MOR♯17を聴いてくださった皆さん、どうもありがとうございましたっ!!

今回は中川浩二さんをお迎えして、楽曲についての制作秘話等、貴重なお話をたくさん伺うことができましたっ。


楽園

優しくて、一途な歌声。曲も素敵だし、裕美ちゃんがライブで歌っている姿を見たら、本当に「がんばれ!がんばれ!」と心の中でたくさん応援したくなると思いますっ。
アイドルっていいなぁ〜。


夢幻ノ救憐唱 〜堕チル星ノ調ベ〜

ぬーぬーが言っていたように、アニメでも少し見せてくれた、素の気負わない蘭子ちゃんの声に近いように感じられて、アイドルの成長や心の変化が歌や楽曲でみられるのも、アイドルマスターならではだなぁっと感じました。


昏き星、遠い月

それぞれの役が魅力的だし、ストーリーもとても気になるし、ライブもミュージカルのように舞台を楽しめる新しい形の楽曲ですね。
キャラクターの台詞も力がこもっていて、ゾクゾクします…!



relations 美希ゲームバージョン

この曲を収録した時、中川さんにサビ後半の高音を地声で力強く出しているところが良かったと言っていただいたり、
初めての歌収録だったゲームバージョンの楽曲達をディレクションしてくださった佐々木さんに「長谷川さんはまっすぐ音を出すよね」と感想をいただいたりして、

当時は自分の歌にどんな特徴があるのか全く分かっていなかったので、

「そうか!それが美希の個性や特徴になるのなら、これからは裏声は使わないで、まっすぐ歌わないとキャラクターがぶれてしまう!」

と考えて、こうでなきゃ!みたいなものにガチガチになっていた時期がありました。

でもアイドルマスターの楽曲はオリジナルもカバーも、とにかくたくさんの曲を色々な音域と表情で歌わなくてはならなかったので、段々と1番は表現することなんだと考えが変わっていきました。

声も腹筋を使わずに完全に喉の力だけで高音を出していたので、すぐ疲れるし響かないし、

今よりももっと拙い歌声でしたが、

とにかく必死なところが、楽曲に合っていたのかな?


まだまだ勉強不足ですが、これからも色々な楽曲を表現して歌えるように、日々精進していきます…っっっ。
m(_ _)m


ではでは、おやすみなさい〜。