レンタルドレス・ワンピースのお店「ワンピの魔法」~セーラ社長のマンガブログ~

もしも次に起業するならどんな分野にするか、その3

このシリーズは今回がラストです
もしも次に起業するならどんな分野にするか、その3。

前提として、
「これから伸びていく分野」で私は起業したい。

とこの前、書いたけど、
それを一番に考えるなら「外国人に向けた」サービスが3つめの候補です。

どう考えても、「日本人」の人口は減っていくから、
日本に住む「外国人」向けのサービスを始めるか、
そもそも「外国に住んでいる」人向けのサービスを始めるか。


その場合、
最初から、外国人だけをターゲットにしているサービス」
じゃないと意味がないので、
ワンピの魔法を海外で始める、というのはナシです。


何を売るか、
ですけど、ここはやっぱり「日本的なもの」かな、と思います。
たとえば浴衣とか、
美濃焼(みのやき)といった伝統工芸とか、
神楽(かぐら)といった文化芸能とか。


それをどう調理して、
外国の方に喜んでもらえるように、売るか、
というのが、腕のみせどころなんだろうな。



ブログで書いた3つの中では、
いまのところ、この分野が一番やりたいです。

「これが一番、失敗する確率が高い」のも関係しています。

私は実用英語はできないし、
海外に住んだこともないし、
外国人の「感覚」もよく分からないし、

だから、すごくすごく頑張らないと、ビジネスとして成り立たない気がする。
でも、そのぶん、
「えっほんとにという、
価値観が(いい意味で)ゆらぐような経験が、いっぱいできそうだな、
と思います。


前回書いた「お年寄り関連のサービス」も、
前々回の「難しいことをわかりやすく解説するサービス」も、

今の私だと、ここまではやれそうだ、
という見通しが、なんとなく立てられるのです。
自分の得意なことを生かしているから、なのかも。

だからこそやりたいな、という候補にも挙がるし、
だからこそ今はやりたくない、という筆頭でもあります。


自分はここまで行ける、という先が見えること、
ある程度の見通しがたつことは、
今はまだやりたくありません。

今は、先が見通せないものに、“チャレンジ”をしたいです。


チャレンジするからこそ、成功があり、失敗があり…

2013年1月のブログ……全力で理想をもち、全力で破れた時
2013年2月のブログ「セーラ考えすぎ絵日記①

844eb7ba[1]
(※イラストは過去のブログより)



「ひょっとしたらできるかもしれない、でもできないかもしれない」ものを、
「いや、私ならできる」と、
自分で強く思い込んで、道を切り開く経験が、まだまだしたいです。
たとえ、破れたとしても。


だからもしも起業するなら、3つの中では、
「外国人に向けたサービス」が一番かな。

でも、
「外国のかたに、ぜひ喜んでほしい
というパッション(情熱)が、
私にぜんぜんない
のが致命的(笑)

外国のかたと触れ合う機会がほぼゼロなので、
そもそもそんな感情が起きるわけがないんですが…。

だから結論として、
どれも別に起業したくないや、となりました(笑)。


というわけで先が見通せないものに、“チャレンジ”をしたい私ですが、
そもそも、起業を一回経験しているので、
起業自体が“チャレンジ・純100%”じゃない気が…

じゃあ何の分野がやりたいのか、と言われたら、結局これに戻ります(笑)

2016年6月のブログ「哲学的な季節がやってきた(私にだけ)

「セーラ社長がんばれ!!」と思ったら、

下のランキングボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村

もしも次に起業するならどんな分野にするか、その2

島根県出身のわたし。
おじいちゃんっ子、おばあちゃんっ子です。


2012年12月のブログ「おじーちゃんっ子、おばーちゃんっ子
a5409f18[1]
(※イラストは過去のブログより)

2014年6月のブログ「もしかして一族の中で問題児扱いされている私
2014年7月のブログ「メカという言葉を久しぶりに聞いた日



起業するなら、
好きな人の役に立ちたい
です。
だから、お年寄り(高齢者)の役に立つ仕事が、
もしも次に起業するならの分野、その2かも。

でも介護とか、食事のデリバリーとか、
そういったことには興味がわきません。

「生きていくのに必要なサービス」って、
ニーズがはっきりしてるから、
確実にお客さんが集まります。

でも、「誰にとっても必要な」サービスって、
自分ならではの工夫がしづらい(差別化がしづらい)から、
いつか価格競争になりそう。
そういう分野はやりたくない。

だから、
「なくてもいいけど、あったら毎日が楽しいよね」というサービスがしたいです。
誰にとっても、ではなく、
ある人にとっては必要なサービス、というか。



ちなみに、
お年寄りがお金をつかうのは、孫と健康だけ。
と言われるけど、

だからもちろん起業するなら、
孫と、健康以外のサービスにしたい。

前提として、
「これから伸びていく分野」で私は起業したい。
お年寄りは、確実に増える。
子ども&孫は、確実に減る。

だから、お年寄りを相手にしたサービスはアリでも、
孫のための商品はありえない。


いっぽう、「健康」は確実に伸びていく分野だけど、
いまや
「誰にとっても必要な」サービスになりつつあるから、
工夫がしづらいかな、と思う。
(広い意味での「健康」は、私も目指したいけど)


これから、私の親も、
私も、私の友達も、
お年寄りになるときがくる

自分はどんなお年寄りになりたいかな?と考えたとき、
「寝たきりにならない」
とか、
「老衰で死にたい」
とか、
そういうこと以外のことが、言いたいなと思います。


56才になって日本の測量を始め、死ぬまで続け、
人間は夢を持ち、前へ歩き続ける限り、余生はいらない。
と言った(らしい)伊能忠敬のように、

88才になって、
せめてもう10年、いや、あと5年でもいい。
生きることができたら、わたしは本当の絵を描くことができるのだが

と言った(らしい)葛飾北斎のように、

私も、
「やりたいこと」を持ちながら、死にたいです。


そして
島根のおじいちゃんにも(孫のおせっかいながら)、
できればそういうことを見つけてほしいです。
最近、「もう余生だから」が口ぐせなのです。


だからもしも起業するとしたら、
「お年寄りが、やりたいことを見つけて、生きがいを感じるサービス」
なのかな。ざっくり言うと。

ちなみに演歌歌手のファンはお年寄りが多いけど、
歌手の方は、お年寄りの「生きがい」をうみだしていて、すごいなと思う。

お年寄りに向けた旅行ツアー会社、
クラブツーリズムとかも、いいコンセプトだな、と思う。


私がやるなら例えば、
80才にならないと働けない会社、とかね。
(これだとサービスを受ける側じゃなくて、働く側になっちゃうけど)


年をとるほど、人は働くことにやりがいを感じるような気もする。
それに、少しでも収入があるほうが、
お金もつかうようになって、気持ちも明るくなりそう。

お年寄りがお金をつかわない(と言われる)のは、収支の計算だけでなく、
「一方的に、ただ減っていくだけ」
という漠然とした状況が、不安だからなのもあるかも。

「自分もまだ働ける、増やすこともできる」
という“双方向”の状況は、なんとなく自信(と消費)につながりそう。

しかし80才が一番の若手なんて、不思議な会社だけど。


もしもその前提からスタートすると、
ユニークな会社ができあがるし、自然と差別化されるし、
売るものも限られてくるし、
かなり工夫しないと会社が回らなそうだし(笑)、
それも楽しそう。

しかしその場合は、
国が定める「最低賃金」がジャマになりそうだな、と思いました。
(年齢ごとに定めてくれるといいんだけど)


みたいなことを、徒然なるままに考えている日でした。

「セーラ社長がんばれ!!」と思ったら、

下のランキングボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村

もしも次に起業するならどんな分野にするか、その1

ワンピの魔法は、
メインは20代後半から30代のお客様ですが、
最近は50代、60代のお客様もいらっしゃいます。

そういうかたは、前もって電話で相談をしてくれることが多いのですが、
なにせワンピの魔法はネットショップなので、
メカの操作が苦手な60代、
いろんな質問がくるのです。

「注文するには、
メールアドレスと、パスワードの登録が必要ですよ。」

というと、

「あらっ、
自分の携帯のメールアドレスって、
どうやって分かるのかしら
。」

と返ってきたりします。
アイフォンなのか、アンドロイドなのか、
どこの機種なのかを聞いて
“機種”を聞き出すだけでも一苦労ですが)、
自分の携帯アドレスの調べ方を、教えてあげます。


するとしばらくして、携帯の画面を見ながら、
どうやらアルファベットを一文字ずつ、紙に書き写しているらしい、
と電話ごしにわかり、

「メールアドレスはこうやったらコピーできるので、
注文するとき、こうやってそのまま貼り付けてみて下さいね。
紙を見ながら一文字ずつ入力するより、楽ですよ

と説明してみます。

ドレスの相談とは関係ない、操作の説明で、
気づけば30分くらい経っていたりします。



「それは面倒だね~」
「ビジネスとしては、わりにあわないかもよ」
という知人もいますが、

私個人でいうと、
すごく楽しいです


もともとおばあちゃんっ子だったのもあるし、
昔に塾の先生をしていたこともあり、

「できないことが、できるようになる」

という手伝いをするのが、好きみたいです。

「難しいことを、かんたんな言葉で説明してみる」

ことも、好きみたいです。
やりがいがあるから。




そして表題、
「もしも次に起業するならどんな分野にするか」
に戻りますが、

私だったら、この分野(?)もひとつの候補。
「難しいことを、かんたんな言葉(またはイラスト)で説明してみる」

好きだから、やりがいがあるから、
だけでなく、

「キャラが生かせるから」

もあります


そういえばちょっと話がそれますが、過去の私のブログで一番閲覧が多かったのは、
2012年6月のファーストサーバーのデータ消失の回
にちなんだ、

納品、ってこういう意味だっけ?
の回でした。懐かしの…

1ef9b6db[1]

イラストでなにかを説明する、というのは、当時評判が良くてうれしかったです



起業すると必ず、
「どうやって差別化するか」
みたいな話になりますが(この考え方は個人的にはあまり好きじゃないものの)、

アイデアや仕組みというものはいつか必ず真似されるし、
商品も、値段も、真似できます。

唯一無二なのは、
「そのひと」

だけです。

だから、
「どうやって差別化するか」
への回答は、

「ひと。会社の性格。キャラクター。」
しか私にはないのです
(このスタンスは起業した7年前から変わっていないけど)


ニュースをわかりやすく解説する、池上彰さん。
別の誰かが、
まったく同じ言葉をつかって解説することはできるけど、
池上さんの雰囲気、キャラクターを完全にまねすることはできない

そういう、
ビジネスなんだけど、
ひとの性格、が中心にある仕事は、
差別化がしやすいな~、と思います


私は、ニュースについては(まったく)解説できないですが、
世の中には難しいことが他にもたくさんあるので、

どれかをすごく勉強して、
工夫して、自分の性格を生かしながら、わかりやすく解説してみる、
というのは、
差別化がしやすく、私にもできるビジネスで、
やりがいがあって、社会貢献度も(たぶん)高い
ので、
もしも次に起業するならの分野その1、にしてみました



そして何より、冒頭の、
ワンピの魔法に電話をかけてくださる、60代のお客様たち。

スマホ操作を説明していると急に、

「わぁ~っ、自分のメールアドレスが分かった!
  それに、こうやってコピーができるのね!」

と発見をし、
それを一緒に喜べるのは、やっぱりすごく楽しいです
塾で生徒に勉強を教えていた時も、それが一番幸せでした
そういう気持ちが、原点になるんだろうな、と思います。


そういう個人的な情熱と、
これはビジネスとして成り立つのか?という冷静さと。

冷静と情熱のあいだ(…古い)のバランスをとりつつ、
ブログはその2につづきます

「セーラ社長がんばれ!!」と思ったら、

下のランキングボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村

哲学的な季節がやってきた(私にだけ)

このまえ、友達に電話をして、

最近、何を考えて毎日生きてる?

と、聞いてみました(迷惑な質問)。

仕事を楽しくしたいなー、とか、
アプリって本当に必要なのかなー、とか考えてる。
と言っていました(IT関係の友達)。

セーラは?と聞かれ、
私が最近ずっと考えているのは、
人間らしく生きたい、
かな。

もう、きっとあと数年で、
ロボット(とか人工知能とか)が、
人間の仕事を代わりにするようになっていくから、

世の中がそういうふうになっていったとき、
自分は本当に何をしたいか、
何ができるのか、
ずっと考えてる(そして多分答えは出ている)。


みたいな電話を、深夜に一時間くらい。
なぜか一緒に盛り上がってくれる、
奇特な友達です。笑


メールとかSNSとか、
スマホゲームとか、
ルーティンの仕事とか、
そういうのに追われて気づけば人生半分終わってた、

みたいな、浦島太郎になりたくない。


浦島太郎は竜宮城に行っていたからまだいい(?)けど、
べつに竜宮城に行ってたわけでもないのに、
気づけば時が飛ぶように過ぎていた、
とか悲しすぎる。


だから、
夢をもって、
人間らしく、
感情表現をたくさん、
心を豊かに、
人を大切に(←苦手)、
自然とともに。

いま好きなことをとことんやる、
生み出す、チャレンジする。

みたいなことを、
私はやりたいんだと電話で高らかに(?)宣言し、

ま、セーラは昔からそうだったけどね。
と言われて終わりました。



でも昔は(というか7年前は)、
仕事の仕組みとか、ビジネスモデルとか、
好きで好きでたまらなかったけど、

そういうのもロボットくんがいつか、代わりをつとめてくれるんだ、
と思うと、
すごく不思議な気持ちになります。

うわー、じゃあ私は、
もっともっと、自分がやりたいことにむけて、
突き進もう、みたいな。
(今でもわりと好き放題ではあるものの)

もっともっと、心動かされるものと
かかわっていこう、みたいな。
(今でもわりと動揺しやすいタイプではあるものの)


頭脳はロボットにいつか追い越されるかもしれないし、
私と同じ思考を持ったロボットがいつか現れるかもしれないけど、

私と同じ心をもったロボットは、たぶん出てこないから、
私は心をふくらませていこう、
自分にしかない心と直感を、大切にしていこう、

などと思っているのです。

というわけで(なのかそうなのか分からないけど)、
芸術(歌とか、絵画とか、劇とか、美しいもの)にめっぽうハマっているこの頃です。


というようなことを、もしも姉に話したら、
たぶん一言で終わるけど

イラスト421

わたし…、
ヒマなんだろうな。

「セーラ社長がんばれ!!」と思ったら、

下のランキングボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村

自由帳のバックナンバー(今年の3・4月号です!)

お客様に、ドレスをお届けするときに一緒に入れているお便り(通称「自由帳」)、
今年の3月号・4月号の合併です!

イラスト420

「セーラ社長がんばれ!!」と思ったら、

下のランキングボタンをクリックして下さい!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動へ
にほんブログ村

 
livedoor プロフィール
記事検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ