kajiiのブログ

日用品演奏ユニット・kajiiのブログ。音のヒントがたくさん!主に創が更新しています。

カテゴリ: オリジナル楽器

IMG_1147

テンションをかけるための金具をつけます


IMG_1148

もう一つ作りまして


IMG_1150

組み合わせます
結束バンドでテンションがけ


IMG_1153

できました…が…

もう見て分かる通り、ヘッドにテンションが全然かかっていません。しわしわ。
当たり前ですが太鼓の響きは全くしません…

そもそも不器用なせいで枠組みが水平に作れていない、
木が長すぎてねじれている、
紙をぴんと張った状態で貼るのがかなり難しい、などと
いろんなことが重なっていますが
何よりもこの大きさが最大の原因でした。
ひもなどでかなりテンションをかけても全くヘッドが張ってくれません。
この方式でタイコを作る場合、直径60センチくらいの円が限界なようです。

というわけで時間とお金をかけて壮大な失敗作ができあがりました。
ばらすのも一苦労。。。
なんせ高さ2mあるのですよ。
邪魔なのでばらしますが。

失敗はよくあるのですが、今回はかなりのエネルギーを費やしたので
愚痴になってしまいました。皆さま大太鼓を作る際はご注意を!!

破れない障子紙のタイコ・おけどんを
限界サイズまで大きくしたらどんな音になるのかと思ってやってみた。


IMG_1142

木を組んで


IMG_1143

破れない障子紙を貼ります


IMG_1144

結構嫌な予感がしますが…

つづく

まずは音をどうぞ。



ということで4種類作ってみました。
薄手のペラペラのブルーシートも2plyにすれば結構使えます。
強度はちょっと怪しいのでマレットのようなバチがいいです。

結束バンドでテンションをかけるやり方はかなりいい感じです。
きついテンションはかかりませんが、このくらいの中低音を狙うなら
紐よりもずっと早く安定してセットできますし、
ヘッドが伸びたりしてもすぐ締め直せる。(紐だとめんどくさいんだこれが。。。)
しかもすぐ外せるというのがデカい。
胴を入れ子にすれば相当数運べるでしょう。

しかしまあ、誤解を招きそうですが
タイコの音ってかなりの割合でヘッドが決めてしまう感じがあります。
胴ももちろん大事ですが、ヘッドの素材、厚さ、テンションのかけ方。
この辺りをしっかり詰めれば日用品でもなかなかいい勝負できそうです。
今後は3ply、薄いのと厚いのの合わせなんかを試してみようかと思います。

10年前のワタシに教えてあげたい。
スネアの胴をたくさん持つよりヘッドをたくさん揃えなさいと。。。

手作り太鼓は難しい。
何が難しいってヘッドが難しい。
以前作った「おけどんセット」では破れない障子紙を使った。
不思議と何でも和風な響きになるのが面白かったけれど、今回は素材を変えて再チャレンジ。


IMG_1095

コーナンの作業室に年間何時間いるんだろう。。。


IMG_1096

大きな円はプラスチック定規に穴を開けての自作コンパスで


IMG_1097

切りまくります


IMG_1098

3時間もかかる素人作業…


IMG_1099

薄手のと厚手の、それぞれ1plyと2plyで作って試します!

つづく


こういう頑張ったのに限って失敗する率が高いんですが、どうかなー

まだまだ課題は山積みですが、一旦一区切り!

IMG_1030

細かい部品の見直しをして大幅な軽量化&セットアップ時の時間短縮を実現。


IMG_1031

音もぜひ聴いてみてください。
ペットボトルから生まれたとは信じがたいすてきなサウンドを
きっと気に入っていただけるかと!!




このページのトップヘ