2017年10月14日

【雑記】自作モンスター絵

雑記

Lookingfor3もAnyWorldも自作モンスター絵を採用しています。
最初は恥ずかしかったんですけど、すぐなれるもんですね。

なんで自作絵を採用したかと申しますとですね、なんていうか、素材屋さんの
イラストに飽きたというか…(こういうと素材屋さん否定に聞こえるかもしれませんがそういう意味では無く)
メジャーな素材屋さんて、みんな使うじゃないですか。
よぉしボクの強いラスボスはこれだ!っていってDLしても、他作でも似たようなポジションで使われてて、
ひとと被るのを嫌う私としては、それが許せなかったんですよね。(某顔グラも同じ理由でほぼ使わない)

だったら自分で描くしか無いじゃん と、単純に、そういう結論に至ったわけです。

最初は簡単なものから描いていきました。
名前で言うとスパークンですね。
あとは、昔から自分のモンスターキャラとして出していたキノポイズ。
実はこいつら、すっごく愛着があってですね、別の自作ゲー(えたーなっちゃいましたが)でも
キノポイズを描いていたことがありました。
Kinopoiz

随分可愛いですね。

それからオークマやマリクルなんかを追加して、魔法系のパープルマージ、ロボット系のルインガードナー等が増えていきました。
クオリティに手ごたえを感じ始めたのは、ガーゴイルを描き始めた頃です。
ガーゴイル

今見てもなかなか完成度の高いポージングだと思いませんか?

大きなサイズの強敵なんかは描くのに苦労した記憶もありますが、少しずつ増えていって、
現在、自作絵フォルダには200を超えるモンスターが並んでいます。

ちりつもですね。

ちなみに気に入ってるモンスターはこいつです。
エビルジャグラー

ヤバい感じするでしょ?



oniwakachildren at 22:56|PermalinkComments(0)RPGツクールVX | 雑記

2017年10月05日

【雑記】少しずつ作っていますよ

雑記

あんまりこういうやってますアピールってしたくない(やってないのを誤魔化す為にやってますって言ってるみたいに聞こえるので)んですけど、一応近況報告でもしておこうかなと
そうでもしないとネタがない…

AW、LF3ともに作ってはいます
ツクールへの反映は少ないですが、シナリオ作りはちょこちょこやっています
AWの方はコンスタントに敵グラが増えていく
なんだかんだで描いた絵の総数200を突破しました

僕が小学生の頃にノートに描いていたオリジナルのモンスター(スパークンやキノポイズ)を皮切りに、ちまちま増えていきなんだかんだで200…やぁチリツモですね

LF3の方はフリーダイブのステージを増やしたりしています
たぶん7個くらい増えました
それに伴い新しい武具の追加、必要となるアイコンを作ったりしていました
本作もステージを通して戦略的なプレイが要求されます
もう少しシビアになるように調整が必要ですが、やはり、回復アイテムを無くしたのが大きいですね
気付くとMP切れてますので、使い過ぎに注意
回復用のMPもない?攻撃だけでなく防御力もあげましょう
今作はステータス1に対する効果が大きいので、少し装備変えただけでがらっと変わります
それから、攻防のやりとりが高い数値で行われているので、数%の能力ダウンアップの影響が非常に大きいです
防御力アップのスキルも、ダメージカットの効果となっており、絶大な効力を発揮するので是非使って頂きたいところです

LF3については年内完成を目指しています

oniwakachildren at 07:00|PermalinkComments(0)RPGツクールVX | Looking for 3

2017年09月08日

【LF2】製作秘話的なものを

Lookingfor2

最近まで追加開発を行っておりました本ゲーム。
なんだか色々語りたくなったぞ。
ってことで、完成に至るまでの様々な苦悩や失敗をあげてみました。

まずは没クラスの紹介から。
LF2にはクラスと呼ばれるドラクエで言う職業のようなものがあります。
ウォリアーやフェンサーと言ったアレですね。

没になってしまったクラスもいくつかあって、その一つがベルセルクというクラスです。
FF11で言うと暗黒騎士みたいなやつですね。
パラディンがあるくらいなんだから、対となるダークナイト的な存在も入れようぜって感じで作ってみましたが、魔法も使えるし攻撃も強くて、他職の特徴を奪ってしまっていました。
攻撃能力が高いのが特徴…というコンセプトでしたが、そもそも特徴ってなんだ?攻撃能力の多少の違いか?
結局クラスとしてのコンセプトを見出せず削除となりました。
また、このときに感じたもやもやから、各クラスから攻撃手段を減らすことで差別化に繋がるのではと感じました。
攻撃属性を限定し、同時に極端な弱点と耐性をつけ、それをプレイヤーサイドだけでなく敵キャラクターにも反映させることで、各クラス得意な相手と苦手な相手を切り分けることが出来ました。

当時ひとつだったマージが3色に分かれたのはこのときだったりします。

耐性属性で攻撃すると、ダメージが0.5倍になってしまいます。
これは遊び手からするとかなりのストレスになるのではという懸念はありましたが、敵の弱点を把握できるような方向性を確立することで対処しました。前衛は斬が効きにくい、逆に後衛には斬が効くとかですね。

相手の攻撃手段に対する耐性については、正直あまりうまくいかなかったかなと感じています。
たくさんの敵が同時に迫ってくるので、結局様々な属性で攻撃されるんですよね。
その為、対応のしようがないんです。
実際そういった感想頂きましたし。

もうひとつ、特殊なクラスとしてビーストマスターを作っていたときもありました。
戦闘中に一匹だけ任意のモンスターを呼び出すことができて、行動自体はNPC扱いのオートなんですが、ある程度制御することも可能です。
技を使え!とか、待機しろ!とか、好きにしろ!とかですね。
技を使えはその名の通り、そのモンスターにちなんだ技を使ってくれるようになります。
ウサギなら回復系、カエルなら強化系、カラスなら妨害系みたいな。
待機はその場から動かなくなりますがHPとMPが回復していきます。
使ってて面白さはあったのですが、これ戦場に来るクラスじゃなくね?って思って削除しました。
処理も結構面倒くさかったですしね…。

他にはストレスを出来るだけ軽減できるような作りも考えて作っていました。
ひとつはランダム要素の廃除ですね。
SRPGの戦闘って、普通のRPGよりもシビアだと思ってる(と言うよりシビアであるべきだと思う)んです。
こう、将棋みたいな。将棋でオレツエーして楽しいか?って感じで。
で、乱数廃除した理由ですが、攻撃したのに乱数で落とせなくて反撃に合う…なんてのは絶対にやっちゃいけないなぁって言うのがあって、攻撃力に関する乱数は削除しました。
命中だけはゲーム性とクラスの差別化のために残しましたが、弱体魔法の成功率も、ほとんどの敵には100%効くようにしています。一部耐性もちもいますが。
効けば絶大だけど、効かなければ意味がない、「攻撃した方がマシだった。」
こうプレイヤーに感じられてしまったら、それ以降弱体を選択する事ってほとんどなくなってしまうと思うんですよ。
それはゲームとして、─せっかく手段を用意しているのに─もったいないので、特に意識して作っていました。
実際LF2に使われないスキルってほとんど無いと思いますよ。
作者が一回も使ってなかいスキルがあったっていうオチもありますけど。

まぁただ、やっぱり操作性のところでは、─何度も改良を加えていますがそれでも─まだまだ不便さが残っていますね。
初期から比較すると大分スムーズにはなりましたが、規模の大きい戦闘だとラグが発生しますし、味方が離れているとカーソルを合わせるのがそもそも大変です。
一応、次のユニットにジャンプできるショートカットキーが用意されてはいますが対象は味方だけですし。
まぁ…敵の弱点を見たいときに、
「見たいと思っている敵にピンポイントでカーソルを合わせる処理」
なんてのは作りようがないので、ある程度は仕方無いとは思うんですけど、あ、雑だなここって思われる部分はいっぱいあると思います。

失敗してるなっていうと、他には地形効果があります。
ファイアーエムブレムみたいな、もっとなんていうか、フィールドマップっぽいフィールドだったら良かったのですが、LF2はもう少し拡大された感じのマップなので、あんまりそれらしい効果を全マップに配置できませんでした。
回避が上がる芝なんて、室内に配置出来ませんからね。

逆にこういった部分が個人的は良かったなというところ、ひとつだけあって、強化魔法の使いどころがきちんとあるというところですね。
これは以前も書きましたが、SRPGって、戦闘中にしっかりと準備時間があるんですよね。
敵が迫って来るまでの時間です。
普通のRPGの戦闘ですと、戦闘始まってからの強化になるので、よほど強力にしない限り使っている余裕というかメリットがありません。
LF2はきちんと強化をかける時間もあります。あまり早くかけ過ぎると、交戦中に切れてしまったりするので、強化を掛けるタイミングも大切だったりします。
確かにマージの魔法攻撃は強いですが、物理キャラを活かす(生かす?)為に、強化魔法は使っていったほうが良かったり…と言った具合に作られています。

今回はLF2の製作秘話?でしたが、今後もこう言うの投稿していきたいなぁ…
特に、AWなんかは苦労していますので…

乞うご期待


oniwakachildren at 20:17|PermalinkComments(0)RPGツクールVX | Looking for 2