カテゴリ:

西側のさえぎるものなき窓


IMG_6820

あつい。
あまりにも暑い。

西側にはさえぎるものがなく、マンションの外壁ごと直射日光で炙られています。
ことし、遮熱クールがパワーアップしたという遮熱クールアップを貼ってみました。

IMG_6529


キッチンの西側窓、
リビングがわの右側の網戸の内側に。


日差しは、遮ってくれますが、日陰というわけではない。


貼るだけで11度も遮熱効果があると書いてあるけれど、
うーん、室内の温度だと貼る前とあんまり変わらないな、、、
(別の西窓に貼ってあるタイベックスのほうが優秀かも。安いし)

ということで、左側の網入りガラス戸の、思い切って外側にも貼りました。
落下防止バーがあるくらいですから、怖かったけど、がんばった。
でもやっぱり期待したほどかわらないな、、、。

日光が強く当たっている時間帯に、遮熱クールアップを貼った側のガラスを内側から触ってみると思いっきり熱くなっており、蓄熱しています。





IMG_6822

うちにやってきて、まもない頃のちー。
小さかったなあ〜。


IMG_6821

すぐ外壁なので、落下防止バーがついておりまして、、、これが、とってもじゃま。
取り外すこともできるけど、、、
このままで工夫します。

上下セパレートで窓をつくる

IMG_6834

バーの上に1×3材を載せてみた。
お、はめ込むだけでいけそう!
長さを1ミリ短く切って、すき間テープを挟んで、はめこみます。
今回は軽い扉をつくる計画なので、強度は大丈夫でしょう。

白く塗装して、光モール(下レール)を両面テープで貼る。
上レールは、マスキングテープを貼り、その上に両面テープを貼って取り付ける。

IMG_6840



材料はなにを使うのか

結露する窓ではないし、プラスチック製の光モールのフルセットはいらないな、、。
し、見た目がどうもね、やっぱりプラスチック。
上下レールだけ使っているブログさんをみつけ、私も真似ることにしました。


光モールのレール幅はひとつが13mmなので、
窓枠は、木材厚み8mm+ポリカ中空ボード4mmなら、いい感じかな!
光モールの計算に従うと、窓枠の高さは上下サイズから6mmマイナス。←ぴったり良き寸法でした!


スーパービバホーム伊丹店さんにて、
赤松KD三面クリア材 8×28×1985mm 5本@358円

ロイヤルホームセンター宝塚店さんで、
ハモニカーボ910×1820 4mm厚 1990円
光モール 上レール、下レール各1本

IMG_6843


今回は、木材を自分でカットしました。
(先に計算しても、くるうし間違うし( -д-)ノ
それに、ホームセンターで切ってもらうとバリがいっぱいでで、細い材だとよく欠けちゃうのです。
ビバホームさんは、1カット30円だしね(;´Д`A。

IMG_6844

木材が薄いので左右からはビスが打てず、ボンドとタッカーだけで留めているので、ぐにゃぐにゃします。

実際に窓枠にはめ込んで、マステで固定して数時間そのままでおくと、縦かまちがピシッと揃いました。ここ、仕上がりにとっても大切。

IMG_6847

IMG_6850

ハモニカーボは、ツインカーボやポリカツインよりも薄いし軽く扱いやすい。
プラダンよりちょっと固いかな?
ふつうの小型カッターナイフでも慎重にやれば切れました。

刃先で筋目を何回か繰り返し入れて表面を切る。
1、縦筋に沿った方向は、手前側の面を切り終わったたら、切り目をガイドにして、向こう側の面を切り進む。
2、横方向は、筋目を入れたら、刃先ではなく刃の腹?なんていうのかな、刃先ではない部分で肉を切るように。
ハモニカーボを少し持ち上げながら切り進むとやりやすい。8割くらい切れたかなーというところで、反対側に曲げると、ポキッという具合に割れてくれるので、まだくっついてる部分をカッターで切りました。後でアルミテープなどで塞ぐし、少しくらい歪みやバリがでても大丈夫。


とにかくすぐ刃がダメになる(切れなくなる)ので、替え刃を何枚か用意する必要があります。
何枚もハモニカーボを切るときや、カッターナイフの扱いに慣れていない場合は、大きいカッターのほうがいいと思います。

IMG_6851

IMG_6856

アルミテープ(コーナンが安かった!)で小口をふさぐ。
テープ幅ってみんな太いんですよねぇ、、、縦を3分の1にカット。

そして、今回は10mmのビスでハモニカーボを留めていきます。
各辺3ヶ所くらいで、すき間なくとまります。
くにゃくにゃの窓枠もしゃきんとします。

IMG_6862

IMG_6863

よし、ぴったり!!!

パタパタ窓をつける

IMG_6875

夜。
プライムニュースの見逃しをスマホで聴きながら、、、
左側は嵌め殺し。すき間テープを貼って押し込んでるだけ。
右側のみパタパタにしました。上側しか木材がないからね、、、。
つっかえ棒では心許ないので、あおりどめをつけました。
これ、付け方、逆ですね。見えないもん、留めるとき(;´▽`A``。

IMG_6878

すき間からスースー風が吹いてくるのですが、冬は窓を閉めるし、気になったらすき間テープでふさごうかと思います。

完成


細い工作材を組み合わせて両面テープでとめました。
うん、これあったほうが良い!

かんかん照りの西側窓を、断熱二重窓にしてみたの部、完成!
あ、カーテンもニトリで既製品を買ってきまして取り替えましたー。(ちょっとダブついとるな・・・。)


099C5D18-C1DD-4F23-8D4A-6B747405114C

製作を終えて

光モールのレールがすごく使い勝手が良い。作業もかんたん。とってもかんたん!
おすすめです。
私はマグネットキャッチとあおりどめは元の窓枠に直付けしちゃったけど、ここをちょっとだけ工夫すれば現状復帰も可能です。

しかしこれ、前回の引き違い窓も、自分でレール作らなくても、今回の光モール方法でよかったんじゃないの、、、。ううう。
まあ、経験を積んで腕が上がったからいいか、、、。

自分で寸法ぴったりにカットできるようになったことが、
引き違い窓とパタパタ窓がきれいにできたいちばんの功績!

いやーほんと、0.5mm歪んでもきれいにできないもんなぁ、、、。
ソーガイドを使っても歪むし寸法は狂うし、どうしていいかわからずにイライラしていました。


が。
キャンプのテント張りとなんだか似ているなあ。
新しいテントをたてるときに、最初の3回くらいは、とっても苦労するんだけど、自分でもわからないどこかでコツを掴んで、急に設営が楽になったんですよ。
同じことが、今回のDIYでも起こりました。
パタパタ窓に蝶番つけるとき、ぱっと一回で思い通りにできてしまい、自分自身を疑ったほどΣ(゚д゚;)。
きちんとカットできるようになったら、現場合わせがしやすくなるなぁ。
(窓枠にぴったりつけたい場合など、計算値ではうまくいかないことが多い。どこか歪んだりしているようです)


さあ、楽しくなってきたぞー。
暑い時期、キャンプも山歩きもお休みなので、
いまのうちに断熱窓を作っていこう。



にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ

にほんブログ村 その他ペットブログ アニマルコミュニケーターへ