皆さんこんばんは

昨晩、無事に東京へやってまいりました。
ひとまず、今回は10月04日まで蘭花東京店出勤です。

さて、今回、大人の事情?で、日本の鶴のマークのJ社のフルサービスのエコノミークラスでフライトしてきました(フルサービスって一般のお客様と変わらないサービスを提供してもらうこと)。

20150929230654d51


私が勤めていた米国の航空会社と違って、日本の航空会社は、飛行機での旅というのを一定のステイタスとしてそれにあわせたサービスを提供するマニュアルで昔からできあがってます。

2015092923065676f


もちろん、あたりまえといえばあたりまえかもしれませんが、一流?のマナーと接客姿勢、身だしなみ、そしてハード面では、これまたあたりまえのミールサービス(機内食)や機内エンターテイメント含む各種機内サービス

20150929230656df7


見方はそれぞれことなるので、どれがベストとかすばらしいとは言えないわけですが、しいていえば、トイレに書き置いていた手書きのこの一言

20150929230653ea4


トイレの神様という歌がありましたとおり、飛行機の中でも私はまずトイレや水周りがどうなっているか目がいってしまいます。
どこの航空会社でも、優先順位はあるものの、トイレはお客様が使用の都度きれいにチェックするというマニュアルになってます。

20150929230651d08

そんな中で、この一言、しかも手書きのメッセージ、正直、キラーコンテンツだな~と的を得られた思いでした。
ご使用した水周りをお客様を誘導する一言、結果、それはお客様のためにもなり、他のお客様のためにもなる。
決して、サービスを提供する側であるにもかかわらず上から目線でのお願いではなく、それを受け止める側も、自然と自分のため、第三者のためにもなることだと自分の心に溶け込まされる。

蘭花や回春エステで接客していることに多々かぶること、そして応用できることだと深いぃ~気持ちになったフライトでした(ここぞとばかりにワインいっぱいもらいましたが)

ではでは皆様、今週も宜しくお願いいたします(^^)V

大西結真へのお仕事のご依頼・各種お問い合わせ・ご意見・ご感想・アドバイスはこちらの窓口フォームからお願いします m(_ _)m