ブログネタ
ひぐらしのなく頃に に参加中!
目明し編も前半の過去回想部分が終了
そして魅音詩音が圭一と出会う話(綿流しと酷似)に繋がります
やはり視点が違うとお話の雰囲気もがらっと変わりますね
さてさてまた謎が増えたり減ったりです・・・



ひぐらし











一連のオヤシロ様の祟りと思われる事件を調査する詩音、そんな詩音に話しかけてきたのは高野三四だった(あいかわらずミステリアスなお姉さんだ)
三四が持ち込んだ情報は綿流しとゆう祭りの真意だった

自宅に戻ると魅音がやってきた
あの園崎家での一軒依頼姉妹は微妙な関係になっていた
詩音「ごめんね、悟史のことも・・・」
ふと悟史の言葉を口に出す魅音に詩音は怒りを露にする
しかし、魅音の手には詩音と同じ爪をはがした後があった
魅音「なんで・・・双子なのに・・・」
園崎家次期当主の魅音もやはり詩音との絆は繋がっていた
なんか双子だからか微妙にエロスを感じるw



それから一年後、悟史の思いを封印した詩音の前に圭一が現れる
魅音から圭一の話を聞く詩音、魅音はかなり圭一を気に入っているがぬいぐるみがもらえなかったことをかなり悔やんでいた
(これが後の暴走に繋がったのかな?)
そんな魅音の相談に乗りつつ自らも圭一に近づく詩音
一時期は(からかいつつ)魅音と圭一を取り合うが悟史のことを思い出してしまい詩音は少しさみしさを感じていた
詩音「忘れたわけじゃないよ・・・悟史君のこと・・・」
だから清純はヒロイン+双子姉妹+ロリ二人ってハーレム過ぎだろ圭一
保志ボイスがにくいですw



そして綿流しの夜、富竹、鷹野に誘われ圭一を誘って祭具殿に忍び込む詩音(今回は詩音目線なのがきもですな)
詩音は祭具殿の中で誰かの足音を耳にする
"レナ「誰かがずっとつけてくる」"
過去に魅音の振りをしてレナと話した言葉を思い浮かべる詩音
そして魅音と園崎家当主のお魎が今回の綿流しについて話しているとところを盗み聞きしてしまう
綿流しでは振り回されるだけだった圭一、今回の詩音はこれからどうでるだろうか・・・


過去に起きた悟史の失踪については妖しいながらも園崎家の直接的な干渉はなかったとゆうことなのだろうか?
そして綿流しとクロスオーバーする展開になってきましたがいろいろキーワードが出てきましたね

ぬいぐるみがもらえなかったことを悔やむ魅音
既に祟りの前兆?のある詩音
園崎家の一連の事件の関与
改めて魅音と詩音の中にある鬼

いろいろな要因があって綿流しの場合はおこるべくおこった悲劇だったのでしょうか?
今回は詩音があの裏でどう動いていたかですね
圭一からみれば一方的に魅音と詩音がグルになって仲たがいした印象でしたが今回でどこまで謎が解けるでしょうか・・・

あいかわらず雪野五月さんにもう100点プラスとw
ひぐらしのなく頃に(本)
ひぐらしのなく頃に(DVD)
raning最終章祭囃し編 夏コミをマテ ポチッとお願いします 8月5日のネットラジオもヨロシクね