希望の風

“Plus one”…みなさんの過ごす時間の中に、少しだけ色を添えたくて… ♪あつまれ!ゆかいな音楽仲間たち♪は、笑顔と元気を音符にのせてみなさんにお届けする音楽サークルです(^0^) 笑顔と元気は“希望の風”となってみなさんの中にそよぎ、1人2人…とみなさんの心をつなぎ、そしてみなさんの笑顔をつなげてくれます。みなさんの笑顔は私たちの宝物…希望の風です。

♪「また来てくださいね!」は最高の言葉♪

11月4日(日)、群馬県太田市の《ユニッツもりのいえ》のみなさんと一年ぶりに感動の再会でした。
私たちが会場に到着するとすぐに利用者の方が「楽しみにしていました。」とペコリと頭をさげられ、嬉しい言葉と共に出迎えていただきました。
会場のあちらこちらの笑顔を見ていると《もりのいえ祭り》をずっと楽しみにしていたことがわかります。
美味しいとん汁と名物の太田のやきそばをいただき、いざ本番!!。《もりのいえ》のみなさんは音楽が大好きで、知っている曲は一緒に歌ったり、手拍子をしたり…ひとつひとつのプログラムを大事に楽しまれている感じがしました。また、スタッフも♪線路はつづくよ♪では利用者と列車を作って会場を走ったり、パラバルーンを一緒に楽しんだり…本当に遊び心のある方ばかりでした。
そして、最後は♪あしたははれる♪。スタッフのみなさんがステージ前に並び、肩を組んで歌う姿は本当に羨ましい限りで、何よりも感動の時間です。
帰り際に、みなさんから「また来年、来てくださいね。」と声をかけられ、握手までしていただき光栄でした。早速、来年のスケジュールに入れました…また会いましょう!! 《ぐんまちゃん!?は2児のパパ》

IMG_20181211_074045

♪新たな挑戦はドキドキ♪

秋も少しずつ深まり始めた10月21日(日)。国分寺市の《はばたけ!!サンサンゆめまつり》に参加してきました。今年は何と午前&午後の2回公演。しかも、午前は屋外広場でのストリートライブ!!。使える音響機材はCDのみ。生ギターとキーボード、大きな声だけが頼りです。ドキドキしながらいよいよ開始…1曲目が始まると数名の方に立ち止まっていただけて本当にホッとしました。とにかく、私たちのことも、これから何が始まるのさえ知らないみなさんとの真剣勝負でした。
何やら楽しそうな雰囲気に人垣が増え、まさに小さなお子さんから高齢の方まで参加していただき感謝の気持ちで一杯になりました。国分寺のみなさんは本当に優しいです。
そして、午後は室内での音楽活動。今年はアンカーでしたので、いつも以上に気合いが入りました。準備が早く出来たのでリハーサルを兼ねて活動開始。客席のみなさんの元気に支えていただきながら、一気に楽しみきりました。私たちの音楽活動は会場のみなさんのパワーがあってこそ!!なのです。そして、スタッフのみなさんの頑張りにも支えられています。やはり、主役は会場のみなさんなのです!!
先日、実行委員のスタッフから嬉しいメールをいただきましたので、一部をご紹介させていただきます。
☆音楽仲間さんの確かな演奏と素晴らしい歌唱力。気づけば一体となって歌い踊っている観客の皆さんを巻き込む力。光のパフォーマンスも軌跡が美しく見事で、大変盛り上がりましたね。なにより専門的な知識に基づく、障がいのある方も一緒に参加できる曲や手遊び・感覚遊び。これほど障害者センターのステージにふさわしいバンドはないと思いました。パラバルーンがふわっと天井に広がった瞬間は、みんなの心がひとつになったと感じました。達成感と笑顔であふれていたと思います。セッティングも見事で「あのすごい方たちはどちらの団体の方ですか?」「プロフェッショナルで驚いた」とお話しされている方々がいらっしゃいました。☆
私たちが目指していることをしっかりと受け止め、言葉にしていただき本当に有難い限りです。このメッセージを励みに、更に前進していきたいと思います。 《優しい心に感謝》

IMG_20181129_210702


IMG_20181129_210905

♪何かが起こる!?♪

10/20(土)晴れ…10月にしては暑いくらい。
《里フェスタin希望の里》に参加してきました。
午前は小さな段ボールを積み上げるゲームを企画&担当。これは、単に箱を積み上げるだけではなく、箱の脇に貼られた幅広テープの色を同じにしたり、色とラインの向きを合わせたり…見ていても、やっても面白く、自分でルールを決めて何度もチャレンジ出来るゲームになりました。
そして、午後からの音楽活動。私たちの中では希望の里では、音響機材が壊れてしまったり、マイクスタンドが倒れてマイクが凹んでしまったり…必ずアクシデントがあるという定説!?があります。そして今年は…ギターとアンプの一部が壊れました。ですから、今年はギターの音は大きくならず、アンプからの音も大きくなったり小さくなったり波うっていました。それでも、希望の里に集まっていただいた客席のみなさんに盛り上げていただき、予定されていたプログラムは終了することが出来ました。
終演後、ご家族の方から「どれをとっても、クオリティが高く、演奏も流れも素晴らしかった。」と褒めていただけて本当に嬉しかったです。
ギターや音響機材のことは別にして、私たちもみなさんと楽しい時間を過ごせて本当に幸せでした。 《助っ人はぶさん》

LINE_P20181020_200822883



DSC_0045
  • ライブドアブログ