【1月14日、成人の日】
平成10年(1998年)生まれ、成人式おめでとうございます。

実は私も今年、20歳になります
私の名前は「明石海峡大橋」です、1998年4月5日、全長3.911m 高さ298.3m
明石海峡を横断して架けられた世界最長の吊り橋です。
image4
「ハマの大魔神」「だっちゅ~の」などが流行語大賞だったそうですよ
                         舞子ビラより姫ライダーさん撮影
image2
地元住民でも見られない、朝日のあたる明石海峡大橋です
                         舞子ビラより姫ライダーさん撮影
image1
夜景です、18時、19時、20時などジャストタイムにはレインボーブリッジになります。
                         舞子ビラより姫ライダーさん撮影
【能登線おわかれ記念乗車券】
                              北陸鉄道株式会社
img235
昭和47年6月24日、羽咋⇄三明 三明⇄羽咋

能登線のあゆみ
能登線(25.5km)は、能登鉄道(昭和18年10月北陸鉄道に合弁)によって大正14年3月羽咋~
能登高浜間14.6kmの営業を開始し、昭和2年6月能登高浜~三明間10.9kmを延長、今日に
いたりました。

【七尾線・能登線】
昔、ゆのくに2号が大阪→輪島・宇出津 輪島・珠洲→大阪がありました
今日のJR西日本七尾線、和倉温泉からのと鉄道、穴水駅までを想像したでしょうか!?。
img233
七尾・輪島・羽咋・和倉・松波・珠洲 各駅入場券。

シリーズ1枚の切符No.45
(毎回、珍しい・思い出の切符を紹介してます)
能登線、恋路ゆき(A型縦3cm×横5.75cmB型縦2.5cm×横5.75cm)
img234
昭和39年9月21日、能登線の仮停車場として開業(夏季のみ営業)からのと鉄道、通年営業
駅に昇格、平成17年4月1日、能登線廃止に伴い廃駅。
全国でも珍しい「恋」のつく駅であるため廃止された今でも多くの訪問がある。
(他にも母恋(室蘭)、恋ヶ窪(西武国分寺)、恋山形(智頭)など)

img236
【思い出の鉄道線】加南線 昭和46年7月10日限りで廃止 44年頃のくたに号とオール
アルミ製電車のしらさぎ号。
片山津線 昭和40年9月23日限りで50年の幕を閉じた 40年廃止日の片山津駅・動橋駅
野町・北鉄金沢⇄馬替・蚊爪 180円×4 昭和53年12月31日まで 北陸鉄道。

「北鉄・国鉄共通乗継券」
img238
能登飯田↔南鳥飼 南鳥飼↔恋路浜 恋路浜↔小木駅前 小木駅前↔宇出津駅前
                                  北陸鉄道
img239
能登飯田から金沢ゆき、往復乗車券、学割、3等、能登飯田発行。
津幡から65.5km、和倉温泉まで七尾線、和倉温泉から28km、穴水までの、のと鉄道
今回は昔とは大違いの七尾線・能登線を集めて見ました。


【川重兵庫工場、本館・展示場、十日えびす】
昭和33年11月1日、日本ではじめての電車特急が東海道本線で営業に入った。
IMG_0003
公募による列車名「こだま」は、行って帰るビジネス特急の性格にピッタリであるとして
、たちまち有名になり、以後、昭和39年10月1日の東海道新幹線開業の前の日まで、東海道
本線における特急の花形として活躍し、新幹線の特急への愛称は引き継がれた。
IMG_0001
今もなお、「こだま形電車」という呼び名を残している
「第1こだま」上りは、神戸→東京 下りは東京→大阪です
❍4151T宮原5:06→大阪5:55→104T神戸6:30→東京13:30→5104T東京13:55→田町14:02△
(神戸発630→大阪発7:00→京都発7:33→名古屋発9:20→横浜発13:26→東京着1350)
IMG_0002
記録によると車両メーカーの工程では川崎車輌がいち早く、8月末には同社の構内試験線上
に最初の一単位4編成が姿を現した・・・とある
11月1日、東京発「第1こだま」は東京汽車会社の編成、神戸発「第1こだま」は、神戸川崎
車輌の編成で、それぞれ出発式が行われ、順調なスタートを切った。
IMG_0090
南北工場内作業牽引車
IMG_0092
北工場から南工場へ
IMG_0094
ポイント切り替えは運転者が自らレバーを手前に引きます。

【十日えびす・熊手】
熊手は「がんじき」の形をしている事から「福や金運を掃き込む」「福や金運を集める」
として縁起物となりました。
IMG_2030
神戸では「柳原えびす」という神戸市兵庫区西柳原町に位置する「柳原蛭子神社」の
十日えびす大祭が有名です。

鉄クマさん次女の家では毎年恒例の熊手を縁起物で購入します。
IMG_2029

今年のメイン熊手(自宅用)→30.000円(ホントは38.000円だそうです)
IMG_2032
倉庫・工場用(関東地区風)→20.000円
IMG_2034
鉄クマさん次女用お気に入り→2.000円
cache_Messagep15136
昨年度の熊手→40.000円(45.000円を5.000円引き)
cache_Messagep15135
昨年度熊手→40.000円
cache_Messagep15132(1)
一昨年熊手→?????円(笑)
今年も皆様方に「福や金運が集まります様に」お祈り申し上げます。

神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。


IMG_0002 - コピー
「きっぷ鉄1番乗りの小島」管理人鉄クマです
兵庫県神戸市より収集暦55年の乗車券・切符、みなと神戸の街を紹介しています。

穏やかなお正月も過ぎ、関西は十日えびすが始まります。西宮神社では本戎、早朝の開門と
同時に福男を目指して、若者たちが本殿に走ります(開門神事福男選び)。
皆様方の応援で2月には開設3年に入り、ブログ検索数が30176回(1/8 22時)になりました。
ちなみに、前回ブログコメント数は74回と最高数になりました
出来る限り良いブログ更新を心掛けて頑張って参りますので応援ほど、今年もよろしく
お願いいたします。

【第60回伊勢神宮式年遷宮記念乗車券】
                             近畿日本鉄道
img227
昭和48年10月1日から昭和48年11月30日まで(取扱期間)
復 発駅→伊勢市内各駅→発駅 往 橿原温泉口駅発行

「式年遷宮・じんぐうしきねんせんぐう」
「式年」とは、20年に一度の“定めの年”「遷宮」とは“みやうつし”の意味で、新しく建て
たお宮へ神様のお遷りを願うことです。即ち「式年遷宮」とは、20年毎に神宮の建物から
調度品一式を作り替え、新しく清浄な神座に神様のお遷りを願うもので、この制度が設け
られた天武天皇の御代から1300年間脈々とつづいている世界にも例のない一大伝統祭事です。

【伊勢電氣鐡道・自動車乗車券】
                                                                                                          縦3cm×横4.5cm

img229
右書様式などから大正初期券かと思われます
乗車券も初めは「手形」「切手」「乗車切手」「乗車札」などと呼ばれていました。

【特別座席券】
昭和35年6月1日、東海道線の特急列車が「こだま」に続き「つばめ」も電車化されたのを
機に、電車展望車「クロ151」がデビュー、車内は豪華なじゅうたん敷きでした。
展望車に対して「特別座席券」を新設、特急券と一緒に発売しました。

img230

①3等級制が2等級制になる1ヶ月前の昭和35年6月1日から出ており、6月中は券面に
等級表示のない様式で発行されました。
②昭和35年7月1日からは新1等の若草色で印刷された。
③昭和37年4月1日から税1割となり1650円。

【オリンピック・万国博マーク入り券】
シリーズ1枚の切符No.44
(毎回1枚の珍しい、思い出の切符を紹介してます)
オリンピック特殊往復乗車券・国鉄ハイウェイバス、東京➡万国博会場
img231
東の東京オリンピック(1964 10/10~10/24) 西の大阪万国博覧会(1970 3/15~9/13)

鉄クマさんの所蔵している硬券でも好きな自慢の切符です。

【D型、乗車券+特急・急行・準急行、一葉式券】
昭和39年2月1日から特別急行券・特別座席券・座席指定券・寝台券を発売する場合は
乗車券とこれに伴う急行券を同時に発売することに改正され様式が生まれた。
img232
特に特急券、寝台券は設備駅が少なかったため希少です。

【川重兵庫工場 in 1 /4】

IMG_0011
穏やかな正月明け、川重兵庫工場です
12/27・12/28ごろから南北各工場の間にある公道(正門前)からの「撮影ご遠慮願い」が
2枚、掲示されました。
この場所は一般車両、各工場移動の社員様、工場内鉄道車両が移動するので関連事故を
想定している川重兵庫工場様のご配慮でしょうか
また、反対側の立場になれば、自分たちが仕事中を撮影されている、良い気分ではない
ですね  自分は良いが相手は嫌がる、これは守らなければなりません。

IMG_0010

決して、目立たない上品な注意です。

むかし、記念乗車券類ブームがあり発売日には長蛇の列で窓口は混乱、駅関係者は整理に
大変だったと思います。
国鉄・各私鉄は赤字解消に売りに売りまくり、広尾線(1日、8往復列車が走り8億円赤字)
の様に幸福ゆき切符熱が14年も続き、鉄道ファンが記念乗車券類を購入し増収になった
ことはJR各社には忘れてほしくない事項ですね。

今はどうだろうか!
記念乗車券類発売日は「前日からの順番待ちはご遠慮ください」から始まりJR各社は
鉄チャンは排除、お行儀が悪い鉄チャンはお断り方針は間違いないでしょう

災害防止の計画運休、山手線自動運転など時代の流れでしょうか。

神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。




【CTC完成記念乗車券】
CTC・ARC(単線自動化)完成記念乗車券
        昭和49年4月1日
                             三岐鉄道株式会社
img220
保々↔東藤原 150円 国鉄富田↔大矢知 40円 保々↔近鉄富田 110円

「ED222」
1925年(T14年)アメリカ・ウエスチングハウスで製造された小型機関車で、元信濃鉄道
(現在大糸線松本~信濃大町)の2号機として活躍していたがその後国鉄に買収されてED
22形式を与えられた。
1966年(昭和31年8月)に当社へ譲渡され現在国鉄富田駅の側線で活躍している。


大阪線特急「あつた第4号」
                                近畿日本鉄道

img225
img226
昭和33年4月12日、上本町発 19時40分 -伊勢中川 上本町駅発行
「あつた」
1952年に設定され上本町を午後発、名古屋連絡宇治山田行き特急及び中川で接続する
名古屋行き特急の名称です。

シリーズ1枚の切符No.43
(毎回1枚の珍しい思い出の切符を紹介してます)
旧属領地劵・連帯乗車船劵(2の2)

img224

昭和15年7月13日、連京線・鞍山(あんざん)ヨリ→大連(307.3km)→大連航路・鴨緑丸→
三ノ宮→北陸本線→青森(1153.6km)→青函連絡(113km)→函館→石北本線→網走(660.8km)

準常備式とは言え鉄クマさん所蔵乗車券類では最長距離乗車券類です
戦前の新幹線もない時代に満洲(中国遼寧省)鞍山から満鉄、連京線で307.3kmの大連で
大阪商船、鴨緑丸で66時間30分(実運航時間、1412km)神戸港へ、三ノ宮から北陸本線
経由で青森(1153.6km)、青函連絡船(113km)で函館へ、函館・石北本線経由で網走(660.
8km)へ 誰が何の目的でどんな想いで満洲・鞍山から網走まで行ったのでしょうか。


南満州鉄道、往復乗車券
img223

大屯より 大屯駅発行(廃券) 満鉄地紋券

大連電鐡、回数乗車券、並等

img222

南満州鉄道、4.6.7 往復乗車券(復路)、旅順より大連、大連駅発行。

【ハット神戸・脇浜、灘の浜】
神戸赤十字病院の時間待ちにぶらり散歩して来ました。
IMG_0139
運河を西へ運搬船(はしけ)を牽引するタグボート
後方の赤い煙突は神戸製鋼所、灘浜工場です。
IMG_0138
方向は南方向、大阪湾です
右側が神戸港の昔の8突堤で左側が摩耶埠頭です、両岸を結ぶ摩耶大橋が手前で、向こうに
阪神高速湾岸線の延長、浜の手バイパスが東西に走っています。

IMG_0148

方向は北方向、左側から人と防災未来センター・独立行政法人国際協力機構、関西国際
センターです、山並みは六甲山系でビルの間は摩耶山山頂の白い塔が見えます。
(ビルの間をアップで見てください。)
IMG_0142

サンシティ・タワー神戸、ヤマダ電機の後方山麓に神戸ハーブ園が見えます。
IMG_0147

方向は西方向、兵庫県災害医療センター・神戸赤十字病院です
ここ、HAT神戸は中央区脇浜海岸通、摩耶海岸通に位置しており、映画館、大型販売店、
大型電機店、県立美術館などがあり、高層住宅マンションがあります
阪神淡路大震災の前は川崎製鉄、神戸製鋼・脇浜工場・岩屋工場の跡地利用です。

【川重兵庫工場in 12/22】
土曜日の昼下がり朝からの雨が止みました。
IMG_0151

⑤⑥と入線がないのでガラっとしていました、④は山陽電車6108(真ん中)とJR四国、
2700系の出場待機です➆は西鉄9000形です。
IMG_0149
都営地下鉄大江戸線12-708先頭車です。
IMG_0150
南工場、都営地下鉄大江戸線12-701先頭車です。
IMG_0152
方向は北方向、出場待機のJR四国2700系、特急形気動車で最後尾になります。
IMG_0157
方向は南方向、反対側、先頭車2751です
川重兵庫工場の出場待機です。
IMG_0154

明日以降の出場だと思います、DF10ディーゼル機関車で甲種輸送します。

IMG_0164
川重兵庫工場、出場待機の2751です、一般道からは見えにくくなっています。
IMG_0167

方向は南方向、和田岬線からの引込線、道路を渡って兵庫工場です
南が和田岬駅、北が兵庫駅に至ります。

IMG_0058

『きっぷ鉄1番乗りの小島』のブログ管理人、鉄クマです
今年も皆様方にはお世話になりました「億の近道」・・・階段から10億円、お札が
いっぱい転がっています(笑)
来年も皆様方にとって最高に良い年になります様に心よりお祈り申し上げます。

神戸は山あり海あり本当に良い街です。
☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。


【蒲原鉄道加茂駅・新設記念乗車券】

img215
昭和53年12月26日
大蒲原↔冬鳥越 110円 加茂↔五泉 390円 村松発行

img216
縦6cm×横6cm
蒲原鉄道 往復乗車券 西村松から五泉ゆき 西村松駅発行
縦6.5cm×横6cm
蒲原鉄道 往復乗車券 村松から冬鳥越ゆき 村松駅発行

蒲原鉄道
昭和60年4月1日に加茂駅から村松駅、17.7kmが廃止され、村松駅から五泉駅、4.2mが残り
ましたが、平成11年10月4日に全線廃止された。

☆蒲原鉄道の鉄道遺産を訪ねてー新潟県
を是非ともご覧ください。
鉄クマさんがお世話になっております「焼きとんちゃん様」のブログです。

越後交通
昭和50年3月31日、鉄道線の旅客営業を廃止
私鉄ならではのデッカイ切符、越後交通ならの変わった駅名(高校前・大学前)判軟券です。

img217

縦15cm×横3.7cm
越後交通 本明から 愁久山  本明委託所発行
縦13.5cm×横3.7cm
越後交通 小曽根から 栃尾  小曽根委託所発行
縦11cm×横3.7cm
越後交通 小曽根から 愁久山 小曽根委託所発行

シリーズ1枚の切符No.42
(毎回1枚の珍しい・思い出の切符を紹介しています)
模擬きっぷ(戦前編)

img214

(裏面)
☆東京から下關まで七〇三里「メートル」では1、131粁                         0001
☆機關車の製作費ー一輌,十万圓 三千圓の住宅が三十三軒出來ます             0001

模擬きっぷの場合は裏面が面白く裏面がメインになる事があります。
img213

(表面)
昭和4年3月12日 主催 鉄道省 鐡道展覧會 ゆき 東京三越 期間3月20日 まで 


「準常備式料金券」
D型 縦3cm×横8.8cm

img219
次の機会に詳しく掲載したいと思います
当時の料金が分かり、面白い料金券です
正直言ってブログ掲載で切符部屋は切符だらけで整理が付かない状態です(笑)

【川重兵庫工場 in 12/17・12/18】
長い~16mの鼻(アルファエックス)を探して・・・ぶらり散歩12/17・12/18
IMG_0106

北方向、右から大阪メトロ・EF210・227系?・西鉄9000形・山陽6109です。
IMG_0107

西鉄9000形と山陽6109

IMG_0130
JR四国2700系特急形気動車2702、JR東日本E5系東北新幹線
IMG_0129
ここは神戸市兵庫区です(笑)善意の盗撮です(笑)

IMG_0104
南工場、兵庫運河岸壁で出荷待ちのE5系東北新幹線、ここから船へ
兵庫運河岸壁から平底のはしけでタグボートに牽引され、神戸港で大型貨物船に乗せられ
車両基地のある仙台港へ3日かけて到着する。
IMG_0121
桃太郎EF210-314、JR四国2702、西鉄9000形(EF210-312は12/18に出場)。

IMG_0118
JR四国2700系特急形気動車2702、つい最近まで2701が見られましたが・・・。

IMG_0117
都営地下鉄大江戸線12-600形、甲種回送後、本牧駅で荷上げされ木場車庫に運ばれる。

「船屋形・重要文化財」
相楽園(神戸市中央区中山手通5丁目)の池泉回遊式庭園にあります。
IMG_0185
江戸時代、姫路藩主が河川での遊覧に使っていた『川御座船(かわござぶね)』の屋形
部分だけが陸上げされたものです。建造年代は1682~1704年の間と推定されます。
IMG_0182
昭和55年に保存のため移築されました。木造2階建、切妻造檜皮葺(きりづまづくりひわだ
ぶき)で内部は1階2階とも3室に分かれていて、前方より「床机の間」「上段の間」「次の
間」となっています。木部は内外とも全てを春慶塗(しぅんけいぬり)と黒漆塗に塗り分け、
長押(なげし)や垂木(たるき)の先には金箔を施した飾り金具を打つなど非常に豪華で繊細な
造りとなっています。
IMG_0186
外人さんは日本庭園が大好きです。
IMG_0102
散歩中にズームイン!
見たことのない野鳥を発見して、逃げないでと祈りズームイン!撮りしましたよ(笑)

神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。


【ブルーライナー登場・新快速電車・増発記念回数券】

img210
昭和47年3月4日、(1)大阪↔三ノ宮 (2)大阪↔京都

新快速とは昭和45年10月1日に国鉄が京阪神地区の東海道・山陽本線系で運転を開始
快速列車の種別の一つで都市間輸送の基軸を担う最速度列車です
現在はJR西日本の京阪神圏とJR東海の中京圏で運行されている快速列車です。

「新快速電車試乗ご招待券」 〈草津→姫路〉表面
img212

「新快速電車試乗ご招待券」 〈姫路→草津〉裏面 

神戸駅発車時刻表 表面
53.10.2 新快速電車神戸駅停車駅

img200
裏面 

【京城電気株式会社 大正 乘車券】

大正4年9月、「日韓瓦斯電気株式会社」は「京城電気株式会社」に社名が変わりました。
                  (キョンソンジョンキ)
tram363-2
img209

乘車券 一區 金五錢

シリーズ1枚の切符No.41
(毎回1枚の切符、珍しい・思い出の切符を紹介しています)
A型券 縦3cm×横5.75cm 大阪より(東海道線經由)東京ゆき 大阪驛發行

IMG_0099

昭和6年7月29日、1931年の切符です
87年前の切符とは思えないほど青色が綺麗で新品同様券です、きっぷ鉄が虫眼鏡で切符を
覗くと、プール台から水中に引き込まれそうになる様に切符に引き込まれそうな魅力的な
素晴らしい切符です。

【第24回 神戸ルミナリエ 2018】

神戸ルミナリエは阪神淡路大震災で亡くなられた方々への鎮魂と、神戸市の復興と再生を
不死鳥になぞられ、1995年から毎年12月に行われている光の祭典です。
             「共に創ろう、新しい幸せの光」
IMG_1955
旧居留地、仲町通り、ルミナリエ西入口玄関装飾
「フロントーネ」、天井と壁で囲まれた回廊「ガレリアコぺルタ」、アーチになった
光の回廊「ガレリア」を通って、メイン会場となる東遊園地へ向かいます。
IMG_1957
ルミナリエ作品はヨーロッパ  パロック時代(16世紀後半、ルネサンス末期)に盛んに創られた
祭礼装飾芸術のひとつとして誕生した光の魅力を駆使した建築物を起源としています。
IMG_1959
兵庫県政150周年記念作品
IMG_1962
ルミナリエの語源はイタリア語で電飾を意味する言葉です
イタリアの芸術家によってデザインされていて、まさに「光の彫刻」「光の芸術」です。
IMG_1960
東遊園地の芝生広場には「兵庫五国」をイメージした4本の塔と光の聖堂「カッサ・
アルモニカ」を設置。
今年のテーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」
ご覧の皆様方には、良きクリスマス・年末を光と共にお迎えしてお過ごしください。

【川重兵庫工場in12/11】

寒い寒い日の川重兵庫工場です。
IMG_0097

西鉄の左側んは京急、京急の左側にはJR四国2700系・EF210-312・西鉄と、どこの場所
でも見られない風景です。
IMG_0086
西鉄・EF210-312・2700系2701・京急・西鉄

IMG_0082
ここは、神戸市兵庫区ですよ!
鉄クマさんの目の前を右から左へ西鉄車両が通り過ぎて行きました(笑)
IMG_0087

JR四国 2700系特急形気動車 2701
12日、JR東日本は次世代新幹線開発に向けた試験車両「ALFA-Ⅹ(アルファエックス)」の
車体を報道陣に公開した
画像のJR四国2700系、西の工場内にあり?一般道からは残念ながら確認できませんでした。


【年末ジャンボ宝くじ・大阪第4ビル特設売場】

大阪梅田の地下に高額当選がよく出ると云われた伝説の売場がございました。
昭和60年、地下通路の混雑解消の為「地下鉄梅田南口」「ウメダ地下センター中央販売」
「梅田地下アーケード」「梅田地下阪神前」の4つの売場が地上にてジャンボ宝くじを
販売させていただくことになりました。(パンフレット・億の近道・抜粋)

IMG_0066

過去5年の当せん実績 56本 127.8億円 (本数には賞金1億円以上の2等及び前後賞を含む)
平成11年ドリームジャンボ以降の当せん実績 297本 563.5億円
IMG_0059

ジャンボ宝くじの発売期間のみ大阪第4ビルに現れるというその売場は、皆様よくご存じ
ジャンボひと筋「大阪第4ビル特設売場」ございます。
本日は、伝説の高額当せん売場の魂を受け継いだ当店にご来店いただきまして誠にありがと
うございます。お買い求めいただいた宝くじが当たりますように。(億の近道より)

💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰
鉄クマさんは何が何でも宝くじ窓口が複数あれば右端で買う信念で右端50枚、「宝くじの
買い方」検索すると、売子さんと目と目が合った時がチャンス!・・答えに従って売り場で
キョロキョロ、目が合えば10枚、10枚、10枚と繰り返し50枚、計100枚買いました。
💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰💰
IMG_0061
年末ジャンボ宝くじ、大阪第4ビル特設売場、10億円の一コマです。
                             なんのこっちゃ~!


神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。

「新幹線博多開業・乗車記念券」
1975.3.10.                          岡山鉄道管理局

img207

「新幹線博多開業記念券」
           ひかりライン 東京↔博多
                         国鉄博多駅 門司鉄道管理局

img205
新幹線博多開業記念券 
                             JNR 門司鉄道管理局
「新幹線博多開業 3月10日 記念特急券」
博多➡小倉
img208
「新幹線博多開業 3月10日 記念特急券」
小倉➡博多

「新幹線博多開業 試乗券」


img203

シリーズ枚の1切符No.40
(毎回1枚の珍しい、思い出の切符を紹介しています)
おべんとう試乗記念新幹線ひきかえけん・福間町

img201

山陽新幹線博多開業は、試乗券・記念券集めやら、大変多くの話題を投げましたが、福岡県
福間町(現 福津市)企画室では2月の7・8両日、国鉄からの試乗招待者に弁当券を発行した。
この弁当券、当日の試乗券の色に合わせて300枚発行されたらしく、印刷はタイプオフ形式
の1色刷り、新幹線のイラストも入っている。

「博多開業 3.10 新幹線のしおり」
img204

50.3.10 東京駅入場券 新幹線博多開業記念 50.3.10 博多駅入場券新幹線博多開業記念

【氷見市のアスナロの木・物語】

                巨大クリスマスツリーが鳥居に
IMG_0025

神戸を代表する神社の一つ「生田神社」です(神戸市中央区)
生田筋を南から北へ赤い大鳥居をいくつもくぐり、本殿に到着する。
IMG_0043
朝早くから沢山の参拝者が訪れる。

神戸・メリケンパークに昨年12月、設置され話題になった
「巨大クリスマスツリー」
IMG_0024
                                                         [昨年12月 クリスマスツリーとアスナロの葉]

樹齢150年のアスナロの木(高さ約30m、重さ24トン)
氷見市の山中→伏木富山港→瀬戸内海→ポートアイランド→メリケンパークと運ばれて
昨年12月にクリスマスツリーとして一般公開されました。

樹齢150年のアスナロの木をクリスマスツリーに公開後に六甲山系に戻してやるとか、イベ
ントの終了後の行先、使用方法で物議をよんだ・・・
アスナロの木に絡んだ裁判沙汰(鎮魂・商魂)になり話題になった。

巨大クリスマスツリーをプロデュースした西畠さんは「クリスマスツリーでは批判も
受けたが、今は感謝の気持ちが大きく清々しい」と話した。
IMG_0032
「鳥居に生まれかわったアスナロ」
ツリーイベントの神事を生田神社が担当したことで、木の一部を鳥居にすることが決まり
7日に奉納された。
IMG_0036
鳥居(高さ2.7m 幅3.3m)は境内北側の鎮守の森「生田の森」にある社の前に設置。
IMG_0039
昨年は大病を患って、アスナロの木の運命に共感を覚えて神戸到着後はアスナロの木を
追っかけていました
久し振りに鳥居になったアスナロの木に触れ今年中の闘病生活の事など色々な話をしました。
IMG_0029
「本殿より帰り道」
方向は南方向、いくつもの鳥居の先には、東西にJR神戸線・阪急線の高架が見えます
富山県氷見市のアスナロの木との再会を喜び参拝を終えました。
IMG_0009
空を見上げると東から西へと飛行機雲が・・・
ズームイン!何千メートル上空に轟音とともにジェット機が通り過ぎて行った。
IMG_0164
蝶々が1匹、そっと後ろから撮ろうとしたが、飛んでいった・・・
見ていたおばさんが笑った・・・
追いかけて芝生に留まったところを「カシャー」の1枚です(笑)

【川重兵庫工場in12/8】
IMG_0050
12月8日、取材終わりに気になり川重兵庫工場にやって来ました
幹線道路から工場門まで工事の為に通行止め、500m位歩いて見学して来ました
山陽電車・大阪メトロ・京急・京急・京急・JR西日本でした、前回のJR四国2700系、
EF210-312の姿はありませんでした。
IMG_0051
いつもは車で通過ですが、徒歩で工場前まで行き帰り道の車両本館前の0系ひかり、
豪華なボンネットスタイルで人気を博した151系こだま号、川崎車輌の自慢の車両です。

神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。


「公営ユースホステル開設20周年記念入場券」
        東海岸を走る伊豆急行           伊豆急行株式会社
img196
昭和54年6月20日
伊豆高原駅・伊豆熱川駅・伊豆稲取駅・河津駅・伊豆急下田駅、普通入場券80円×5

img197
裏面、伊豆急沿線のユースホステル No.08795×5            

「準常備式・特急・急行・準急行券」
D型券 縦3cm×横8.8cm 縦赤線入り券 見本券

img194

特別急行券・普通急行券・準急行券、準常備式完全券(見本券)
3枚揃い券は努力なしでは入手できません、当時の料金が分かりマニアには揃えたい
料金券です。

シリーズ枚の1切符No.39
(毎回1枚の切符、珍しい・思い出の切符を紹介しています)
A型券 縦3cm×横5.75cm 縦赤3条線入り特別急行券、完全常備券
img195
昭和39年2月7日、特別急行券・発着駅名・発車時刻・列車名、完全常備券
新発田駅発行で新潟から上野間の利用客が多いのが分かります、新潟印刷場。

「並等囘数乘車券」
沙河口工場通勤券

     縦3.5cm×横5.5cm               南滿洲鐵道株式会社

img199

[沙河口(さかこう)駅]
大連市沙河口区に位置する駅
1909年開業、瀋陽鉄路局大連鉄道分局の管轄する3等駅
[南滿洲鐵道沙河口工場]
1934年~1944年 特急列車「あじあ」のパシナ形機関車を川崎車輌とで製作、その専用
客車をすべて製作した。

【第24回 神戸ルミナリエ 2018 11/29】

ガイドブックに掲載されない“開催8日前11/29正午” 神戸ルミナリエ会場をご案内します。
    24回神戸ルミナリエ 12月7日(金)~12月16日(日) 10日間

IMG_0438
場所 神戸市中央区、神戸旧居留地及び東遊園地
IMG_0434

方向は東方向、旧居留地・住友銀行神戸営業部前から東向き一方通行(仲町通り)で
約270m、画像突き当り東遊園地へ続きます。
IMG_0439
「神戸ルミナリエの点灯式」
この画像左側(北)、住友銀行神戸営業所前広場で点灯式が行われ、ルミナリエの鐘が
ならされると旧居留地と東遊園地のイルミネーションが一斉に点灯します。

0007-1920x1080

今年は兵庫県政150周年記念であることから電球の数を昨年より11万個増やされ約51
万個を使用しています。                 (壁紙無料コピー)
IMG_0440
本番前の光っていないルミナリエも味のあるもので、点灯している夜のルミナリエとの
ギャップを楽しむのも良いものです。
         (画像をアップして何重にもなったトンネルを見てください)
IMG_0395

方向は西方向、奥に見えてる場所が先ほどの出発点で一筋東、京町筋に移動しました。
IMG_0399

神戸ルミナリエは阪神淡路大震災で亡くなった方々への鎮魂と神戸市の復興と再生を
不死鳥になぞえ、1995年から毎年12月に行わている光の祭典です。

IMG_0404

電気代1千万、総経費6億円(内公的補助1.5億円)
撮影時間は正午でしたが、試験点灯していました。

IMG_0406
南北線、京町筋から仲町通り(東西線)です
右建物は日銀神戸支店で画像突き当り(東)が東遊園地になります。

0008-1920x1080
今年のテーマは「共に創ろう、新しい幸せの光を」
冬のイルミネーションが今年も神戸の街を彩ります。       (壁紙無料コピー)      

IMG_0415

方向は南方向、東遊園地です
毎年1月17日には亡くなった方々の慰霊と鎮魂、そして震災から生まれた「きずな・
支え合う心・やさしさ・思いやり」を次世代に語り継いでいくため「阪神淡路大震災
1.17のつどい」がルミナリエの会場と同じ場所の東遊園地で開催されています。
IMG_0419

芝生広場には「兵庫五国」をイメージした4本の塔と光の聖堂「カッサ・アルモニカ」
を設置している。
0009-1920x1080
東遊園地のスパッリエーラ
                               (壁紙無料コピー)

IMG_0425
方向は東方向、神戸市役所1号館の直ぐ南で東遊園地と前方建物の間はフラワーロードが
南北線に走り山手幹線(新神戸)・三ノ宮・税関前(国道2号線)を結ぶ主要道路で神戸まつり
のメイン会場になります。
IMG_0423
方向は西方向、仲町通りの最終地点から出発地点を望みました。

阪神淡路大震災の犠牲者への鎮魂と大震災の記憶を後世に語り継ぐとともに、神戸
のさらなる魅力発信と神戸地域への集客を目的に、神戸の希望を象徴する冬の風物詩
として定着しています。

☆開催日は7日(金)から、今回はかなりの力の入った感じがありました、少しルミナリエ
を先取りした気分になりましたら幸いです。

【川重兵庫工場 12/1】
師匠が走り回る「師走」、川重兵庫工場の良くないニュースも聞いていますが今年
も沢山の夢をこの場所で見れました。

IMG_0003

イイ感じのお顔ですね!JR貨物・EF210-312

IMG_0004
土曜日の昼下がり、すでに街中ではクリスマスソングも流れ出し、年末に向けてソワソワ
した気分が漂う川重兵庫工場でした。

神戸は山あり海あり本当に良い街です。

☆「きっぷ鉄1番乗りの小島」がご案内しました。

↑このページのトップヘ