オンリーワンクリーング

地域一番店になるために行動していく営業 奮闘記

休眠中だった状態から、活動しだします!

さて、休眠中でしたが、活動を再開いたします。

所用で、忙しくブルグを更新するネタもなく。
これから、あらたなネタを開始します。

さて、昨年より景気が悪く、全体的に下降気味の会社が多いように
きいています。当社も、変革の時で不採算店舗の閉店および
自然消滅的な店舗もあるので、計6件閉店しています。内直営2件。

取次店の開拓は、5件と、直営店の売り上げとくらべると落ちますが。

なんとか、4月くらいから、前年対比もアップできる見込みもでてきました。


既存店の制作も成功し、なんとか、マイナス分をうめる、効果もでてきて
人あんしん。


さて、今回あらたなネタは、旅行があたるキャンペーン+任天堂のゲームウィー
そして携帯電話で登録する会員制度。

地道に制作を開始し、半年かけて既存店アップになってきています。

地道な、政策をこつこつやっていくのが、早道かもしれません。




あと、お客さまとの相互情報交換および共有のイベントの開始も考え
ています。

お客さまといっしょに生活していく、新たなチャレンジにより、お客さま
との新たな関係ができてくると信じて行動していきたいものです。

春の状況

4月下旬にちかづくにつれ、売上がアップに転じてきました。

正直3月分もとりもどすようなつもりでのたたかいになるでしょう。

 

正直、どうなることか不安が先走りしていて、おもいきったことをしています。

それにより一気にプラスに変化してきています。

 

わが社では、最高の春の体験となってきていますが。スムーズにながして

いるようです。

 

看板店舗、工場内アッセンブリも3年目となり、機能しています。

その他取次店も立体に関しては全店ソートしているような状況なのに、

スムーズにながしている、当社のスタッフですが、尊敬します。

 

しかし、5月も4月のような状況にもっていきたいものです。

春の状況

3月が悪く4月も出足が最悪だった。

 

しかし、やっとこさ、先週くらいから春がみえてきた。

3月の分の状況もとりもどすために、中旬からしかけをしている。

大変な春がちかづいてきそうである。

 

春は、がんばればがんばるほど結果がでやすい。

 

よって、効果を最大限に高めるために行動する。

 

ちなみに衝撃シリーズがはじまる毎日のように取次店さんにはいり。

今日も、午前中の衝撃で、250点くらいでていました。

 

タグ付けの応援に毎日のようにはいっていますが。タグ付けも早くなり、

なんとか、こなせるようになってきました。

 

当社の場合は、38件お店があり、現在10店舗アッセンブリ。

のこりの28店舗がすべて立体ソートをおこなっています。

 

お店にやさしい工場をめざし、3年目やっと、お店がすこし楽になる

状況ができています。

 

 

取次店で、のばす状態をつくり、もちろん直営店も、さらに

のばせるようにがんばりたいものです。

 

3月の出足は、

3月は、昨年西日本全域で、15%〜20%くらいのびているところは、

おおくあったようですが。

本年度は、2年前とかわらないような状態である。

 

しかし、雨も多いし、前年対比でかんがえると、どきどきである。

ちなみに4月は、2年前はすごく集中して、5月がわるいようなじょうたいで

3月から5月状態をみても・・・・

 

毎年春がのばせる状態をせいこうできれば、売上は、かならずあがる

それは、だれもがしっている状況である。

 

春たたかわないところには、1年あがりは、ない。

みなさんも春しっかりたたかいましょう。

 

春の準備

春の準備で、おおきく売上をかんがえていく。

 

実際、単店舗売上アップを考え行動していくと、どのようなことをしていかないと

いけないかわかります。

 

実際当社でも店舗が35件ありますが、整理して、そして、オープンもひかえて

38件になる予定ですが。

 

2年前より直営店で、おこなっていた売上拡大政策を各取次店に今年は、おとし

こみ、売上拡大を検討する。

 

 

実際売上客数を、とるために春にどのようなことをするかにより、

おおきく結果がかわってくる。

 

 

売上、拡大のため

客数、点数、単価それぞれを検討し、そして、目標売上に達成するまで

やりつづける。

 

 

そのための政策を考えていく。

 

 

 

 

春にのばす。

そのために、生産の工夫

そのために、店舗が回転していく工夫。

 

パンクしないための布石をとっていく。

店舗美化

 

店舗教育。

 

工場内生産体制の強化。

 

 

春戦うところのみ、良い結果がおとずれるでしょう。

 

いままでにない春の到来を期待して。

なんとか2月は、のりきれました。

2月が営業日数が1日少ないのでその分プラスでないとマイナス売上に

 

そう思っていましたが、なんとかのりきることができました。

 

 

ちなみに、3月昨年よかったので、今年のあたたかくなる状況により、

大変なことになるか、売上があがるか、不安な状況はついてまわる。

 

温かくなるのがつづけば、楽しい繁忙期の突入もあるかもしれませんが。

売上げが危険な

2月は、営業日数が1日すくないので、売上げがさがりそう。

昨年対比で、13%以上アップしていたのもこの連日の雨で、

 

やばくなってきた。1日分の売上げを少し超えるくらいのプラスは、危険。

 

もうときすでにおそいが、3月は、気合いれないと。。。

売上げが危険な

2月は、営業日数が1日すくないので、売上げがさがりそう。

昨年対比で、13%以上アップしていたのもこの連日の雨で、

 

やばくなってきた。1日分の売上げを少し超えるくらいのプラスは、危険。

 

もうときすでにおそいが、3月は、気合いれないと。。。

営業について

100年に1度の大不況。

 

そういったことも、ちらほら、テレビなどでもきく。

 

以前クリーニング年間需要は、8900億 1兆円に達成するのでは、と

いっていたバブル絶頂期をおえ、衰退期へとすすんでいる。

 

以前3000億市場だったクリーニングが、頂点に達し、現在下降中。

 

4800億円くらいにおちてきている。しかし、平成20年は、少し回復

したこともクリーニング新聞でかかれていた。

 

実際は、客数点数がおちているが、石油製品高騰による、テン単価アップ

によるものは、明白である。

 

今後は、デフレがすすみ、低料金化がすすんでいくだろう。

 

しかし、低料金化に変貌したその時期に乗り遅れおおくの業者が、売上

を落とす、年になりかねない。

 

 

客数点数を抑え、そして、他社にいくはずのものをいただき、お客様に

ナンバー1業者になるための布石をうたなくては、いけない。

 

 

今年の春は、準備ばんたん、段取りOK状態にしている。

 

 

徹底した、春の戦略で、今年は、入荷点数20%以上をめざしている。

もちろん売上もそれくらいのばす気持ちで、行動する。

 

 

自社ナンバー1宣言をだせるように、つきすすんでいきたいものです。

 

 

お店の開拓は、このような不況下では、追い風の如し開拓しやすい状況に

なってきています。

 

そのことにより、えられるものもおおいでしょう。

 

売上について考える

さて、2月は、売上が15%くらいのびている。

 

そう安心もしていられない。今年は、営業日数か1日少ない、昨年は、うるう年

で、29日までだったが通常は、28日まで、1日分の売上をまさっていないと

マイナスになる。

 

 

ほとんどの人が気づいているだろうが、意外と、目先しかみていないと、

落とし穴に気づかない場合がある。

 

 

3月も昨年ほどの状況にもっていきさらにこえる販促をくんでいるが、

 

結果は、どのように変化するだろうか。

 

 

 

状況が楽しみである。

Profile
いのしし
いのしし年に生まれまさにその性格を・・・
直線的で、まがることができない・・・
それがたまに傷!
最新コメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ