オンライン英会話「DMM英会話」突撃インタビュー
前回のレアジョブインタビューに続き、テレビCMでもおなじみのオンライン英会話「DMM英会話」にインタビューする機会を得ましたので、DMM英会話の中の人(事業部長の上澤さん)に突撃インタビューをしてきました。
サイト運営者として、また英語学習者の一人として気になる以下の17項目を質問してきましたので、その様子を記事としてここに掲載させて頂きます。(2015.01.02)

 インタビュー項目一覧

※クリックで該当項目へジャンプします

※記事は3ページに分かれています。このページは1ページ目となります。

Q1:DMMというと、動画配信のイメージが強いですが、オンライン英会話サービスを開始したきっかけ等があれば教えて下さい。

何よりも英会話学習サービスとしてバリューのあるサービスが提供できると考えたからです。日本人が英会話を習得しようとする際に一番難しいのはたくさん英語で話すということです。オンライン英会話はこれを安価に実現できるサービスで英語学習者にとって非常にバリューのあるサービスなので市場はこれからどんどん大きくなると考えました。実際にDMM英会話の会員もオンライン英会話のユーザーも右肩上がりでどんどん増えていると思います。

Q2:現在の在籍講師数、生徒数は何人くらいになりますか?また、業界でのポジション、シェアを教えて下さい。

在籍講師数は、2,300名以上が世界60カ国以上にいます。生徒数は非公開でお願いします。業界では現在2位ですが、今年中には1位になれると思っています。

Q3:従来の通学型の英会話スクールと、DMM英会話のようなオンライン英会話スクールの違いを教えてください。

dmm_interview_lesson  1つ目はサービス価格の面です。通学型の英会話スクールですと、入会金や月額料金など合わせて十数万円かかる、というところも少なくないです。反対にオンラインの英会話スクールですと、入会金はなく、月額料金も1万円前後といったところが多いです。
その中でも、DMM英会話は2015年1月から全レッスンプランの通常価格を昨年の通常価格より33%値下げし、最安値のレッスンプラン(毎日1レッスン)ですと、月額3,950円で受講できます。

2つ目はレッスンスタイルです。通学型の英会話スクールですと、グループレッスンを提供しているところも多いというのが現状ですが、DMM英会話はすべてのレッスンを英会話講師1人、生徒1人のマンツーマンスタイルで提供しています。他のクラスメートを気にする必要がないので、自分の学習ペースに合わせて、無理なく英語学習を続けることができます。

Q4:多くの企業がオンライン英会話に参入してきていますが、DMM英会話の強み、同業他社との違いを教えて下さい。

前述したサービス価格面はもちろんDMM英会話の強みのひとつですが、世界60ヶ国以上から質の高い講師を揃えている、といった点も幅広い層のユーザーの方々にDMM英会話を選んでいただいている理由です。アメリカ、イギリス、カナダ出身のネイティブ講師を始め、ヨーロッパ、南米地域からも英会話講師を採用しており、全講師に厳しいトレーニングを課しております。

Q5:英語の習得レベルに応じたDMM英会話を使ったおすすめの学習方法を教えて下さい。

■英会話初心者
 初心者の方々は、25分間のレッスンを英語だけでやり切る、といったことはハードルが高いかもしれません。DMM英会話では、”日本語ができる講師”も数多く揃えていますので、まだ英語に自信のない方はぜひ日本語でのサポートを受けながら、レッスンを続けてもらえればと思います。

■英会話中級者
 中級者の方々には、DMM英会話が大手出版社のご協力の元提供している”提携教材”を活用したレッスンをおすすめします。提供している”提携教材”はどれも独自のテーマに沿って作成されたもので、一定の英語力を習得した中級者の方々が、より深い英語学習を進めていく上で最適な学習スタイルと言えます。

■英会話上級者
 上級者の方々には、毎日更新される『DMM英会話デイリーニュース』の記事を活用したレッスンをおすすめします。アメリカ現地の時事ニュースメディアを元に、DMM英会話流にアレンジした記事を、語彙問題及び記事内容の理解度を問う問題とともに作成しています。時事ニュースが多いので、英語力向上とともに世界のニュースも学べるため上級者の方々におすすめできます。