2022年09月30日

身近な目標ほど具体的な行動がとれる

4月から始まった新年度から半期が過ぎようとしています。

半期の行動の結果の目標達成は計画通りでしょうか。

この目標達成がうまくできない原因の1つに、目標が抽象的なことがあげられます。

例えば、「クレームを30%減らそう」「新規顧客を5件増やそう」と言っても、何をどうすればいいかがわからなければ、クレームを減らす行動や新規顧客開拓の行動ができません。

目標は、その人がどうすれば行動できるかのイメージができるようにすることが大切です。

例えば、「明日は仕事を6時に終えて親睦会をやろう」と言えば、仕事を6時までに終える手順を考えて行動をして、6時に退社して親睦会に出ることができます。

このように、目標設定を立てるときは、それぞれが目標達成できる具体的な行動のイメージができるようにすることが大切です。

目標達成できていないときは、それぞれの担当者が目標達成の行動ができるイメージが描けるようにすることです。

onnobu080115 at 12:30|PermalinkComments(0)職場 

2022年09月28日

ワーキングメモリの容量は少ない

人は非常に優れた記憶力があるが、その記憶したものを引き出すワーキングメモリの容量は大変少ないとのことです。

そのため、優秀な人がうっかりミスをすることがあります。

それは、ワーキングメモリの容量不足が、引き出すはずの記憶が引き出せなかった結果として、うっかりミスになるのです。

このようなワーキングメモリの容量不足を補う方法が、チェックリストと言えます。

チェックリストの優れたところは、その場その場で判断しなくても毎回正しく実行できることです。

管理者やリーダーは、ワーキングメモリの容量が少ないことを理解し、部下にチェックリストを作成させ、うっかりミスをなくすように指導することです。

onnobu080115 at 12:30|PermalinkComments(0)職場 

2022年09月26日

社会的妥当性に気をつける

社会的妥当性とは、客観的に正しいことでなくても、人から「それは正しい」と言われると安心し、それが本当に正しいと考えてしまうことを言います。

この傾向は、バリバリやっている管理者やリーダーが、自分の周りに自分の意見に賛同するものを中心に集めているときに起きやすい現象です。

つまり、自分がやろうとしていることに対して賛同はするが反対をしない人が集まっているため、少々おかしくても「いいですね…」と反対しないため、自分は間違っていないと錯覚してしまいます。

そのため、実行している段階でおかしいことに気がつき、賛同した人に「なぜ、あのとき言ってくれないかったのだ」と問い詰めても、「気がつきませんでした」と言われます。

バリバリやっているときは、自分と反対の意見を聞く余裕がなくなる傾向があるため、バリバリやっているときほど社会的妥当性に注意することです。

onnobu080115 at 12:30|PermalinkComments(0)職場 

2022年09月24日

方法は色々あるが原理は少ない

忙しくなりと手間を惜しみ、手軽な解決策を求めがちになってきます。

手軽な解決策はその時は有効に見えますが、その解決策が原理にかなっていなければ同じ問題がでてきます。

ですから、原理を把握している人は原理に沿った解決をするため、本質をついた解決策を実行していきます。

しかし、忙しくてとりあえず目先のことを解決しようと、原理を考えずに解決策を決める人は、同じ問題に苦しめられます。

どのように忙しくても、原理を考えた取り組みをすることは大変重要です。

特に、管理者やリーダーは、常に原理を考えた取り組みができるように自分を訓練することです。

そうすれば、職場が原理中心で行動できるようになりムダな取り組みが減るでしょう。

onnobu080115 at 12:30|PermalinkComments(0)職場 

2022年09月22日

名目金にならない

名目金とは、江戸時代に金持ちが大名などの名を借り、一般人にお金を貸し付けることをいい、返済が遅れたときには、大名の威光をかさに着てその権力で借金を督促する行動をを言います。

私たちの職場にも、名目金と同じように上司の威光をかさに着て悦に浸っている人がいます。

そのような人は、自分では何もできない人であり、周りから信頼されるととはないでしょう。

色々な方向付けを決める時は上司に相談して承認を得なければなりませんが、実行するときは、自分の考えで進めることが重要です。

進めるときに、上司の名前を出すことは、自分の考えを放棄したことになります。

自分の考えで進め、色々な問題があれば、皆と一緒に問題を解決することにより協力をることができます。

上司の威光をかさに着ている限り皆の協力を得ることは難しく、自分1人であれもこれもしなければなりません。

決して名目金にならないことです。

onnobu080115 at 12:30|PermalinkComments(0)職場