TOP > 生理前とおりもの > 妊娠の兆候と生理前の「おりもの」の違いとは?

妊娠の兆候と生理前の「おりもの」の違いとは?

2パターンあります。一つは、おりものが増える傾向。妊娠のかなり初期の頃には織物が増えます。これはなぜかというと、雑菌から胎児を守るためです。膣の近くには校門があり、雑菌などが侵入しやすい状態です。そこでおりものをいつもより多く分泌して、膣を酸性にし、雑菌が侵入しないようにしています。

もう一つは、着床出血になり出血量が生理より少ない状態です。着床出血とは、受精卵が子宮内に到達したときに起こる出血のことですが、誰もがなるとも限りません。

おりものの色は乳白色が多いのですが、茶褐色や赤の場合は不安なら病院に行って見てもらった方がよいかもしれません。