こんにちは。
ゆみです。

前回のブログ「メインビジュアルのデザイナー、郷さとこさんについて」の続きです。

早速、郷さとこさんについて、もう少し詳しくご紹介します!!

🟠まず、今回の南紀白浜オンラインマップ制作のお仕事をなさるようになったきっかけについて✨

2013年に、東京・銀座ギャラリーのグループ展に出品した時、同じく参加していた紀の国トレイナート*実行委員長の方とお知り合いになったそうです。
 そのご縁で翌年、第1回目「紀の国トレイナート2014」にて、白浜駅のデザインを担当なさいました。それ以降、白浜には毎年いらっしゃっているとのことです。
 そして、紀の国トレイナートで白浜担当として関わっていたスタッフさんから、このオンラインマップ制作の声がかかり、「白浜のことならぜひ関わりたい」と、快諾なさったということです。

🟠次に、さとこさんからご覧になった、和歌山県、白浜の印象について✨✨

最初のイメージは「世界遺産・熊野古道」で、白浜に通い出してからは、「山の緑と海の青の色彩のコントラストと美味しい食べ物」、「夏の太陽の日差し」だそうです。また、どこに行っても人の繋がりや温かさを感じることができ、現地の人との交流がいつも楽しみだそうです。

🟠最後に、このマップ作りのプロジェクトについて、また、マップのデザインについて感じてらっしゃること✨✨✨

東京からご友人を誘ってツアーを企画するくらい、白浜は見所満載で大好きな場所だそうで、アーティストとしてその土地の素晴らしさをお伝えできることに、幸せに感じてらっしゃるそうです。
デザインについては、マップを訪れた人に最初に目にしてもらう大事な役割なので、どう表現したら惹きつけられるか、かなり悩んで、何度も描き直して、最後に「冒険したくなるような白浜」というマップに仕上がったのことです。

さとこさんが、とことん向き合って創ってくださったベース、そこに、プロジェクトチームのメンバーが新しい要素を加えているところです。引き続き、一緒にマップづくりを追ってみていってくださいね。
よろしくお願いします!!


※紀の国トレイナート
http://trainart.jp/2019/about/