「お洒落したいけどしっくりこないんです」
「なんかいまいち納得がいかなくて」
「なにをどうしたらいいのかわからないんです」

最近、こんな言葉をよく聞く。

ファッションにたずさわって30年、
ここ20年はパーソナルスタイリストとして
個人のスタイリングを専門とするわたしは
この言葉を聞くたびに
「ああ、洋服難民が増えている」と思う。


洋服難民の第一軍は、30代後半から40代の女性たちだ。

「今まで着ていた服が急に似合わなくなった。」
「去年なに着てたんだっけ?覚えてないんです。」

そんな声が多い。

しかし、洋服は一年で変わったりはしない。
似合わなくなった理由は、あなたが変わったからだ。

贅肉がついた
年齢の壁を越えた
体型が崩れてきた・・・

さまざまなネガティブな理由をつけたくなるのはわかる。

しかし、「ある日を境に急に似合わないと感じた」
ということは、あなたの内面がかなり影響している。

多様な生き方がすぐ垣間見れる今の時代は
自分の内面と向き合うことを避けられない。

そんな時代的背景がファッションをとおして
わたしの耳にも届いているように感じる。


そして、
洋服難民の第二軍は、50代以上のシニア世代だ。

いまの50代、60代、70代の女性たちは
昔とくらべておしゃれに敏感で美意識が高い。

しかし、彼らが「心から着たい」
と思える服には意外にもたどりつけない。

いわゆる従来のシニア向けの売り場は
おしゃれの終焉を彼らに感じさせるし

かといって百貨店で
店員に勧められるがままに着てはみるが
なにか違和感を抱えている人は多い。

自分が確立された女性(ひと)は
自分だけの唯一無二の服に出逢いたがっている。

そんな悲痛な声も
わたしのもとに届くようになった。



あなたはファッションで悩んでいるからこそ
今、このブログを読んでいるはずだ。


だから、結論を先に伝えたい。

洋服は
「なにを着るか?」ではなく
「あなたがどうありたいか?」が一番重要である。



おしゃれなど興味がない。
なにを着ようがまったく心が動かない。

もしそうならば、
このブログを読んでも時間の無駄になる。

時間は貴重だ。
あなたの心が動くものに時間とエネルギーを注いでほしい。


でも、

年齢に関係なく
いつまでもおしゃれを楽しみたい。

流行にまみれるのではなく
本当に自分に似合うもの
を知りたい。

世代を超えて
自分の魂をよそおう服に出逢いたい。


そんな気持ちがあるならば
ぜひこの先を読みすすめてほしい。


ブティックで「よくお似合いです」
と言われることも多いだろう。

その言葉に安心して買ったのに

やっぱりどこかおかしい・・・
なんだかしっくりこない・・・

あふれるクローゼットのまえで
途方にくれているひともいるのではないだろうか。


だからわたしはひとりでも多くの女性が
自分が「自分のスタイリスト」になれるよう
お手伝いをしたいと思っている。

あなたが賢く選択できる力をもてば
あなた自身が自分をスタイリングできるようになる。

わたしはそう信じているから
自分がもっている知恵をぜんぶ伝えていきたい。

あなたが魂をよそおう服に出逢い
心から笑顔であふれるように。


2019年初夏  
森田多佳子

ones00

次回をお楽しみに。


FACEBOOK インスタグラム