今日、東山で見てきた3つの試合を御紹介します。
 

前座試合@どらやきドラマチックパーク米子東山陸上競技場
(10/12/05、11:00〜、20min×2)

SC鳥取OBチーム 1(0−0,1−0)0 ガイナーレ鳥取ジュニアユース


この試合は急遽あることを知ったわけですが、
これがなかなか面白い試合でした。

OBは、初期に活躍した選手が多かったんですが、
中学生相手に本気になってて面白かったですね。

得点シーンもかなり強引でしたが、
巧さが光った、ということにしておきましょう。


練習試合@どらやきドラマチックパーク米子東山陸上競技場
(10/12/05、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 1(1−0,0−0)0 阪南大学

<得点者>
鳥 取)阿部祐大朗
阪南大)なし


こっちは、ガイナーレより阪南大の良さが目立ちました。
全力で攻めてくる阪南大を受けて立つガイナーレ、
という図式で試合が進んでいきましたが、
結果的にスコアをものにし、勝ったのはガイナーレでした。
多くないチャンスをしぶとく活かす術を知っている、
というところでしょうか。

ちなみに、ガイナーレはFWに外国人が1人入ってましたが、
(ハメドではない、練習生と思われる選手)
正直、あまり魅力は感じませんでしたね。


やまつみSC創立10周年記念試合@どらやきドラマチックパーク米子東山陸上競技場
(10/12/05、15:00〜、30min×2)

チーム尾形(緑) 3(1−0,2−2)2 チーム野口(白)

<得点者>
尾 形)梅田直哉、西村英樹、石富友馬
野 口)内山英紀、太田遼


さて、メインイベント。

前半は現役とOBの混成チーム同士の戦い、
後半はOBのみの試合になりましたが、
これがまたとんでもない試合になりまして。

白眉だったのは、以下の点。

塚野社長が久々にプレー
前半途中で小針と岡野(共に野口組)が役割を入れ替えた
清水さん、後半にFWで登場

岡野は、清水さんばりにオーバーラップしてきて場内を沸かせ、
(たぶん、岡野は清水さんのプレーを知らないはず)
小針はゴール前でヘディングまでしたものの、
打ち所を間違えたか、痛がっておりました。

清水さんのFWぶりは、
ドリームスを見てる人ならわかりますが、
これがなかなか痛快で、
本人も「柴田(野口組)から点を取る」と
かなり意欲満々だったのですが、
残念ながら得点できませんでした。

でも、一番の見所は、やはり塚野社長でしょう。
前半からよくボールが回ってきて、
チャンスも多かったのですが、何故か決めきれない(笑)
その度に囃し立てられ、スタンドに向かって言い訳をする始末(笑)

終いにはピッチにへたり込むシーンまでありましたが、
とうとうフル出場までしてしまいました。
明日の彼の体調がとても心配です(笑)

他に、途中で出てきた西村英樹が
とんでもない鬼チェイスをやってのけたり、
前半だけ出場の美尾敦がテク見せ放題だったり、
ペナ近くでのファウルを巡って乱闘(?)があったり、
見せる試合に徹した、実に楽しいものでした。

この試合をナビゲートしたのは、
かつてのスタジアムナビゲーター、稲田茂さん。
ロンドさんとはまた違った、熱いナビゲートぶりが最高でした。

もちろん、
YES! YES! YES WE ARE SC TOTTORI!
という決め台詞も忘れません。

入場時には、KUAMCHIの「FLY」まで飛び出し、
懐かしさを誘っておりました。


そんなわけで、さながら東山ワンダーランドでありました。