの人がいないときは、代役となる副の人を決めておくべきでしょう。
さらに、その次の週は私が風邪で倒れて結局何も進展がなかった。
 ※祭り開始の2ヶ月前からは体調管理はしっかりやりましょう。
その後もなかなか決まらなかったので、自分が無理矢理コンテを作って話し合ってごり押しした。そして、だいたいの同意が取れたのが1ヶ月前である。この時点で製作チームは主催以外は音の人二人とMMDer二人のみ。とんだ、デスマーチプロジェクトである。

今回はここで終わり。
次回は製作に映るまでと制作中を書く。  

2011年11月20日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その4

声かけの話をする前に、告知動画についてちょっとかいとかないといけない。

告知動画について。3の告知と4の告知が結構こっているモノのように見えたので、告知動画も結構こったモノを出さないと行けないと自分は思っていた。そのため、やるよ!と言ってから告知動画を出す祭りの2ヶ月前ぐらいまで構想を練ってはいたが、動画は出していなかった。さらにいえば、間にあずささんの誕生祭があったため、そっちに労力をさいていた。どうしてそうしたかは色々あるけれども、言い訳にもならないからここにも書きません。
その後、周りから早く告知動画を出した方が良いとか、そんなにこったものじゃなくて良いんだよとかいわれたこともありやっとこさ祭りの2ヶ月前に告知動画を出しました。
 ※他の祭りとの兼ね合いや、合作などとの関係、動画制作時間もあるため、最低でも祭りの3ヶ月前には告知動画をだすのがいいでしょう。内容はやるよ!ということと、日付とレギュレーションだけ載っていればそんなにこったモノである必要は全くありません。

告知動画を出した後は、いろんな生放送に自貼りしに行きました。ボカマス生、アイマス総合、ボカロ総合。さらにIRCチャンネルの方もできるだけ多くのチャンネルに告知動画を貼りに行きました。そして、にゃっぽんやぬっぽん等に告知してもらいました。
 ※にゃっぽんやぬっぽん等のSNSで日頃から発言、日記をつけている人をあらかじめ運営に引き込んでおいたほうがいいでしょう。何も言っていなかったのに、いきなり告知を言う人の宣伝を受ける人は滅多にいないと思います。
 ※ボカマスやアイマス総合、アイマスのアイドル別生放送などはあまり制限というか、縛りがありませんが、ボカロ系の生放送は制限事項があるところがあります。貼りにイク前にそこら辺を知っている人も運営に引き込んでおいた方が良いでしょう。(ボカロ総合の新着制限と制限解除時の生放送など)
 ※普段ブログを書いている人であればブログに書くのもいいですし、ツイッターで発言しているならばツイッターでも宣伝すると良いでしょう

次にこえかけの話。
ここにおいて自分はかなりのミスをしていたことをあとで話を聞いて分かりました。
こえかけとは、告知宣伝動画の依頼の件とタグ付けの依頼の件です。
まずは前者から。
基本的に告知動画を出した後の宣伝動画は勝手に作られるモノです。私はそのことを知らずに複数の人にぶしつけに作ってくださいとお願いしました。相手のことを考えずに。
 ※宣伝動画はIRC等で一言、余裕があったらみなさん宣伝動画お願いします!ぐらいで良いでしょう。もし、心配なら自分で作るのが一番問題が起きないと思います。
後者。
タグ付けのお願いというのは、祭りのタグをつけてロックしてくださいというのを何人かに皆が見えるところでしました。相手の考えを知らずに、考えずに。
 ※基本的にボカマスに関係がある人(祭りに出た人、生放送見ている人)は、わざわざ言わなくても告知動画を出せば祭りがあることは認知します。それでもタグをつけていないときはその人なりの考えがあるはずです。タグ付けのお願いなんてもってのほかです。
 ※ボカマスに普段関わっていない人に対しても皆が見えるところで依頼するのはナンセンスです。どちらにしろ依頼をするのはどうかとも思います。理由は上と同じです。
自分はこの件で色々周りに不快な思いをさせてしまったかもしれません。
本当に申し訳なく思っています。

今回はここまで。
次回はOP動画の制作についての話に入ります。  

2011年11月18日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その3

話は祭りの3ヶ月前になる。

私は祭りのもう一人の主催と二人だけでレギュレーションについて話し合った。そして、レギュレーションを祭り5の告知とともにコミュニティーの掲示板と2chのボカマススレにはった。そのレギュレーションがいかに傲慢なものなのかも考えずに。二人の意見はほぼ方向性が同じだった。
内容の主旨はかなり乱暴な言い方で反転で書く。
ボカロとアイマスの要素が入っていること。MMDのみでのボカロは認めない。人力ボカロというだけでボカマスとは認めない。
そして、IRCにて自分たち主催二人はいろんな人から質問をされることになる。おまえ達は何がしたいのか、この作品はボカマスなのか、ボカマスじゃないのか、なぜわざわざ今までのレギュレーションではなくて、変更を加えたのか。質問の内容はそんな感じだった。
自分は何がしたいのかという問いには「祭りがしたい」と答えた。
ボカマスなのか、そうでないのか、作品を何個かあげられて聞かれたけれど、答えられない作品があった。
なぜ変更を加えたのか、それについては、自分は前回の祭りにおいてボカマス=人力ボカロという図式ができあがってしまったんじゃないかと思ったから、そして、MMDの方はぱっと見てアイマス、ボカロがわからなくなったから、明確にするべきかなと考えたからと答えた。
そして、いろいろ話しているうちに、ある人に言われて、自分は自分のすきな動画が見たいだけなんじゃないかと気づくことができた。言われて初めてそうであることに気づいた。
そして、レギュレーションを修正し、ボカロについてここまではレギュレーションに入るんだよというものにした。しかし、それだとボカロ側から見てアイマスとは何かがわからないという問題点が残った。これも人に言われて初めて気づいたものである。
最終的にレギュレーションは今の形になったが、それでもUTAUの人たちは自分たちはボカロだとは思っていない人もいるため、いびつな形になってしまった。
※今までのレギュレーション(今回のを除く)はきちんと理由があって、成り立っています。なので、レギュレーションを決めるときには最低限今までの主催に少しでも話を聞いておくのがいいです。
※また、基本的に祭りは入り口を広くしておくことが参加者を増やす手であると思います。なので、制限は基本tけいにいりません。
※どんな祭りにしたいのかをよく考えてからレギュレーションを決めないと、軸が完全にぶれてしまいます。なので、この時点からある程度どういう祭りにするかをよく考えたほうがいい。

かなり、簡潔にレギュレーションに関する話を書きました。
今日はもう遅いため、次回から声かけについて述べていこうと思う。  

2011年11月17日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その2

前回からの続き

祭りの3ヶ月ちょい前あたり。
主催のもう一人がツイッター上で100RTされたら主催をやると宣言をした。
そして、そのツイートは瞬く間に拡散され100RTに近づこうとしていた。
おそらくこのとき主催のもう一人は本気で主催をやることは考えていなかっただろう。
しかし、その流れを見て自分は焦った。
なぜなら、言ったもの勝ちなところがあるからだ。
宣言を自分でしたつもりになったときから、どういう祭りにするべきかを自分なりに自分だけで考えていた。
それが不意になると思ってIRC上で彼に待ったをかけた。
端から見ればものすごく傲慢である。
※これも周囲に事前に相談をする、もしくは話をしておけば防げた、もしくは誤解しなかったことである。

そして、無理矢理主催のもう一人をたてて、ダブル主催と言うことにしてIRCやツイッターで宣言をした。
日程については事前に決めてた考えを提案したつもりだが、そも主催をやることを考えていなければ日程についての考えなんてあるわけではないから、彼に賛成してもらえたと思っているが、押し通したともいえる。
 ※複数人の考えをまとめるときは自分の考えを言う前に相手に考える時間を与えるべき。もしかしたら先に相手の考えを言わせてから、それを考慮した上で自分の考えを言った方がいいかもしれない。

今回は時間が遅いのでここまで。
次回はレギュレーションに関わるところについて書くつもり。  

2011年11月16日

Voc@loidM@ster祭り5 顛末 その1

まずは始まり、自分にとっての始まりの時から振り返っていくことにする。

はじまりはSkypeのある部屋での会話だった。
それまでに何度かツイッター上で悪ふざけというか悪のりで「やるよ〜」と言ったり、言ってる人をRTしたりはしていた。
この場にログがないからというのと、ここに降り帰りを記載する目的(次に主宰する人が失敗しないための覚え書きにするため)には必要ないことだから、日付についてはだいたいでしか書きません。

やるよ〜。
いやいや、できませんよ。
むずかしいね。
そんな感じで話していたと思う。
周りはたぶん冗談だとみんな思っていたんだろうし、いつものネタのつもりだったんじゃないかとも思う。
でも、自分はなんかやるよと言いつつ、なかなか動かない、そんなことを繰り返しているのはうざいんじゃないかと思った。
そして、もう一つ思っていたのは、なかなか表だって本気で動くよといった人がいなかったので、このままでは祭りはもうないんじゃないかと思ってしまっていた。(実際には裏では動いている人がいたことを後で知りました。)
そこで誰にも相談することなくSkype内で「やるよ」と宣言した。
 ※私は軽く見てしまいましたが、実際は主催の仕事は軽くありません。なので、前もって今まで主催やってた人たちに話を聞くとか、影響力の大きい人(ボカマス内でいろいろな人に慕われている人)と話をしておくべき。可能なら2chのボカマススレや身近なボカマス民とも本気の話し合いをした方がいい。(やるよ〜というだけだとそういうネタだととられる可能性は否定できない)
 ※Skypeでの会話はオープンではありません。なので、Skypeで発言してもそのことを知らない人がほとんどです。私はそのことを認識できたのは後になってからです。本当にやると宣言するときは、ツイッター+2chできちんと宣言するのがいいかもしれません。上記の人たちに自分はやる旨と手伝って欲しい旨を伝えておくといいと思います。もし、私に声をかけるような奇特な人がいたら、精一杯手伝わせていただきます。

そして、自分は以前主催だったある人に日付の相談をした。このとき話していたのは、他の誕生祭とかぶせるとそっちとこっちで人が分散してしまうからできるだけよけた方がいいかもということだった。
 ※実際にこれはよかったのかどうかはわかりません。被せて他の祭りと共催する、かぶせて他の祭りと同時エントリー可能にする、どこともかぶらないようにする、どれがいいかはいろんな人の意見を聞くべきです。

ここまでが、だいたい祭りの3ヶ月〜4ヶ月前あたりの話です。

とりあえず、今回はここまでです。次もできるだけ早く更新します。
そして、全部書き終わったら、ちゃんとしたまとめにします。
人の名前は特定は流れからできる人が結構いるとは思いますが、ここでは書きません。
日付についても何日とは特に書きません。直前あたりのところは何日前とは書きます。  

2011年11月14日

Voc@loidM@ster祭り5おつかれさまでした。

自分が主催をやっていたボカマス祭り5が終わりました。
本当に皆さんお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

主催として、かなり色々改善しないといけない点があったので、そこらへんをできるだけ近いうちに載せます。
こうするべきだったとか、こういうやり方があったとか。
つっこみ上等というか、つっこみはいっぱい欲しい。
自分には分かっていないところがいっぱいあるだろうから。  

2011年10月10日

テトの日動画!

テトの日の動画をいくつか。

アシスP。綺麗なアシスP。ボカマス祭り5の宣伝も兼ねてます。ありがとう>< テト生でも流れました。


ナノリータP。いい曲。テトの本気を聞いた。


marimoss。いいねぇ、テトの本気!すばらしい。


木村P。何歳だって関係ない。テトさんじゅうよんさい!


こんな感じ。  

今日のボカロランキング

今日のボカロランキング50位まで。

MAO。やーいやーい、マッシュルーム!マッシュルームカット!


JET。なにやら騒ぎがあった模様。コメントが荒れてるけど、純粋に曲とPVを楽しんだほうがいい。


ほぼ日P。いつも通り平常運転。自虐?w


Ryuuuuu。secretのところの騒ぎの作者さんだけど、曲はすごくいい。


銀河方面P。いい曲。ボカマス祭り5にも出てねw


kihirohitoP。BIG-ALとは珍しい。おもしろい曲。


確定P。ニコマスのさきかけPがPVを担当。曲もよい。


嘆きのP。今日は10月10日でテトの日。いいねぇ。どんどんやってくれたまえ。


かめりあ。かわいい。いい曲だ。


アンバランスP合作。テトの日!いいねぇ、こういうコラボ。


Ryuuuuuuuu。さわぎのあったP。うーむ。曲は其処まで他と頭並べてる感じ。悪いわけじゃないけど突出もしていない。


こんな感じ。  

今日のアイマスランキング

今日のアイマスランキング

介党鱈P。連載もので見ているモノの一つ。プレミアムなのに湯気が消えてなかった・・・・一般回線で見てたのかなぁ。


TJTP。うーむ、えーと、コマンドーのダイジェスト?w ごり押しなのにあっているところが腹が立つw


ておくれP。連載モノで見ているモノのもう一つ。この展開はちょっと予想できていなかった。ものすごく手が込んでいて、見ててあきない。


cyanP。もう、ハルカニは終わってしまったのだよ。宣伝になってないが、おもしろいw


ハムオ。ハム蔵P、超万能で有能!


ぐっさんP。少ない素材でよくぞ作った。すげぇ


saniP。未来が変わってアイドルマスターじゃなくなってる!


影彦P。いいねぇ、良い雰囲気だ。いいなぁ。


いっつP。KAKU-tail単品。響が不憫。


マンハッタンP合作。声まねしている人をよく集めた。でも、北斗がw 歌っているときとしゃべってるときはやっぱり違うんだよなぁ。其処が残念。


しゅんころP。無限ループ、中毒性高し。


にぇいま。もーしょんってそっちかよw 馬鹿じゃねぇの(ホメ言葉)


TataguP。いいねぇ、こういう雰囲気。やっぱり良いものを作りおる。


ぱちモン。やはり来てしまったかw しかし良くできているw


ふらいんP。かわいい!眼鏡って良いよね!


こんな感じ。  

2011年10月05日

今日のボカロランキング

今日のボカロランキング50位まで。

鬱P


糞田舎P


ぺぺろんP


ぢゅ(メラゾーマP)


イカP


融合P


smksyh


かにみそP


あぺじ


こんな感じ。  

今日のアイマスランキング

今日のアイマスランキング50位まで。

P名無し。すごいな、なんというか引き込まれる作品。なかなかに魅せられる。


まちぽんP。デビューしたてでこの出来だと、やつは化け物か。


紅(仮)Pの合作。楽しい。ままままままままっこまっこまっこまっこりりりりっり〜ん。


フィル。何かが足りない。物足りない。コールって最初から入ってると、無しが不自然に感じるのか〜。


投稿者不明。途中で飽きたらしい。うーむ、もったいない。たぶん完成させれば一つの達成感を得られただろうに。


GohGoh。字幕が見やすいね、この馬鹿野郎w 大きいけど大きくないよ。


腰痛P。今回の嘘m@sは宣伝というか、前準備がしっかりしている。すごいな。


61式P。今回始めてみたが、うーむ、この戦車はなんというか、コストパフォーマンスが悪い?使いどころか。


Budweiser Budvar。40人は正直すごい。歌番組っぽい。


びび。ボカマスだこれ〜。いいねぇ、こういう歌詞の見せ方。映像の見せ方。


こんな感じ。  

2011年10月02日

今日のボカロランキング

今日のボカロランキング50位まで。

PolyphonicBranch。相変わらずいい曲書くなぁ。病んでるぜw あぁ、いいねぇw


L-tone。この人も良い曲書くねぇ。良い感じ。


こんな感じ。  

みっけた動画

なんこか、見つけた動画。

アーケードP。すごいな、これ、ほしい。労力すごいかかってる。てか、超人だね、これができるのは。


hitonariP。KAKU-tail単品。明日あがってくるだろうけど、拾ったので。


sevens。MMDでここまで動かせるのがすごい。まさしくDB。


哀川P。やっとこさ続編が来た。


こんな感じ。  

今日のアイマスランキング

今日のアイマスランキング50位まで。

てつろ〜P。KAKU-tail単品。おまえはあずささん派じゃなかったのか・・・・おまわりさん、こっちです!


crongP。KAKU-tail単品。これはすごくいい。綺麗で澄み切っていて、浄化される。同じ枠内での作品がひどかったから・・・・


いちかP。うん、かわいい。けどなんかまだ漫然と踊らせてるだけなような気もする。MMD杯で優勝したやつの印象が強いんだな。


そいP。KAKU-tail単品。かっこいい、そして怖い。すごいなぁ、この雰囲気は自分には作れない。


HBP。また、おまえかw うん、気持ちは分かる。でも、もうちょっとバリエーションも欲しい。


うけうけ。うーむ、歌詞がうまくて腹が立つw くそぅ、ネタ分からなくてもおもしろい。


オボロP。KAKU-tail単品。これはいい、すごくいいちーちゃんだ。千早の最後の照れるのが破壊力抜群。


新幹線と腕相撲をするおじいさん。ろ〜でぃんぐ、ろ〜でぃんぐ、長いのいやだ〜。長くても良いのよ、これは。


リポセイントP。あぁ、釣られましたとも、見事に釣られました。てか、世代じゃないからわかんないよ・・・・


こんな感じ。  

2011年10月01日

今日のボカロランキング

今日のボカロランキング50位まで。

自然の敵P。永遠に終わらない一日。死んでもループする。違う。強制的に殺されてループさせられる。恐ろしい。


takamatt。なんというか、艶っぽい。そして、物語が良い。


ドンガリンゴP。


もにP。


こんな感じ。  

今日のアイマスランキング

今日のアイマスランキング50位まで。

0909デビューP合作。アマガミはゲーム自体はやったことないけど、紹介記事とか見た感じでキャラは好きだったので、俺得動画w


tloP。KAKU-tail単品。かっこいい。さすがはtloP。そして、2が実際にこういう展開だったらすごい萌えただろうなぁと思えてしまうほどにこの動画が熱い!


機能美P。15分と長いのに飽きずに見れる、すごいな、この話の展開。こういう風に作れたらいいな。


くたっP。KAKU-tail単品。あずささんが世界戦を超えてこっちに来てくれないかなぁ。そしたら、全力で愛するのに。


小町P。KAKU-tail単品。ネタがかぶってたなぁw それはともかく見せ方がうまい、かっこいい。


HBP。パンチラねぇ・・・・・よくぞやった。でも、やっぱりパンツに模様がないのがちょっと寂しい。


カレーP。KAKU-tail単品。うん、空気嫁ってその空気嫁はうーん・・・・・実を言うと歌詞はちゃんと聴こうとしないと分からないから、出てきて、おいおいと思ってしまったのは内緒。


NormalP。KAKU-tail単品。かわいいなぁ、どっちも可愛いにしかみえないwどっちもどっちも!


chiroP。KAKU-tail単品。ミルキィホームズは宣材しか見たことないからよく分からんが、とりあえず、コメントの統率の取れ方が異常w


みそP。かわいいなぁ。これはいい動画。


でんP。くそぅ、笑ってしまう。あずささんがネタにされているのに笑ってしまう・・・・構成うまいなぁw


こんな感じ。