【大学受験 英語】大学入試が変わる!2020年の教育革命とは?
大学入試が2020年に大きく変わろうとしていることはご存知でしょうか?グローバル社会の中で、思考力や判断力を養い、発信する力を身につけさせることを目的として、より総合力が試される教育へ移り変わろうとしています。

ここでは、2020年に計画されている教育変更の概要をお伝えします。

従来の大学入試とは?

今までは、推薦入試やAO入試、あるいは大学入試センター試験と二次試験を受験して大学へ入学する流れが一般的でした。推薦は学校の成績が重要ですが、現在の中高の英語教育は従来型の読み書き中心ですし、一般試験においてもペーパーテストが強い生徒が有利でした。

英語に関して言えば、推薦・AO入試では、徐々にTOEIC、TOEFL、IELTS、英検といった民間英語資格試験の導入が進み、「聞く・話す」力がある人が選考に有利に働く環境が整いつつあります。しかし、一部の学部に限られており、特に医学・理工系の学部においてはセンター試験および「読み・書き」のみの二次試験での評価が一般的です。

では、2020年に大きく変わる点を見てみましょう。

センター試験が廃止に 新「高等学校基礎学力テスト」とは?

大きな改革として、大学入試センター試験と呼ばれるマーク方式の共通一次試験が廃止になり、高校までの基礎力を試す「高等学校基礎学力テスト(仮称)」と「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の2つに分かれます。

まず、「高等学校基礎学力テスト」ですが、高校2〜3年生が対象で年2回「任意」で受験ができるとされています。推薦に重要な内申に加えて、この新テストが効力を発揮するでしょう。高校の内申は試験だけではなく、教師による個人的な評価が含まれることや、全国で学内試験の難易度がバラバラであることが問題でしたが、この全国共通の新テスト導入により、今までよりも公平な評価がしやすくなるのではと期待されています。また、高校に通学できなかった人もこの試験を受ける事で、高校卒業同等の学力があると見なされるようです。

センター試験が廃止に 新「大学入学希望者学力評価テスト」とは?


次に、「大学入学希望者学力評価テスト」ですが、現行のセンター試験の後継に当たる試験であり、大学を受験する資格試験という位置づけになります。現在、センター試験が必須なのは国公立大学の一般受験のみですが、私立も新テストを必須とするかは不明です。

現行の試験との大きな違いは、年に数回受験できることや、マーク方式のみではなく、論理的思考力や表現力などが試される記述式も含まれる可能性が高いことです。採点者によって評価に差がでないように複数の採点者によって評価するといった手間がかかり、どこまで記述式が導入されるかは不透明ではあります。

いずれの試験も、コンピューターの画面に表示された問題を見て、コンピューター上で解答をするCBT(Computer Based Test)方式が検討されています。

まとめ

高校学校基礎学力テストが任意と言っても、一般大学受験を考えている人を含めほとんどの高校生が念のために受験することになると予想されます。そうなると、今までのセンター試験(2020年以降は大学入学希望者学力評価テスト)および二次試験の勉強に加え、さらに高校学校基礎学力テストの勉強時間も必要となり、より多くの時間を勉強にさかなければならない状況が生まれるのではないかという不安要素も感じました。

みなさんは新制度をどのように捉えていますか?

続くパートでは、具体的にどのように試験内容が変わり、総合力が評価されるのか、英語教育の変更点などについて順次お伝えします。