ミリアニ9話のご視聴どうもありがとうございました。


ミリアニの収録が始まる前から

ASが呼んでもらえるとしたら「先輩」としての役割があるからで、

きっと美希は翼に何かしらのきっかけを与えるためにいるのだろうなと考えていました。


今回の9話がまさにその役割を果たすお話だったので、台本を読んで「ついに来た…!」と感じていました。


翼との会話シーンのテストが終わった後にいただいたディレクションは


「カラッと」

「いつもの感じで、もう少し余裕のある感じ」

といったものでした。


なるほど

「フワッと」でも「サラッと」でもなく「カラッと」なところが美希らしいと感じました。



一緒に過ごしてきた時間も心の距離感も違うので当たり前なのですが、

大好きで特別なハニーと2人きりの時のキャピキャピした可愛らしさとは別の、

後輩に対するアイドルとしての一面ですね。




翼の回想で

「このままだと未来たちに負けちゃうよ」

という美希の言葉が、実際に言った内容よりもキツくなっているのは、

翼のイメージだからということで、台詞もよりキツめになっています。




ライブが終わって乾杯をしているシーン。


翼が恐る恐る

「美希ちゃん…、わたしどうだった?…」と聞いてくるところで


美希の中の長谷川が


「…カッ…ゎいぃ…っ!!」


となりましたが、美希はちゃんと先輩してました…。



漫画で描かれていた帽子を被せるシーンとイメージが重なりますね。




さてさて、物語は進んで


『アイドルに大切なもの』とは


『本気って何だろう』


仲間とステージに立つことの意味も含めて、

ミリオンスターズの皆がどう答えを見つけていくのか、

次回からもどうぞお楽しみに。
(*^^*)