【大学受験 英語】大学入試が変わる!2020年からの英語教育の変更点は?
前のパートでお伝えした、新テストで要求される「学習の3要素」ですが、英語は最も教育変更が必要な科目であり、今まで以上に、英語教育は日本人が苦手とされる「聞く」「話す」を含めた総合的な力を身につけさせようという動きが感じられます。ここでは、新テストに対応できる総合的な英語力を身につけるための具体的な学習方法についてお話しします。

英語は2技能から4技能へ

現在、中高生は「読み・書き」中心の教育を受けており、「聞く・話す」能力に関して日本人は苦手とされています。

しかし、新テストでは「聞く・話す」が含まれるのはほぼ確実なようです。従来のマーク式の試験と比較すると、評価基準が曖昧で不安という意見もあるようですが、海外留学に必須のTOEFL、IELTSといった英語資格試験は英文エッセイおよびスピーキングテストが含まれており、複数の審査員により評価することである程度平等な評価が実現しています。

答えが一つではない問題に対しての思考力や判断力、解決能力を試したい新テストにおいては、従来の詰め込み知識で乗り越えられたマーク式試験だけではなく、「聞く・話す」を含めた4技能記述試験を導入するのは自然な流れと言えます。

小学3年生から英語教育導入開始へ 中学受験に英語も導入

早期英語教育開始に関しては様々な意見がありますが、小学校から全国一律で英語を必須科目とする方針にほぼ確定のようです。英語を全く使わずに済む職業は年々減少しており、幼少期より英語で物事を考えて発信する力を養うことは、グローバル社会のなかで非常に重要な能力です。

さらに、インターネットで情報を収集する際に、日本語のみのサイトだけではなく、英語サイトも読めるようになることで、情報量は格段に広がります。国際社会で取り残されないために、英語はもはや母国語同様に扱えて当然と捉えてよいでしょう。

また、小学校から英語が必須となることで中学受験の英語試験も導入が検討されています。大学受験を見据えて中高一貫校に中学受験を考えている家庭が多いため、今後ますます将来を見据えて乳幼児期から英語教育を取り入れる家庭が増え、平均的な英語レベルも上昇すると考えられます。

まとめ

ここでは、2020年の教育改革にあたり、英語教育の変更点に焦点を当ててお送りしましたがいかがでしたか?

2020年まであと数年しかない中、すでに子供が中高生の方は新方式に戸惑いや不安を抱えているかもしれません。しかし、社会に出ると、日々急激に変化する時代の波にうまく順応する力が試されます。この教育革命もその一つと捉え、情報に取り残されず、変化をプラスに捉え、親子ともに柔軟に対応する姿勢が最も重要かもしれません。