アーカイブ

2012年08月

猫の行動で、夏の終わりを感じる。

カテゴリ:
$MMT:ペットと飼い主さんのメンテナンス「もしもしタッピング」-ちー

家庭内別々寝?だった、この猛暑。
昼間はまだまだ暑い日が続きますが、朝晩が涼しくなってきたみたいですね。
朝起きると、おかあさん足まくら状態のことがあります。

しかし、むくんでいますねえ、私の足首(汗)。

そんなこんなで、夏が終わろうとしているのか…と、ちょっと意味なくセンチメンタルににひひ

高校時代は、ハンドボール部だったので夏でも外、夕立でも外!
よく倒れずにいたもんですわ(^_^;)。


今回はめずらしく、SFとミステリーを紹介します。
ずいぶん前に読んで、くわしい内容を忘れてしまったのですが、なんだか急にこの二つを思い出したのでした。

夏への扉[新訳版]夏への扉[新訳版]
ロバート・A・ハインライン


夏草の記憶 (文春文庫)夏草の記憶 (文春文庫)
トマス・H. クック




アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


犬は罪悪感を持つ?持たない?

カテゴリ:
犬の世界に序列はなかった!という帯つきの本。
研究結果に基づくたくさんの事例が紹介されています。

イエイヌは、オオカミを祖先にもつんじゃなくて、タイリクオオカミと共通の祖先を持っているらしい。


私にとって面白かったのは、第8章の「感情の複雑さと単純さ」

人と同じように犬も反省したり、罪悪感をもっていると飼い主は思いがちだけれど、
飼い主の態度に非常に敏感に反応しているだけであったりする。

結果はまさに明快だった。犬の取った行動は、自分が現実にしたことやしなかったことではなく、飼い主の行動に応じて決まっていたのだ。その飼い主の行動は、いないあいだに犬がしたと「思った」ことによって決まった。犬が本当に「罪悪感」をもったのなら、おやつを食べてしまったあとには必ず「うしろめたそう」に見えたはずだ。でも実際に犬がそう見える行動(行動の内容は犬ごとに少しずつ違っていたが)をとったのは、犬がおやつを食べたと飼い主が「聞かされて」いたとき、その結果としてーー現実には犬がおやつを食べるチャンスがなかったとしてもーー犬を叱ったときだけだった。しかも、日ごろから言いつけに背くと飼い主に体罰(押さえつける、つかむ、叩くなど)を受けている3匹の犬が、最も激しく「うしろめたい」とされる行動を見せた。ここから、必然的な結論が導かれる。「うしろめたい」(罪悪感)と見えた行動は、実は罰を予想したおびえと(だから、体罰を受けていた犬の行動は大げさだった)、飼い主との友好関係を取り戻そうとする気持ちの(だから、あおむけに寝る、なめる、前肢を上げるなどの犬の「服従」行動をした)、入り交じったものだった。

(中略)

犬にわかっているのは、飼い主が帰ってくると、自分が叱られるときもあるし、そうでないときもあり、その予測はつかない、ということだけだ。そうしているうちに不安は高まってゆき、親和行動はますます激しくなり、不安を消そうと飼い主との仲直りを目指す。






犬をもっと理解したいかた、ペット関係の方、アニマルコミュニケーターの方、ぜひ読んでみてください(^o^)。
しつけ本や、ハウツー本よりも上級?とはいいませんが、もしここで紹介したようなことで困っておられて、書いてあることがおおまかなところで理解できれば、たぶんもう練習もなにもしなくても、飼い主の認識のわずかなちがいだけで、犬との生活に変化があると思います。
もちろん知識ばかり詰め込んでいてもよろしくありませんが、新しくわかってきたことに関しては、窓を開けておきたいですね~!


須崎先生のブログ記事もご参考に♪
なぜうちの犬は抱き上げるまで吠え続けるのか?←フォックス博士から学んだこと



アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


ちー、蝉とのかけひき。猫が猫であることの。

カテゴリ:
ベランダに蝉が飛び込んでくるときがあります。
ちー、ダッシュで狩にいきます。

私は、不参加です。
部屋の中には、セミ持ち込み禁止!!!
…といって言うことを聞く猫なんぞこの世にはいないので、ベランダに締め出す!

写真は、ひとしきりもてあそんだあとの、蝉とちーの駆け引き。
いつでも飛び出せるように後ろ足を折り畳んでいるのが見えます。

(たまに外廊下の散歩はつきそいつきでやってますが)完全室内飼い。
猫が夢中になれるような本物の獲物、ときどき必要だと感じます。
猫が猫であること。
それは、犬でもヒトでも同じかも。
能力を使い、好奇心を満たす、やりがいのある何か。

$MMT:ペットと飼い主さんのメンテナンス「もしもしタッピング」-ちーと蝉





アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


古布をお掃除に活用!

カテゴリ:
二重ガーゼのパジャマ、気に入って着ていたんですが、とうとうほころび始め・・・
使い捨て古布となりました。

フライパンやグリルの油をふきとるときやらなんやら、キッチンペーパーやティッシュの代わりに。
猫の毛玉吐きにも。
使い勝手がよいので皆さんにもオススメ!
大中小など、数種類の大きさに切り分けておくと、さらに便利ですよー。

$MMT:ペットと飼い主さんのメンテナンス「もしもしタッピング」-ちーとパジャマ

もちろん、たたみ終わったころに、ちーも参加。

「これ、ちーの?」

うーん、そうとも言えるし、そうでないとも言えるね(笑)。



アニマルコミュニケーターへ
1クリック、応援いただけるとウレシイです。


このページのトップヘ

見出し画像
×