「ハゲタカ」表大家好!薄宏です。
 
 今日の第5回土曜ドラマ「ハゲタカ」は、PM9:00〜の予定通りに、放映されました。

 ご覧の皆さま、私の出番はお判りでしたでしょうか?!ホライズン社の鷲津(大森 南朋)さんが、わざわざ上海に駆けつけ、テクスン社(中国電気メーカー)リー・ジェンミン(薄 宏)社長に会い、「大空電気」という会社に、なんとか救いの手をさし伸ばして欲しいと・・・。そこで二人きりで話し合い、結論に至ったシーン。
 
 世界をまたがっているバリバリのリー社長は、日本に留学した経験のある人物:「私は日本の大学院を卒業後、「大空電気」に勤めさせてもらったうえ、間近かで経営学を勉強させてもらいました。中国への進出をシェアにいれての事でしたが。大木会長は私を自分の息子のように面倒を見てもらいました。」と言うセリフは背景にありまして、大木会長の「企業は人なり」の宝本を鷲津さんに見せ、「ようやく会長に恩返しが出来るかもしれない!」というところまでつづき、「うん!前向きに検討させてもらいます!」となります。「ハゲタカ」中

 ドラマ全体は非常に緊迫感があふれて、なかなか目が離せないもので、皆さまはどう感じられたでしょうか。 いよいよ来週は最終回となりますが、是非とも最後までご覧にってください。

 出演者の一人