TOP > 改造 > MOP用ビルドインETC取り付け
最新記事

MOP用ビルドインETC取り付け

この計画のきっかけは、ETCを許可しなかった嫁、その友達がアルファードを買うことに・・・・
理由は自分のアルの慣らし運転を兼ねて、その夫婦と一泊旅行に行った時、かなり
気に入ったらしい。予定車はMZでホワイト、MOP、ETC付き。
嫁がETCは要らないと言ったら”後からつけるとビルドインじゃないから”と言われた・・・
家の車はと言われたので、何とかなると答え、ビルドインの条件付でOKとなった。
だから、ビルドインにしないと・・・・・・・・・

ETCをスイッチホールベースに仮付け
スイッチホールベース品番(*S用黒)
55407-58010-B0
スイッチホールベース品番(*X, MZ用こげ茶)
55407-58010-E0

ETCブラケット品番
86984-58010

その他の必要なビス類
ブラケットエンドのボルト 1個
90119-06067
ETCをブラケットに固定するビス 3個
93540−54008
アンテナ取り付けビス 2個、
ブラケットをホールベースに取り付けるビス 2個
同じ品番です93568−55014

インダッシュアンテナ:
ソアラはメータの上部の取り付けに
なっていたので推測として同じような
位置を探しました。
結果、ダッシュパネルの上部に
取り付けビス穴を発見、ステーを改造して
取り付け。(アル用なら改造不要?)
アンテナ線(白のマーク付き)も右側の
ケーブルの束に発見したが、オス−オス
になり不可、付属品を使う。

ETC本体と配線:
ナビとの配線が気になったので
一応オーディオの裏を確認したが
該当するカプラー無し。
(結果的にはセンターパネルを外す必要なし)
スイッチパネルを外すとETCに接続する
同じ形状のカプラーとアンテナ線
(白のマーク付き)が一緒にくくられて
いるのを発見。
新しいカバーにブラケットと一緒にETCを
取り付け、その後全てのスイッチ類を移動。
気にせずカプラーと、新しいアンテナ線を
接続してカバーを取り付けて終了。
ナビとのマッチング:
ナビ画面で確認するとETCを認識、
カードを入れずにエンジンをかけると
カードが入っていない警告あり。
要領さえわかれば30分程度で終わります。

注意
*SはMOPが追加になりましたが、
*SプレミアムはMOPの設定が
ありません。その為配線が省かれている
可能性があります。

基本的に配線は、ハンドル右側の
ホールスイッチベース
(ミラーのスイッチが有る部分)
を外すと配線が一緒に出てきますので、
そこに白いテープでくくられています。
(アンテナ線と一緒に)

2003年の4月か5月以前の車両は
1列のカプラーで5本の配線
白/黒、黒/黄、白/赤、灰、青/赤
それ以降の車は2列のカプラーで
同じ色の配線です。

MOPのビルドインETCも同じ時期に
変更されていますから現車とETCの
確認が必要です。

旧カプラー+旧ETC=>OK
新カプラー+新ETC=>OK

新カプラー+旧ETC=>この場合旧タイプの
オーナーさんに頼んで配線を切って
カプラーを譲ってもらう。

旧カプラー+新ETC=>この場合新タイプの
オーナーさんに頼んで配線を切って
カプラーを譲ってもらう。

いずれの場合も配線の色は同じ
様ですから難しくないと思います。

MOPと同じETCはDOPでノア、
VOXY,エスティマ、ソアラ、イプサム
に設定がありますから
そのキットの中の配線が購入できる
可能性があります。
ディーラーで相談されてはいかがでしょう。
最悪カプラー部分をオーナーさんに切断して
譲ってもらうか。

参考までに、
トヨタ以外のETC、ナビでも
通信システムが同じであれば
下記の配線を接続すれば連動の
可能性があります
あくまでも推定ですから壊す可能性も
あります。自己責任でお願いします。

車両側の配線は
白/黒==>GND
黒/黄==>TX−
白/赤==>TX+
灰  ==>ACC
青/赤==>+B

参考までにETCキット付属の配線は
(私が購入したソアラ用の場合)
白/黒==>GND
紫  ==>TX−
桃  ==>TX+
灰  ==>ACC
橙  ==>+B
です