おにぎりブログ

村木仁、市川しんぺー、池谷のぶえによる 演劇ユニット「おにぎり」のブログ

趣味活動

薫風かおる5月。

気持ちがいい一方、あの大嫌いな夏の足音もヒタヒタと聞こえはじめましたね。

舞台も4月中に終わり、ゆったりとした日々。

インプットしたり、断捨離したり。

そして、5月からは「愛」を趣味にすることにしましたので、様々なかたちで愛を謳歌中です。

とはいえ、もともと得意な分野ではないので、すぐに疲れる…疲れては凹み、凹んではまた疲れ…結局、まったく向いていない分野であることは確実なのです。

だからこその、趣味。
楽しみながら愛とつきあっていけたらよいですね。

先日は、愛情を込めた煮卵と、ガン無視した煮卵を6人の方に食べくらべてもらったら、5:1で愛情煮卵を当てる結果に。

愛って、伝わるんですね。
伝えないと伝わらないのかな…。

趣味活動、がんばります。

池谷のぶえ

疲れてません!

有り難い事に、公演中です!
疲れてないと言えば、嘘になります。
それが更新一日遅れの言い訳ではないですが。

でもねー。
疲れてるなんて言えないんですよ。
学生1.2.3.という、明らかに脇役の役名を与えられている三人組の運動量たるや尋常じゃなく、汗の量、肉体的身体的疲労はいかばかりか、想像のつかない範疇!
しかもその中には先輩の姿も!

いやー。
疲れてるなんて言えないんですよ。

もしかしたら毎日飲んでるので、飲み疲れかとも思ったり。

でもねー。
その先輩も毎日飲んでるんです

疲れてません。
疲れてません!
俺なんて、ちっとも疲れてないです!

【市川しんぺー】

いい加減への憧れ

まだまだ『乱鶯』大阪公演やってます。席も多少残ってるようです。少しでも多くの人に観てもらいたい。

今日はバイトの話を書きます。
だいたい新感線の舞台に出ると、本役の他に幾つか役をやってる訳ですが、今回は4役やってます。
いつの頃からか本役以外の役はバイトと呼ぶようになってます^^;

あくまでも僕の場合ですが、バイトには2種類あるんです。

一つは、絶対ミスってはいかん緊張感バリバリのバイト。
もう一つは、言い方は良くないですが、まあまあ気楽なコスプレ的なバイト。

最近、悲しいかな、本役がよかったらと言われないで気楽なバイトのことばかり言われることが多いことに気づきました。
評価されることは何でも嬉しいのですが、やっぱり本役で評価された方が嬉しい訳です。
何がどう違うのか、….自分なりに分析するとやっぱり本役の方が頑張り過ぎてるのかなと。
あと、つい工夫しがち。
これが問題だ!
いらない工夫は本当に邪魔。

しかし、バイトはほとんど喋らないのに…んん〜喋らない方がいいのかい?

というか、いい加減に台詞を喋れるようになれたらいいな。そして、すっと立ってたい。

いい加減→良い加減に挑戦してみます。

昨夜は休演日前日ということで、やや羽目を外して飲み食いの巻。
1日遅れの更新でした。

 村木 仁

疑い

まったく花見らしい花見をしないまま、4月中旬。

とはいえ、「たとえば野に咲く花のように」という花にご縁のある舞台中なので、毎日花見といえば花見です。

今回の公演で、ごくごく個人的にお芝居へのアプローチを変えてみることを課題にしていますが、まもっていたものを取っ払ってみると、清々しいものですね。

それはそれでリスクもあるとは思いますが、気づいたり感じたりすることもたくさんある。

これからも、どんどん自分を疑っていこうと思います。

池谷のぶえ

息抜き。

息抜きしました。

沖縄行って来ました!
色々堪能しました!
とりあえず天気が良くてよかった!
旅は、天気が全体の雰囲気を作るね!

のんびりもしたけど、せわしなくスケジュール(遊び)をこなしたりもしました。

慣れないカヤックもした!
アウトドア!
10年分のアウトドア満喫!

さて、また次の稽古が始まる。
ありがたいことです。

息抜き、無ければ無いで構わないので、どんどん舞台や映像のお仕事お願いします!

【市川しんぺー】

恋に恋してる?

演舞場の楽屋からの見える桜です。











あぁ〜卒業のシーズンですな。
大学は中退、いや除籍ですから僕の最後の卒業はもう30年以上前でした。
最後に卒業できなかったからでしょうか、時々無性に何かから卒業して〜なと思うことがありますね、最近。

そんなこんなで、もうじき51歳になる訳ですが、これからはひとつひとつ消化とか昇華とか消火とかして歳とって行きたいものです。
まあ数多くは望まないし、まずそんな多くはできないと思うけど。
それでもひとつひとつ実感みたいなの欲しいですね。
ついつい何かと流されがちなのでね。
まっ、いいか…てな感じで。

まずはちゃんと人を認める人間になりたいし、できれば人に認められる人間になりたいなぁ。

卒業気分に任せて今何となく新橋演舞場の楽屋でブログ書いてます。

要は一個一個「パッー」としたい訳です。

あ、そうそう最近はミステリーものは少しお休みして、もっぱら恋愛小説ばっかり読んでます。
三浦しをん氏の作品を行き帰りの車内で読んでます。

いいね、恋とか愛とかって。
てへ。
恋は盲目なんていいやね。
愚かでね。
おまけに笑える。

他人にどう思われようが、盲目になったもん勝ち!…でもないか。

でも常に狂っていたいもんだにゃ

新橋演舞場より恋に恋してる仁でした

 村木 仁

春かね

毎朝せっせと、バナナと小松菜のスムージーを飲んでいますが、数日前に買った小松菜に花が咲きはじめていました。

いままで台所の一角に保存していましたが、いよいよ冷蔵庫で保存しなければなりません。

春なんですね。そろそろ。

そんな春に向け、鄭義信さんの3部作品のひとつ「たとえば野に咲く花のように」のお稽古中。

近年、おっさん、犬、おっさん、気の違ったおばさん、おっさん、幼児…と、まともな女性の役がまるで巡ってきませんでしたが、ようやく、ようやく、ひとりの女性です。

ようやく、ようやく、人間らしい感情と、人間らしい会話をできます。

なんだか、それがとても楽しい。
とともに、恋の作品なので、作品の中で恋できるのも楽しい。

疑似恋愛ほどワクワクするものはありません。
なんたって、面倒くさくないし、嫌なこともおきませんものね。

仁さん、しんぺーさんも、本番中ですね。観に行けたらよいのですが。
お怪我なきよう、各々よい作品になりますように。

池谷のぶえ

ノーガード両手ぶらり

意識がカンボジアにぶっ飛んでいたと思ってください。

四日。
四日前に担当日だったんですね。
四日ぼんやりしていたとは、我ながら愕然として、逆に天晴れです。

途中、休演日も挟んで、あ、ブログ、って思ったりしたのに。
舞台よりも日常がバタバタして一日が過ぎてしまいました。

今回も刺激的な役者さんやスタッフさんも多いのですが、何と言ってもカンボジアキャストがスゴイ!
彼らの身体能力たるや!
彼らの身体表現たるや!
身体能力に裏打ちされた身体表現。
身体表現の裏に隠れた心情表現。

ああいう方々を見るにつけ、武器が無い自分を省みます。

何もない。
手ぶら。
丸腰。
手ぶら丸腰で人前に出るという厚かましさ。

大丈夫です。
安心してください。
と無根拠で言う詐欺師みたいなものです。

申し訳ない。
と思っていることで、大目に見てやってください。

【市川しんぺー】

ダメね、私って

びっくらこきました。
私の更新日はとっくに過ぎとるではありませんか。
ひとりで反省会というか、なんとなく回転すし飲みしてる時に「はっ!」と思い出しました。
格好をつけて言うなら、芝居の稽古に集中し過ぎて忘れてました。
いや、ごめんなさい、普通に注意力が足りてませんでした。

さて、今日で『乱鶯』の稽古場での稽古が終了した訳です。
今回の稽古もいつにもまして落込みました。やはり色々と考えても体現するのは難しい。
やはり新感線の舞台は特殊に感じてしまう。未だにこんな感じ。
余計なことは考えず、楽しんで舞台上で生きる!新感線の舞台やる時の僕の目標です。
3/5から新橋演舞場で開幕します。
久々の演舞場ですので、とてもワクワクしとります。

特に今回の古田さんは沢山の人に観ていただきたいな。
稲森さんも相変わらず素敵だな。
大東君もくるみちゃんもいい。
きゅんとなっちゃいます。

まあ他人のこと誉める前にてめえも頑張れよって訳ですけど。
もう一度、自分の仕事を見直して来月から始まる本番に臨もうと思っとります。

演舞場に入って、色々なことを感じながら日々やっていきたいと思ってます。

  村木 仁





ハッピーバレンタイン

バレンタインデーでしたね。

別場所で書いているコラムのために、約30年ぶりにチョコを手作りしましたが、チョコを溶かし流すだけだとて、手間のかかるものですね。

世の女子は、ある程度目的や愛情があるからこそ手作りするのでしょうから、それはそれでワクワクもするのでしょうが、どこにモチベーションを持ってったら定まっていない手作りチョコほど、退屈なものはありません。

なぜか今年の2/14は、初夏のように暑くもなり、チョコを湯煎で溶かしているうちに、こっちだっていい勝負で溶けてゆきます。

もう夏が来るんだなぁ…今年も。
お布団ともお別れか…大好きだよ…お布団。

唯一告白したい相手は、お布団くらいです。LOVE。

池谷のぶえ
おにぎりさん
おにぎり とは?
村木仁、市川しんぺー、池谷のぶえによる、演劇ユニット。

【お問い合わせ】

MAIL:onigiri2011@yahoo.co.jp
おにぎりHP開設!
http://onigiri2013.tumblr.com/
  • ライブドアブログ