吹けよ風、呼べよ嵐 -One of these days-

ガイナーレ鳥取と湘南ベルマーレについて書く。 One of these days, I'm going to cut you into pieces.

2010年05月

[鳥取]鬼門にてドロー4

第12回日本フットボールリーグ前期第13節@七ヶ浜サッカースタジアム
(10/05/29、13:00〜、45min×2)

ソニー仙台FC 1(1−0,0−1)1 ガイナーレ鳥取

<得点者>
ソ仙台) 6桐田英樹(前11')
鳥 取)10実信憲明(後34')

<メンバー>
【ソニー仙台FC】
(先発・途中交代)
GK:31遠藤大志
DF: 2橋本尚樹、25谷池洋平、 5山田佑介、28斎藤雅也
MF: 4瀬田貴仁、16今田傑、 7大瀧義史、19麻生耕平(後25'→ 9村田純平)
FW: 6桐田英樹(後18'→11町田多聞)、24澤口泉(後43'→17大久保剛志)

(不出場サブ)
GK: 1金子進
DF:18木村孝次、 3元木数馬
MF:22千葉雅人

【ガイナーレ鳥取】
(先発・途中交代)
GK:48小針清允
DF:20冨山達行、32喜多靖、15内間安路、24鈴木健児(後12'→ 2尾崎瑛一郎)
MF:30岡野雅行(HT→ 7小井手翔太)、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW:11阿部祐大朗、 9ハメド

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF: 3加藤秀典、28三浦旭人
MF:25奥山泰裕、27釜田佳吾

<審判団>
主審:岡宏道、副審:細尾基・武山大輔、第4審:平塚博之

<警告・退場>
【警告】
ソ仙台)なし
鳥 取)11阿部祐大朗(後29')

【退場】
ソ仙台)なし
鳥 取)なし

<観客数>
521人

<この試合終了時点の成績>
13試合9勝4分0敗 勝ち点31 得点22 失点6 差+16 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第13節 ソニー仙台FC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第14節 vs横河武蔵野FC@東山陸(10/06/06、13:00〜)


ソニー仙台戦は全体的に鬼門なんですが、
その中でアウェイの対戦だけ抜き取って、
過去の戦績を調査してみました。

09 1-3 ×(七ヶ浜S)
08 2-1 ○(ユアスタ)
07 0-1 ×(七ヶ浜S)
06 0-0 △(七ヶ浜S)
05 0-0 △(仙台スタ)
04 1-5 ×(七ヶ浜S)
03 0-0 △(仙台スタ)
02 0-1 ×(仙台スタ)
01 2-4 ×(仙台スタ)

過去9シーズン:1勝3分5敗

勝ったのは2年前の開幕戦だけ。ユアスタでのものでした。
ユアスタ(仙スタ)と七ヶ浜を半々の割合で使っていますが、
ユアスタが5試合1勝2分2敗なのに対して、
七ヶ浜は昨季までの4試合で0勝1分3敗・・・。

これはもう鬼門と呼ばずして何と呼ぶべきか。

ま、今回もそんな七ヶ浜で勝てなかったわけですが、
ただ、08年の時と同じように
何とか粘りを見せようとする姿勢が見えたことは
大きな収穫だったと言えるでしょう。

何としても落とすまいとするチーム一丸となった思いが、
実信の同点ゴールを生んだとも言えます。


ともあれ、開幕からの無敗記録は13に伸びましたが、
まだまだ気を許すことはできません。

次は、これまた難敵の横河武蔵野FC。
大事な試合はまだまだ続きます。

[湘南]敷居が高すぎた1

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第5節@ニッパツ三ツ沢球技場
(10/05/29、15:00〜、45min×2)

横浜Fマリノス 3(2−0,1−0)0 湘南ベルマーレ

<得点者>
横浜M) 7兵藤慎剛(前13')、24金井貢史(前40')、 9渡邊千真(後45'+2')
湘 南)なし

<メンバー>
【横浜Fマリノス】
(先発・途中交代)
GK:21飯倉大樹
DF:24金井貢史、 4栗原勇蔵、30小椋祥平、 5田中裕介
MF:18清水範久、 3松田直樹、 7兵藤慎剛(後45'+1'→20水沼宏太)、19齋藤学(後30'→ 8長谷川アーリアジャスール)
FW: 9渡邊千真、10山瀬功治(後38'→14狩野健太)

(不出場サブ)
GK: 1榎本哲也
DF:35天野貴史
FW:17バスティアニーニ、11坂田大輔

【湘南ベルマーレ】
(先発・途中交代)
GK:25金永基
DF: 5臼井幸平、 4山口貴弘、 6村松大輔、24小澤雄希
MF:21永田亮太(後33'→ 7寺川能人)、15ハングギョン、17馬場賢治(HT→23小林竜樹)
FW:36三平和司(後25'→22中村祐也)、 9田原豊、11阿部吉朗

(不出場サブ)
GK:32松本拓也
DF:30島村毅、37武田英二郎
FW:18新居辰基

<審判団>
主審:東城穣、副審:高橋佳久・前島和彦、第4審:大川直也

<警告・退場>
【警告】
横浜M)なし
湘 南)なし

【退場】
横浜M)なし
湘 南)なし

<観客数>
8,777人

<この試合終了時点の成績>
4試合0勝0分4敗 勝ち点0 得点2 失点9 差−7 第7位
(この試合終了時の順位です。なお、今節は山形に試合なし)

<この試合について>
湘南ベルマーレ公式 試合結果

<次の対戦カード>
ナビスコカップ予選Bグループ第6節 vsモンテディオ山形@NDスタ(10/06/05、16:00〜)


とりあえず、今日の試合から感じる一文字。





・・・まあ、きっと、アレだね。

ベルマーレにはJ1の敷居は高すぎたってことだね。


そうとしか思えないですよ。
だって、俊輔やら中澤やらいないFマリノスから
1点を奪うどころかシュート3本しか打てないという
完敗ですよ、完敗。
しかも敵将からは「5、6点は取らないといけない」などと
平然と言い捨てられる始末。

【ヤマザキナビスコカップ 横浜FM vs 湘南】木村和司監督(横浜FM)記者会見コメント(J's GOAL)

何も言い返せないでしょ、これ見て。
そういう試合をしちゃったんですよ。悔しいけど。


もちろん、見捨てはしませんよ。
応援してるんだもん。

でもね、頼むから「このままじゃいけない」と思ってくださいよ。
「何とかしてやる」って選手が出てきてくださいよ。

気持ちが折れたら、その時点で負けなんですよ。

[鳥取]とにかく、やるだけよ5

第12回日本フットボールリーグ前期第13節@七ヶ浜サッカースタジアム
(10/05/29、13:00〜、45min×2)

ソニー仙台FC − ガイナーレ鳥取


検査結果。(吉野智行オフィシャルブログ - THE HUMAN BONDS)

まあ、↑を見てもらえば一目瞭然ですが、
吉野が故障しちまいましてね。

でもまあ、こんなことでめげてみても始まりません。
目前の試合には、しっかり臨んで結果を出さなければいけない。
動揺しても自分たちが損をするだけです。

吉野の代わりを誰が務めるかはわかりませんが、
残った面子でやれることをキチッとやって、
勝利という結果を導き出してほしい。

それができるのが今季のガイナーレのはず。

だったら、宮城の地でもそのようにしてもらいましょう。
大丈夫ですよ。きっとやれますから!

[湘南]ナビスコ未勝利は続くが2

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第4節@平塚競技場
(10/05/26、19:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(0−1,1−1)2 ジュビロ磐田

<得点者>
湘 南) 9田原豊(後43')
磐 田)27上田康太(前24')、11前田遼一(後14')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発・途中交代)
GK:32松本拓也
DF: 5臼井幸平、 4山口貴弘、 6村松大輔、37武田英二郎(後14'→24小澤雄希)
MF:21永田亮太、 7寺川能人、15ハングギョン
FW:36三平和司(後28'→18新居辰基)、27中山元気(後15'→ 9田原豊)、11阿部吉朗

(不出場サブ)
GK:25金永基
DF:30島村毅
MF: 8坂本紘司、17馬場賢治

【ジュビロ磐田】
(先発・途中交代)
GK:21八田直樹
DF:23山本康裕、 2加賀健一、13イガンジン、16金沢浄
MF: 6那須大亮、27上田康太、10成岡翔(後45'→ 3岡田隆)、 8ジウシーニョ(後33'→28船谷圭祐)
FW:18前田遼一、19荒田智之(後29'→24松浦拓弥)

(不出場サブ)
GK:31竹重安希彦
DF: 4大井健太郎、17犬塚友輔
MF:20山本脩斗

<審判団>
主審:岡田正義、副審:中原美智雄・前田敦、第4審:聳城巧

<警告・退場>
【警告】
湘 南)なし
磐 田)10成岡翔(後40'・反スポ)、16金沢浄(後45'・ラフ)

【退場】
湘 南)なし
磐 田)なし

<観客数>
5,184人

<この試合終了時点の成績>
3試合0勝0分3敗 勝ち点0 得点2 失点6 差−4 第7位
(この試合終了時の順位です。なお、今節は横浜Mに試合なし)

<この試合について>
湘南ベルマーレ公式 試合結果

<次の対戦カード>
ナビスコカップ予選Bグループ第5節 vs横浜Fマリノス@ニッパ球(10/05/29、15:00〜)


ベルマーレ、ナビスコで未だに勝てておりません。

いやもう、この際どうにでもなれ、みたいな気持ちはありますが、
サポが捨て鉢になっても意味はございませんで。

とにかく、反町監督以下首脳陣に於かれましては、
「何が一番問題なのか」をしっかり洗い出していただいた上で、
それをどう克服していくかを考えてほしいのです。

あれこれ悩んで試行錯誤するのは現場の仕事。
サポはその現場に出てきた連中のケツを押してやるのが仕事。

そう思って、見守っていくしかないでしょうな。

次のFマリノス戦、勝てると良いですね。

[鳥取]転換器の存在、そして監督の差5

第12回日本フットボールリーグ前期第12節@とりぎんバードスタジアム
(10/05/23、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 3(0−2,3−0)2 町田ゼルビア

<得点者>
鳥 取)11阿部祐大朗(後01')、 9ハメド(後10')、15内間安路(後42')
町 田) 7勝又慶典2(前26'、前36')

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発・途中交代)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、32喜多靖、15内間安路、24鈴木健児
MF: 6服部年宏、14吉野智行(後17'→30岡野雅行)、10実信憲明、 9ハメド(後43'→25奥山泰裕)、13美尾敦(後45'+2'→27釜田佳吾)
FW:11阿部祐大朗

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規、 4柴村直弥
FW:29小澤竜己

【町田ゼルビア】
(先発・途中交代)
GK:22吉田宗弘
DF: 3藤田泰成、24川邊裕紀、 5深津康太、16斉藤広野
MF:28星大輔(後24'→ 2津田和樹)、 6太田康介、15柳崎祥兵、20半田武嗣(後18'→14大前博行)
FW:33木島良輔、 7勝又慶典(後35'→ 9山腰泰博)

(不出場サブ)
GK: 1修行智仁
DF: 4雑賀友洋
MF:13飯塚亮、27小川巧

<審判団>
主審:山村将弘、副審:黒川俊博・伊久慶一、第4審:中川宏徳

<警告・退場>
【警告】
鳥 取) 9ハメド(前32')、32喜多靖(後19')、 6服部年宏(後34')
町 田)16斉藤広野(前32')、24川邊裕紀(後07')

【退場】
鳥 取)なし
町 田)なし

<観客数>
1,860人

<この試合終了時点の成績>
12試合9勝3分0敗 勝ち点30 得点21 失点5 差+16 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第12節 町田ゼルビア戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第13節 vsソニー仙台FC@七ヶ浜(10/05/29、13:00〜)


正直、前半のガイナーレを
とても正視できる雰囲気ではありませんでした。
相手の攻撃に気を取られるあまりなのか、
とにかくミスが多く、これが致命傷につながったりするから
お話になりません。

勝又にいかれた2失点は、
共にGK小針とDF陣との距離感覚のズレを衝かれたもので、
言ってみれば完全にこちらが「差し上げた」ような失点でした。

町田の中盤の出足が勝った前半の調子を維持されようものなら、
あのままズルズルいかれたのかもしれません。

ところが、この試合にはConverter(転換器)が存在しました。

それが阿部とハメド。

彼らが奇襲攻撃をかけて町田から一気に2ゴール奪って
同点にしてしまったのです。

それで町田のベンチが慌ててしまいました。
ここが1年生監督・相馬直樹の哀しい性というヤツでしょう。
想定と違う事態が起きた時、リカバリーを焦って
早々に交代枠を2枚使ってしまった。
残り1枚も(やや時間を置いて)使い切り、
風向きも影響はあったにせよ、町田の攻めは大人しくなりました。

こうなれば、あとはガイナーレ鳥取のペースというもので、
終盤、内間が止めを刺し、見事な逆転劇が成りました。


監督の差、という点で言えば、
1年生監督の相馬直樹と、百戦錬磨の松田岳夫という人物とを
安易に比較するのは可哀相な気もしますが、
不測の事態(例えば吉野の故障)に
慌てず騒がずの姿勢を貫いた松田監督と、
同点にされて半分パニックになってしまったような相馬直樹とでは、
やはり経験の差があるのは致し方ないのでしょう。

まあしかし、そんな「動じない」監督の期待に応えて
しっかり答えを出してきた阿部やハメドこそ
さすがと言わざるを得ません。

特にハメドなんかは、前半、相手に削られて
思わず激高する場面もありましたが、
(結局それで警告をもらってしまった)
そこからよくぞ持ち直してきたと思います。

そして、決勝点の内間。
これまたいいところにいて、見事なシュート。
本当に素晴らしかったです。


ただ、これだけ苦労して得た勝ち点3の重みというものを、
だからこそしっかりと理解して次に進まなければいけません。

次もまた難しい相手のソニー仙台。
今日もHonda相手にドローで切り抜けるなど、
決して油断はできない相手です。


それと、相手との交錯で故障して途中で引っ込んでしまった
吉野の具合も気になるところです。
かなり痛そうにしていましたが、大丈夫でしょうか。

吉野が離脱となると頭の痛いところでしょうが、
知将・松田監督ならば、
必ずこの難局も巧く切り抜けてくれるでしょうし、
選手たちもその策に必ず応えてくれるものと思います。


更に突っ走っていくために、いつもチャレンジ精神を。
ガイナーレ鳥取の挑戦は道半ば、まだまだこれからですよ。

[鳥取]己を信ずること5

第12回日本フットボールリーグ前期第12節@とりぎんバードスタジアム
(10/05/23、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − 町田ゼルビア


このエントリを書くにあたって
いろいろと煽りの文句を考えたんですが、
途中で「しゃらくせえ!」と思い始めまして。

だって、そうじゃないですか。

相手が何処だろうと、ここまで自分たちのサッカーで
曲がりなりにもやれてきた。
もちろん、細かい面ではうまくいってないこともあるだろうけど、
それでもガイナーレはここまで負けていないし、
失点だってPKによる3失点だけ。
流れで崩されての失点は未だ一つもない。
攻撃もそこそこいい線を行っている。

どんな相手にも挑戦する心をベースに、
常に上を目指す向上心を持ち、
己を信じて相手を呑み込み、倒す。

相手が何処だろうが、変に意識をしないで
いつも自分たちがやっていることを前面に出して戦う。
これこそが一番大切なことですよ。

相手が町田だから何だというんですか。
そんなの関係ありませんよ。

我々は目の前にある試合を
着実に結果を出しながら乗り越えていく。
そのことだけ考えていればいいのです。

さあ、明日も一丁やったろうじゃないですか!
俺たちのガイナーレ鳥取を力強く後押しして、
共に勝利を喜び合うために。

[湘南]諦めてはいけないよ3

2010Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第3節@平塚競技場
(10/05/22、14:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(1−1,0−1)2 浦和レッズ

<得点者>
湘 南)36三平和司(前25')
浦 和)10ポンテ(前22')、17エジミウソン(後13')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発・途中交代)
GK:32松本拓也
DF: 5臼井幸平、 4山口貴弘、 6村松大輔、24小澤雄希
MF:21永田亮太、15ハングギョン、 8坂本紘司(後26'→17馬場賢治)
FW:36三平和司、27中山元気(後30'→18新居辰基)、11阿部吉朗(後35'→22中村祐也)

(不出場サブ)
GK:25金永基
DF:30島村毅
MF: 7寺川能人
FW: 9田原豊

【浦和レッズ】
(先発・途中交代)
GK:18加藤順大
DF:14平川忠亮、 4スピラノヴィッチ、 2坪井慶介、 5サヌ(後31'→35宇賀神友弥)
MF:20堀之内聖(後21'→ 3細貝萌)、13鈴木啓太、 8柏木陽介、10ポンテ
FW:27原口元気(HT→15エスクデロセルヒオ)、17エジミウソン

(不出場サブ)
GK: 1山岸範宏
DF:12堤俊輔、 6山田暢久
FW:16高崎寛之

<審判団>
主審:松村和彦、副審:宮島一代・前之園晴廣、第4審:唐紙学志

<警告・退場>
【警告】
湘 南) 5臼井幸平(後28'・ラフ)、 4山口貴弘(後32'・反スポ)
浦 和)20堀之内聖(後16'・ラフ) 、 3細貝萌(後33'・ラフ)

【退場】
湘 南)なし
浦 和)なし

<観客数>
12,322人

<この試合終了時点の成績>
2試合0勝0分2敗 勝ち点0 得点1 失点4 差−3 第6位
(この試合終了時の順位です。なお、今節は磐田に試合なし)

<この試合について>
湘南ベルマーレ公式 試合結果

<次の対戦カード>
ナビスコカップ予選Bグループ第4節 vsジュビロ磐田@平塚(10/05/26、19:00〜)


諦めてはいけない。

そう教えてくれたのは、間違いなく三平の得点でしょう。

結果的には敗れてしまいましたが、
敗戦をものともしないで突き進んでほしいと思うのです。
だって、浦和を追い詰めたのは事実なんですから。
そこから光明を見出していけばいい。
何も恐れることなどないのです。

次の磐田戦はすぐそこです。
時間は待ってなどくれない。
ただ、ひたすら、勝利できることを信じて。

[鳥取]御協力お願いします5

ホームゲームでの口蹄疫被害に対する義援金募金活動のお知らせ(ガイナーレ鳥取公式)

口蹄疫は昨今、大きな問題となっておりまして。

今節開催予定だった、ホンダロックvsFC琉球の試合が、
この疫病のせいで開催延期に追い込まれるなど、
サッカー界にも幾ばくかの影響を与えております。

まして、ガイナーレ鳥取は、
大山黒牛TMCや白バラ牛乳というように、
牛に関わる企業のスポンサードを受けています。

そこで、この事態の収拾の一助となればとの思いから、
斯様な義捐金集めを思い立ち、
ガイナーレ鳥取もこれに賛同したということです。

次の日曜日の町田ゼルビア戦@とりスタと
6月6日の横河武蔵野戦@東山で、
それぞれ募集が行われます。


これらの試合に行かれる方にお願いです。

もしよろしければ、額の多寡は問いませんので、
幾ばくかの御協力を御願いしたく存じます。


ぜひ、よろしくお願いします。

[鳥取]攻めの守り5

第12回日本フットボールリーグ前期第11節@とりぎんバードスタジアム
(10/05/16、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 1(0−0,1−0)0 Honda FC

<得点者>
鳥 取) 9ハメド(後29')
ホンダ)なし

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発・途中交代)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎(後35'→24鈴木健児)、15内間安路、32喜多靖、20冨山達行
MF:14吉野智行、 6服部年宏、 9ハメド、10実信憲明(後27'→30岡野雅行)、13美尾敦
FW:11阿部祐大朗(後36'→29小澤竜己)

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規
MF:27釜田佳吾、25奥山泰裕

【Honda FC】
(先発・途中交代)
GK: 1清水谷侑樹
DF:22小栗巧、 3石井雅之、18中川裕平、 5牧野泰直
MF: 8西望実、16土屋貴啓、 7糸数昌太(後45'→ 4安部裕之)
FW:11鈴木弘大、 9新田純也(後39'→23川島大樹)、15吉村和紘(後39'→17中村祐哉)

(不出場サブ)
GK:12中村元
MF:14桶田龍

<審判団>
主審:桜井大介、副審:村田裕介・三原純、第4審:佐々田孝弘

<警告・退場>
【警告】
鳥 取)20冨山達行(前26')、 2尾崎瑛一郎(前28')
ホンダ) 7糸数昌太(前18')

【退場】
鳥 取)なし
ホンダ)なし

<観客数>
2,647人

<この試合終了時点の成績>
11試合8勝3分0敗 勝ち点27 得点18 失点3 差+15 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第11節 Honda FC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第12節 vs町田ゼルビア@とりスタ(10/05/23、13:00〜)


怖いなあと思ったのは最初の15分ぐらいまで。
あとは全然Hondaに怖さを感じませんでした。

この感覚は何処かで感じたことがあるなと思ったら、
2004年のあの夜の出来事に似ているな、と。

言うまでもなく、伝説のSC鳥取vsHonda FCです。
あの試合も不思議と負ける気がしなかったのです。
そして終盤に決勝ゴールが出て鳥取の劇的勝利・・・。

ガイナーレが際立っていたのは「攻めの守り」でしょうか。

「何のこっちゃ?」と思われそうですが、
同じ守るにしても、ドン引きで守るよりは
前々から押していくように守った方が
次の攻撃につなげやすいじゃないですか。
そういう意識をガイナーレはこの試合の間中、
ずっと持ちながら臨んでいたような気がします。

ハメドの決勝点なんかにしても、
決めたのは確かにハメドだけれども、
そこに至るまでのプロセスの中で、
攻撃的に守っていたからHondaに焦りが出て、
ハメドに見事なループを決められる素地を作ってしまった、
というように思えるのです。


この試合で、ガイナーレ鳥取は
自身がアグレッシヴにやれる素地があるならば、
ドンパチやっても絶対に引けを取ることはないという
確固たる自信を手に入れたんじゃないでしょうか。

次の町田ゼルビアは、今回のHonda以上に難しい相手です。
あちらもまた攻撃力が半端じゃない。
しかし、攻めの守りで今日もまた流れでの失点をしていない。

Honda戦でこれだけできたなら、
次のゼルビアにだって同じようにできるはず。

そのように思いながら、
次へのビルドアップを果たせるような気がするんです。


とはいえ、自信を持ちすぎてはいけません。
大事なことは、常に挑戦する姿勢。
一つ一つの相手にチャレンジし、乗り越えていく。
この姿勢こそが、ガイナーレ躍進のカギを握ります。

[湘南]相手の1.5倍、走れているかい?2

Jリーグディヴィジョン1第12節@平塚競技場
(10/05/16、19:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(1−1,0−2)3 ガンバ大阪

<得点者>
湘 南)11阿部吉朗(前11')
G大阪)14平井将生2(前41'、後17')、 9ルーカス(後10')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発・途中交代)
GK:32松本拓也
DF: 5臼井幸平、 4山口貴弘、 6村松大輔、24小澤雄希
MF: 2田村雄三、15ハングギョン、 8坂本紘司(後26'→17馬場賢治)
FW:22中村祐也(後16'→36三平和司)、 9田原豊(後36'→18新居辰基)、11阿部吉朗

(不出場サブ)
GK:25金永基
DF:30島村毅、33遠藤航
MF: 7寺川能人

【ガンバ大阪】
(先発・途中交代)
GK: 1藤ヶ谷陽介
DF:21加地亮、 2中澤聡太、 5山口智、13安田理大
MF:17明神智和、 7遠藤保仁、10二川孝広、 9ルーカス(後45'→ 6下平匠)
FW:14平井将生(後39'→ 8佐々木勇人)、33宇佐美貴史(後43'→32大塚翔平)

(不出場サブ)
GK:29木村敦志
DF: 4高木和道、28菅沼駿哉
MF:23武井択也

<審判団>
主審:岡部拓人、副審:八木あかね・安元利充

<警告・退場>
【警告】
湘 南)15ハングギョン(後12')
G大阪)21加地亮(前44')、 5山口智(後45')

【退場】
湘 南)なし
G大阪)なし

<観客数>
13,797人

<この試合終了時点の成績>
11試合2勝3分6敗 勝ち点9 得点12 失点20 差-8 第18位

<この試合について>
試合結果(J's GOAL)

<次の対戦カード>
ヤマザキナビスコカップGL第3節 vs浦和レッズ@平塚(10/05/22、14:00〜)


後半だけ見たんですけど、
まあ、負けるべくして負けた、という感じですね。
それ以上の感想が思い浮かばない。

この前段にあった前提として、
阿部のゴールで先制したものの、平井に同点弾を許し、
直後に阿部が倒されて得たPKを、坂本がミスってしまい、
1−1で前半を終えたという流れがありました。

で、後半開始10分で
あっさりルーカスに決められて追いつかれ、
その直後ぐらいからベルマーレに活発な動きがなくなり、
平井にもう一発浴びて戦意喪失の体で負けた、というわけです。

まず、初先発の松本拓也。
彼を責めては可哀相です。よくやった方でしょう。
まして彼はプロ契約選手ではなく、特別指定選手である身。
もちろん、彼の責任失点もあったのでしょうが、
野澤の故障で急遽出場することになった松本を
一概に責めてはダメだと思うんです。

むしろ、アンカーの田村を釣り出されると
途端になす術がなくなる中盤以降の守備にこそ
問題が最も潜んでいるような気がするんですよ。

今のベルマーレの、アンカーを置いた4-1-2-3のシステムは、
(あれは4-3-3と言うより、4-1-2-3だろう)
全体的に、特に3枚しかいない中盤に
相当な運動量を要求するシステムだと思います。

しかし、このうち、アンカーを釣り出されてしまうと、
そこで話が一気に終わってしまうのです。

で、それを踏まえて思うんですけど、
よくソリさんは「相手の1.5倍は走れ」と言うのです。
足りないスキルは運動量で補えというような意味でしょう。

それが今のベルマーレに何処までできているのか。

残念ながら、前半を飛ばしすぎ、後半に電池切れを起こし、
途中から入ってきた選手もこれという存在感を出せないまま、
流れの悪い方に傾くしかなかった。

相手の選択肢を狭めて次の一手を遅らせるには、
こちらが動いて仕掛けるしかありません。
その基盤となるのが運動量なのです。
それが、今、ベルマーレには何処まであるのか・・・。


今日も途中で足が止まってしまったところを見ると、
その運動量は及第点とは言えないレベルにしかないようです。


強い相手を凌駕するには、
自分たちがもっとタフになって、仕掛けなければダメです。
その意味で、今夜の試合はとても物足りなかった。
(ま、私が見てた後半だけに限っての話ですが)

途中で出てきたフレッシュなはずの選手たちが、
既存の選手たちと同じようにしか動けていないようでは、
てんでお話になりませんよ。


スキルがないなら、せめて動き回れる素地を作ること。
今のベルマーレには、そういう技術論以前の問題にこそ
積極的に取り組んでほしいような気がします。

[鳥取]あの問題について

例の、鳥取県西部総合事務所のボランティア問題です。

12日夕刻のBSS「テレポート山陰」で報じられた
おおよその経緯は、次の通り。


・ガイナーレの東山開催の試合で、鳥取県西部総合事務所がボランティアスタッフを募った
 ↓
・ところが、これがどうも純然たるボランティアではなく、勤務扱いだったらしいと判明
 ↓
・そのようにBSSに内部告発(と思われるもの)があった
 ↓
・これを受けてBSSが西部総合事務所に取材に出向いたところ、取材を受けた人物があっさり事実を認めた
 ↓
・ボランティアスタッフとしての拘束時間は残業扱いで、平日にその分だけ代休が取れる
 ↓
・市民(と言っても取材Vに出てきたのは2名のみ)は賛否両論
 ↓
・続いてBSSは鳥取県庁に取材したが、当初は事実を把握していなかった
 ↓
・平井伸治鳥取県知事は「違和感を覚える」旨の発言
 ↓
・直ちに調査を約束し、4時間後、結果が出た
 ↓
・事実を認めるような結果だったらしい
 ↓
・鳥取開催ではそうした事実はなく、あくまでも米子開催のみでの話
 ↓
・西部総合事務所による勤務時間の不適切運用と結論づける
 ↓
・翌13日の同番組放送で追加報告があり、県として正式に今回のことを認め、即刻改善すると報じられた



なお、同番組の宇田川修一キャスターが
12日の放送でこの件に触れた項目の最後に、
もし少しでも見返りに釣られての参加だったとしたら、
純粋にガイナーレを応援・支援しようとする人たちに対して
失礼なのではないか
」との趣旨のコメントをしていたことを
ここに書き加えておきましょう。


ちなみに、ボランティア出動は
ガイナーレ鳥取からの依頼で行われたそうで、
米子での6試合に延べ36人ほどが
このような形で駆り出されたという話です。

ガイナーレ側から弁当が出ただのいう話も報じられたようですが、
(こればテレビでなく、翌日以降の新聞で)
ボランティアに弁当ぐらい何処でも出すだろうと思うので、
(まして出動を依頼した側がそれぐらいしても不思議ではない)
ガイナーレ鳥取というチーム
あるいはその運営会社である株式会社SC鳥取には
特段の問題はない
ものと思っていいでしょう。

要は、鳥取県
とりわけ西部総合事務所の問題に過ぎないのです。
そこら辺りを取り違えてはいけません。

幸いにも鳥取県側も迅速な是正対応を決めたようですし、
この問題でこれ以上こちら側から言うことはありません。

が、避けて通るわけにもいかない問題だったので、
敢えて触れておくことにしました。


ガイナーレ鳥取として大切なことは、
こうした、ガイナーレ鳥取自身に起因しない問題と
それにまつわる騒ぎに耳を貸すことなく、
ただひたすら自分たちのサッカーを信じ、
目の前の相手に挑戦し、結果を得ることだけです。

明日、そしてそれ以降の試合で、
ガイナーレ鳥取がチャレンジャーとして何処まで戦えるのか。
我々は、そのことに期待しながら精一杯の応援をしたいですね。

[鳥取]挑め!5

第12回日本フットボールリーグ前期第11節@とりぎんバードスタジアム
(10/05/16、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − Honda FC


とりスタ2連戦に勝手にテーマを設定してみました。


「挑め!」


これです。

自分たちの主義主張を崩すことなく、
余計な周囲の騒ぎに惑わされることなく、
己が立場をしっかりと弁えて、
相手に挑みかかって勝利をつかみ取ろうとする姿勢。

どういう相手と戦おうとも、
どんなカテゴリに入っていこうとも、
ガイナーレの選手たちには決して忘れてほしくない姿勢です。

明日のHonda、来週の町田と、
とりスタに厳しい相手を続けて迎えますが、
どんな試合でも「挑む」ことを常に忘れないでほしいです。

その結果、勝ち点3ずつ得られたら嬉しいですね。

[鳥取]本日、不発の日3

第12回日本フットボールリーグ前期第10節@京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
(10/05/08、13:00〜、45min×2)

佐川印刷SC 0(0−0,0−0)0 ガイナーレ鳥取

<得点者>
佐印刷)なし
鳥 取)なし

<メンバー>
【佐川印刷SC】
(先発・途中交代)
GK:31大石倭生
DF:29山形雄介、27伊池翔吾、15及川準、 4樋口大輝
MF: 7吉木健一(後45'+2'→11中島清登)、 8大槻紘士、14櫛田一斗、10中井義樹(後27'→26中野大輔)
FW:18大坪博和(後18'→ 9平井晋太郎)、19塩沢勝吾

(不出場サブ)
GK:21川本良二
DF: 2濱屋祐輝、22高橋弘章
FW:20中筋誠

【ガイナーレ鳥取】
(先発・途中交代)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、16中山友規、15内間安路、20冨山達行
MF:10実信憲明(後28'→25奥山泰裕)、14吉野智行、 6服部年宏、13美尾敦
FW:11阿部祐大朗、 9ハメド

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF:32喜多靖、28三浦旭人
MF:24鈴木健児、27釜田佳吾
FW:29小澤竜己

<審判団>
主審:藤本啓太、副審:福島孝一郎・佐野成、第4審:山本真之

<警告・退場>
【警告】
佐印刷) 4樋口大輝(後15')
鳥 取)16中山友規(前09')、20冨山達行(前25')、 6服部年宏(後45')

【退場】
佐印刷)なし
鳥 取)なし

<観客数>
743人

<この試合終了時点の成績>
10試合7勝3分0敗 勝ち点24 得点17 失点3 差+14 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第10節 佐川印刷SC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第11節 vsHonda FC@とりスタ(10/05/16、13:00〜)


まあ、今日みたいな不発の日もある、ということで。
そう何でもかんでもうまく行く日ばかりじゃないってことでしょう。

数字の上では
シュート数でダブルスコア(鳥取18、印刷9)だったように
結構押していたようなんですが・・・。

どうもここ最近の敵地での佐川印刷戦は、
このように苦戦するゲームが多いみたいに思えます。
難しいものですな。

現地に応援に行かれた皆様、お疲れ様でした。

幸いにもまだ負けてはいないことですし、
次のHonda FC戦での巻き返しに期待しましょう。

[鳥取]西京極に舞え、俺たちのガイナーレ!5

第12回日本フットボールリーグ前期第10節@京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
(10/05/08、13:00〜、45min×2)

佐川印刷SC − ガイナーレ鳥取


鳥取から近い西京極、ということで、
こちらからも多数のサポが押し掛けるのでしょう。

残念ながら私はいろいろ事情もあって行けないのですが、
とにかく素晴らしい結果を期待するのみです。

天気もいいようですし、
西京極にガイナーレの舞いが堂々と繰り広げられることを
切に祈りたいと思います。

特に、誕生日を迎えて意気上がるであろう実信に
明日は強く期待をしたいと思っています。

もちろん、他の選手たちも実力を十二分に発揮して、
必ずやガイナーレに勝利をもたらしてくれるでしょう。

とにかく、明日もしっかりと勝利!
これしかありませんね。

[湘南]これで十分なわけがない3

Jリーグディヴィジョン1第10節@平塚競技場
(10/05/05、13:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 2(1−2,1−0)2 ヴィッセル神戸

<得点者>
湘 南) 4山口貴弘(前36')、36三平和司(後33')
神 戸)27都倉賢2(前03'、前41')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発・途中交代)
GK: 1野澤洋輔
DF:30島村毅、 4山口貴弘、 6村松大輔、24小澤雄希
MF: 2田村雄三、 7寺川能人(後25'→36三平和司)、21永田亮太(HT→15ハングギョン)
FW:18新居辰基(後29'→22中村祐也)、 9田原豊、11阿部吉朗

(不出場サブ)
GK:32松本拓也
DF:26古林将太、33遠藤航
FW:27中山元気

【ヴィッセル神戸】
(先発・途中交代)
GK:29紀氏隆秀
DF:25石櫃洋祐、 4北本久仁衛、14宮本恒靖、21茂木弘人
MF: 6エジミウソン、 8松岡亮輔、10ボッティ(後18'→17吉田孝行)、11ポポ(後42'→16楠瀬章仁)
FW:27都倉賢、13大久保嘉人(後39'→ 7朴康造)

(不出場サブ)
GK:28嘉味田隼
DF:24三原雅俊
MF:18田中英雄
FW:31小川康治朗

<審判団>
主審:廣瀬格、副審:石川恭司・金田大吉、第4審:抱山公彦

<警告・退場>
【警告】
湘 南)なし
神 戸)21茂木弘人(前43'・ラフ)、17吉田孝行(後45'+2'・距離不足)

【退場】
湘 南)なし
神 戸)なし

<観客数>
11,650人

<この試合終了時点の成績>
10試合2勝3分5敗 勝ち点9 得点11 失点17 差−6 第15位

<この試合について>
湘南ベルマーレ公式 試合結果

<次の対戦カード>
J1第12節 vsガンバ大阪@平塚(10/05/16、19:00〜)


ドローにしたのが精一杯、では困るんですね。

確かに怪我人続出で人は手薄だったかもしれない。
更にそのせいで連携も困難な面があったかもしれない。

けれども、それを言い訳にしてもらっては困ります。

今日は勝つチャンスがあったはずだし、
実際に勝てていた試合でもあったはず。
でも、勝てなかった。何故か。

恐らく、勝つ自信を
手にしきれていなかったからではないかと思うんですね。
同点から10分も経たないうちに勝ち越されたなんて
まさにその象徴だと言えるでしょう。

いくら苦手とは言え、同じ選手に2度までもやられるなんて・・・。
都倉には草津時代からやられていたのですから、
何とか対策のしようはあったはず。

ともかく、これもまた一つの糧です。
このような経験を、今後に何処まで活かせるか。
それがなければ、このドローも意味をなしません。

ベルマーレはここで終わるチームではないはず。
ならば、このドローも必ず何らかの形で還元できるように、
全力を尽くしてほしいと思うのです。


あと、三平のJ1初ゴール、良かったですね。
彼もこれを機に大きく飛躍してほしいです。
緊急災害募金(Yahoo!)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Call&Chant(Gainare)
ガイナーレ鳥取
コール&チャント集

2011年用 NEW!!
解説書

2010年用
ガイナーレ募集中!
記事検索
時計
ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
Author's Profile
author:KAZZ
birthday:1969/01/01
website:
ガイナーレ鳥取とか、湘南ベルマーレを愛好しています。
変わり者ですが、特段に害はないだろうと思いますので、とりあえずよろしく願います。
mixiやTwitterなどにも参加していますので、よろしければそちらも覗いてみてください。

2011Jリーグ特命PR部員 KAZZ
kazz_kazz_kazzをフォローしましょう
Twitter
日程・結果(Gainare)
ガイナーレ鳥取
【J2第38節の結果】
鳥取 2(1-2,1-2)4 愛媛

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
8勝7分23敗 勝点31
得点36失点60差-24
第19位
日程・結果(Bellmare)
湘南ベルマーレ
【天皇杯準々決勝の結果】
湘南 0(0-1,0-0)1 京都

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
12勝10分16敗 勝点46
得点46失点48差-2
第14位
Recent Comments
TagCloud
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ