昨日は児玉祐子先生のお教室と合同発表会でした。
参加された生徒の皆さん、聴きに来てくださったご家族の皆さん、ありがとうございました。

毎年合同で開催していますが、長く続いている(発表会をやるようになる前からの)生徒さんも多く、毎年その上達ぶりに感心しています。演奏する曲のレベルが上がるだけでなく、音がしっかりしてきた、手の動きに無駄が無くなった、フォームが良くなった、落ち着いて演奏できるようになった、などなど。色々なことに気付きます。

生徒さん同士も年に1回お互いの演奏を聴いて何か感じ取ることがあるのだと思います。打ち上げでも盛り上がっていました。


さて、今年は初めてゲストをお招きしました。
72304147_509303796589931_7251321086883659776_n

トークも含めて40分ほど演奏していただきました。ありがとうございました!
私のレッスンは師匠のレッスンがお手本になっている部分が大きいのですから、生徒さんにはその演奏から何か感じとっていて欲しいと思います。ただただ「すごいなー」「うまいなー」とかだけでも良いのですが。


講師演奏は今年はデュオ2曲だけ。
72575617_428063267846165_4793450722316255232_n
ソル「漸進的にして容易なる二重奏」とカルド―ソ「ミロンガ」

演奏始まってしばらくしてポジションマークのシールがないことに気付き、「あれ?これ私のギターじゃない?いや、ケースに楽譜入ってたから間違ってない!今弾いてる曲はハイポジション出てこないよな・・・」とか焦りました。発表会では講師はバタバタしていて落ち着いて演奏できないですねー。


発表会は良いものですね。自分も生徒だったころを思い出します。上手くいっても満足のいく演奏ができなくても、かならず次へ進むことができます。そしてそれが上達につながっていきます。
それから大切なのは打ち上げですね!お互いの演奏について語ったり、先生の悪口言ったり(笑)、音楽やギターについて語ったり、話は尽きません。そんな中でいろいろな知識を身につけたり先生の考えていることを深く知ることができます。ということで、昨日も発表会3時間、打ち上げ7時間!充実した1日となりました。
皆さま、お疲れ様でしたー!