長谷川明子の☆おにぎりと私

長谷川明子が個人的な日記を書いています。

2021年04月


昨夜の『今井麻美のニコニコSSG』第135回を視聴してくださった皆さん、
どうもありがとうございましたっっ!!

そして、メールやコメントもどうもありがとうございましたっっ。
(*^^*)

麻美さんと智秋さんとプレイした『ミスタードリラー アンコール』とっても楽しかったなーっっ♪♪

一人で集中してプレイするのも楽しいですが、
やっぱり皆でワイワイゲームをするのも楽しいですね⭐︎⭐︎⭐︎
(*≧∀≦*)

これから発売される千早さん達のマスターアーティスト4も楽しみですし、

これからも765プロASのアイドル達をどうぞよろしくお願いいたしますっっ。
(๑>◡<๑)


今夜20時からの『今井麻美のニコニコSSG』第135回に、
たかはし智秋さんと一緒にゲストで出演させていただきます。

麻美さんと智秋さん、そして皆さんと楽しくお話しできればと思います♪
(*^^*)

よろしくお願いします。
m(_ _)m


今年も誕生日がやってきました。


健康第一に、自分なりにできることを頑張っていこうと思います。
(*^^*)

いつも見守ってくださってありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

「アイドルマスター」シリーズ × WEGO のコラボレーション 「ide@list」!

ずっと気になっていて、やっと「WEGO」さんに行けましたっっ。

大きなパネルに皆の姿が…っ!
美希も中学生らしくて可愛いっ♪♪
EBC4084D-B3D9-47F8-816F-500D8BD97A4A

094EB907-6800-46A3-BB02-A86EBA5BE317

美希とおそろいのパーカーをゲットできましたっ!!

もう一つ狙っていたソックスは残念ながら売り切れでしたが、プロデューサーの皆さんがお手に取ってくださったのだと思うと嬉しいですっ♪

アイドル達の活躍、とっても嬉しいですねっ⭐︎⭐︎⭐︎
(*≧∀≦*)

先日の「765プロ給湯室 劇場版特別編」をご覧になってくださった皆さん、ありがとうございましたっっ!!

コメントやメールもどうもありがとうございましたっっ。

コメンタリーでもお話しましたが、劇場版の美希について、私が考えたことをお話しようと思います。


まず、アリーナライブのリーダーに春香が選ばれたことについて。

アニメの24話、25話でも描かれていますが、
「皆で一緒にステージに立つこと」を何より一番に考える春香は、リーダーという役割に合っていると納得していると思います。

「春香はワガママだよ。」

だけど、

拒絶する相手にも向けられる「皆で一緒に」というワガママなほど強い気持ちが、
「ほっとかない!」という想いが

「求められている。自分を必要としてくれている」と、相手に居場所をつくってくれる。

リーダーという役割には、彼女の方が似合っている。

本当はプロデューサーに選んでほしかったけれど。


美希が求めるのは「キラキラすること」「ドキドキ・ワクワクすること」
そして、
信頼するプロデューサーに期待され、それに応えること。

だからプロデューサーが取ってきてくれた舞台の仕事を頑張りたかったし、
ハリウッドに呼ばれて皆に褒められるより、プロデューサーに期待されてリーダーに選ばれたかった。

考え方も、求められる事も、できることも違う。


「だから春香は、ミキのライバルなのかも。」


また、美希は仲間として春香を信頼もしていると思います。

美希が信頼するプロデューサーからリーダーを任され、

尊敬する千早さんを連れて帰ってきてくれた人だから。
(もちろんそれは765プロ皆の想いがあってこそだと思いますが)

そして、自分の答えをしっかり出してきた。

だから劇場版では「春香らしい答え」を出すのをずっと待って、何も言わず見守っていたのだと思います。



合宿所で、プロデューサーが春香と2人で話すシーン。
春香の頭に手を置いて

「未来は今の延長だ。だからこそ、今を大切に。悔いの無いように。」

私は二人が気になって戻った美希が、それを見ていたのだと思いました。

だから自分の前髪を触りながら考えていたのかなと。

悔しい気持ちと、言葉の意味と。


そして出した答えは


「ミキも自分のやれることをやるの。ライブ、頑張ろうね。」


プロデューサーのため

「帰る場所」である大切な765プロのため

自分のために。


今を大切に。悔いの無いように。




最後に、アリーナで春香が自分の答えを皆に伝えた後の

「ほんと 怖がりなの。」


美希なら真っ直ぐに気持ちを伝えられる。

志保に「どうしてそんなに不安そうなの?」と、時に核心を突くことも怖がらない。

でも春香は、相手の気持ちを気遣うから、苦しい。

そこが彼女の弱さで、甘さで、良いところ。


優しいところ。


それを「春香らしい」と美希は認めているのだと思いました。




改めて劇場版を見て思ったのは、

私は美希が愛おしい。


輝きの向こう側には、765プロの皆とプロデューサーと笑い合う、

キラキラと輝く美希の姿があることを願っています。




長文になってしまってすみません。
最後まで読んでくださってどうもありがとうございました!!!
m(_ _)m

このページのトップヘ