【大学受験 英語】大学入試が変わると、どのような力が必要とされるのか?
前パートでは、2020年の大学入試変更点についてお話ししましたが、ここでは、CBTや記述式が導入されるにあたり、具体的にどのような力が新たに必要となるのかついてお話しします。

新「高校基礎学力テスト」で試される力

まず、任意受験で高校までの基礎学力があるかどうかを試す「高等学校基礎学力テスト(仮名)」ですが、コンピューター上で出題・回答するCBT方式であるため、パソコン操作にある程度慣れておく必要があります。これに関してコンピューター世代の2020年の学生にとって大きな問題にはならないでしょう。

しかし、センター試験のマーク方式よりも難しい点は、「正しいもの(誤っているもの)を○つ選べ」という正誤式だけでなく、「当てはまるものを選べ。複数回答可。」といった回答がいくつあるかわからない多肢選択式も含まれる可能性がある点です。実際、医学部4年生において数年前からすでにこのCBT試験が導入されており(任意ではなく全員必須)、多肢選択式を含めた問題が出題され、難易度が上がっています。

また、CBT方式はTOEFLも導入していますが、TOEFLのように長文の英文エッセイを書いたり、画面に向かって話すというところまでは要求される可能性もあります。

新「大学入学希望者学力評価テスト」

こちらも、まだ確定ではありませんが、現行のマーク式の廃止もしくはマーク式に加えて記述式が追加されるのが大きな特徴です。

数学では、答えまでの数式の記述が要求され、解答までの過程も重視されるようになるとされています。

また、国語や英語では、文章や資料を読解・解釈をし、小論文や英文エッセイを書くといった、TOEFLやIELTSといった民間英語資格試験に近い出題方式が組み込まれそうです。

さらに、現在の試験は「数学」「国語」「英語」「理科」といった科目別に行われる教科型試験が一般的ですが、新しい大学入学希望者学力評価テストでは、その垣根をなくした総合型の項目が実施される可能性が高いようです。このことにより、文系であっても数学的思考が必要な問題に対応する力が必要となりますし、逆に理系であっても文章読解能力や文章構成能力が必要となるというように、より総合的な力を試される問題が出題されると言われています。

この大学入学希望者学力評価テストにおいてもCBT方式が検討されていますが、数式の記述や化学記号のタイピングはやや複雑であり、IELTSのように全て記述式でいくのか、CBTと記述を混合にするのか、あるいはCBTのみで実施するのかはさらなる検討が必要といえます。

まとめ

ここでは、従来の大学センター試験に変わる新テスト「高等学校基礎学力テスト」および「大学入学希望者学力評価テスト」の概要についてお話ししましたが、いかがでしたか?

従来の推薦試験やAO入試(これもら廃止・変更される可能性があります)を狙う学生にとっては内申だけではなく、さらに「高等学校基礎学力テスト」の対策が加わりますし、一般大学受験を考えている学生は、より実戦的な総合力が試される「大学入学希望者学力評価テスト」の受験が必要となりそうです。

教育の大改革となりそうな2020年ですが、学生が「考える力」「それを発信する力」を養い、評価できるようなシステム作りへ変更していこうという教育界の努力が垣間見えますね。