昨年の熊本地震で甚大な被害を受けた地域のひとつ…宇土市(熊本県)。なかでも4階部分が潰れた市役所のショッキングな映像はとても印象強く心に残っています。
宇土市役所地震
 

現在は、プレハブの仮施設で復興に向け力強く前進している宇土市役所。その環境交通課から「平成28年度 宇土市交通安全・防犯教室」(3/163/27)にて、ワンペダルの紹介及び試乗会実施の要請がありました。

 本教室は、交通事故や犯罪件数の減少を図るため毎年、市内の7つの地区で開催されており、地元警察官や交通安全協会の担当者を招き、地域の交通情勢や犯罪情勢について学び、安心・安全な地域社会づくりの発信の場となっているようでした。

 「〇〇地区の〇〇交差点で、このような事故があった。」「宇土市では、振込詐欺が何件起こり、その被害額はいくらだった。」「行政が市民の方に還付金返金などその他手続き等で、最初から直接電話することはあり得ません。それは詐欺だと思って!」など、参加者の方々の身近な場所で実際に起こった事件・事故の話はリアリティに富み、説得力があり、参加者のみなさんも熱心に耳を傾けられ受講されていたのが印象的でした。
市長宇土
 「新庁舎は避難施設も担うようにする」と語る元松(もとまつ)宇土市長
 

 私も社長の鳴瀬と共に、ワンペダルでは、ペダルの踏み替え動作が不要なことから空走距離を短縮化でき、多くの追突事故や出合頭の事故が防止できることや、最近よく報道されているアクセルとブレーキの踏み間違い事故が発生しないことをデモ機や試乗車でお伝えしました。ワンペダルをはじめて見る方がほとんどで、みなさん興味深くデモ機や試乗車を体験されていました。
宇土鳴瀬
荒田
 社長の鳴瀬と筆者(下)

 

ちなみに、宇土市の平成28年の交通死亡事故は0件で、なんと38年ぶりだったそうです! 

宇土市の復興と安心・安全な地域づくりを祈念いたします。
がまだせ熊本!がまだせ宇土! ※がまだせ=方言:「がんばれ」の意味
警官
安全協会
 
 警察や交通安全協会も協力。
 


文責:ナルセ機材有限会社 荒田(あらた)

ナルセ機材ワンペダルオフィシャルホームページ
http://www.onepedal.co.jp

ワンペダルの最新情報や購入情報、また取り付けまでの流れやお問い合わせなど ホームページよりお承りいたしております。 また実際の運転動画や写真で見ることが出来ますので是非御覧ください。