この企画では、実際にワンペダルを取付けられたお客様(ワンペダルオーナー)のお声やご意見・ご感想などを紹介しています。

 

今回は、荒田由美(よしみ)さん(上天草市・67歳・ワンペダル歴:約半年)をご紹介します。

母01

恥ずかしながら、私の母です(^_^;)

父はすでに他界、子供たち(私を含め3人)もそれぞれ独立して、現在はひとり暮らし。

幸い祖母(母の母)が近所に居るため、親子仲良く、よく出掛けているようですし、社交ダンスをはじめ絵画、習字、いろいろな地域のお世話役など、お陰様で元気に過ごしているようですm(__)m

母05
   母と祖母。

ご縁があって『ワンペダルの良さ』を知り得た私は、これまでの親不孝の償いとしてワンペダルを母にプレゼント。おおよそ半年前の出来事です。
そして今回、ワンペダルについて母に感想を尋ねてみました。

 

.ワンペダルの感想はどうですか?

 

母「はい。最初はあなた(私)から誘われて会社(ナルセ機材)に連れて行かれたよね。」

「そこで、試乗を行い、数分後には『お母さんは100点満点!満点は珍しかばい!』と社長から褒められて、すぐに運転することができたし、これは『スゴイ!!』と実感したのを覚えているよ」とのこと。その日は取付のため車を預けて、翌日にはワンペダル車で天草まで(約2時間かけて)無事に帰ることができました。

 

通常、50歳前後の方までは510分程度の試乗(練習)で公道運転が可能なレベルになります。但し、高齢者の方は「頭で(操作方法を)理解したことと、身体の動きがすぐには一致せず。」ついつい前に進もうとした時にペダルを無意識に踏む方が多いのです。数日間の練習(慣れ)を要するケースが多いのですが、日ごろからスポーツや体を動かしていらっしゃる方は、やはり習得が早いようです。

母02
母03
母04


母「とにかく運転していて『安心感』がある。(車をいつでも、すぐに止められることで)自分で自分の身をしっかりと守っている感がある。反面、『もらい事故』もあり得るので、カーブなどの時には、以前に増してより一層、注意するようになったよ!」と安全意識が逆に高まったようです。

 

最後に母が一言「ワンペダルは私の宝物。プレゼントしてくれてアリガトウね♪」(*´)
いみじくも本日(10/14)付の地元紙に『高齢ドライバー事故に注意』との記事が載っていました。現在、4人に1人の高齢化社会。5分に1件の割合で高齢者による交通事故が発生している昨今。【自分の身は、自分で守る!】との母の言葉が、なぜか心に刺さった一日でした。いつまでも元気で、長生きしてね(*^^*)

※今回は一部、公私混同にて失礼いたしました(˃˂)
14
 熊日 朝刊(10/14付)より。


文責:ナルセ機材有限会社 荒田(あらた)

ナルセ機材ワンペダルオフィシャルホームページ
http://www.onepedal.co.jp

ワンペダルの最新情報や購入情報、また取り付けまでの流れやお問い合わせなど ホームページよりお承りいたしております。 また実際の運転動画や写真で見ることが出来ますので是非御覧ください。