April 23, 2007

ハワイ旅行記3

4月22日(日)から5泊7日の日程で両親とハワイ旅行に行ってきました。
両親にとっては初めてのハワイ。
「元気なうちに、動けるうちに行っておきたい」という両親と、
「行けるなら何度でも。叶うなら永住を」と希望する私との珍道中。
多少(少々、ちょっと、ほんのちょっぴり)英語が使える、ということで、私は半分お守り、半分通訳。
あれ?私の遊びは??
と思いつつ、行ってきましたよ。



4月22日(日)

関西国際空港よりNW16便にて出国。
昨年より規制が緩和されていました。
昨年9月にグアムに行った時は免税店での購入物であっても液体類の持ち込みは不可能だったけど、今回は可能でした。
また、機内持ち込みの液体類も、規定はあるけれど一応持ち込みは可能。

テロ対策なのは分かるけど、ちょっと厳しすぎたもんね。


4月22日(日)
日付変更線を通過し、ハワイへ到着。
JTBのバスでアロハタワーへ移動し、オプションやホテルのチェックインも済ませました。

まず参加したのが、ダウンタウンツアー。
無料で参加可能のツアーでした。

カメハメハ大王




ジンジャーの花(?)




ハワイ王朝最後の女王「リリウオカラニ女王像」



 
チャイナタウン

さすがチャイナタウン。
置いてあるものもオリエンタル♪

ママ

チャイナタウンで休憩中のママ。
初公開だね。



ツアーは1時間半くらいで終わり、アロハタワーに戻りランチにしました。
ランチ
母の希望もあって、海に面した席にしてもらいました。
天気も良くて、気持ちよく美味しく頂きました。


船
豪華客船、だね〜。
いいなぁ。
クルージング…(*´Д`)ハアハア


アロハタワー
アロハタワーを前にした両親。
まだまだ元気ね♪




食後、両親の水着や、取り急ぎ必要を買いにアラモアナショッピングセンターへ移動しました。
水着を買うのは…いつ以来?という母。
サイズをしきりに気にしていたけど、さすがアメリカ。
母のサイズなんて当たり前のように置いてありました。

前日からの移動続きで両親の疲れもあったので、早々に買い物を終えてとりあえずホテルへ。
今回利用したホテルは、ハイアット・リージェンシー・ワイキキ
両親の希望によるものです。
自力じゃあこんなホテル、泊まれませんもの…。

部屋からの景色さすがオーシャンビューのホテル。
眼下にはワイキキビーチが広がっていて、デュークカハナモク像も見えます。
角度的にダイヤモンドヘッドはちゃんとは見えなかったけど、私的にはとても満足の景色でした。

明日以降、オプショナルツアーが続くので、晩御飯は軽めに済ませて寝ました。

後日談、だけど、私と父がスヤスヤ眠る中、母は夜中に何度も目が覚めて眠れなかったそうです。
海を眺めたり、無意味にトイレに行ってみたり…。
3時間も眠れなかったとか。。(;>_<;)



4月23日(月)
現地ツアーで申し込みをしていたアウトレットに行ってきました。
私は基本的に毎回行きます。
行きたいお店は決まってるから、両親とは別行動で、とりあえず必要なものをサササッと買い、両親を探しました。
母が欲しかったのは、レスポートサック
去年のお土産で私があげたのがきっかけで、かなりのお気に入り。
今回は自分のも含め、祖母や叔母たち、従妹へのお土産に、と意気込んでます=З
私も…(^^;ゞ
と言うことで、買いましたよ。

かく言う私もレスポ好き。
あれこれと買い集めて、大小さまざまな鞄が10個以上あります。
うふふ〜。これでまたコレクションが増えました♪

アウトレット
こんな感じのお買い物でした。
左上のサンダルは、両親と色違いです。
ラルフの赤色のTシャツは母とお揃い(*≧艸≦)



買い物を終え、ホテルに戻り、ホテルでランチをして、またまた買い物に繰り出しました。
と言うのが、この先、ショッピングする時間が殆どないの。
お土産を物色しておかないと…。
向かったのはまたもやアラモアナショッピングセンター。
私自身が欲しいものはなくて、旦那のお土産を買いました。

ぽんふく
アバクロとホリスターの服です。
本人の希望によります。
国内で買うより安く済むから奮発した、つもりです。



服を買うのにあまりにも時間が掛かってしまい、他のお店は殆ど行けませんでした。
ちょっとだけカードを物色しホテルに帰りました。
晩御飯はホテル近くのレストランにて。
でも…イマイチでしたil||li (つω-`*)il||li



4月24日(火)
朝、4時過ぎに起きました。
ホテルのピックアップは5時30分。
本日は、ハワイ島へ渡ります。
アロハ航空でハワイ島へ。
バスで島内観光に行きましたよ。
RainbowFalls レインボー滝




黒砂海岸にて。海亀です。
まさかまさか海亀を見れるとは思っていなかったので非常にラッキーでした。




キラウエア火山。



火口

ハレマウマウ。
火口です。
火の神、ペレの住処と言われています。



ペレ
火の神、ペレ。
嫉妬深く激しい女性、らしいです。
伝説も色々残ってますよ。



ペレの花
ペレの花、と言われてます。



最後の噴火は1982年9月。
火口から流れ出した溶岩が達していました。





他には、サーストン溶岩トンネルや、「Big Island Candies」マカダミアナッツの工場(MAUNA LOA)等にも行きました。

サーストン溶岩トンネルへの道にて。
羊歯が沢山生えてました。






朝早かったし、ホテルに帰ったのは20時30分を過ぎていたし。
お疲れモード全開でした。
晩御飯はキングスビレッジにあるキングバーガーでテイクアウトしてホテルで食べました。
母は、「ハンバーガーなんて何年ぶりだろう♪」とはしゃいで食べてて、見ていて可愛かったです。



4月25日(水)
朝から気合を入れてまたツアーに参加。
今度はオアフ島観光です。
私自身は別に参加しなくても良かったんだけど…。
両親にとっては初めてのハワイ。
やっぱり島内観光は外せません。

ワイキキビーチから東回りに車で移動。
古い車かな〜なんて思っていたら、ピッカピカの綺麗な車でお迎えでした。
しかも、座席は全席キャプテンシート。
乗り心地バツグンでした。
ダイヤモンドヘッド(登山口)、ハナウマベイ、潮吹き穴を経由し、ノースショアを抜けてDOLLに立ち寄り、パールハーバーにちょっとだけ寄って、この木なんの木を見て帰りました。

ハナウマベイ




潮吹き穴。
写真には上手く撮れなかったけど、かなり激しく潮を吹いていました、
あとね。
クジラも見ることが出来ました。
出産時期のちょっと後だったの。
こどものクジラでした♪




サンディビーチ
この日は天気がイマイチだったので、並みの状態もイマイチ。
過去に来た時も荒れてたわ。。




サーフスポットとしても有名なノースショア。
この看板も有名です。
以前盗まれたこともあるとか…。
何に使うんだろうね。




エビランチでした。
味付けはスパイシーを選択。
悶絶…(*´Д`)ハアハア
あまりにも美味しくて卒倒しそうだったよ。
どうも私は、この手のジャンキーな食べ物が大好きみたいです。




ここのお店、車やテント、テーブルなどに落書きOK。
なのでちゃんとカキカキしてきました。
なんて書いてあるでしょう?
読めたらすごいよ!




見たまんま(笑)
パイナップルで有名なDOLLです。




USSミズーリ・ビジター・センターに寄りました。
これは…人間魚雷?




見えるかなぁ。
遠くに見えるのが、戦艦ミズーリとアリゾナ記念館。
未だに1度も行った事がありません。
次に来た時は是非行ってみたいと思っています。






モアナルア・ガーデンにある、「この木なんの木」
ここの公園は維持するのが大変で、所有者が処分を検討したところ、日立グループが支援することを決定。
結果、この木も残されました。




下から見上げると…





この木なんの木
同じツアーに参加した、愛知県岡崎市から来られた御夫婦と。
とっても愛らしい奥様と、オットコマエな旦那様。
ナイスカップルでした☆


約6時間かけて回ったこのコース。
とっても有意義でした。
自分達で車を借りて回るのも楽しいけれど、ガイドさんの説明は、観光の説明だけじゃなくて、その時代背景や、時事も含めての説明だったので面白かったです。
「岡部さん」という男性のガイドさんでした。
両親も大満足でしたよ。

ホテルに戻り、ちょっと休憩。
その後またお出かけしました。
しかもリムジンで♪
…って、ハワイに行けばリムジンなんてあちこち走ってるよね。
これまた両親にとって初めてのリムジンでした。
向かったのはタンタラスの丘。
ホノルルの夜景を見に行きました。
残念なことに、スコールにぶつかってしまい、写真が上手く撮れない…。
精一杯頑張って、この結果。





ちょっとした時間の差で、これくらい空の色が変わります。


お疲れモードまっしぐらの私達。
ご飯を食べに行く力もなく、結局ルームサービスを取りました。
母の希望でロコモコを。
でも…私のイメージするロコモコじゃなくて、とっても「おハイソ」なロコモコに驚いた…。
残念ながら写真はありません。。



4月26日(木)

観光する日もこの日が最後。
力を振り絞って、力の要る遊びをしてきました。
朝のうちに、ダイアモンドヘッドに登りました。
昨年登って感動したの。
それを両親にも見せてあげたかったのです。

ふたり
頑張って登った両親。
後ろに見える海がとっても綺麗ね。


下り階段
結構急な階段を上ります。
これを上がらないと景色は待ってません。

後ろ側
階段を上りつつ、振り返るとこんな空が。
青空だぁ。


頑張って登れば、こんな絶景が待ってます。
汗を流しながら登り、頂上で風に吹かれる。
最高に気持ち良かったです。




でもね。大変だったの。
ビデオを持って、次の移動用の荷物も持って、お水3本も持って。
そりゃ〜かなりの重労働でした。


ダイヤモンドヘッドを下りて、今度はハナウマベイへ。
この海の美しさも、両親には見せたかったの。




うみ
どれくらい透明か、分かるかなぁ。
本当に透き通ってるのよ。
写真はないけれど、魚も沢山泳いでます。
手を伸ばせばすぐそこに。
自然が豊かです。


二人
海で遊んだ後の二人。
満面の笑みです。
でも、パパはあまり海に入りたがらなくて…。
シュノーケルさせるのに苦労しました。

海
ほら。
こんなに綺麗なのです。
本当に透明でしょう?



朝から身体を動かす遊びをし続けて、少々バテ気味。
それでも最後の力を振り絞って、最後のディナーへ。
TODAI
TODAIにて。
いわゆるバイキングのお店です。
遊びまわったもん。
しっかり食べました♪


食後の運動をかねて、最後の買い物へ。
買い忘れや、買い足したい物を求めてまたもやアラモアナへ。
と言っても、私の買い物ではありません。
はい。両親のお供です。
写真は撮ってないけれど、父にTシャツを買ってあげました。

途中で父は先に帰り、私と母はワイキキをウロウロ。
露店で祖父母への大判のバスタオルを買ったり、
大好きな88eesにも行きました。
88
一応自分用…。
買いすぎか??
いやいや。そんなことはないはず。



ホテルに戻りパッキング。
結構な荷物になりました。
というか、何でこんなに重いのか??



4月27日(金)

朝、ホテルにてモーニングビュッフェを。
父は部屋に戻り、私と母は最期のワイキキを散策。
そしたらさ…。
母が「もう1つレスポが欲しい!」と言い出して。
急遽ホテルに戻り、父を連れ出して買いに行きました。
限定品だった柄の、エクストラ・ラージ・ウィークエンダーを購入。
レスポ
んで、私は、同じ柄の持っていない型を購入しちゃいました(^^;ゞ
最近良く使ってます。
沢山入るしとっても便利♪


ホテルからバスに乗り空港へ。
いよいよ帰国。

と思ったら、トラブルが。
以前は、1つの鞄の重さが重くても、1人当たりの重量制限に引っかからなければ受け取ってくれたのに、今回は受け取ってもらえませんでした。
空港でスーツケースを開き、箱を購入して、重たい荷物を箱へ移動。
スーツケース自体の重さもあるから、大きな荷物の大半が箱へ。
何のために昨夜パッキングしたのやら。。
スーツケースの中はぐちゃぐちゃになってしまいました。
あぁ…最悪。。

疲れもあったし、荷物の件もあったし。
少々不貞腐れての帰国となりました。


しかもトラブルはまだまだ続く…。




4月28日(土)

帰りの飛行機は、連休スタートの日と重なったこともあり、結構空席が目立ちました。
だから、空いた席(真ん中の4人席)に1人で横になって寝ることさえ可能。
この点は良かったんだけどね。
最後の軽食が配られて、ドリンクはホットコーヒーにしました。
母が座っていた席のテーブルの足が壊れかけていて、テーブルが斜めになってて、気をつけてはいたんだけど、コーヒーを置いたら、カップがすべり、母の右太ももの上に!
「あっつ〜い!!」
慌ててカップを取ったけど、中身の大半は母の足に掛かってしまいました。
横にいた(反対側の席の人にドリンクを配っていた)客室乗務員を呼んだけど、てんで無視。
『エクスキューズミー』を何度も繰り返し、たどたどしい英語でコーヒーがこぼれたことを説明。
でも、彼女が言ったのは『席を移動する?』でした。
私たちが言いたかったのはそんなことじゃない。
ホットコーヒーがこぼれたという事は、足をやけどしている可能性があるということ。
直ぐにでも冷たいタオル等を貰いたかったのです。
紙ナプキンもこちらが求めて初めて渡してくれるという有様。
幸い母の足は大したやけどにはなってなかったけど…。
でも、この質の悪い客室乗務員には本当に腹が立ちました。
もう二度とNWには乗らない!!
ホント。呆れましたよ。


まぁ。そんなこともありましたが、無事帰国。
荷物は持っては帰れないので、宅配をお願いしました。
両親は関空近くのホテルに宿泊。
温泉つきのホテルをこちらで準備しました。
旅費のを両親に出してもらったからね。
これくらいはしないと…。
私は尼崎までリムジンバスで帰り、電車を使って帰宅。
残念ながら、旦那は急な出勤で深夜まで帰って来れませんでした。


ふぅ。疲れた。











編集後記

今までになく忙しく、正直イライラの積み重なった旅行でした。
今回で6回目のハワイだったけど、1番…しんどかった。
両親との感覚の違いがあるから仕方ないのかもしれないけどね。
でも、『郷に入り手は郷に従え』という言葉があるように、現地のルールがあります。
例えば、ダイアモンドヘッド登山。
トレッキングの方もいるので、出来るだけ端を歩き、早いペースの人を先に行かせてあげるのが暗黙のルール。
なので母に「後ろ!」と言っても
「自分のペースで歩くから。そんなに言わないで!」と言う始末。
確かにペースを守って歩く気持ちも分かるけど、それは身勝手だと私は感じました。

ビデオを片手に、両親の姿や景色を追いかけて動く私の事はお構い無しに、思うように動く両親に、正直ガッカリしたのも事実。
まぁ、両親がお金を出してくれたので、これは仕事、と割り切っての旅行だと考えればそれも仕方ない。
そう、仕方ない、と割り切るしかなかったのかも。

旅行は旦那と行くのが1番楽しい。
そう感じました。

飛行機内のトラブルに関して言うと、これまたビックリでした。
こんなことは初めてです。
客室乗務員は何のためにいるのか?
旦那は『より良いサービスを受けたかったら、エコノミーには乗らないこと。ビジネスかファーストじゃないと』と言います。
確かにそうかも。
でも、エコノミーもちゃんと料金を払っているわけで、それに対するサービスを受ける権利はあります。
ましてや今回の様なトラブルの際に、適切かつ迅速な対応が出来ない客室乗務員っていったい…という気もしました。


トラブルで終わった感のあるこの旅行。
両親はどのように感じているのでしょうね。
旅行後、母とは何度か話したけど、父とは話してないから感想は聞いてません。
これに懲りて、私とはもう旅行に行かない!
そう思ってるかもね。
(*≧m≦) ププッ



ちまこono_no_chimako_7452 at 09:39│コメント(0)トラックバック(0)trip | trip

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
☆これがちまこ☆
Archives
種類は色々…
Thank You☆
tuna.be
My Pet ☆トト☆
☆ちょっとだけ写真集☆
本ブログパーツの提供を終了しました
Amazonライブリンク
兵庫県のお天気