吹けよ風、呼べよ嵐 -One of these days-

ガイナーレ鳥取と湘南ベルマーレについて書く。 One of these days, I'm going to cut you into pieces.

松本山雅FC

[鳥取]DEJA VU@松本【J特】2

第12回日本フットボールリーグ後期第16節@松本平広域公園総合球技場アルウィン
(10/11/21、13:00〜、45min×2)

松本山雅FC 1(0−0,1−0)0 ガイナーレ鳥取

<得点者>
松 本)11小林陽介(後45'+1')
鳥 取)なし

<メンバー>
【松本山雅FC】
(先発)
GK:18石川扶
DF: 2玉林睦実、29飯田真輝、20須藤右介、16鐵戸裕史
MF: 9木村勝太、28弦巻健人、17本田真吾、 7北村隆二
FW:10柿本倫明、24木島徹也

(サブ)
GK: 1原裕晃
DF:23多々良敦斗
MF: 5斎藤智閣、14竹内優、25大西康平
FW:11小林陽介、27武田英明

(途中交代)
後12' 16鐵戸裕史→23多々良敦斗
後22' 10柿本倫明→14竹内優
後41'  2玉林睦実→11小林陽介

【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、 3加藤秀典、23水本勝成、20冨山達行
MF:17鶴見聡貴、10実信憲明、 6服部年宏、13美尾敦
FW:25奥山泰裕、 8梅田直哉

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:16中山友規
MF:14吉野智行、27釜田佳吾、30岡野雅行
FW:19住田貴彦、11阿部祐大朗

(途中交代)
後09' 17鶴見聡貴→19住田貴彦
後33' 10実信憲明→30岡野雅行

<審判団>
主審:池内明彦、副審:黒川俊博・久保田恭史、第4審:児玉貴彦

<警告・退場>
【警告】
松 本)24木島徹也(前30')、18石川扶(後45'+3')
鳥 取)13美尾敦(前33')、 3加藤秀典(後26')

【退場】
松 本)17本田真吾(前12')
鳥 取)なし

<観客数>
8,243人

<この試合終了時点の成績>
33試合23勝5分5敗 勝ち点74 得点61 失点31 差+30 第1位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果 
JFL後期第16節 松本山雅FC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式) 

<次の対戦カード>
JFL後期第17節 vsFC琉球@とりスタ(10/11/28、13:00〜)


ガイナーレの、特に去年を知っている選手諸君の中に、
どのくらい(立場こそ違えども)去年のデジャヴとして
この試合に相対した者がいて、だからこそ相手は
たとえ自らが不利な状況に陥ろうとも全力で勝ちに来るのだと
思っていた選手がいたのか、という。

山雅は勝っても結局4位以内に入れなかったそうですが、
前半始まって15分も経たないうちに1人少なくなっても、
最後まで諦めることなく勝利を追求し、
そしてその結果を得ることに成功しましたね。
その姿を、何と見ましたか?

次節はいよいよJFLラストマッチ。

心から笑ってJFLを卒業できるように、
悔いのない試合を望みます。

[鳥取]松本を揺るがせ【J特】5

第12回日本フットボールリーグ後期第16節@松本平広域公園総合球技場アルウィン
(10/11/21、13:00〜、45min×2)

松本山雅FC − ガイナーレ鳥取


優勝してからこの方、先日の試合は勝ちましたが、
どうにもパッとしない試合が続くガイナーレさん。

先日の勝利で多少は上向いてきたんでしょうけど、
まだそれを形にできていないような気もします。
おまけに故障者は多いようですし、
なかなか困った状況のガイナーレであります。

しかし、松本に乗り込んで
今季最後のアウェイゲームを戦うからには、
弱音など吐いていられません。
残った連中がやるしかないのです。

今年のガイナーレには
これまでにない逞しさがあるはず。
ならば、その逞しさでこの難局も乗り切れるでしょう。
監督だってその辺はわかっているはずです。


ガイナーレは必ずや、松本山雅を討ち果たします。
とりスタでそうしたように、敵地でも。

鳥取からもサポが乗り込んでいるようですし、
ぜひ彼らの前で勝利を見せてほしいものです。

松本を揺るがしてみせようじゃないですか。

[鳥取]備えよ常にの意気込みで5

第12回日本フットボールリーグ前期第1節@とりぎんバードスタジアム
(10/03/14、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 3(2−0,1−0)0 松本山雅FC

<得点者>
鳥 取)25奥山泰裕(前16')、10実信憲明(前37'=PK)、11阿部祐大朗(後06'=PK)
山 雅)なし

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF:20冨山達行、32喜多靖、15内間安路、28三浦旭人
MF: 7小井手翔太、 6服部年宏、10実信憲明、13美尾敦
FW:11阿部祐大朗、25奥山泰裕

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF: 4柴村直弥、 2尾崎瑛一郎
MF:24鈴木健児、30岡野雅行
FW: 9ハメド、29小澤竜己
(交代出場選手はありませんでした)

【松本山雅FC】
(先発・途中交代)
GK: 1原裕晃
DF:19阿部琢久哉、23多々良敦斗、 3山崎透、16鐵戸裕史
MF: 7北村隆二、20須藤右介、17本田真吾(後30'→24木島徹也)、25大西康平
FW: 9木村勝太(後09'→ 5斎藤智閣)、13石田祐樹

(不出場サブ)
GK:18石川扶
DF: 2玉林睦実
FW:11小林陽介

<審判団>
主審:塚田健太、副審:加藤寛之・西村幹也、第4審:徳高雄一郎

<警告・退場>
【警告】
鳥 取)28三浦旭人(前19')、 6服部年宏(後18')
山 雅)23多々良敦斗(前36')、 3山崎透(前38')、17本田真吾(後03')、16鐵戸裕史2(後22'・試合後)

【退場】
鳥 取)なし
山 雅)16鐵戸裕史(試合後=警告2枚)

<観客数>
4,523人

<この試合終了時点の成績>
1試合1勝0分0敗 勝ち点3 得点3 失点0 差+3 第2位

<この試合について>
ガイナーレ鳥取公式サイト・試合結果
JFL前期第1節 松本山雅FC戦の結果について(ガイナーレ鳥取公式)

<次の対戦カード>
JFL前期第2節 vsFC琉球@沖縄北谷(10/3/21、13:00〜)


そりゃ勝ちましたけど、よく考えてみてください。

相手は確かに昨秋の天皇杯で浦和レッズを撃破しましたが、
その一方で今季JFLに上がってきたばかりで、
まだJFLでの居心地を知らない、
つまり彼らはまだJFLの水に慣れていない。
その過大な期待感を示すように応援団の規模はやたらいて、
(今日もとりスタにものすごい数の山雅サポがいました)
迫力ある応援でこっちも思わず一目置きたくなるけれども、
それに応えるべき肝心の選手たちのプレーが
キチンと整備されているとは言い難い。
そんなチームが手慣れたホームのアルウィンでなく、
不慣れなアウェイのとりスタで試合をした。

そういう相手に勝ったに過ぎないわけです。

勝ったことを喜ぶなって言ってるんじゃありませんよ。
確かに勝ったけれど、ガイナーレはまだ何もつかんでないんです。
全てはこれからですよ。
34試合中の最初の試合を勝ったに過ぎない。

確かに、山雅は見ててもわかるほど浮き足立っていて、
おまけに主審の判定がやや辛かったせいもあってか、
セルフコントロールができない状態に陥っていって、
最後は異議申し立てで2枚目の警告をもらって
退場させられる選手まで出す始末でした。

逆に鳥取はと言うと、攻められていても
さほど危機的な状況に陥ることもなく、
安定した守備をバックボーンにして
攻めも美尾・小井手の両翼が相手陣にズカズカ踏み込んでいき、
これに前線を疾風迅雷の如く駆けずり回る奥山の
労を惜しまない動きもあって、この上ない成果を出せました。

誰が見ても、鳥取が圧倒していたと思いますよ。
でも、そこで満足していてはダメであって、
キャプテンの服部なんかは、この結果に於いても、
まだ足りないものがあると不足を口にしていたと言います。

山雅にしてみれば、屈辱的な敗戦であると同時に、
JFLの水は彼らが思っているほど甘くはないのだと
思い知らされる良い機会になったんじゃないでしょうか。

逆に鳥取にとっては、
まだスタートラインを勢い良く飛び出しただけで、
その先に何が待ち受けているのかは、
コースを走ってみないとわからない状況にいるわけです。


勝って歓喜に浸るのは大いに結構ですが、
その目は常に先を見据えていてもらわなければ困ります。
1つの勝利に満足することなく、大いなる向上心を以て
JFLの長いシーズンを戦い抜くこと。
そういう「やれて当然のこと」をこそ、
今年のガイナーレ鳥取には大切にしてほしいのです。

幸い、どうやら選手たちはそのことを
しっかりと理解している様子に見受けられました。


今日の結果は、長いシーズンの中で経ていくプロセスの一つです。
どの試合のあとも、常にそのことを頭に置いて次に備えること。

そういった「備えよ常に」の気持ちで、
これから先も1つ1つ前進してほしいですね。

[鳥取]これまでとは違う第一歩を踏み出すために5

第12回日本フットボールリーグ前期第1節@とりぎんバードスタジアム
(10/03/14、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − 松本山雅FC


さて、いよいよ今年も始まります。


・・・と言っても、私らが気負っても始まりません。
サラッと行きましょう、サラッとね。
変に考えちゃダメだと思うんですよ。

無論、選手たちも同じこと。
相手が恐るべき新加入・松本山雅だからと言っても、
変にこの相手のことを考えすぎてはダメだと思いますよ。

まずはしっかり、自分たちのサッカーがどんなもので、
それを全開にするには、どう動いてどうプレーすべきか。
明日、ガイナーレが考えるべきはそっちです。

相手のことをあれこれ意識してみたって、
何が変わるわけじゃないんです。
それで及び腰になって負けたりしたら
シャレにならんのですから。


今年踏み出すべき第一歩は、
明らかに今までと違うものであるべきです。
これまで2年続けて失敗し続けてきたJ挑戦を、
今年こそ成し遂げるために、全力を出さなければ。
そのためには、まずは己を信じること。

聞けば山雅の応援も相当なものらしいですが、
なぁに、こっちだって負けちゃいません。
山雅の応援が何だって言うんです。
一発ド派手にやったろうじゃないですか。
JFLの先輩の意地ってものを見せつけてやりましょうよ。

試合も、当然、鳥取が勝つんです。
松本山雅、何するものぞ。
明日はこの心意気で行きましょう。

[鳥取]毎年のように「移籍の噂」を立てられる三村ロンドさんが開幕戦のスタナビですが、何か?(爆)5

ホンダ山陰中央SPECIAL MATCH 2010JFL開幕戦松本山雅FC戦イベント情報(ガイナーレ鳥取公式)

とりスタの改修工事も既に終わったと思うんですが、
スタの構造まで一挙に変更はできないので、
例によって手厚いホスピタリティ、
つまり、おもてなしで勝負のガイナーレさんです。
1人でも多くのリピーターを獲得するために、
今年も奮闘努力を願いたいですね。


そんなわけで松本山雅戦のイベント情報が出てます。

オーセンユニ、初っ端から売るんですね。
今回発売のものは背番号がないそうですが、
背番号付けのサービスは、また後日にでもあるんでしょう。
そのオーセンユニも含め、多くのグッズが販売されます。

あと、車屋さんが試合の冠スポンサーということで、
何処かで対戦するはずのチームを擁する会社の車を
(特に名を秘す○田技○○業とは決して言わないけれど)
スタに持ち込むようです。

ところで、スタグルメのG's Deliとは何でしょう?
説明を読む限りだと、ア・ラ・カルトっぽいのですが。
美味いものがたくさんあるといいですな。
他に、大地の恵みさんのパンも販売されます。

それで、鳥取県知事や鳥取市長、
新応援団長が何か挨拶するみたいですね。
Y子市のN坂市長みたいに
空気を読まない挨拶をされないことだけ望みます(爆)

あとは、サッカー教室、フェアプレーフラッグベアラー選出、
選手サイン会、日本海新聞紙面を選手入場時に掲示など
イベントがたくさん用意されております。


で、スタナビのロンドさん。

>今年は湘南から鳥取へ移籍の噂もある必勝ナビゲーターの三村ロンド。今年もガイナーレと共に戦います。

ロンドさんには毎年のように
湘南から鳥取への移籍の噂がある」んですが(爆)
決まって毎年のように実現しません(爆)

1回ぐらい冗談で実現したらいいのに(をぃ


ま、そんなわけで来週ですわ。
たぶん、現地に行くと思います。
緊急災害募金(Yahoo!)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Call&Chant(Gainare)
ガイナーレ鳥取
コール&チャント集

2011年用 NEW!!
解説書

2010年用
ガイナーレ募集中!
記事検索
時計
ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
Author's Profile
author:KAZZ
birthday:1969/01/01
website:
ガイナーレ鳥取とか、湘南ベルマーレを愛好しています。
変わり者ですが、特段に害はないだろうと思いますので、とりあえずよろしく願います。
mixiやTwitterなどにも参加していますので、よろしければそちらも覗いてみてください。

2011Jリーグ特命PR部員 KAZZ
kazz_kazz_kazzをフォローしましょう
Twitter
日程・結果(Gainare)
ガイナーレ鳥取
【J2第38節の結果】
鳥取 2(1-2,1-2)4 愛媛

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
8勝7分23敗 勝点31
得点36失点60差-24
第19位
日程・結果(Bellmare)
湘南ベルマーレ
【天皇杯準々決勝の結果】
湘南 0(0-1,0-0)1 京都

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
12勝10分16敗 勝点46
得点46失点48差-2
第14位
Recent Comments
TagCloud
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ