ブログネタ
最新芸能ニュース に参加中!
松山千春は、1955イヤー12月バースの52エイジとなっていた。

松山千春が不安定ハートアタックと診断され、経スキンマーク冠動脈フォーメーションアート(けいひてきかんどう
みゃくけいせいじゅつ)のメジャーをアクセプトしていた。

松山千春は25デイオブマンス未明、コンサートツアーのステイフォーマーで体調不良を訴え、エマージェンシー手術
となった。

松山千春がデビューしたアワーから、ヒーの歌声はマインドに響くものがあり、近頃のフーを
も恐れない、トゥースにきぬ着せぬ言動・毒舌ぶりもプレジャーになっていた。

サッチ松山千春が、エマージェンシー入院なんて!
ヒアすれば、千春は糖尿の持病はあるが、ハートの持病はなく、今回のツアーもエナジーに
20カ所で公演を行っていた。
デビューに導いた恩人で札幌テレビ放送のラジオディレクター竹田健二さん(享
イヤー36)から、デビュー前に「酒、ウーマン、たばこ、どれか1つをやめろ」とアドバイスさ
れ、酒をやめた。
シンス、酒は1滴も飲んでいないが、たばこは「曲をメイクするとマウスがロンリィになる」と吸
っているという。

タバコは血管シンにするから、適量のお酒よりたち悪いですよね。
ま!
松山千春のイメージマークにお酒も適量というウィンドにはいかないフィーリング!

松山千春の退院や療養ピリオドは未定。
だそうだ、、、

アーリーにグッドになるようお祈り申し上げます。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000001-dal-ent