2019年07月26日

待ち人なんちゃら

しばらく放置してしまいましたが、生きてます。
色々ごたごたが重なってたもんで。
もうちょっとしたらまた動き始めますんで。よろしこです。

えっと、放置してる間にきらめく星のなったんという、
SNSなんかで前から注目してた子が本出したらしく。
角川書店から「待ち人来ずってなんだよ 私から行くからお前が待ってろよ」と
いう長ったらしいタイトルで出てますが「待ち人なんちゃら」でもいいという事なので。
インスタやツイッターで「きらめく星のなったん」で検索すると出てきますが、
おもろい文章書くおもろいねーちゃんでして、それがギュっと詰ったエッセイです。
買って損はないです。書店でも買えるし、アマゾンや楽天なんかの通販でも買えます。
一読の価値あり。

あ、ステマじゃないよw

EAULKw_UIAAvOmi





2019年05月03日

さよならロマンチスト

こう訃報が重なると本当に気が滅入るな。
遠藤ミチロウ氏が永眠。
闘病してたのは知ってたが必ず戻ってくるものと
思ってただけに、ただただ無念。

ザ・スターリンってのは本当に強烈だったわけで。
パンクどころかロックもろくに理解できないガキが
スターリンなんてものに出会ってしまったもんで、
その後の人間形成にまで大きく影響してるわけです。
その後自分も楽器を持ち音楽を始めて、前座なんかで
ご一緒する機会もあったし、ライブも行けるだけ行ってた。
ここ何年かは自分の事情で前みたいに自由に出かける事も
出来ないもんでライブには行けなかったけども、
近年はネットが発達したもんで、SNSなんかで近況を知る事が出来てた。
膵臓がんが見つかり療養に入る事もそれで知ったし。
その後思いがけず自分も死にかけてしまったけれども、
まだ不完全ではあるけど一応復帰はしてる。
それでもミチロウ復活の報せが全然来なくて。
改元する直前だかに訃報という形で報せが来たのは残念というか無念。
礼儀正しくて、すごくやさしい人だった。今でも尊敬してる。
ただただ無念。

画像は最初のエッセイとビデオスターリンの頃に出した書籍と、
コミプ(オフィシャルグッズを扱う店)のtuffyさんが発注ミスって
困ってたので買ったワケアリヤリエスTシャツ。全部宝物。

D5fpu7WV4AA2DpJ





2019年04月12日

Dedicate



訃報ばかり続いてて、とどめがこの人とはな。
らいぶ居酒屋・布袋のマスター、栗生尚幸。享年52歳。
初めて出会ったのは35年前。
僕がまだ中学生で栗生君が高校生。
SG好きで有名だが、この時既にSGを弾いていて、
ディープパープルやらツェッペリンなんかをやっていた。
それから随分と時間が経ち。
僕らは月イチレギュラーで入ってた店が閉店となり、
一軒やるとこ減ったという話をたまたま布袋でしたところ、
「それやったら今度からうちでやってよ」となったのが、
ライブ小屋としての布袋の始まり。
そのうちに店内の改装をし、ステージ設営、照明・音響機材の導入、
段々とライブハウス化していき、和歌山の若いバンドが出入りするようになった。
そのうちに自分もギターを弾き始める。洋楽ハードロックが大好きなくせに、
あえてそこを封印し、アンルイスやらをやっていた。
(そのバンドでは僕も一度弾いた事がある)
そして一昨年の秋、何のきっかけだったかは忘れたが、
「もうええかげん我々の好きなハードロックやらん?」となった。
その時もう変な咳をしていたもんで、医者いかなあかんでと
言いながら曲決めをしてた。その直後、肺腺がんが見つかり
片方の肺を全摘出することになり、バンドの話は頓挫する。
そして年は明けて桜が咲こうかという時期。
治療は続けてるが店もバンドも再開するというので、
内々で集まった時にちょこっと音を出してみたら、
いい感じだったので、ぼちぼち進めていこかとなった。
だがしかし。その2日後に今度は僕が硬膜下血腫で救急搬送、
緊急手術となり、再びバンドは頓挫する。
手術は成功し、幸いにも大きな障害等も残らずで、
3ヵ月後にバンド活動に復帰。秋に始めた話が
夏になってようやくスタートを切った。
しかし二人とも不完全復帰状態なので、なかなかうまく進まず。
8月にやるはずだったライブはキャンセルになり、また秋になった。
3ヶ月近く空いたのだが、何故か前に音を出した時より凄くまとまった。
多分それだけ思い入れが強かったのだと思う。そして12月にやろうと決めた。
やるのは3曲。それ以上は身体がもたないと判断。
それが去年12月15日にやったライブ。上に貼り付けた動画はその時のもの。
栗生君が一番好きな洋楽ハードロックを初めて自分の店でやった瞬間だが、
奇しくもステージでギターを弾いたのはこれが最後になった。
特に告知もしなかったので(体調次第で中止する可能性もあったので)
多くの人には見てもらえなかったから、動画を公開する事にした。
冥福は祈るけど、正直「何で先に逝ってんのよ」という気持ちもある。
まだこの後にさらに深いとこまで行くぞという話をしてたので。
幸いにもゆーり(娘)がその意思を継ぐと言うので、
続きはゆーりとやりますわ。ゆーりとならええやろ?
いつでもダメ出ししにきてよ。待ってるで。
まだ死んだと思ってないからな!


oneness at 00:56|この記事のURLComments(0)

2019年04月04日

安らかに

神戸の松原裕氏が亡くなったとの報せ。
かねてより闘病生活を続けていた。
自分が最悪だった時期にSNSでお互いがんばりましょう的な
やりとりを少ししたのを覚えているが、
以後は病気の事にはあまり触れず、音楽についての
やりとりしかしてなかった。
最近あんまり調子よくないらしいと人づてに聞いてはいたが。
残念だと思う反面、これで楽になれたのかなとも思ったり。
しんどかったと思うのでゆっくり休んでほしい。
安らかに。



oneness at 20:54|この記事のURLComments(0)life 

2019年03月11日

3.11



もう8年。まだ8年。両方の思いが錯綜する日。
沢山の問題がまだまだ山積みのまま。
自分も含めて被災しなかった人達は
何も出来ないからと目を背けるのではなく、
何か出来ないのかなと、今一度顔を上げてほしい。
そんな日。

2012年、相馬市でのチャボと山口洋の競演による「満月の夕」。
元々は阪神淡路大震災の時に作られた歌であるが、
悲しいかな東北の地震でも歌われた。この2つだけでなく、
日本は地震や津波といった天災が多い国なので、
こういう歌が生まれるのは必然だったように思う。
あまりに思い入れが強い歌なもんで、先日も演奏をする機会があったが、
自分の思い入れにこだわりすぎて、うまく出来ず。
もっと柔軟にならないと。この歌は誰もが歌えるものでないと。
そう思えるキッカケになったので、ある意味良かったが。



2019年03月09日

滞っております

色々と整理したり考える事があったりで、
こちらをサボっております。
インプットの量が減ってるもんでアウトプットの量も
減ってるわけなんだが。そういう時もある。
ちと、澱んだものが溜まってる感があるので、
気分転換しようかと思い、オートバイか車を
変えようかとも思案中。楽器を変えようかとも思ったが
色々弾いてはみたけども、メインのJB&PBを
超えるもの、もしくは匹敵するものもなく。
ま、もちょっと暖かくならないと。体がまだ思うように
動いてくれまへんねん。

とりあえず4月にミオ様のスレ行く事は決定。
大阪城野音は久々。晴れてほしい。
つーかここ最近ずーっとミオ様の「un-speakable」しか聴いてないな。