2006年08月15日

8.15

先ずは軍人だけでなく、過去の戦争に於いて亡くなられた方々に黙祷・・・。

 私見からすれば良いことだと思います。何だかんだ言って彼らが戦ってくれたおかげで今の日本があると思いますから。そうでなければ、やっぱり亜細亜は欧米列強の植民地だったかも知れないということが否定出来ないですからね。戦争行為を是としているわけでもないです。ただ、歴史的事実として受け止めましょうということです。そもそもここに奉られている多くの方々は、そんな意思決定には無縁で戦地に送られた方々ですから。
 A級戦犯については、微妙ですが、確かに戦争責任はあるでしょうね。しかし、今更小泉首相が東条を参拝しているということはありえないので、個人を参拝しているのではないというのだからいいのではと。そもそも首相が参拝すること自体については根本的では、私はどーでもいいことだと思いますが。それを日本人がその是非問うのは構わないですけど、外国に言われるのは、まさに内政干渉もいいとこだと思ってますので。むしろ戦没者を外交や恐喝のネタに使っている中国・韓国に不快を感じます。亜細亜の平和と言っているけど、その中国は年々の軍事費の増大、チベットへの侵略、台湾侵攻への準備と穏やかではないし、韓国もいまだに徴兵制がある国だよ。戦後、一度も戦闘行為をしてこなかった日本と、朝鮮・ベトナムと軍事行動をおこしてきた国とどっちが物騒なのか?
また、そこらへんを明確に伝えない媚中派のマスコミ(朝日新聞、NHK、TBS,テレ朝、毎日新聞、東京新聞・・・)など、どこの国のマスコミなのかわからんところも困ったものだと。政府を監視するというお題目は結構だけど、それと攻撃するということは違うからね。何が一番問題かと思うと、事実を伝えて判断は国民がするというのならわかるが、明らかにイデオロギーに偏った報道(特に政治・外交に関して)をするのは・・・一体、今後の日本をどこに導くのかと不安になります。
自衛隊には厳しい報道をする一方、韓流スターが徴兵されると、エンターテインメントとして扱う、また女系天皇について皇族がコメントすると皇族は発言を控えろと社説で唱え、昭和天皇のメモが見つかると、天皇の意思を尊重すべきと社説で書く、こういういわばダブルスタンダードはいかがなものかと。

 今までこういう事には諸外国(実際には中・朝・韓の特定アジアだけですが)に配慮してきた政府が、ようやく今までのようには行きませんよという意思表示をしたということで、今回の行動は評価できるのではないだろうか。
 結局、靖国参拝をやめたとしても次のネタを考えだすだろうし(現に前民主党代表の前原が中国に軍事的脅威を感じると発言しただけで、会見をキャンセルされたくらいだから)むしろ、そういうことはもう止めにしましょうと明確に意思を伝えることの方がいいかと思います。

 あっ、今日の文章は硬い・・・。


onnajuku at 23:46|この記事のURLComments(0)その他 

2006年08月08日

健康診断

 健康診断の結果が返ってきた。「要経過観察」(異常なしの次の
段階)の項目は二箇所。
 ヾ竜’
 尿酸値

 ・・・えーえーわかってますとも!何が原因になってるかは重々
承知しております!!
 

onnajuku at 22:59|この記事のURLComments(0)その他 

2006年08月07日

『日本沈没』

 やっとこさ本日見てきました。えーと、えーと・・・何じゃこりゃ?日本沈没のCGは迫力がありました。離陸するチヌークと、バイクが重なり合うショット!かっこよかったです。我が国が誇る最新空母・・もとい輸送艦「おおすみ」「しもきた」の勇士!感動です。
以上

 いや、これ以上書くと悪口のオンパレードになりそうで(^^;マジで席蹴って出てこうかと思った。
 ・彼は小野寺ではない。草なぎ逝ってよし(懐)
 ・下らん親中反米のプロパガンダはやめろ。本当にTBSは腐ってるなぁ。
 ということで、この鬱憤は呑みの時に出るかも知れませんので、その時は・・・今のうちに謝っときます。許せ。

 『日本以外全部沈没』の方が割り切れて面白いのではないだろうか?

 あんまり腹が立ったのでCDの衝動買い!
「うたう!大竜宮城ソングコレクション」(やっと見つけたよ)
「特撮ヒロインメモリアル」(ドリちゃんと魔法組が聴きたかったのさ)
「特撮ヒロイン&ファンタジー主題歌・挿入歌大全集」(まぁ気にするな気持ちの問題だ)
「ウルトラマンマックスソングコレクション」
「仮面ライダー THE FIRST」(この間、比呂さん家で観たから)
「ジョゼと虎と魚たち」(池脇千鶴萌え〜)
「やさぐれ歌謡最前線やけっぱちロック」(やっぱ池玲子だねぇ)


onnajuku at 01:14|この記事のURLComments(0)特撮 

2006年08月03日

「円谷一 ウルトラQと”テレビ映画”の時代」

読み終わりました。円谷一とはタイトルにあるけど、一つのテレビ映画史だね。いくつか謎もわかった。
 日米映画って、そういうわけだったんですな。何でこれらの作品が新東宝で公開されていたのか不明だったのですが。今一つ映画作品らしくない中途半端な作品群だったなぁという点も含めて納得。
 「レモンのような女」の第一話がカラーなのも、確証が取れたわけではないが、十分納得できます。全てがエポックメイキングだったんですね。
 「帰りマン大全」「ミラーマン大全」も買ったきりだから今度読んでみよう。


onnajuku at 23:54|この記事のURLComments(0)特撮 

2006年08月02日

ウソだろ?


 http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060802ie27.htm

 丁度、中華料理屋でレバニラ炒めを食いながら見ていたんだけど
ジャッジの瞬間に「エーッ!勝ったの?」「うそー」と、店内に
声が響き渡る。そりゃそうだよなぁ。どう見たって負けてたもん。
隣にいた50くらいのおっさんが「これで日本も終わりだ」と呟いた。
 こんなチンピラのせいで伝統あるレコ大が追い出される世の中は
確かにそうかも知れないよな。


onnajuku at 22:16|この記事のURLComments(0)愚痴 

2006年08月01日

ダブルポスト

 元々ブログのメインはmixiなんだけど、RSSの反映が遅いのがイヤだったのと
一度、ライブドアブログが障害で使えなかったことで、ここ数ヶ月mixiに完全に
乗り換えてたんだけど、mixiは招待性だしここでしかコミュニケーションが取れない
人もいるので、色々考えたあげく試みにダブルポストにすることにしてみました。
 メインはmixiなんで、めんどくさい時はそっちだけの投稿になるかも知れませんが。


onnajuku at 23:08|この記事のURLComments(0)その他 

あぶねぇあぶねぇ

 昨日、プログラミング中にとんでもないことが発覚!普段あまり更新しない
Cのプロジェクトを直そうと思っていたら・・・ファイルが古いΣ( ̄□ ̄;)!!
シマッタ!先日整理した時に間違って消した!!作り直すとなると大変だ!!
サーバに残っているかな??・・・古いΣ( ̄□ ̄;)!!オレって馬鹿!
いつから間違っていたんだ。・・ということで、自宅に残っていないかと
意気消沈と一旦帰宅。しかし、昨今の顧客情報流出防止のための規制のおかげ
でこっちにも残っていない・・・。
 ということで、今朝はファイル復旧ソフトでサルベージを試みるも発見出来ず。
もぉダメぽ・・・。
 その時Σ(゚Д゚ノ)ノ そう言えば昨年度作業時に外注さんに一式渡してテスト
検証してもらったっけ!一縷の希望を元に確認してみると゚ヽ(゚´=Д=`)ノ゚。ヤッターン
あったぁ!残しててくれた(というか、それっきり忘れ去られていただけだけど)
外注さんに感謝。いやぁしかし久々に青くなったよ。気を付けててもついやっちゃう
時があるんだよね。



onnajuku at 23:04|この記事のURLComments(0)その他 

2006年07月01日

只今帰宅

 センターでのDB入れ替え作業が無事終了!久々に目論見通りの
作業になったので気分はよし。
 しかし、一方で某業務が爆発した模様。煙というより火がチラチラ
してるのはもっと前から見えてたのに・・・。どうしてこうなるまで何も
しないかなぁ。不自然な情報隠蔽と無謀な人材投入、そしてそれをコント
ロール出来なかった、というかしようともしなかったマネジメントの
せいなんだろうなぁ。そんな状況で今日読んでいたのが、佐々淳行著
『重大事件に学ぶ「危機管理」』。なかなかエキセントリックな事件を
扱っているので、そのまま受け入れるのは或る意味危険なんですが(^^;

 あ〜あ〜やめやめ!せっかく今日は上手くいったのだから、その件は
忘れよう!うん。


 mixi日記から久々にこっちに復帰してみました。


onnajuku at 02:36|この記事のURLComments(0)その他 

2006年05月30日

『アテンションプリーズ』が観終ってしまた

 「アテンションプリーズ」観終わりました。やっぱいいなぁ〜(^^)
観始めると止まらなくて、3時、4時まで起きて観てしまってたんで、
会社がツラかったこと。でも、これで安心して寝れる・・・でも観終って
しまったという一抹の寂しさも。
 ラスト近いところでの皆川妙子の美しさよ。なんかレインボーマン
がまた観たくなってしまった。

 今週末には友人結婚式で大分まで行ってきます。色々と問題はある
けれども、今回もJALを使います(^^;多分頭の中で主題歌が響き
わたりながら乗ってると思われ。


onnajuku at 23:47|この記事のURLComments(1)

2006年05月25日

アテンションプリーズDVD−BOX(紀比呂子版)

 「雲海、雲海・・・」発売日をやや遅れて配送されて今ぼちぼちと鑑賞中
です。といってもまだ4話までですが。藤田進、佐原健二と来ればやはりお
父さん、教官というよりも長官、参謀って気がしてなりません。
 「スチュワーデス物語」の原型ともなったこの作品ですが、一連の大映シ
リーズの苛め方に比すると皆川妙子の苛めはかわいいくらいです。やはり
東宝だからでしょうか?何にしてもおっとりしてます。あまり気分の悪くな
るような演出は無いので安心して観れます。大映シリーズの「乳姉妹」とか
「少女に何が起ったか」とか実は結構苦手なんで・・・(^^;

 何でこの作品が好きかと言うとやはり飛行機ですね!ヒロインもいいけど。
幼少の頃より飛行機に乗って旅してたんで、飛行機ものというと無条件に好
きになる傾向が(^^;A
けど一番かわいいのは実は紀比呂子ではなく、高橋厚子だと思ってたりする。
もしくは黒沢のり子だなぁ。他にも護送中の犯人が上ノ山功一とか池田シャア
秀一が準レギュラーだったりして、役者陣もいい人揃えているし、音楽は三沢
ゾーン郷だし。
 とりあえずはしばらくは楽しめそうです。
 上戸彩版はすっかりご無沙汰ナリ・・・。


onnajuku at 00:06|この記事のURLComments(1)映画 

2006年05月22日

平熱

 ん〜なんとか平熱になったかな。ご心配頂いた方々ありがとうございます。
この二日間ずっと隠遁生活してましたけど。おかげでたまってた映画がちょ
っと観れました。

 「喜劇快感旅行」「喜劇怪談旅行」。やっぱフランキーは観てると安心
するね。
 「山の手線デスゲーム」・・・まぁ、国鉄続きということで(^^;
 「OH!ノーパンツガールズ」・・・今のご時勢こんな作品を作るとい
うことに敬意。内容は駄作に近いが、吉井伶ちゃんということで、とりあ
えずはよしとする。
 「赤目四十八瀧心中未遂」まるで「ツィゴイネルワイゼン」を観ている
ような不可思議感。さすがは荒戸源次郎作品。寺島しのぶもイイ!
「やわらかい生活」は是非観に行かねば!
 「適齢三人娘」津島恵子の清楚な美しさが光る作品。
 「娘はかく抗議する」今一つな・・・上記の作品もそうだけど、後期の
川島雄三監督作品と比べるとどっぷり松竹調。なんとなく飛び出したくな
る気持ちもわからんではないです。
 「雷電」「続雷電」沼田曜一演じる大田蜀山人とおきんちゃんの北沢典
子、江見俊太郎演じる酷薄な本多中務大輔が印象に残る中川監督作品。最後
のハッピーエンドを期待したのにぃ!
 あと・・・なんか観たかな?「わたしを深く埋めて」田宮、若尾出演の
サスペンス。もう、若尾文子の存在感からラストのオチはわかってしまう
くらいでしたが。
 ・・・あっ東宝作品が一つも無い(爆)


onnajuku at 00:29|この記事のURLComments(0)映画 

2006年05月20日

37.4℃1

 久々に熱が出た(−−;
 酒と飲み物、食いもんを確保して今日は映画観ながら寝てます。
 いやぁ先週はしゃぎ過ぎたかな。
 こ〜ゆ〜時だけ一人暮らしはツラひ。

 ああ、東京もヒドひ雨になってきたなぁ。



onnajuku at 16:18|この記事のURLComments(4)

2006年05月18日

なんとなく特撮な日々

 先ずは13日の「特撮ナイト」!ひたすら特撮音楽聴きながら呑むという
ナイスな企画。まだまだ色々と知らない音楽があるという現実を突きつけら
れる(笑)機会ではありましたが、これはこれで結構楽しい。思わず自分だ
ったらこういう音楽を流すぜ!みたいな気持ちにさせてくれるのもまた楽し。
 一番衝撃だったのは「バイオミックジェミー」 song by 田島令子ですね。
西川さんヨロシク(^^;
 及川さんの「かぐや姫先生」や腹巻猫さんの「バレーボール応援歌」等も
記憶に残るところです。DJの皆さんがどんなコンセプトで選曲されてるかを
考えながら聴くという楽しみがあるのも発見でした。
 そうそう、数年振りにピブリ太さんに会えたのもうれしかったですねぇ。
久々のリアルピブリ太節を聴かせて貰いました。

 14日は「酒豆忌」実行委員会の皆様の打ち上げに参加させて貰いました。
私が何をしたというわけではないのですが、阿佐ヶ谷ラピュタに中川作品を
観に行っては、一緒にお酒を飲ましてもらったご縁です。でもいくつか企画
が持ち上がりましたので、実現できればいいなぁと思ってます。

 んで、今日というか昨日は六本木で「SPACE SNSTV PARTY Vol.3」でした。
SF大会の空想音楽大作戦の出張篇ということで宇宙をテーマにした劇伴の
イベントのコーナーを聴きに。仕事の関係で最初から参加出来なかったので、
おそらく始めにあったであろう真面目な宇宙論が聞けなかったのがチト残念
ですが。そういや、ウチの大学で宇宙にイモリを連れて行こうという研究が
あったなぁ・・・宇宙イモリと呼ばれていたんだけど。どうなったのか?
 メインはやはりヤマトということでしたが、色物好きとしては「バーバレラ」
とか「宇宙英雄物語」も聴きたかったですね。やっぱエーテル宇宙です!!

 帰りに食いに行った「焼きとん」まじで旨かった(^^)

 ということで、これから小橋玲子様出演の「北国の旅情」を観ながら寝ます!

onnajuku at 01:47|この記事のURLComments(3)特撮 

2006年05月12日

『曽我町ねえさんとピグモンの怪獣王国大冒険』

 追悼ということで、久々に聴いてみました。曽我町ねえさんの口から繰り
出されるウルトラ怪獣の名前には胸躍るものがありますね。ネロンガとブル
トンの闘いの実況は楽しいし(^^)
 私にとっての曽我町子さんは「5年3組魔法組」の魔女ベルバラです。
子供の頃はなんと憎らしいと思ったことか!今改めて観るとカワイイですね。
「星雲仮面マシンマン」のボールボーイの声も印象に残ってます。一度お店
に行こうと思っていたのに、叶わぬ願いとなってしまいました。沼田曜一の
死去といい、ちょっとヒールだけど憎めない役者さんがいなくなってしまう
のは残念な限りです。
 腹巻猫さんのとこのブログで知ったけど、「エロチカ狂想曲」に収録され
ている「謎の女B」も曽我町子さんだったんですねぇ。持ってるのに全然、
気付かなかった。変わった曲だけど一度聴くと忘れられないです。


onnajuku at 01:12|この記事のURLComments(0)特撮 

2006年05月09日

『下町かぶき組!颯たかし&和悠斗責任公演』

 親ば・・もとい息子ベタ惚れの西尾さんから悠斗の責任公演の千秋楽が
明日だからと言う電話を貰い、GW最後の日は京橋のMAKOTOシアター
での大衆演劇鑑賞となりました。ここは女塾の第一回公演でも使用した劇場
で、ちょっと狭いのと椅子が難ですが、その分舞台は近く迫力はあります。
 やはりお父さん(松井誠さん)の影響でしょうか、妙齢の女性がいっぱい
で・・・まぁ、モーヲタみたいなもんでしょうか(^^;公演期間中、金と
時間の許す限り通い詰める・・・と。
 先ずは顔見せということで、出演者が1人ないし数人で舞台に出て歌や踊
りを披露します。これが大体30〜40分。休憩が入って1時間弱のお芝居。
基本的に人情物です。ハンカチが舞い、そこらですすり泣きが聞こえてきま
す。また休憩が入って最後にまたレビューショーで歌と踊り。一舞台がおよ
そ3時間弱ってとこです。その間お客を飽きさせないで、次から次へと色ん
なショーが繰り出されて一気にフィナーレと持っていくのは結構、構成力が
いると思います。
 最初は昼公演だけ観るつもりだったのだけど、夜の部に太田きよみさん
一家も来るということで、結局夜公演も観てしまった。1公演2000円と
いう安さなのでそんなに負担にもならないし。
 今回は責任公演ということで悠斗も大分がんばってました。やっぱ男から
見ても綺麗だよねぇ。歌が上手ければ完璧だったんだけどなぁ。

 そんなワケで撮った写真をHPに上げろ!と指令が来たので作ったのが
こちら

 もうちょっといいデジカメが欲しくなってしまった。


onnajuku at 00:00|この記事のURLComments(0)女塾 

2006年05月05日

『小さき勇者たち〜ガメラ〜』

 観に行きました。怪獣映画してて好感が持てる作品ですね。泣くまいか!
と思って観たので泣きませんでしたけど(^^)トナリノオヤジハナイテタケドネ
 怪獣の出現理由等も軽くスルーしてて、ほぼ純粋に怪獣バトルを堪能出来
たと思います。自衛隊メカも一切出てないのは、良い悪いは別にして極端だ
なとは思いましたが。
 絵的には橋の上での対決のシーンがいいですね。特にあの俯瞰!適度な
遠景が結構リアリティを出してたと思う。
 お守り石のリレーはやられました。あぶなく泣いちゃうところだった。
ただ、一点だけ不満があるとすれば、お守り石をガメラに渡す時の、透のお
説教は止めて欲しかったなぁ。ちょっと母親を背負わせ過ぎではないかと。
だから透の最後のセリフが大人への一歩なのか、子離れなんだかちょっと
曖昧になってしまった気がする。
 平成ガメラは2作目、3作目と今ひとつ納得が行かなかったのですが、
やっとまた満足出来る作品が出て来ました。

onnajuku at 23:54|この記事のURLComments(2)特撮 

2006年05月04日

「金田一さん!出番です。」〜『憂国』

 午前中に出て西武池袋線で入間の手前は狭山市立博物館に行って来まし
た。昨年の世田谷文学館での企画に続き、今年も横溝正史関連の企画がこ
ちらであったので。題して「金田一さん!出番です。」今回の目玉は何と
言っても角川文庫の表紙を手掛けられた杉本一文氏のサイン会があるとい
うことで、これは行かずばなるまいと!子供の頃に見た氏の表紙デザイ
ンには妖しさとエロティックが混じって衝撃を受けたもんです。よくよく
考えてみれば、それほどミステリを読んでるわけでもない(読んでるのは
横溝、乱歩、高木、仁木くらいだもんねぇ)私が、横溝作品を全て集めた
のも作品の内容もさることながら、その表紙絵に惹かれたと言っても過言
ではないです。

 そんなわけでフラフラと出かけてみたワケです。稲荷山公園駅を降りた
とたん広がる大自然。池袋から30分ちょっとなんだけど、田舎なんです
ねぇ。歩いて3分で博物館着。天気もいいのですぐ前の公園でおにぎりを
食べながら、チューハイで一杯(^^;キモチイイ
 入館料は150円。なんて安いんだ!それでいてちゃんとパンフも付い
てくる。文化価値というものをよくわかっている。こういう風に気軽に入
れなくてはならない。中に入るといきなりひらける獄門島の死体発見再現
情景。気分は高まります。そして杉本氏の原画展示コーナー!!!子供の頃
から慣れ親しんだ絵の原画が目の前に!ほとんど後半に出版された絵が中
心でした。よくよくパンフを見たら、入れ替えがあった模様。しまった!
でも、人形佐七の3枚の原画が観れたので大満足!「ペルシャ猫を抱く女」
は他のと違ってちゃんとキャンバスに描いてるんですね。それで、あの質
感があったのかと納得すること多々あり。

 さてお目当てのサイン会。しかも今回はサインをするのに、横溝作品を
持って来いとの指示・・・ほとんどが実家にあるため、本当にして欲しい
本(「空蝉乙女」「蔵の中」「仮面舞踏会」「神隠しにあった女」等)は
無理でしたので「金田一耕介のモノローグ」にして貰いました。皆さん他
にどんな本にと思って観察してみると初期の「八つ墓村」とか「びっくり
箱殺人事件」「芙蓉屋敷の秘密」「横溝正史読本」等。コアなファンがい
るなぁと思った次第。前から思っているんだけど、どうして角川版の表紙
の画集が出ないんだろう。出たら絶対に買うのに。
 本当はNGなんだけど(^^;色紙にもサインして貰い大満足で博物館を後に。




sugimoto















 それから、池袋に出てからラーメンを食って、有楽町に移動。来週公開
の「青いうた〜のど自慢 青春編〜」の前売りを買う。井筒はキライなん
で、まだ「のど自慢」も観てないけど、今回は監督違うし何と言っても緑
魔子さんが28年振りカナ?スクリーンに復活するので、これは観に行き
たいと思って。

 そして本日の2つ目の目的、キネカ大森にての「憂国」の鑑賞!やっと
解禁されました。生きているうちにいつかは観れるだろうと思っていた時
がやっと来ました。三島由紀夫原作の映画は好きで、ちなみにベストは百
恵ちゃん版「潮騒」です。昨日は若尾文子主演の「お嬢さん」を観て気分
を高めております。上映時間は28分と短く、しかもセリフ無しです。ク
ラッシックが絶え間なく鳴り響く中、淡々とストーリーは進んで行く。一
応原作は読んでいたのだけど、題材が題材なだけに「お嬢さん」とは違う
だろうと思っていたのですが、ラブロマンスですね。これも。「春の雪」
同様、追い詰められることによる至高の愛を描いた作品でした。三島の鍛
え上げられた裸体のシーンはちょっとナルシスが入ってるかなぁ(^^;
しかし、切腹シーンはかなり痛々しい・・・。「日本の一番長い日」での
阿南陸相の切腹シーンで慣れていると思っていたのですが、結構ドギツイ
表現で、観ててウッと来た。本作品の製作は1967年。まさか3年後に
これが現実になろうとは。でもこういう作品がまた世に出て来るというの
はいい時代だと思いますよ。
 ・・・しかーし、DVDも出てるんで買ってみようかと思ったら、63
00円!!28分の作品に!とても買えやしません。DVD販売業者は
文化価値をわかっていないと思う今日この頃。


onnajuku at 00:06|この記事のURLComments(0)映画 

2006年05月02日

『東海道四谷怪談』

 数年振りに『東海道四谷怪談』を鑑賞しました。数ある四谷怪談物の中で
も出色の出来です。やはり一番綺麗な画はラストのお岩の昇天ですね。伊右
衛門も決して根っからの悪人として描くのではなく、一つの躓きから溺れ喘
ぐように、凄惨な罪を重ねていく様はまさに「業」の世界。それらをラスト
で美しく昇華させる手腕は中川監督ならではと思います。

 上映終了後の若杉嘉津子さんのトークには正直ビックリでした。あんなに
しっかりと喋る方とは。色々とトークショーには行きましたが初めてかも。
失礼ながら学校の先生かと思ったりして(^^;時には聞かせ、時には沸か
せ、その巧みな話術に会場は魅了されてました。
 その後『番場の忠太郎 』『怪異談 生きてゐる小平次』を続けて鑑賞した
後に、また皆さんと呑みに行きました。カツドウヤさんは酒強いなぁ(^^)
多分焼酎のボトルが4本くらい空いたハズ。次の日は完全な二日酔いでした。

 まだまだ観てない中川作品はあるので、機会があればまた観に行きたいですね。


onnajuku at 23:38|この記事のURLComments(2)映画 

2006年05月01日

特撮バトン

mixi経由で西川さんから回ってきたのでやってみます。

特撮バトン

-一番好きな特撮は?
 快獣ブースカ、好き!すき!!魔女先生

-その理由は?
 萌え

-好きなヒーローは?
 レインボーマン

-好きなヒロインは?
 月光とローテール(笑)

-好きなアメコミヒーローは?
 アメコミ・・・あんまわかんないんで強いて言えばスパイダーマン

-好きな仮面ライダーは?
 クウガ

-好きな戦隊は?
 カーレンジャー

-好きなウルトラヒーローは?
 タロウ

-好きな星の戦士達は?
 ・・・わからん。造形的にはゾーンかな。

-好きなライバルキャラは?
 トップガンダー&バルスキー

-好きな星人キャラは?
 南夕子・・・一応、月星人だし。

-好きな相棒キャラは?(カップリングでも可)
 う〜ん、特に思い浮かばない

-好きな特撮俳優は?
 石橋けい

-好きな合体(巨大)ロボは?
 キングジョー

-好きな合体(巨大)ロボの武器は?
 愛国富士山返し・・・すんません、何でもいいです。

-好きなオープニング曲は?
 忍者マーチ、ウルトラマンガイア

-好きなエンディング曲は?
 月光の子守唄

-印象に残っている挿入歌は?
 ジャイアントロボソング

-好きな特撮映画は?
 ダイゴロウ対ゴリアス、美女と液体人間、ハウス

-記憶に残っている最初の特撮は?
 ウルトラセブン、レインボーマン

-今、放送中の好きな特撮は?
 ウルトラマンメビウスしか観てない(^^;

-もう一度見たい特撮は?
 突撃ヒューマン・・・というか観た事ないから。

-バトンを回す5人は?
 んじゃ、ここ最近お世話になってる 比呂兄ぃ、SIDさん、シエラさん、田中サマ、NALUちゃん
 例によって強制ではないっす。



onnajuku at 23:57|この記事のURLComments(6)特撮 

2006年04月25日

『怪談 屋根裏の悪霊』

 阿佐ヶ谷ラピュタで行われている「中川信夫・業の人間アラベスク」の
プレイガールの回に行って来ました。プレイガールも久々に観たなぁ。
最近、全然観てなかった。
 お色気と狂気、そして恐怖がブレンドされたいい作品でした。アクション
や笑いも適度に配置されてるし。天本英世とピーターの存在感が見事に
ぶつかり合い画面に緊張感があるのもいい効果を出してます。
 ご本人が出ているというのも、そうですが一番笑ったのは横山あきおが
かぶっている工事ヘルメットに「中川組」と書かれていたこと。こういう
ニヤリとさせてくれる遊びは大好きです。

 その後、「酒豆忌」の時にお知り合いになれた長男の中川信吉氏と呑みに(^^;
参加者が脚本家の宮川一郎氏、桂千穂氏、監督の鈴木健介氏などなど・・・。
えー、一生懸命水割り作ってましたよ(笑)今までの人生の中で最高の数。
そんな最中、漏れ聞こえる中川家のお話を聞く事が出来た事は貴重な体験
となりました。

 29日は、若杉嘉津子さんがゲストで来られるとのことですので久々に
「東海道四谷怪談」を観る予定です。


onnajuku at 21:29|この記事のURLComments(4)映画