アーカイブ

2012年04月

ちーの探索システムが作動!

カテゴリ:
昨夜から、この部分をしつこくパトロールしている、ちー。
母には何も見えませんが、なにかいるんだと教えてくれています。
ちーの様子からすると、移動しているわけではなさそう。

ペットと飼い主さんの、メンテナンス「もしもしタッピング」-ちー
あれが

ペットと飼い主さんの、メンテナンス「もしもしタッピング」-ちー
どうしても

ペットと飼い主さんの、メンテナンス「もしもしタッピング」-ちー
気になるのだにゃ。


さて、ちーの視線の先には何が…???

鑑定の結果は、次の記事でちょこっと書かせていただきます。



アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


動物が幸せを感じるとき

カテゴリ:
飼い主の私たちは、ペットたちの「探求心」を満足させてあげているだろうか?

犬、猫、野生動物、動物園の動物、馬、牛、豚、ニワトリの章でそれぞれ、動物行動学においてもわかりやすく解説してくれています。

前作「動物感覚」を出版後、動物園からも問い合わせがあったそうです。
動物たちへの、環境エンリッチメント(動物福祉の立場から、飼育動物の“幸福な暮らし”を実現するための具体的な方策)。

意識の高い飼い主さんはもとより、動物福祉のかた、アニマルコミュニケーターの方に、ぜひ読んでほしい本です。
もしいまやるんだったらですが、催眠アニマルコミュニケーションの講座の事前必読書、コレに決定です。
読んだ方とは、話し合いたいな~。


また、家畜動物たちのストレスをできるだけやわらげるシステム設計も第一人者です。
アメリカとカナダの肉牛の半数は彼女が設計した施設で処理されているそうです(http://ja.wikipedia.org/wiki/テンプル・グランディン
なぜ、反対活動家にならずに、いまも精肉業界で仕事をしてるのか、この本の後書きにもあります。

本を読むのがシンドイ!って方には、半生を描いたアメリカのテレビ映画『テンプル・グランディン~自閉症とともに』(原題:Temple Grandin 主演:クレア・デインズ)(2010年HBO)も、あります。

通路を牛が通るのを映像でみて、ほおおおー、こうだったのか!と。
鳴き叫ぶのは、死ぬことがわかっているから、ではないようなのです。
いくらいいシステムを作っても、きっちり稼働させるのには、管理する人間が問われるというのはどこでも同じなのかも。


テンプル・グランディンさんご本人の講演映像!(自閉症スペクトラム)
日本語の字幕も設定できますよ。再生ボタンを押すと、すぐ右に言語メニューが出ます。

それにしても、(日本語版の)カバー写真、美しいですねえ~。ほれぼれ。

動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド
Animals Make Us Human: Creating the Best Life for Animals
テンプル・グランディン
NHK出版




アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


「なりたい自分になる」前に読むシリーズ、連載中?

カテゴリ:
催眠アニマルコミュニケーション講座2daysでも、お話していた内容です。

「あなたが目指すのは、どんなアニマルコミュニケーターですか?」

あなたは、どんなアニマルコミュニケーターですか?
何を目指していますか?
自分、クライアント、動物、社会に、どう役立てていくのでしょうか。
何をして、何がよくなるのでしょうか?
目標

ヴィジョン・・・

「胸が震えるような」感情を覚えますか?
いくつか、書いて眺めてみましょうか。

などなど、書いてもらっていたのですが、みなさん、ウンウン唸りながら、なかなか書けません。
書けても、いまの自分からずいぶんかけ離れていたり、
理想が高くて実感を伴っていなかったり。

アニマルコミュニケーターになる!と決めても、
・自営業の経験がない
・ブログ書けない
・家族が不理解
などなど、できない、やらない理由をいっぱいつれてきて、自分の邪魔をしてしまっているんです。





なりたい自分になるのは、まず、自分の中の「不要なもの」「邪魔しているもの」を手放すほうがよさそうです。

$ペットと飼い主さんの、メンテナンス「もしもしタッピング」-夜のボート



「こうなりたい、と思った自分は、いつの自分?」というテーマで書き出しました。
いま、シリーズ4。
どこまで行くのかな、この話(^^;)?


こうなりたい、と思った自分は、いつの自分?の、つづきを読む



アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


ちーと、共鳴・影響しあうループ

カテゴリ:
$ペットと飼い主さんの、メンテナンス「もしもしタッピング」-ちーエリザベスカラー

ちー、固いカラーは自分で上手に脱いでしまいました(TOT)。
しゃあないな、最初のソフトカラーが、舐めてべろべろだけど、生乾きで。

やっと洗い替えが到着して、さっぱりしたソフトエリザベスカラーをつけております。

お腹の赤みは、ずいぶんマシになりました。
カラーのせいで、たくさん遊べないけど、夜はぴったりくっついて寝ています。

ご飯とかブラッシングのときには外してやるんですが、お腹をなめ始めたら、またカラー装着。

カユイのは…私もカユイんですよね。
レイキヒーリング始めてからわかったんですが、私は、意識を合わせると相手の身体情報を受けとるようです。
たとえば、お腹のどのあたりが不調かとか、上の歯が気になるとか。
アニマルコミュニケーターでも、レイキしてる方多いですから、きっと同じような方いらっしゃると思います。

相手がちーであれば、そんなわざわざ目をつぶって意識を合わせるなんてことしません。

すでに、自分がカユイのか、ちーがカユイのか、わからん(汗)!!!

K先生「共鳴しあってるね、お互いに。」

そうですね・・・ループしています。

私が痒いのをちーが受け取り、
ちーが痒いのを私が受け取り、
私が痒いのをちーに送り、
ちーが痒いのが私に響いている。



愛があっても、、いえ、愛が(たっぷり)あるから、こういう「よろしからぬ」共鳴も、おきてしまうのでした。
また、たとえ話として受け取ってくださいませ。


アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


このページのトップヘ

見出し画像
×