吹けよ風、呼べよ嵐 -One of these days-

ガイナーレ鳥取と湘南ベルマーレについて書く。 One of these days, I'm going to cut you into pieces.

2010年11月

[鳥取]去っていく7人のガイナーレたち【J特】

契約満了選手についてのお知らせ(ガイナーレ鳥取公式) 


今回発表されたのは、以下の7人です。


柴村 直弥(DF・#4)=藤枝MYFCに期限付き移籍中
 まあ、藤枝行っちゃった辺りから、こうなるだろうと思っていたので、SHEIに関しては驚きはありません。このまま藤枝に残ることになるでしょうが、ぜひまたJFLに戻ってきてください。

中山 友規(DF・#16)
赤尾  公(MF・#18)
 よくわからんのが、中山と赤尾の契約満了でして。彼らは今年、新卒でガイナーレに来たはずなのに。あるいは本人の希望なのか。ともかく残念です。

太田 弦貴(GK・#21)
 これは致し方ないかなあ、と。弦貴君自身は好青年なのですが。きっと次の落ち着き先でもサポに好かれる選手となるでしょう。

鈴木 健児(MF・#24)
 スズケンも仕方ない感じがします。今季、とにかく出番がなかったですし。

釜田 佳吾(FW・#27)
 最終節のゴールは惜別の一発だったのですね・・・。得難く良いキャラだったのですが・・・。デビューイヤーの輝きは、今も印象深いです。

小澤 竜己(FW・#29)
 突貫小僧的な小澤のプレーぶりが好きだったのですが、こうも出番に恵まれなくては・・・。まだ若く、可能性を有した選手なので、ぜひ何処かが獲ってあげてほしいですね。



これら7選手の来年以降に、幸多からんことを切望します。
今までガイナーレの一員でいてくれて、本当にありがとう。
次の居場所でも輝いてください!

[鳥取]"ROAD TO J"から、"ROAD OF J"へ。ガイナーレ鳥取の冒険はこれからも続く!【J特】5

J昇格決定のご挨拶 代表取締役 塚野真樹(ガイナーレ鳥取公式)
ガイナーレ鳥取のJリーグ入会が決定 [ Jリーグ ](10.11.29)(J's GOAL) 
【ガイナーレ鳥取:Jリーグ入会会見】記者会見での出席者のコメント(10.11.29)(J's GOAL) 
【ガイナーレ鳥取:Jリーグ入会決定】臨時理事会終了後の大東和美Jリーグチェアマンコメント(10.11.29)(J's GOAL) 


遂にこの日が来ましたね。
夕方のローカルニュースはこの話題で持ちきりでした。

思えば、長い年月でした。
様々な紆余曲折があり、人間模様があり、喜怒哀楽があり、
SC鳥取の名がガイナーレ鳥取となり、
アマチュアだったものがプロになり、
多くの出会いと別れを経験しながら、
それら全てがこの日の出来事にリンクしていたのかもしれません。

ガイナーレ鳥取の"ROAD TO J"は、
今ここに幕を下ろしました。

そしてこれからは、ガイナーレ鳥取の"ROAD OF J"が
スタートするのです。

Jへの道」から、本当の「Jの道」へ。
突き進む道は変わっても、ガイナーレ鳥取はガイナーレ鳥取。
トータルスローガンとして掲げた「強小」の理念の下、
これからも「らしく」突っ走ってくれることでしょう。


ガイナーレ鳥取の冒険旅行は、
間違いなくこれからも続いていくのです!



そして、この私めはっていうと、
鳥取県という小さな県から
Jという晴れの舞台に飛翔するガイナーレ鳥取を、
これからも楽しく応援していこうと思います。

[鳥取]1つのストーリーが終わり、そして、次なるストーリーは幕を開け・・・【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第17節@とりぎんバードスタジアム
(10/11/28、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 3(0−0,3−0)0 FC琉球

<得点者>
鳥 取)10実信憲明(後06'=PK)、27釜田佳吾(後20')、13美尾敦(後45'+2')
琉 球)なし

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、32喜多靖、23水本勝成、 3加藤秀典
MF:25奥山泰裕、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW:27釜田佳吾、 8梅田直哉

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規、20冨山達行
MF:14吉野智行、 7小井手翔太、30岡野雅行
FW:11阿部祐大朗

(途中交代)
後40' 10実信憲明→14吉野智行
後40' 27釜田佳吾→30岡野雅行

【FC琉球】
(先発)
GK: 1森本悠馬
DF:13小寺一生、17大澤雄樹、15初田真也、18堀池勇平
MF:11田中康平、16新川織部、 7秦賢二、 6國仲厚助、10中村友亮
FW: 9山下芳輝

(サブ)
GK:21新崎直哉
MF: 8松田英樹、39永井秀樹
FW:14杉山洋一郎、24田中靖大

(途中交代)
後18' 16新川織部→24田中靖大
後25'  6國仲厚助→14杉山洋一郎
後32' 10中村友亮→39永井秀樹

<審判団>
主審:武部陽介、副審:伊東知哉・水流伸治、第4審:河井敏行

<警告・退場>
【警告】
鳥 取)なし
琉 球)17大澤雄樹(前17')、18堀池勇平(後06')、10中村友亮(後24')

【退場】
鳥 取)なし
琉 球)なし

<観客数>
4,860人

<今季終了時点の成績>
34試合24勝5分5敗 勝ち点77 得点64 失点31 差+33 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第17節 FC琉球戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
今季は全日程を終了しました。
来季の日程発表をお待ちください。



前半だけ見てたら、まだピンボケだなあと思いましたが、
後半にキッチリ流れを持ってきて勝ちました。
ここ4試合のあまり良くない流れを払拭して終えたことが、
非常に有意義ではないかと思います。

前半は、元鳥取の堀池がよく動いて
こちらを攪乱する手に出ていましたが、
後半、鳥取にPKのチャンスを与えたのもまた、
堀池勇平その人のようでした。
(少なくとも警告をもらってはいますね) 

かくて、堀池は古巣に花を持たせる形となり、
以後、その存在感はパッタリなくなってしまいました。

これで俄然景気のついたガイナーレは、
久方ぶりの先発の釜田が執念で追加点を取り、
リードを広げていきます。

終盤には美尾の駄目押し点もあり、
ガイナーレ、JFLで有終の美を飾ることに
見事成功しました。


しかし、です。

確かに1つのストーリーがここに大団円を迎えた一方、
すぐさま新たなストーリーが幕を開けるのです。

まずは、明日Jリーグからかかって来るであろう
1本の電話から全てが始まります。

ガイナーレ鳥取の冒険は、
Jリーグへとその対象を変えて
今後も続いていく
のです。

そして私らは、引き続きその後押しをしていくだけです。

[湘南]こんな時に限ってこんな試合か【J特】1

Jリーグディヴィジョン1第33節@平塚競技場
(10/11/28、13:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 0(0−0,0−4)4 セレッソ大阪

<得点者>
湘 南)なし
C大阪)28丸橋祐介(前28')、 6アマラウ(後17')、10マルチネス(後20')、Own Goal(後43')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発)
GK: 1野澤洋輔
DF: 5臼井幸平、 6村松大輔、14阪田章裕、30島村毅
MF:15ハングギョン、41永木亮太、 8坂本紘司
FW: 7寺川能人、11阿部吉朗、40エメルソン

(サブ)
GK:39都築龍太
MF: 2田村雄三、21永田亮太、29松浦勇武
FW:17馬場賢治、22中村祐也、31チェスンイン

(途中交代)
後22' 40エメルソン→17馬場賢治
後29'  7寺川能人→22中村祐也
後36'  8坂本紘司→31チェスンイン

【セレッソ大阪】
(先発)
GK:21キムジンヒョン
DF:17酒本憲幸、 3茂庭照幸、22上本大海、28丸橋祐介
MF: 6アマラウ、10マルチネス、 7乾貴士、13清武弘嗣、14家長昭博
FW: 9アドリアーノ

(サブ)
GK: 1松井謙弥
DF: 2羽田憲司、 4藤本康太
MF:19石神直哉
FW:11播戸竜二、15小松塁、29永井龍

(途中交代)
後39' 10マルチネス→ 2羽田憲司
後43' 14家長昭博→15小松塁
後43'  9アドリアーノ→29永井龍

<審判団>
主審:吉田寿光、副審:村上孝治・蒲澤淳一、第4審:西尾英朗

<警告・退場>
【警告】
湘 南) 8坂本紘司(前14'・ラフ)、15ハングギョン(後16'・ラフ)、17馬場賢治(後22'・ラフ)
C大阪)10マルチネス(前41'・反スポ)

【退場】
湘 南)なし
C大阪)なし

<観客数>
8,775人

<この試合終了時点の成績>
33試合3勝7分23敗 勝ち点16 得点30 失点79 差-49 第18位

<この試合について>
試合結果(湘南ベルマーレ公式) 

<次の対戦カード>
J1第34節 vsアルビレックス新潟@東北電力ス(10/12/04、15:30〜)


引退を表明している田村雄三の門出だというのに、
こういう試合をやっちゃうんですからねえ・・・。
雄三が可哀相ですよ。


後半に畳み掛けられてしまったようですが、
前半はどうにか持ちこたえても、いざ1つ失点すると
その流れを修正できないままズルズル行ってしまう。
今季何度も繰り返された光景ですね。

せめてホーム最終戦ぐらい、意地を見せたかったのに・・・。
何とも難しく、歯痒い状況のまま、最終節を迎えます。

[鳥取]終わりは始まり【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第17節@とりぎんバードスタジアム
(10/11/28、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − FC琉球


まずはこちらから。



佐野元春の「グッドバイからはじめよう」ですが、
その曲で歌われている通り、終わりは始まりなのです。

JFLでの戦いは確かに明日で終わり。
しかし、それは同時にJでの戦いの始まりです。

JFLでの終わりは、Jの始まり。

これを肝に銘じて、試合に臨んでほしいもの。


そして明日は、フットボールを楽しませてほしいです。
終焉を迎えるJFLでの戦いのために、
そして、新たに迎えるJでの戦いのためにも。

[湘南]悪くはないのだが【J特】2

Jリーグディヴィジョン1第32節@万博記念競技場
(10/11/23、14:00〜、45min×2)

ガンバ大阪 2(1−1,1−0)1 湘南ベルマーレ

<得点者>
G大阪)27橋本英郎(前01') 、 8佐々木勇人(後30')
湘 南)17馬場賢治(前26')

<メンバー>
【ガンバ大阪】
(先発)
GK:21藤ヶ谷陽介
DF:21加地亮、 4高木和道、 5山口智、 6下平匠
MF:27橋本英郎、17明神智和、 7遠藤保仁、10二川孝広
FW:14平井将生、33宇佐美貴史

(サブ)
GK:29木村敦志
DF: 2中澤聡太、30内田達也
MF: 8佐々木勇人、25横谷繁
FW: 9ルーカス、32イグノ

(途中交代)
H T 14平井将生→ 9ルーカス
後12' 17明神智和→ 8佐々木勇人
後44' 10二川孝広→32イグノ

【湘南ベルマーレ】
(先発)
GK:39都築龍太
DF: 5臼井幸平、33遠藤航、 4山口貴弘、26古林将太
MF:15ハングギョン、 7寺川能人、21永田亮太
FW:40エメルソン、17馬場賢治、11阿部吉朗

(サブ)
GK: 1野澤洋輔
DF: 6村松大輔、13鈴木伸貴
MF:29松浦勇武、41永木亮太
FW:22中村祐也、36三平和司

(途中交代)
後34' 21永田亮太→41永木亮太
後34' 26古林将太→13鈴木伸貴
後41'  7寺川能人→22中村祐也

<審判団>
主審:今村義朗、副審:石川恭司・五十嵐泰之、第4審:山本雄大

<警告・退場>
【警告】
G大阪)なし
湘 南) 4山口貴弘(前42'・ラフ)

【退場】
G大阪)なし
湘 南)なし

<観客数>
11,347人

<この試合終了時点の成績>
32試合3勝7分22敗 勝ち点16 得点30 失点75 差-45 第18位

<この試合について>
試合結果(湘南ベルマーレ公式) 

<次の対戦カード>
J1第33節 vsセレッソ大阪@平塚(10/11/28、13:00〜)


テレビで見ました。

初っ端いきなりの失点でどうなるかと思いましたが、
良く立て直したんじゃないでしょうか。

ただ、その後はジリジリとガンバのペースにされて、
結局、勝ち越し点を取られてしまった、という感じで。

やっていることは悪くないし、
勢いもなかったわけではないのですが、
しかし勝てなかった。そんな感じじゃないでしょうか。

ただまあ、もう一歩ってとこまでは来てるので、
それはしっかり積み重ねたいもの。
方向性は間違ってないと思うので、あと少しですよ。

[鳥取]DEJA VU@松本【J特】2

第12回日本フットボールリーグ後期第16節@松本平広域公園総合球技場アルウィン
(10/11/21、13:00〜、45min×2)

松本山雅FC 1(0−0,1−0)0 ガイナーレ鳥取

<得点者>
松 本)11小林陽介(後45'+1')
鳥 取)なし

<メンバー>
【松本山雅FC】
(先発)
GK:18石川扶
DF: 2玉林睦実、29飯田真輝、20須藤右介、16鐵戸裕史
MF: 9木村勝太、28弦巻健人、17本田真吾、 7北村隆二
FW:10柿本倫明、24木島徹也

(サブ)
GK: 1原裕晃
DF:23多々良敦斗
MF: 5斎藤智閣、14竹内優、25大西康平
FW:11小林陽介、27武田英明

(途中交代)
後12' 16鐵戸裕史→23多々良敦斗
後22' 10柿本倫明→14竹内優
後41'  2玉林睦実→11小林陽介

【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、 3加藤秀典、23水本勝成、20冨山達行
MF:17鶴見聡貴、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW:25奥山泰裕、 8梅田直哉

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規
MF:14吉野智行、27釜田佳吾、30岡野雅行
FW:19住田貴彦、11阿部祐大朗

(途中交代)
後09' 17鶴見聡貴→19住田貴彦
後33' 10実信憲明→30岡野雅行

<審判団>
主審:池内明彦、副審:黒川俊博・久保田恭史、第4審:児玉貴彦

<警告・退場>
【警告】
松 本)24木島徹也(前30')、18石川扶(後45'+3')
鳥 取)13美尾敦(前33')、 3加藤秀典(後26')

【退場】
松 本)17本田真吾(前12')
鳥 取)なし

<観客数>
8,243人

<この試合終了時点の成績>
33試合23勝5分5敗 勝ち点74 得点61 失点31 差+30 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第16節 松本山雅FC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
JFL後期第17節 vsFC琉球@とりスタ(10/11/28、13:00〜)


ガイナーレの、特に去年を知っている選手諸君の中に、
どのくらい(立場こそ違えども)去年のデジャヴとして
この試合に相対した者がいて、だからこそ相手は
たとえ自らが不利な状況に陥ろうとも全力で勝ちに来るのだと
思っていた選手がいたのか、という。

山雅は勝っても結局4位以内に入れなかったそうですが、
前半始まって15分も経たないうちに1人少なくなっても、
最後まで諦めることなく勝利を追求し、
そしてその結果を得ることに成功しましたね。
その姿を、何と見ましたか?

次節はいよいよJFLラストマッチ。

心から笑ってJFLを卒業できるように、
悔いのない試合を望みます。

[鳥取]松本を揺るがせ【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第16節@松本平広域公園総合球技場アルウィン
(10/11/21、13:00〜、45min×2)

松本山雅FC − ガイナーレ鳥取


優勝してからこの方、先日の試合は勝ちましたが、
どうにもパッとしない試合が続くガイナーレさん。

先日の勝利で多少は上向いてきたんでしょうけど、
まだそれを形にできていないような気もします。
おまけに故障者は多いようですし、
なかなか困った状況のガイナーレであります。

しかし、松本に乗り込んで
今季最後のアウェイゲームを戦うからには、
弱音など吐いていられません。
残った連中がやるしかないのです。

今年のガイナーレには
これまでにない逞しさがあるはず。
ならば、その逞しさでこの難局も乗り切れるでしょう。
監督だってその辺はわかっているはずです。


ガイナーレは必ずや、松本山雅を討ち果たします。
とりスタでそうしたように、敵地でも。

鳥取からもサポが乗り込んでいるようですし、
ぜひ彼らの前で勝利を見せてほしいものです。

松本を揺るがしてみせようじゃないですか。

[湘南]負けたし、優勝も目前で見たが・・・【J特】3

Jリーグディヴィジョン1第31節@平塚競技場
(10/11/20、14:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 0(0−0,0−1)1 名古屋グランパス

<得点者>
湘 南)なし
名古屋)11玉田圭司(後21')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発)
GK:39都築龍太
DF: 5臼井幸平、33遠藤航、 4山口貴弘、26古林将太
MF: 7寺川能人、15ハングギョン、21永田亮太
FW:40エメルソン、 9田原豊、11阿部吉朗

(サブ)
GK: 1野澤洋輔
DF:13鈴木伸貴、14阪田章裕
MF:17馬場賢治、29松浦勇武
FW:22中村祐也、31チェスンイン

(途中交代)
後25'  7寺川能人→17馬場賢治
後29' 26古林将太→13鈴木伸貴
後32' 21永田亮太→22中村祐也

【名古屋グランパス】
(先発)
GK: 1楢崎正剛
DF:32田中隼磨、 3千代反田充、 5増川隆洋、 6阿部翔平
MF: 7中村直志、20ダニルソン、 8マギヌン
FW:10小川佳純、16ケネディ、11玉田圭司

(サブ)
GK:50高木義成
DF: 2竹内彬、38三都主アレサンドロ
MF:14吉村圭司、28田口泰士
FW:17巻佑樹、19杉本恵太

(途中交代)
後18' 10小川佳純→19杉本恵太
後31'  8マギヌン→38三都主アレサンドロ
後45'+1' 11玉田圭司→ 2竹内彬

<審判団>
主審:井上知大、副審:中井恒・数原武志、第4審:高山啓義

<警告・退場>
【警告】
湘 南)なし
名古屋)10小川佳純(前17'・ラフ)、 3千代反田充(前45'+1'・反スポ)、32田中隼磨(後06'・反スポ)

【退場】
湘 南)なし
名古屋)なし

<観客数>
12,650人

<この試合終了時点の成績>
31試合3勝7分21敗 勝ち点16 得点29 失点73 差-44 第18位

<この試合について>
試合結果(湘南ベルマーレ公式) 

<次の対戦カード>
J1第32節 vsガンバ大阪@万博(10/11/23、14:00〜)


結果としては負けてしまったし、
名古屋グランパスの優勝を目前で見る羽目にもなりましたが、
試合そのものについては面白かったですよ。

ベルマーレ、よく攻めていました。
全員アクティヴにやることを考えてか、
最初の出足がとにかく速くて、
これが動きの硬い名古屋を慌てさせました。
シュート数も結果的には名古屋の倍以上放ち、
攻撃的なベルマーレが久々に見られた感じでした。

ただ、最後まで一発が出なかった。
これだけが悔やまれます。

逆に名古屋は少ないチャンスを活かす形で、
玉田が一発決めてそのまま逃げ切ってしまった。

天皇杯で主力全員を休ませる挙に出てまで、
この試合に賭けたわりには出来がイマイチ過ぎましたが、
それでも勝っちゃう。
この辺の強かさがベルマーレにはありませんでした。

いくら調子が良くても点が取れなければ勝てないし、
いくら調子が悪くても点を取れれば勝てるかもしれない。
勝負の大原則ですね。


しかし、あれだけの試合を見せたことに、
一筋の光は見えたような気がします。
この光を大事にしていけば、来年は・・・。

そう思える素晴らしい試合でした。


最後に、名古屋グランパスの選手、スタッフ、
そしてサポーターの皆さん、
初優勝おめでとうございます。

[鳥取]受けて立つな【J特】4

第12回日本フットボールリーグ後期第15節@とりぎんバードスタジアム
(10/11/14、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 2(0−1,2−0)1 ジェフリザーブス

<得点者>
鳥 取) 8梅田直哉(後45'+2')、 6服部年宏(後45'+5')
ジェフ) 4西部巧(前07')

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、23水本勝成、 3加藤秀典、22森英次郎
MF: 7小井手翔太、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW: 8梅田直哉、25奥山泰裕

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:32喜多靖
MF:17鶴見聡貴、27釜田佳吾、30岡野雅行
FW:11阿部祐大朗、19住田貴彦

(途中交代)
後23'  7小井手翔太→17鶴見聡貴
後33' 22森英次郎→11阿部祐大朗
後41' 25奥山泰裕→32喜多靖

【ジェフリザーブス】
(先発)
GK: 1瀧本雄太
DF: 2田中政勝、 4西部巧、 5宇野勇気、18西井光
MF:19柳明基、31高田健吾、 3安川洋介、 7蓮沼剛
FW: 9福士徳文、11鳥養祐矢

(サブ)
GK:30大河原弘樹
DF:23石垣勝矢
MF:14福田建
FW:16渡辺正嗣、27宮内亨

(途中交代)
後35' 19柳明基→14福田建
後36' 11鳥養祐矢→23石垣勝矢
後44'  9福士徳文→16渡辺正嗣

<審判団>
主審:大友一平、副審:北村央春・伴英人、第4審:内田康博

<警告・退場>
【警告】
鳥 取) 3加藤秀典(前10')、 7小井手翔太(前22')、23水本勝成(前34')、 2尾崎瑛一郎(後06')、17鶴見聡貴(後28')
ジェフ) 1瀧本雄太(後11')、 3安川洋介(後12')、19柳明基(後35')

【退場】
鳥 取)なし
ジェフ)なし

<観客数>
3,094人

<この試合終了時点の成績>
32試合23勝5分4敗 勝ち点74 得点61 失点30 差+31 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第15節 ジェフリザーブズ戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
JFL後期第16節 vs松本山雅FC@アルウィン(10/11/21、13:00〜)


何というか、勝つには勝ちましたが、
どうにもこうにも煮え切らない試合というか・・・。

だって、前半の出来があまりに酷すぎましたから。

走らない、追わない、パスも消極的。
これで点が取れる方が不思議です。

ジェフにセットプレーから先制を許したあとも
それは変わらないどころか、ますます酷くなる始末。
これは相当に状態が良くないなと思えました。

でまあ、前半からカードが出まくるわけですが、
何やらこの主審もテンパってたようでして、
ジャッジに一貫性がないもんだから、
摩訶不思議なジャッジを連発して試合を混乱させるばかり。
(まあ、そのおかげでこちらも助かってはいますが)

後半になって多少盛り返しはしますが、
ドン引きでカウンター狙いのジェフの厚い守りの前に
あとちょっとのところでこじ開けができず、
これはヤバいなと思い始めたのですが、
そこにちょいとした転機が。

ジェフのGKがこちらの選手と交錯したか何かの際に
どうやら肘か何処かを痛めた模様。
(その後普通にプレーしたので大したこともなさそうでしたが) 
しかし、交代枠は消費済み。

するとその直後、ガイナーレの猛攻に振り回された
ジェフ守備陣を切り裂くように梅田が決めてまず同点。

でも、この時点では、まだ同点。
するとその3分後に、服部が逆転弾を頭で決めました。
(あとで映像を確認したところ、頭でなく脚でした。2010年11月15日追記) 

程なく試合は終了。
ガイナーレが連敗を止めて、めでたしめでたし・・・


・・・と、単純に喜んでいい試合でもなかったような。

悪い流れこそ断ち切ることはできたものの、
見ていて、何かこう、守りに入ってしまっているような
そんな風に見受けられたことが気掛かりです。

ガイナーレは受けて立つチームではないはず。
そんな立場にもありませんし。
それを考えると、もっと積極的にやらなければ。


次は松本山雅の敵地に乗り込むんですが、
僅かでも参入成績条件クリアの可能性を残した山雅に、
まさか受けて立つような真似はしないでしょう。
いや、それをしちゃダメなんです。

まして、当地での開幕戦でコテンパンにやられた山雅が、
このまま黙っているとは思えないのですから。

とにかく、その山雅戦を含めてあと2つ勝つこと。
勝って、諸々ハッキリさせることです。

[湘南]次に昇格する時は・・・【J特】1

Jリーグディヴィジョン1第30節@アウトソーシングスタジアム日本平
(10/11/14、14:00〜、45min×2)

清水エスパルス 5(1−0,4−0)0 湘南ベルマーレ

<得点者>
清 水)30小野伸二(前45'+13')、18ヨンセン(後12')、10藤本淳吾(後19'=PK)、23岡崎慎司2(後37'、後43')
湘 南)なし

<メンバー>
【清水エスパルス】
(先発)
GK:21西部洋平
DF:25市川大祐、26平岡康裕、33ボスナー、 4太田宏介
MF:13兵働昭弘、16本田拓也、30小野伸二
FW:23岡崎慎司、18ヨンセン、10藤本淳吾

(サブ)
GK:31武田洋平
DF: 2児玉新、 5岩下敬輔
MF: 7伊東輝悦、 8枝村匠馬
FW: 9永井雄一郎、22大前元紀

(途中交代)
H T 33ボスナー→ 5岩下敬輔
後24' 30小野伸二→ 7伊東輝悦
後38' 13兵働昭弘→22大前元紀

【湘南ベルマーレ】
(先発)
GK:39都築龍太
DF: 5臼井幸平、 4山口貴弘、33遠藤航、30島村毅
MF: 2田村雄三、40エメルソン、 8坂本紘司
FW:11阿部吉朗、 9田原豊、22中村祐也

(サブ)
GK: 1野澤洋輔
DF:14阪田章裕、26古林将太
MF:15ハングギョン、17馬場賢治、21永田亮太
FW:18新居辰基

(途中交代)
後19'  2田村雄三→17馬場賢治
後19' 11阿部吉朗→15ハングギョン
後31' 22中村祐也→18新居辰基

<審判団>
主審:木村博之、副審:前島和彦・金田大吉、第4審:竹田明弘

<警告・退場>
【警告】
清 水)なし
湘 南) 9田原豊(前07'・繰返違反)、30島村毅(前41'・反スポ)、 8坂本紘司(前45'・ラフ)

【退場】
清 水)なし
湘 南)なし

<観客数>
16,204人

<この試合終了時点の成績>
30試合3勝7分20敗 勝ち点16 得点29 失点72 差-43 第18位
Jリーグディヴィジョン2に降格決定

<この試合について>
試合結果(湘南ベルマーレ公式) 
サポーター、支援者の皆様へ(湘南ベルマーレ公式) 

<次の対戦カード>
J1第31節 vs名古屋グランパス@平塚(10/11/20、14:00〜)


まあ、今更何も言いません。
結果は結果として受け止める以外にないのですから。
1年でJ2に戻ってしまったことは、
如何に言い訳をしても覆りませんから。

その代わり、この次に再び昇格のチャンスがあるならば、
その時の備えは今から万全にしておきたいもの。

まずは、故障者を減らすこと。
ピッチ外のこと(スポンサー問題など)で揺れないこと。
そして、確固たる戦力を作って巻き返すこと。

ともかく、明日から再出発しましょう。
再びJ1にビッグウェーブを起こすためにも。


なお、余談。

何で小野伸二の得点時間が
あんなに桁外れなのかというと・・・

ゴールマウスが壊れちゃって
その修理に時間を要した上に、
アディショナルタイムの長さが
破格なものになっちゃったからなんですな。

[ J1:第30節 清水 vs 湘南 ](J's GOAL)

↑がその証拠写真。

まあ、見事な壊れっぷりです。

[鳥取]オモイダセ!【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第15節@とりぎんバードスタジアム
(10/11/14、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − ジェフリザーブス


こちらからは四の五の言わないので、
この曲聴いて、ガイナーレが本来示すべき
「闘志」を発揮できる「闘士」であることを
とくと思い出せ!



ガイナーレは何のために戦ってきたのか。
何のために多くの苦労をしてきたのか。
そして、何のためにこれからもっとキツいであろう
茨の道を進もうとしているのか。

そのことをもう一度、よ〜く思い出すこと。

話はそれからだ。

[湘南]ありがとう、そしてゴメンよ、ジャーン【J特】1

Jリーグディヴィジョン1第28節(順延分)@平塚競技場
(10/11/10、19:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(0−2,1−1)3 大宮アルディージャ

<得点者>
湘 南)11阿部吉朗(後45')
大 宮)22金久保順(前17')、10ラファエル(前33')、 4深谷友基(後26')

<メンバー>
【湘南ベルマーレ】
(先発)
GK:39都築龍太
DF: 5臼井幸平、 6村松大輔、 4山口貴弘、26古林将太
MF: 2田村雄三、33遠藤航、 8坂本紘司、40エメルソン
FW: 9田原豊、36三平和司

(サブ)
GK: 1野澤洋輔
DF:30島村毅
MF: 7寺川能人、15ハングギョン
FW:11阿部吉朗、18新居辰基、22中村祐也

(途中交代)
H T  2田村雄三→15ハングギョン
後15' 36三平和司→11阿部吉朗
後34' 26古林将太→ 7寺川能人

【大宮アルディージャ】
(先発)
GK: 1北野貴之
DF:26村上和弘、 4深谷友基、14坪内秀介、24鈴木規郎
MF:23金澤慎、18李浩、11藤本主税、22金久保順
FW:16李天秀、10ラファエル

(サブ)
GK:21江角浩司
DF:32杉山新、 3マト
MF: 6青木拓矢、17橋本早十
FW:19市川雅彦、 9石原直樹

(途中交代)
後09' 14坪内秀介→ 3マト
後40' 16李天秀→ 9石原直樹
後44' 22金久保順→17橋本早十

<審判団>
主審:佐藤隆治、副審:中原美智雄・村上孝治

<警告・退場>
【警告】
湘 南) 6村松大輔(前16')、26古林将太(前21')、 2田村雄三(前40')、 8坂本紘司(後09')
大 宮)11藤本主税(前21')、22金久保順(後06')

【退場】
湘 南)なし
大 宮)なし

<観客数>
6,032人

<この試合終了時点の成績>
29試合3勝7分19敗 勝ち点16 得点29 失点67 差-38 第18位

<この試合について>
試合結果(J's GOAL) 

<次の対戦カード>
J1第30節 vs清水エスパルス@アウスタ(10/11/14、14:00〜)


ジャーン選手退団のお知らせ(湘南ベルマーレ公式)

上にもあるように退団の決まっているジャーンが
この試合の後に挨拶したそうですが、
彼には感謝の気持ちで一杯であると共に、
何だか申し訳なく思いましたよ。

だって、新しい門出の餞が、
よりによってこんな試合なんですから・・・。


で、次の清水戦次第では、J2降格が決まります。

正直、今のベルマーレではこの状況を覆すのは
相当に難しいと言わざるを得ません。


けれども。

だからといって何もアクションを起こさなければ、
物事は動き出さない
わけですし、
何も変わってなどくれないのです。


もう、こうなりゃ、開き直って
立ち上がりからガンガン攻めていきましょうや

ホームもアウェイも関係ありませんよ。

湘南ベルマーレってとこにプライド持ってんでしょ?
だったら、何はともあれやるしかないでしょ!

何のために、あんなに苦労してJ1に上がってきたか、
もう一度よ〜〜〜〜〜く思い出すこった。

[鳥取]闘士不在【J特】1

第12回日本フットボールリーグ後期第14節@東近江市布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)
(10/11/07、13:00〜、45min×2)

MIOびわこ草津 5(2−0,3−0)0 ガイナーレ鳥取

<得点者>
草 津) 4尾上勇也(前36')、29阪本晃司(前45'+1')、14伊藤和也2(後29'、後34')、15石澤典明(後42')
鳥 取)なし

<メンバー>
【MIOびわこ草津】
(先発)
GK: 1安藤永倫
DF: 7壽健志、 5谷口浩平、15石澤典明、13山田尚幸
MF: 4尾上勇也、 8安里晃一、17浦島貴大、14伊藤和哉、29阪本晃司
FW:19出口司

(サブ)
GK:22若月翔太
DF: 6大久保悟、25オリバー・ウェルマン
MF:16前川賢司、18酒井優介
FW:10木下真吾、 9アラン

(途中交代)
後27'  4尾上勇也→ 9アラン
後37' 19出口司→ 6大久保悟
後43' 17浦島貴大→16前川賢司

【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、32喜多靖、23水本勝成、20冨山達行
MF:17鶴見聡貴、14吉野智行、 6服部年宏、13美尾敦
FW:10実信憲明、 8梅田直哉

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規、28三浦旭人
MF: 7小井手翔太、30岡野雅行
FW:27釜田佳吾、11阿部祐大朗

(途中交代)
H T 14吉野智行→ 7小井手翔太
後25'  8梅田直哉→11阿部祐大朗
後37' 10実信憲明→30岡野雅行

<審判団>
主審:日高晴樹、副審:小曽根潮・山本慎吾、第4審:大内隆

<警告・退場>
【警告】
草 津)19出口司(前14')、15石澤典明(前19')
鳥 取)20冨山達行(前18')、10実信憲明(後12')、 2尾崎瑛一郎(後21')

【退場】
草 津)なし
鳥 取)なし

<観客数>
1,441人

<この試合終了時点の成績>
31試合22勝5分4敗 勝ち点71 得点59 失点29 差+30 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第14節 MIOびわこ草津戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
JFL後期第15節 vsジェフリザーブス@とりスタ(10/11/14、13:00〜)


天皇杯の試合後に和田監督がした「街クラブ」発言が、
結果的に物議を醸してしまったMIOびわこ草津でしたが、
そうした「街クラブ」が、
JFL首位クラブ(敢えて「優勝クラブ」とは書きません)を
木っ端微塵に粉砕してしまったのですから、
MIOの選手・首脳陣・スタッフ諸氏はもちろんのこと、
MIOサポの人々からしてみれば、
実に痛快無比な光景だったでしょう。

まして、布引のスタジアムのこけら落としが
こんな華々しい結果ですからね。万々歳ってなもんで。


翻ってガイナーレ。

シュート3本しか打たせてもらえず、当然の如く無得点。
相手には16本のシュートを打たれて5点も献上する始末。
いやはや・・・。

今年のガイナーレ鳥取のスローガンは、
御存知のように「強小弐年 闘士」ですが、
きっと先週の金沢にも、今日の東近江にも、
ピッチ上に闘士はいなかったのでしょう。
そうに違いありません。

そうでなければ、こんな結果になるわけがないのですから。


ま、とりあえず。


優勝ボケもいい加減にしとけや!


・・・てなとこで。

[鳥取]こないだみたいな負けだけは許されまいぞ【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第14節@東近江市布引運動公園陸上競技場(布引グリーンスタジアム)
(10/11/07、13:00〜、45min×2)

MIOびわこ草津 − ガイナーレ鳥取


まあ、多くは語る必要もないでしょう。

こないだの金沢戦みたいな負け方をしたら、
さすがに黙ってない人が多いと思いますんで、
気を引き締めて、性根を据えてかかること。

優勝の余韻はもう忘れることです。

また、別の一歩が始まっているのですから。
緊急災害募金(Yahoo!)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Call&Chant(Gainare)
ガイナーレ鳥取
コール&チャント集

2011年用 NEW!!
解説書

2010年用
ガイナーレ募集中!
記事検索
時計
ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
Author's Profile
author:KAZZ
birthday:1969/01/01
website:
ガイナーレ鳥取とか、湘南ベルマーレを愛好しています。
変わり者ですが、特段に害はないだろうと思いますので、とりあえずよろしく願います。
mixiやTwitterなどにも参加していますので、よろしければそちらも覗いてみてください。

2011Jリーグ特命PR部員 KAZZ
kazz_kazz_kazzをフォローしましょう
Twitter
日程・結果(Gainare)
ガイナーレ鳥取
【J2第38節の結果】
鳥取 2(1-2,1-2)4 愛媛

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
8勝7分23敗 勝点31
得点36失点60差-24
第19位
日程・結果(Bellmare)
湘南ベルマーレ
【天皇杯準々決勝の結果】
湘南 0(0-1,0-0)1 京都

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
12勝10分16敗 勝点46
得点46失点48差-2
第14位
Recent Comments
TagCloud
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ