吹けよ風、呼べよ嵐 -One of these days-

ガイナーレ鳥取と湘南ベルマーレについて書く。 One of these days, I'm going to cut you into pieces.

アルテ高崎

[鳥取]条件を1つクリアしただけで、まだ何も手にしてはいない【J特】4

第12回日本フットボールリーグ後期第10節@とりぎんバードスタジアム
(10/10/03、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 1(1−0,0−0) アルテ高崎

<得点者>
鳥 取)14吉野智行(前39')
高 崎)なし

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、23水本勝成、32喜多靖、 3加藤秀典
MF: 7小井手翔太、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW:14吉野智行、11阿部祐大朗

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:28三浦旭人
MF:17鶴見聡貴、25奥山泰裕、30岡野雅行
FW: 9ハメド、19住田貴彦

(途中交代)
HT   7小井手翔太→17鶴見聡貴
後24' 11阿部祐大朗→19住田貴彦
後37' 10実信憲明→30岡野雅行

【アルテ高崎】
(先発)
GK:31岩舘直
DF: 7山田裕也、 5小川裕史、27増田清一、 6秋葉勇志
MF:15山藤健太、20益子義浩、16岩間雄大、10石沢泰羅
FW:17松尾省悟、13一柳穣

(サブ)
GK:35岡田大
DF: 2小島直希
MF:28吉田明生、 8森慶太
FW:11伊藤和基

(途中交代)
後24' 13一柳穣→11伊藤和基
後26' 15山藤健太→28吉田明生
後37' 20益子義浩→ 8森慶太

<審判団>
主審:青山健太、副審:金井清一・柳楽典雅、第4審:坂根慶紀

<警告・退場>
【警告】
鳥 取) 3加藤秀典(後38')
高 崎)16岩間雄大(前40')、10石沢泰羅(後45')

【退場】
鳥 取)なし
高 崎)なし

<観客数>
4,939人

<この試合終了時点の成績>
27試合20勝5分2敗 勝ち点65 得点54 失点21 差+33 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第10節 アルテ高崎戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 
JFL4位以内確定を受けた塚野社長コメント(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
JFL後期第11節 vs流通経済大学FC@たつのこF(10/10/17、13:00〜)


試合には勝ちました。
その結果、JFL4位から下に落ちることはなくなり、
Jリーグ参入条件の1つである成績条件は
この段階でクリアできたことになります。

しかし、まだあくまでも条件を1つクリアしただけで、
ガイナーレ鳥取は未だに何も手にしてなどいないのです。
そこを間違えてはいけないと思いますよ。


今日の試合を見ていると、
前半は勢い込んでガツガツ行ったガイナーレが、
アルテをたじろがせるシーンも比較的あったのに、
後半は一転して大人しくなったように見受けられました。

シュート数を考えてみても、
前半は鳥取9に対して高崎3だったものが、
後半は鳥取・高崎共に6ずつ。

攻め入っても、鳥取の選手たちが相手陣で
所在なげにボールを回すシーンが目につき、
途中から入ってきた住田が若さに任せて
相手陣にズカズカ切り込んでいかなかったら、
何のためにボールを保持しているのかという
そんな印象すら受ける時間帯もありました。

高崎は逆に、前半こそほうぼうの体だったものの、
後半はよく盛り返し、意地を見せてくれたと思います。
さすが、長年にわたって切磋琢磨を繰り返してきたチーム。
簡単には決着をつけさせてくれませんでした。


ことJリーグ参入という面に於いて、
ガイナーレ鳥取は挑戦者の立場であることに
今もって何ら変わりはないのです。

しかし、今日の特に後半、受けて立とうとする意識が
動きの端々に見られたことが残念です。
もっとチャレンジをしてほしかった。
積極的に運んでほしかった。

硬くなるのはわかるけれども、
上に行けばこれ以上のプレッシャーが
彼らを取り巻いてくるのです。

ヒアリングの時に、Jの偉いさんから
「J2で最下位争いをするチームが1つ増えるだけ」
などと言われたことを忘れたわけではないでしょう。
そうなってもらっては、自分たちが困るのです。

ならば、常に挑戦者として試合に臨んでほしいですし、
そういう姿勢を動きの端々に表してほしいのです。


1つのマイルストーンを越えても、また次が現れる。
ならば、全力でそれを越えるように挑みかかる。
その姿勢と、実際にそれを成し遂げていくことが、
ガイナーレ鳥取の本気をより強調するのです。

社長のコメントを読む限り、
その辺の心配りに抜かりはないようですので、
あとはチームとして、如何にして
更なる高みを目指していくかの方向性を
もう一度確認して実践に移せれば良いと思います。

ともかく、まだ、何も終わってはいません。
本当の戦いは、これからですよ。

[鳥取]アルテ高崎に敬意を表しつつ、勝利は我らに【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第10節@とりぎんバードスタジアム
(10/10/03、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − アルテ高崎


共に、SC鳥取・群馬FCホリコシと名乗っていた頃から
この厳しいリーグで切磋琢磨を続けてきた仲。
かつては様々な名勝負が繰り広げられてきた両者であります。

そんな両者が、ガイナーレのJ参入条件確定を巡って
戦うことになったというのは、実に感慨深いものです。

そんな相手であるアルテ高崎、
及びそのアルテと繰り広げてきた
これまでの数々の戦いに敬意を表しつつ、
明日はしっかり勝って4位以内確保を決めたいです。

天気もどうやら保ちそうな雰囲気なので、
ぜひ大勢のお客さんに御来場いただいて、
その瞬間を共有したいところ。

日本海テレビによるテレビ中継もありますが、
できれば生で、その瞬間を体感しましょう!

[鳥取]ただ4試合終わっただけ5

第12回日本フットボールリーグ前期第4節@群馬県立敷島公園サッカーラグビー場
(10/04/04、13:00〜、45min×2)

アルテ高崎 0(0−0,0−3)3 ガイナーレ鳥取

<得点者>
高 崎)なし
鳥 取) 9ハメド(後05')、32喜多靖(後15')、11阿部祐大朗(後45')

<メンバー>
【アルテ高崎】
(先発・途中交代)
GK:31岩舘直
DF:24川里光太郎、 5小川裕史、27増田清一、 7山田裕也
MF:10石沢泰羅、16岩間雄大、 6秋葉勇志、28吉田明生(後40'→15山藤健太)
FW:17松尾昇悟、32佐藤大樹(後35'→18植松俊行)

(不出場サブ)
GK:21津本貴啓
DF: 2小島直希
MF:26神谷恭平、20益子義浩、 8森慶太

【ガイナーレ鳥取】
(先発・途中交代)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、15内間安路、32喜多靖、20冨山達行
MF: 7小井手翔太(後29'→17鶴見聡貴)、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW: 9ハメド(後44'→29小澤竜己)、11阿部祐大朗(後45'+2'→25奥山泰裕)

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規
MF:28三浦旭人、24鈴木健児

<審判団>
主審:木川田博信、副審:塚越由貴・上西良延、第4審:倅田和之

<警告・退場>
【警告】
高 崎)17松尾昇悟(後18')
鳥 取)11阿部祐大朗(前12')

【退場】
高 崎)なし
鳥 取)なし

<観客数>
483人

<この試合終了時点の成績>
4試合3勝1分0敗 勝ち点10 得点9 失点2 差+7 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第4節 アルテ高崎戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第5節 vsホンダロック@とりスタ(10/04/11、13:00〜)


前半がどうも良くなかったようで、
もしそのまま推移していたら大変だったと思いますが、
後半持ち直して勝利に結びつけたことは立派でしょう。
その結果、現時点での首位にも立ちました。

ただ、まだたったの4試合が終わっただけなんですよ。
それでいったい、何が決まったのでしょう?

とんでもない。
何も決まってなんかいないのです。

スコア上は開幕の山雅戦と同じですが、
どうもその中身は、山雅戦とは似ても似つかなかったらしい。
シュート数だって僅かながらこちらが少ない。
(高崎9本に対して、鳥取7本)
少なくともスタッツ上の数字からは、
首位戦線にいるチームと2ケタ順位のチームとの対戦には
とても思えなかったりするわけで。

この辺は現地で試合を観てきた人に聞いてみないことには
何とも言えない部分がありますが、
どうやらガイナーレ鳥取には、まだ不足している部分が
それなりにあるように思えてなりません。

そんな状態で首位に立ったから、何だと言うのでしょう。
まだ何も決まってなどいないし、むしろこれからですよ。

恐らく、松田監督以下首脳陣や選手たちには
それはイヤと言うほど理解できていることでしょう。
だから、彼らには特に何も言いません。
しっかりと問題に対策を施し、長所を伸ばして、
自分たちの目の前に控える試合に集中して臨んでくれればいい。


むしろ問題は、こちらの気構えだったりします。

確かに今は首位でしょう。
でも、ぶっちぎりではない。
2位ソニーや3位町田は同勝ち点だし、
4位の印刷や5〜7位グループの3チーム、
あるいはそれ以下の残りチームにだって、
まだまだ1つたりとも油断はできないのです。

例年にもまして、
我々は挑戦者の気持ちで臨まなければなりません。
これまで2度もJへの壁を乗り越えられていないのです。
そのことを努々お忘れなきよう。

まだ、我々は何も成し遂げてなどいないのです。
それどころか、開幕4試合を少しばかりいいペースで終えただけ。
それ以上のことは何もしていない。
その点だけは重々理解しておきたいものです。

[鳥取]上州颪に負けるな5

第12回日本フットボールリーグ前期第4節@群馬県立敷島公園サッカーラグビー場
(10/04/04、13:00〜、45min×2)

アルテ高崎 − ガイナーレ鳥取


前節、ヒヤヒヤものの勝利を得たガイナーレは、
明日、アルテ高崎とアウェイで対戦します。

アルテは前節、Hondaに勝って
意気上がっているものと思われます。

そういえば、琉球とも同様のシチュエーションで戦って、
終盤の同点弾でやっとドローにしたなどという
苦い経験をしたばかりですが、
今度はそういう試合でなく、スッキリ快勝してほしいもの。

精神的優位に立つのではなく、
常に挑戦者の気持ちで試合に臨んでほしいです。

応援に行かれる方は、ぜひ精一杯の後押しを。
留守番の私らは様々な形で試合を気にしながら、
明日の日を過ごしたいと思います。

[鳥取]なるほど4位には上がったけど・・・3

第11回日本フットボールリーグ後期第13節@とりぎんバードスタジアム
(09/10/25、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 2(1−1,1−1)2 アルテ高崎

<得点者>
鳥取)14吉野智行(前17')、10実信憲明(後28')
高崎)18杉山琢也(前04')、23白山貴俊(後43')

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:15シュナイダー潤之介
DF:28尾崎瑛一郎(後27'→17鶴見聡貴)、26橋内優也、 6小原一展、22森英次郎
MF:14吉野智行、20冨山達行、19林慧、10実信憲明
FW: 8梅田直哉(前31'→27釜田佳吾)、11阿部祐大朗(後27'→ 9ハメド)

(不出場サブ)
GK: 1井上敦史
DF:23水本勝成
MF:24鈴木健児
FW:30岡野雅行

<アルテ高崎のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:33田中賢治
DF:26神谷恭平(後32'→23白山貴俊)、 5小川裕史、27増田清一、 6秋葉勇志
MF:18杉山琢也、16岩間雄大、25植松俊行(後27'→ 2小島直希)、15山藤健太
FW: 9久保田圭一、13吉澤正悟(後23'→24大越崇司)

(不出場サブ)
GK:35岡田大
FW:11田中翔太

<警告>
鳥取)11阿部祐大朗(前44'・ラフ)、19林慧(後08'・ラフ)、17鶴見聡貴(後44'・反スポ)
高崎) 9久保田圭一(後32'・ラフ)、23白山貴俊(後39'・ラフ)

<退場>
鳥取)なし
高崎)なし

<審判団>
主審:唐紙学志、副審:清野祐介・水流信治、第4審:河井敏行

<観客数>
3,098人

<ガイナーレ鳥取の2009年度JFL成績(今節終了時点)>
14勝7分9敗 勝ち点49 得点55 失点30 差+25 第4位(↑)

<試合データ>
ガイナーレ鳥取公式サイト 試合詳細

<次節の試合>
第11回JFL後期第14節 vs三菱水島FC@笠岡陸(11/03、14:00〜)


せっかくチャンスをもらっといて何やってるの、という。

そりゃまあ、確かに4位には上がりましたよ。

でも、こんなことしてたらこの順位だって危ない。
もっともっと危機感を持ちなさいよ。
あなた方は、まだ薄氷を踏みながら歩いてるんです。
そこら辺を努々忘れないように。

[鳥取]勝利のために必要なものは何だ?4

第11回日本フットボールリーグ前期第4節@群馬県立敷島公園サッカーラグビー場
(09/04/05、13:00〜、45min×2)

アルテ高崎 1(1−0,0−1)1 ガイナーレ鳥取

<得点者>
高崎) 9久保田圭一(前19')
鳥取)17鶴見聡貴(後03')

<アルテ高崎のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:33田中賢治
DF:18杉山琢也、 5小川裕史、27増田清一、 6秋葉勇志
MF:23白山貴俊(後26'→26神谷恭平)、16岩間雄大、10大谷昌司、14石沢泰羅(後20'→32森慶太)
FW: 9久保田圭一、11田中翔太(後38'→24大越崇司)

(不出場サブ)
GK:31岩舘直
DF:22浜岡寛
MF:15山藤健太、17飯室綾太

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:15シュナイダー潤之介
DF:20冨山達行(後33'→29小澤竜己)、 6小原一展、 3加藤秀典、 4柴村直弥
MF:14吉野智行、17鶴見聡貴、22森英次郎、10実信憲明(後26'→19林慧)
FW: 7小井手翔太(後24'→ 9ハメド)、11阿部祐大朗

(不出場サブ)
GK:21太田弦貴
DF:23水本勝成
MF:24鈴木健児
FW:18田村祐基

<警告>
高崎)なし
鳥取)なし

<退場>
高崎)なし
鳥取)なし

<審判団>
主審:笹沢潤、副審:村田裕介・下平明徳、第4審:米山誠秀

<観客数>
420人

<試合詳細>
ガイナーレ鳥取公式

<2009年JFLでのガイナーレ鳥取成績(第3節終了時点)>
勝点10 3勝1分0敗 得点8 失点3 得失点差+5 第1位

<次の試合>
JFL前期第5節 vsFC琉球 @とりスタ(09/04/12、13:00〜)


それにしても、ショット数6本ずつって・・・。

思ったより両者にとって低調な試合ぶりだったらしいことが窺えますね。
(極端に数字が違うのがCK程度。鳥取6に対して高崎0)

どうもそれなりの強風が吹いていたようで、
これも試合に影響したんでしょうか。

あるいは、ホリコシを名乗っていた頃から
何故かあちらのホームに乗り込むと勝てないという事例を
徒に積み重ねに行ってしまっただけなのか。

そこら辺は定かではありません。


まあ、敗北を喫したわけではないのですから、
そのこと自体は別に問題ではありません。
これでもし負けでもしていたら、大変なことになりますし。

ただ、やはりもう一段の勝負強さがほしいなとは感じます。
あるいは、勝ちきるための思い切りとか、計算の仕方とか。
ガイナーレが勝利という結果を得るために必要なものは、
まだまだ多いような気がしますね。

[鳥取]煽る:(4)さて、上位対決5

第11回JFL前期第4節@群馬県立敷島公園サッカーラグビー場
(09/04/05、13:00〜)

アルテ高崎(Home) vs ガイナーレ鳥取(Away)


4試合目にして、早くも難しい相手ですね。
でも、そういう相手とも必ず対戦しなければならないわけで。

ガイナーレはアルテに決して分がいいわけではなく、
明日も難しい対戦になるでしょう。
けれども、そんな苦手意識を払拭し、
しっかりと自分たちのサッカーをやりきることが重要です。

確かに相手は上位にいますが、
だからといって気後れすることはありません。
勝利という大目標に向かって全力を尽くせばいいのです。

前節ようやくJFL初得点を挙げた阿部祐大朗には
特に大きな期待をかけたいですね。
梅田が故障で出場できない今、
彼の爆発なくしてチームの躍進はありません。

もちろん、他の選手にも活躍してほしいですが、
特に阿部には強く期待をかけたいと思います。

開幕4連勝、ぜひ狙いましょう!
緊急災害募金(Yahoo!)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Call&Chant(Gainare)
ガイナーレ鳥取
コール&チャント集

2011年用 NEW!!
解説書

2010年用
ガイナーレ募集中!
記事検索
時計
ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
Author's Profile
author:KAZZ
birthday:1969/01/01
website:
ガイナーレ鳥取とか、湘南ベルマーレを愛好しています。
変わり者ですが、特段に害はないだろうと思いますので、とりあえずよろしく願います。
mixiやTwitterなどにも参加していますので、よろしければそちらも覗いてみてください。

2011Jリーグ特命PR部員 KAZZ
kazz_kazz_kazzをフォローしましょう
Twitter
日程・結果(Gainare)
ガイナーレ鳥取
【J2第38節の結果】
鳥取 2(1-2,1-2)4 愛媛

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
8勝7分23敗 勝点31
得点36失点60差-24
第19位
日程・結果(Bellmare)
湘南ベルマーレ
【天皇杯準々決勝の結果】
湘南 0(0-1,0-0)1 京都

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
12勝10分16敗 勝点46
得点46失点48差-2
第14位
Recent Comments
TagCloud
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ