thumbnail_IMG_8913
今回は先輩に流し猟に連れて行ってもらえました。
・・・
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ←クリック!
にほんブログ村

こんにちは。
良いお正月だったでしょうか?
お正月にスーパーで刺し身を見ると、高すぎてビックリしますよね。
まぁ…買っちゃうんですがね。

正月にシッカリと蓄えたお腹の余分なお肉を消費しようと思っていたんですが、先輩に流し猟に誘っていただけました。
カモはやったことあるけど、大物はどうやるんだろう?
贅肉の消費は今度にとっておいて、流し行きますかー(・∀・)






・色々な狩猟の方法
IMG_6017
イノシシやシカを狙う場合色々な猟法があります。

『巻狩』
最初に山をぐるっと回ってここでイノシシが寝ているという情報を得ます(見切り)。
見切りでイノシシが居るという推測が立てば、いざ巻狩の開始です。
獣は逃げる時に普段歩き慣れた場所を通ると言う習性がありますので、獣道から少し離れた場所に待ちを付けます。
山の規模にもよりますが、小さい山でもイノシシを追う勢子が1。立間が4くらいは必要でしょうか。
勢子が犬を連れてイノシシを追う場合もありますね。
勢子はずーっと山を歩きます。立間は気配を悟られないようにじーっと待ちます。
勢子にビックリして逃げてきたイノシシを立間が撃つと言った猟法になります。
参考:〈やや閲覧注意〉シカの巻狩準備&罠のトドメ刺し〈ハンタースクール〉前編

『忍び猟』
山を獣の痕跡を見つけたりしながら歩きまわり、撃つ。
体力も必要ですが、山を一人で歩くスキルや獲物を発見するハンターの目、色々なスキルが高いレベルで要求される猟だと思います。
犬を連れて行く人もいれば、一人で行く人もいます。
寝屋撃ちもこのジャンルに入るのではないでしょうか?
猟師!って感じで格好いい。いつかやってみたい憧れの猟法です。
参考:イノシシの巻狩からの『寝屋撃ち』で4頭GETだ!

『流し猟』
林道など車が入れる山でひたすら車を運転し、獲物を探す猟です。
シカはボーッと斜面に立っている場合もありますし、イノシシはふがふが地面を耕している事もあります。
ずーっと獲物を探す集中力が必要ですしガソリン代がかかります。
暖かい車内で探しますので体力的には楽です。これを始めると他の猟法が出来なくなるとか。



・流し猟行ってきました!
thumbnail_IMG_8908
先輩曰く、シカのゴールデンタイムは早朝って事で夜明け前に出発。
日の出と共に撃てるように準備をして出かけます。
雪がうっすらと積もっています。これならシカも見つけやすいかな?

うう~寒い。
ハクキンカイロ持っておいてよかった。

林道につくと、まだ誰も入っていない様子。
これは期待できる。
目を皿のようにしながらじーっとシカを探します。

シカの目撃情報が多い場所ですが、雪が積もったせいか通り道が変わった?
全く出会いがありません。ハズレ…。

次の山も外れ…。

時間はゴールデンタイムを過ぎ11時頃になっていました。

先輩「流ししてるとねーカーブ曲がった瞬間に出会いがあったり…」

先輩「!!!?

先輩「イノシシだ!!

animal_inoshishi_hatake_arasu
林道でフガフガはんでいるイノシシを先輩が発見しました。
イノシシもこっちの車を見てビックリして山の方へ逃げます。
しかし、様子を見ているのか斜面から逃げようとしません。
急いで、銃をとり公道から出てイノシシを狙います。

バン!!バン!!バン!!!

先輩「手応えあったぞ!」
急いで斜面を駆け上がるとそこには血がポタポタと落ちていました。
thumbnail_IMG_8911
僕「追いかけます!」
弾をくらって血が出ているなら、痕跡をたどれば追いつけるかもしれません。
それに直ぐそこで倒れているかもしれません。興奮しながらイノシシを追いました。

結果…ダメ
ポタポタと少量の血を流してはいましたが、反対の山まで行かれてしまいました。
血の量も少量で、多分お尻にかすった位?
1時間位追いかけましたが、このままだと帰れなくなると判断。泣く泣く諦めました。

先輩「もう少し上手く当ててればなぁ~(ガックシ」


二人で肩を落としながら次の山へ向かいます。





・出会いは突然に

次の山へ向かう最中、先輩がこんなことを言いました。

先輩「シカは結構車が通る様な道路の脇にも普通にいたりするんだよ。
   沢山通る場所では撃てないけど何度か見たよ
。」

僕「へーそうなんですk

先輩「シカだ!!!!

sikada
シカです!
車がそんなに通る場所では無いのですが、対向からトラックが来ても逃げずにジーっとしています。
一旦通り過ぎ車を止め山に入ります。
その場で直線的に向かうと流石に逃げてしまうようで、一回気づいてないよ~って感じで通り過ぎて山に入って近づくのがポイントだそうです。

山にはいり先程目撃した場所へと近づくと、同じ場所に居ました。シカです。
向こうも気づいているようですが逃げようとしません。
この距離なら人間では追いつけないのを知っているのでしょう。
しかし、残念。こっちには銃がある。

先輩「今度こそ…」

バン!バン!!

それまで立っていたシカが、糸が切れた人形のように…ドサッ…。

大きな音を立てて斜面から転げ落ちました。
thumbnail_IMG_8913
弾は頭部と頸部に命中。
先輩やりました。若いメスのシカです。



・運搬の時の注意
bug_dani_madani_set
先輩の車は荷台がありませんので、車内に入れることになります。
前はブルーシートで包んで運搬していたようですが、ある日車内にもぞもぞ動く影が…。

マダニです。

野生の動物は綺麗そうに見えてもダニが結構ついています。
そのため、運ぶ際はシカがまるまる入るような大きなビニール袋を持参していました。
さらにそこへシカを入れてから殺虫剤をプシュー。
車内で運搬する際はマダニに注意しましょう!

その後も日の入りまで色々な山を流して終了。
池も何度か見ましたが、撃てる場所ではカモが少なくなりましたね。
みんな安全地帯へ逃げています(´・ω・`)


・終猟

初めての流し猟はシカ1頭・イノシシ半矢で終わりました。
今まで巻狩には参加したことがありましたが、流し猟は楽ちんですね。
今回のいろいろな場所を探しましたが、居るのに見つけれなかった個体もあるかもしれません。
シカも先輩が見つけたし…ハンターの目を養わなければいけませんね。

何が良いって事はない。色々な楽しみ方が出来る狩猟ってのは奥が深い。
お肉はシカなのに脂が結構乗ってて良さそうな個体でしたよっ。

最初から獲物を獲得できるとは運が良い(・∀・)やみつきになりそうっ!



↓ランキングいます。よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村