吹けよ風、呼べよ嵐 -One of these days-

ガイナーレ鳥取と湘南ベルマーレについて書く。 One of these days, I'm going to cut you into pieces.

J2

[鳥取]何故こうなってしまったか【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第38節(最終節)@とりぎんバードスタジアム
(11/12/03、12:30〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 2(1−2,1−2)4 愛媛FC

<得点者>
鳥 取)29福井理人(06')、27ジョンドンホ(69')
愛 媛)17大山俊輔(12')、27齋藤学2(33'、54')、18池田昇平(61')

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF:27ジョンドンホ、 4戸川健太、23水本勝成、 3加藤秀典
MF: 7小井手翔太、 6服部年宏、22森英次郎
FW:10実信憲明、29福井理人、16キムソンミン

(サブ)
GK: 1井上敦史
MF:13美尾敦、14吉野智行、25奥山泰裕、28三浦旭人
FW: 8梅田直哉、 9ハメド

(交代)
58'  3加藤秀典→25奥山泰裕
58' 16キムソンミン→13美尾敦
77' 22森英次郎→ 9ハメド

【愛媛FC】
(先発)
GK:21兼田亜季重
DF:13関根永悟、18池田昇平、 2吉弘充志
MF: 6田森大己、19越智亮介、25東浩史、17大山俊輔、 7前野貴徳
FW:11石井謙伍、27齋藤学

(サブ)
GK: 1川北裕介
DF:14三上卓哉、 4渡邊一仁
MF: 8内田健太、10杉浦恭平、16赤井秀一
FW:24福田健二

(交代)
74' 19越智亮介→ 4渡邊一仁
77' 17大山俊輔→ 8内田健太
90'+1' 27齋藤学→24福田健二

<審判団>
主審:河合英治、副審:渡辺智哉・戸田東吾、第4審:青木隆

<警告・退場>
【警告】
鳥 取) 6服部年宏(37'・反スポ)、29福井理人(86'・繰返違反)
愛 媛)なし

【退場】
鳥 取)なし
愛 媛)なし

<観客数>
2,504人

<結果ページ>
試合結果(ガイナーレ鳥取公式) 

<勝敗・得失点・順位>
38試合 8勝7分23敗 勝ち点31 得点36失点60差-24 第19位

<監督・選手コメント(J's GOAL)>
鳥取・松田岳夫監督 
愛媛・バルバリッチ監督 
各選手 

<次の対戦カード>
未定(未定・未定)


滑り出しは良かったんですよ。
ドドッと攻め込んでいって。
戸川の浮き球から小井手のヘッドを介して
最後は福井がバッチリ蹴り込んで先制。
今日はやれるだろうと誰もが思ったはずです。

しかし、僅か6分でその目論見は
大山俊輔のゴールによって崩れます。

そしてあとは、崩されて2点目を取られ、
後半頭の3点目は加藤の迂闊なボール捌きを
齋藤学にあっさり見透かされて奪われゴール、
4点目はFKからのヘッド。
大山俊輔は4得点中3得点に絡む大活躍でした。

鳥取も3点目の原因を作ったドンホが
小井手とのパス交換で切り込んでゴールしましたが、
そこまででした。


監督や服部のコメントにあるように、
2点目を奪いにいけないうちに
相手にペースをズルズルと渡してしまい、
徒に失点を重ねるという結果になりました。

何故こんなことになってしまったのでしょう。

恐らくその理由の1つは、
自分たちの約束事というか決まり事に
あまりにも真っ正直すぎたからではないでしょうか。

昨日もそうで、せっかく攻め込んでいっても
ゴール付近でシュートを躊躇するシーンが
幾つか見られました。

嵩にかかって崩して点を取ろう
ということだったのでしょうが、
いけると思えば積極的に行けばいいのです。
シュートだってバンバン打っていい。

そりゃあ、記録上のシュート数では
鳥取の方が上回ってはいましたよ。
(鳥取12、愛媛8)
しかし、有効打は愛媛の方が多かった。
そこが何とも・・・。

終盤に怒濤の攻撃を見せはしたのですが、
あまりにも遅すぎました。


ともあれ、今季は終了しました。
松田監督は退任し、次の監督がやってくるでしょう。
その新監督がどんなサッカーを指向するかは
まだ全然わかるはずもないのですが、
この1年で得た多くの経験から学んで、
大きな上積みとしてフィードバックしてほしいところ。

そのためにも、チームに残る選手たちには、
これまで以上に高い意識で臨んでほしいのです。
プロなんだから、それぐらいできて当然ですよね。

今後の状況次第では、
来季以降、JFLとの入れ替え戦も視野に入ってきます。
それを思ったら、グズグズしてはいられないはず。

新監督をまずは決めて、
どういうチーム作りをするのかをハッキリ定めて、
少々のことでは折れたりブレたりしない
明確な軸を作ってもらいたいのです。

今日の夜行われるオフザピッチパーティーが終われば、
もう来季に向けて歩みを始めなければなりません。

ガイナーレ鳥取、やるべきことは多いです。
でも、彼らにならできる。
そのように信じて、今季分の試合の話を締めるとします。


選手・首脳陣・フロント・スタッフ・ボランティア、
そしてサポーターの皆さん。
激動の1年間お疲れ様でした。

[湘南]難しいね【J特】4

Jリーグディヴィジョン2第38節(最終節)@味の素スタジアム
(11/12/03、12:30〜、45min×2)

東京ヴェルディ 2(1−1,1−1)2 湘南ベルマーレ

<得点者>
東京V) 7河野広貴(39')、16飯尾一慶(73')
湘 南) 9田原豊(36')、30ルーカス(90'+3')


ベルマーレの今季J2がようやく終了しました。

何かこう、J2のリズムに乗れるかなと思った矢先に
例の震災があって中断期間が出来てしまって、
それでリズムを崩しちゃったというか・・・。

結局、あの大勝の岐阜戦からこっち、
天皇杯を別にすると勝てていないわけで、
何一つ問題が解決しないままリーグ戦を終えちゃった
というように感じられます。

この後、川崎フロンターレと天皇杯をやるわけですが、
果たして大丈夫なんでしょうか。

[鳥取]荒ぶる強小の魂を見せてやんなよ【J特】5

2011 Jリーグディヴィジョン2第38節(最終節)@とりぎんバードスタジアム(PRIDE OF 中四国・最終戦)
(11/12/03、12:30〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − 愛媛FC

<MATCH PREVIEW from J's GOAL>
【J2:第38節 鳥取 vs 愛媛】鳥取側プレビュー:監督交代で一つの区切りを迎える最終節。J2昇格1年目の最後を飾り、来季以降につなげることができるか(11.12.02) 
【J2:第38節 鳥取 vs 愛媛】愛媛側プレビュー:ホーム鳥取戦で歓喜を生んだ25分間を思い出し、未勝利の壁を打ち破れるか。今度こそ、ラストチャンス。(11.12.02) 


監督のお役御免が発表になり、
梅田の契約非更新、阿部ら3選手の現役引退が発表になり、
この時期特有の淋しさも募るわけですが、
だからってセンティメンタルになどなっていられません。

何せ、まだ今日の試合ってものが残ってますからね。

お相手の愛媛さんにおかれましては、
この先、天皇杯で浦和と試合するなんていう
ビッグイベントも待ち構えているわけですから、
どっちかって言うと、そっちに気が向いてるのでは。

ガイナーレさんに付け入る隙があるとすれば、
そういう感情ではないかと思うわけです。

終盤に来て負けが込んでしまいましたが、
(しかも、やたらと失点が多い)
そんな苦い思いが、今日だけはパーッと晴れて
ひとまずの大団円を迎えられたら、
それでいいじゃないですか。

ガイナーレ鳥取は最後の最後まで、
強小の魂」を胸に戦うしかないんですよ。
それでJリーグに挑もうって、
ここまでやってきたじゃないですか。

ならば、今日も全力で愛媛と対峙するだけです。

-------------------------------------------------------------------------------------


なお、本日の試合終了後には
サンクスセレモニーが開催されるそうです。

12/3 J2第38節 vs愛媛FC サンクスセレモニー開催(ガイナーレ鳥取公式)

井上選手会長、塚野代表らの挨拶があるとのこと。

先のエントリにて列挙した契約非更新の松田監督や梅田、
あるいは引退する阿部ら3選手も、
恐らくここで何らかの挨拶をするものと思われます。

[鳥取]森英次郎の体現したこと【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第37節@ケーズデンキスタジアム水戸
(11/11/27、16:30〜、45min×2)

水戸ホーリーホック 3(1−0,2−1)1 ガイナーレ鳥取

<得点者>
水 戸) 7小池純輝2(15'、72')、 5加藤広樹(84')
鳥 取)22森英次郎(76')

<メンバー>
【水戸ホーリーホック】
(先発)
GK: 1本間幸司
DF: 3保崎淳、 4尾本敬、 5加藤広樹、 6西岡謙大
MF:15島田祐輝、28小澤司、24ロメロフランク、 8村田翔
FW: 7小池純輝、30鈴木隆行

(サブ)
GK:21笠原昴史
DF: 2岡田佑樹、25代健司
MF:26飯田優二、22木幡純平
FW:13岡本達也、19神村奨

(交代)
90'+2' 24ロメロフランク→25代健司
90'+2' 28小澤司→26飯田優二

【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、23水本勝成、 4戸川健太、18鈴木伸貴
MF:16キムソンミン、22森英次郎、10実信憲明、 6服部年宏
FW:29福井理人、 8梅田直哉

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:32喜多靖
MF:13美尾敦、14吉野智行、25奥山泰裕、30岡野雅行
FW: 9ハメド

(交代)
46'  8梅田直哉→13美尾敦
67'  2尾崎瑛一郎→30岡野雅行
67' 18鈴木伸貴→25奥山泰裕

<審判団>
主審:吉田哲朗、副審:中込均・藤井陽一

<警告・退場>
【警告】
水 戸) 8村田翔(39')
鳥 取) 6服部年宏(41')、22森英次郎(54')、30岡野雅行(88')

【退場】
水 戸)なし
鳥 取)なし

<観客数>
5,227人

<結果ページ>
試合結果(ガイナーレ鳥取公式) 

<勝敗・得失点・順位>
37試合 8勝7分22敗 勝ち点31 得点34失点56差-22 第19位

<監督・選手コメント(J's GOAL)>
水戸・柱谷哲二監督 
鳥取・松田岳夫監督 
各選手 

<次の対戦カード>
J2第38節 vs愛媛FC@とりスタ(11/12/03、12:30〜)


FC東京戦でアシストを決めた森英次郎。
出番が多かったわけでもない彼が、
しかし腐らずに鍛練を積み、
重苦しい雰囲気の終盤戦に出場して、
何かを打開しようと懸命に奮闘している。

東京戦でうっすら感じたことでしたが、
選手間に何かこう明確にはわからないのですが、
ある種の温度差のようなものが
何となく見え隠れしているな、と。

そういう状況にあって、森の奮闘は光るものであり、
本来、このチームが見せるべきものだろう、と。

決してレギュラーではなかった森が、
終盤戦で何かを得ようと必死に奮闘している。
この姿から、周りの選手たちは
何かを感じ取ってほしいな、と思うのです。

そして、その感じたものを、
ラストの愛媛戦に思い切りぶつけていただきたい。
自分たちが信じてきたものを
1つでも前進させるためにも。

[鳥取]似たもの同士の決戦だが【J特】5

2011 Jリーグディヴィジョン2第37節@ケーズデンキスタジアム水戸
(11/11/27、16:30〜、45min×2)

水戸ホーリーホック − ガイナーレ鳥取

<MATCH PREVIEW from J's GOAL>
【J2:第37節 水戸 vs 鳥取】プレビュー:困難に打ち勝った今シーズンの締めくくりは新たな戦いのはじまり。水戸を支えてくれたすべての人のために最高のプレーを披露せよ!(11.11.25) 


鳥取と水戸は、
チーム規模からいっても似たもの同士だと思いますが、
そういうチームだからこそ
勝ちたいなと考えたくもなるわけで。

苦しい状況下にある今の鳥取ですが、
だからこそ、下手に構えず考えすぎず、
自然体で臨む以外にないものと。

敵は己の中にあり。
まずはそういう考え方で臨みたいものです。

[湘南]落日のベルマーレ【J特】1

Jリーグディヴィジョン2第37節@平塚競技場
(11/11/26、14:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 0(0−0,0−2)2 コンサドーレ札幌

<得点者>
湘 南)なし
札 幌)15古田寛幸(61')、10宮沢裕樹(83')


ホーム最終戦でこんな試合してたらダメじゃん。

こんな試合をしていたら、
来年だって上には行けませんよ。

落日のベルマーレが、この先どうなるのか・・・。

[鳥取]歴然【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第36節@とりぎんバードスタジアム
(11/11/19、17:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 1(0−1,1−4)5 FC東京

<得点者>
鳥 取)29福井理人(85')
東 京) 3森重真人(23')、49ルーカス(51')、39谷澤達也(70')、11鈴木達也(80')、32上里一将(90'+2')

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF:27ジョンドンホ、23水本勝成、 4戸川健太、18鈴木伸貴
MF:14吉野智行、10実信憲明、28三浦旭人、 6服部年宏
FW:29福井理人、13美尾敦

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF: 2尾崎瑛一郎、15内間安路、22森英次郎
MF:16キムソンミン、30岡野雅行
FW: 9ハメド

(交代)
55' 14吉野智行→16キムソンミン
69' 13美尾敦→30岡野雅行
89' 28三浦旭人→22森英次郎

【FC東京】
(先発)
GK: 1塩田仁史
DF: 2徳永悠平、 3森重真人、 6今野泰幸、33椋原健太
MF: 4高橋秀人、10梶山陽平、27田邊草民、39谷澤達也
FW:22羽生直剛、49ルーカス

(サブ)
GK:31常澤聡
DF:14中村北斗
MF:17永里源気、32上里一将
FW: 9ロベルトセザー、11鈴木達也、38坂田大輔

(交代)
62' 27田邊草民→11鈴木達也
67' 49ルーカス→ 9ロベルトセザー
72' 10梶山陽平→32上里一将

<審判団>
主審:岡部拓人、副審:石川恭司・秋澤昌治、第4審:丸井良夫

<警告・退場>
【警告】
鳥 取) 6服部年宏(21'・ラフ)、28三浦旭人(29'・反スポ)
東 京)なし

【退場】
鳥 取)なし
東 京)なし

<観客数>
5,746人

<結果ページ>
試合結果(ガイナーレ鳥取公式) 

<勝敗・得失点・順位>
36試合 8勝7分21敗 勝ち点31 得点33失点53差-20 第19位

<監督・選手コメント(J's GOAL)>
鳥取・松田岳夫監督 
鳥取の各選手 
東京・大熊清監督 
東京の各選手() 
 
<次の対戦カード>
J2第37節 vs水戸ホーリーホック@Ksスタ(11/11/27、16:30〜)


まずは、FC東京のJ1昇格に
素直に称賛の声を挙げなければなりません。
それに値する強さを発揮したシーズンでした。
今日の結果次第ではJ2優勝もついてくるようですが、
それはそれ。
まずはJ1昇格、いや、復帰、おめでとうございます。


さて、翻ってガイナーレさんはってぇと、
前半は良かったと思いますよ。
1失点こそしたものの、意欲的に攻めてましたし。

それだけに、後半早い時間の失点が残念でした。
あれで出鼻をくじかれてしまったようです。
あとは、ズルズルと・・・。

基本技術の差は歴然としており、
出足の差も明らか。
勢いも全然違いました。

そんな中、0−4となったところで、
森のクロスから福井が押し込んで一矢報いましたが、
アディショナルタイムに5点目を喰らって
またしても大敗してしまいました。


終了後に延々と喜びを表す
FC東京とそのサポーターたちを
ガイナーレ鳥取の選手たちは
いったいどう思っていたのでしょうか。

その辺りを、次の水戸戦や最後の愛媛戦で
体現してくれると良いのですが。

[湘南]差【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第36節@平塚競技場
(11/11/19、17:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(1−0,0−2)2 徳島ヴォルティス

<得点者>
湘 南) 9田原豊(22')
徳 島) 7徳重隆明2(61'、77')


上位でJ1昇格をも窺おうってチームと、
それに届かなかったチームとの差が出た試合、
とでも言ったらいいんでしょうね。

残念ですが、そういう試合だったのでしょう。

あと2つは、
これからもう一度上に向けて
チャレンジし直すぐらいの何かを
見せる試合であってほしいです。

[鳥取]いざ!【J特】5

2011 Jリーグディヴィジョン2第36節@とりぎんバードスタジアム
(11/11/19、17:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − FC東京

<MATCH PREVIEW from J's GOAL>
【J2:第36節 鳥取 vs F東京】鳥取側プレビュー:ホームで負けられない『ゲゲゲのダービー』。鳥取が粘り強い守備で、目前での昇格阻止に挑む。(11.11.18) 
【J2:第36節 鳥取 vs F東京】F東京側プレビュー:貫き繋ぐ1試合。F東京は鳥取戦に全力を注ぐ(11.11.18) 


まあ、瓦斯サポの皆様方には、
鳥取観光を思う存分お楽しみいただくものとして、
一度試合ともなれば、
ガイナーレ鳥取がガッツリいただきますので。

そう簡単に昇格だのさせてたまるもんですか。

ホームジャック?
したければどうぞ。
その程度でへこたれるガイナーレじゃありません。

彼らにはわからないであろう
「強小」の魂ってもんがあるわけですよ。

それを以て彼らを追い込んで、
淋しくお帰りいただくだけです。

[湘南]これはないよ【J特】1

Jリーグディヴィジョン2第35節@ニッパツ三ツ沢球技場
(11/11/13、16:00〜、45min×2)

横浜FC 3(1−2,2−0)2 湘南ベルマーレ

<得点者>
横浜C) 9難波宏明(10')、24荒堀謙次(86')、13野崎陽介(90'+4')
湘 南) 9田原豊(11')、23高山薫(34')


表題のように叫びたくもなりますわな。
本当にこれはない。

アディショナルタイム劇場といえば、
元々湘南のお家芸だったはずでは。
特に2009年シーズンの戦いに多かったですよね。

それをフリエにやられるなんて・・・。

もう、勘弁していただきたい。

[鳥取]負けはしたようだが【J特】3

Jリーグディヴィジョン2第35節@フクダ電子アリーナ
(11/11/12、16:00〜、45min×2)

ジェフユナイテッド市原・千葉 1(0−0,1−0)0 ガイナーレ鳥取

<得点者>
千 葉)11米倉恒貴(56'=PK)
鳥 取)なし

<メンバー>
【ジェフユナイテッド市原・千葉】
(先発)
GK: 1岡本昌弘
DF: 3竹内彬、 5マークミリガン、13山口慶、27渡邊圭二
MF: 6ファンゲッセル、 7佐藤勇人、20伊藤大介、 9深井正樹
FW: 8オーロイ、11米倉恒貴

(サブ)
GK:21大久保択生
DF: 4青木良太、15福元洋平
MF:19村井慎二
FW:16林丈統、22久保裕一、31大島秀夫

(交代)
46'  8オーロイ→31大島秀夫
46'  6ファンゲッセル→19村井慎二

【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK: 1井上敦史
DF:20冨山達行、 4戸川健太、23水本勝成、18鈴木伸貴
MF:28三浦旭人、13美尾敦、 6服部年宏
FW: 7小井手翔太、29福井理人、16キムソンミン

(サブ)
GK:33杉本拓也
DF:22森英次郎
MF:14吉野智行、30岡野雅行
FW: 8梅田直哉、 9ハメド、11阿部祐大朗

(交代)
59' 28三浦旭人→14吉野智行
59' 13美尾敦→ 9ハメド
68'  7小井手翔太→22森英次郎

<審判団>
主審:扇谷健司、副審:間島宗一、前之園晴廣

<警告・退場>
【警告】
千 葉) 8オーロイ(21')
鳥 取)29福井理人(36')、18鈴木伸貴(55')、23水本勝成(75')

【退場】
千 葉)なし
鳥 取)なし

<観客数>
8,038人

<結果ページ>
試合結果(ガイナーレ鳥取公式) 

<勝敗・得失点・順位>
35試合 8勝7分20敗 勝ち点31 得点32失点48差-16 第19位

<監督・選手コメント(J's GOAL)>
千葉・神戸清雄監督 
鳥取・松田岳夫監督 
各選手 

<次の対戦カード>
第91回天皇杯3回戦 vs清水エスパルス@アウスタ(11/11/16、19:00〜)


残念ながら試合には敗れ、
とうとう負け数も20に達したようなんですが、
それほど悲観するような負けではないのかな、
などとも思ったりします。

この試合を回避した小針に代わって
久しぶりにスタメン出場した井上は
1失点こそしたものの試合を引き締めたようです。

負けはしたものの、
こないだみたいに最終的にキレてしまって
ドカドカと終盤に失点しなかったことは
立派なことだと思いますし、
千葉には自分たちのやり方が
少なくとも多少は通じる可能性がある以上、
他のチームにも通じる可能性は十分ある
ということがわかったことは
大きな利得だと思います。


次は天皇杯の清水戦。
そしてその後にはJ2に戻って
FC東京戦が待っています。

でも、大丈夫。
ガイナーレ鳥取には強小の魂ってもんがあるはず。
ならば、それできっと乗り切ってくれますよ。

[鳥取]余計なことは言わぬから【J特】5

2011 Jリーグディヴィジョン2第35節@フクダ電子アリーナ
(11/11/12、16:00〜、45min×2)

ジェフユナイテッド市原・千葉 − ガイナーレ鳥取

<MATCH PREVIEW from J's GOAL>
【J2:第35節 千葉 vs 鳥取】プレビュー:決定力不足&後半の息切れという課題を持つ両チーム。千葉は勝利、そしてJ1昇格への執念を積極的なプレーと走力で表わし、鳥取の守備網を破りたい(11.11.11) 


余計なことは言いません。

ただ、千葉を悄然とさせるような結果を出してほしい。

私から言えるのはそれだけです。

[湘南]胆力が試される時【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第34節@平塚競技場
(11/11/06、16:00〜、45min×2)

湘南ベルマーレ 1(0−0,1−2)2 FC東京

<得点者>
湘 南)10アジエル(75'=PK)
東 京) 9ロベルトセザー2(72'、81')


試合後に、反町監督は退任の意向を漏らしたそうですが、
退任するにせよ、留任するにせよ、
これ自体や今後起こり得るこれを取り巻く数々の事象に関して、
湘南ベルマーレというクラブの胆力が
試されようとしているような気がします。

今後の推移を注意深く見守っていきたいものです。

[鳥取]へこたれることなく【J特】2

Jリーグディヴィジョン2第34節@とりぎんバードスタジアム
(11/11/06、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 0(0−1,0−4)5 栃木SC

<得点者>
鳥 取)なし
栃 木)16杉本真(20')、 9リカルドロボ(60')、11河原和寿(84')、50サビア2(90'+2'、90'+5')

<メンバー>
【ガイナーレ鳥取】
(先発)
GK:48小針清允
DF: 2尾崎瑛一郎、 4戸川健太、32喜多靖、25奥山泰裕
MF:10実信憲明、28三浦旭人、 6服部年宏、16キムソンミン
FW: 9ハメド、29福井理人

(サブ)
GK: 1井上敦史
DF:18鈴木伸貴、20冨山達行、22森英次郎
MF: 7小井手翔太、13美尾敦、14吉野智行

(交代)
64' 25奥山泰裕→18鈴木伸貴
65' 28三浦旭人→13美尾敦
65' 16キムソンミン→ 7小井手翔太

【栃木SC】
(先発)
GK: 1柴崎邦博
DF:19赤井秀行、23渡部博文、 3大久保裕樹、24那須川将大
MF:11河原和寿、13本橋卓巳、10高木和正、16杉本真
FW: 9リカルドロボ、18崔根植

(サブ)
GK:21武田博行
DF: 5落合正幸、 6入江利和
MF:14水沼宏太、25小野寺達也
FW: 8廣瀬浩二、50サビア

(交代)
75' 16杉本真→14水沼宏太
85' 18崔根植→50サビア
86' 11河原和寿→ 8廣瀬浩二

<審判団>
主審:井上知大、副審:西尾英朗・山際将史、第4審:宮部範久

<警告・退場>
【警告】
鳥 取)10実信憲明(30'・反スポ)、 2尾崎瑛一郎(31'・反スポ)
栃 木)なし

【退場】
鳥 取)なし
栃 木)なし

<観客数>
2,111人

<結果ページ>
試合結果(ガイナーレ鳥取公式) 

<勝敗・得失点・順位>
34試合 8勝7分19敗 勝ち点31 得点32失点47差-15 第19位

<監督・選手コメント(J's GOAL)>
鳥取・松田岳夫監督
栃木・松田浩監督 
各選手 

<次の対戦カード>
J2第35節 vsジェフユナイテッド市原・千葉@フクアリ(11/11/12、16:00〜)


この試合に関しては
てんで語る資格を持ち合わせていないので、
いつもとちょっと趣向を変えて
少々与太話におつきあいを願いたく。


御存知のようにガイナーレ鳥取は、
その昔、SC鳥取と名乗って活動していました。
2001年シーズンからJFLに昇格し、
初年度はコテンパンにやられ倒して
ダントツの最下位でした。

地域リーグとの昇降格が絡むようになる翌2002年以降、
SC鳥取はいろいろ悩みつつも
最終的にはJFLに残留し続けることができましたが、
いずれにせよ、ガイナーレ鳥取と名を変えた2007年までは、
JFLで2桁順位にしかなったことがないクラブでした。

しかし、そうした「もがき」の時期にあっても、
SC鳥取→ガイナーレ鳥取は、
決して「めげる」ことだけはしなかったような
そんな気がするのです。

もちろん、相手のある勝負事ですから、
負ければ当然悔しかったはずですし、
それによって順位が落ちれば
当然自分たちの立場にも関わってくることは
彼らもよくわかっていたはずです。

けれども、彼らは決してめげることはしなかった。
それは恐らく、彼らが少しずつではありますが、
JFLという世界に手応えを感じ、
そこでやれるという自信をつけてきたからこそでした。

そして2008・2009年と、戦力的には一気に向上し、
2006年から目標にしてきたJへの道筋を
少しずつつけることとなり、
そして2010年にその大願が成就出来たわけです。


ガイナーレ鳥取は、まだJリーグでは1年生です。
今までとはいろいろ勝手も違うだろうし、
戦いの厳しさに戸惑うことも多々あるかもしれません。
百戦錬磨の経験者がいたとしても、です。

でも、だからこそ、
ここでへこたれないだけの何かを
彼らは持っているようにも思うのです。


確かに、今は厳しい時期かもしれません。
でも、最初から何もかもトントン拍子にうまくいく
なんてことはないわけで、
むしろ失敗して当たり前だとさえ思います。

負け数が20にも届こうという現状ですが、
こういう時だからこそ、へこたれずに
前進する努力を忘れないでほしいのです。

努力は何時か必ず実を結ぶものです。
大変な時期でしょうけれども、
最終的にJへの扉を自分たちでこじ開けたように、
可能性を信じて前進してほしいのです。
そうすれば、きっと何か道が開けるはずですよ。

[鳥取]蹴散らせ栃木【J特】5

2011 Jリーグディヴィジョン2第34節@とりぎんバードスタジアム
(11/11/06、13:00〜、45min×2)

ガイナーレ鳥取 − 栃木SC

<MATCH PREVIEW from J's GOAL>
【J2:第34節 鳥取 vs 栃木】プレビュー:鳥取、栃木ともに2連敗中。シーズンのラストスパートに向けて、立て直すことができるか。(11.11.05) 


前節、負けはしたものの、
福井理人のゴールが飛び出すなど、
明るい要素もあったわけでして。

その福井はこの試合にも出てくるでしょうから、
ぜひ活躍してほしいところです。

そして、栃木を蹴散らして
もう一度勢いをつかむ以外にありません。
ぜひその勢いをつかみましょう。
ガイナーレ鳥取をもう一度浮上させるためにも。
緊急災害募金(Yahoo!)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Call&Chant(Gainare)
ガイナーレ鳥取
コール&チャント集

2011年用 NEW!!
解説書

2010年用
ガイナーレ募集中!
記事検索
時計
ジオターゲティング

ジオターゲティング
livedoor 天気
livedoor × FLO:Q
Author's Profile
author:KAZZ
birthday:1969/01/01
website:
ガイナーレ鳥取とか、湘南ベルマーレを愛好しています。
変わり者ですが、特段に害はないだろうと思いますので、とりあえずよろしく願います。
mixiやTwitterなどにも参加していますので、よろしければそちらも覗いてみてください。

2011Jリーグ特命PR部員 KAZZ
kazz_kazz_kazzをフォローしましょう
Twitter
日程・結果(Gainare)
ガイナーレ鳥取
【J2第38節の結果】
鳥取 2(1-2,1-2)4 愛媛

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
8勝7分23敗 勝点31
得点36失点60差-24
第19位
日程・結果(Bellmare)
湘南ベルマーレ
【天皇杯準々決勝の結果】
湘南 0(0-1,0-0)1 京都

【2011全日程】
こちら

【2011J2成績】
12勝10分16敗 勝点46
得点46失点48差-2
第14位
Recent Comments
TagCloud
Blog People
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ