ブログネタ
アイドルマスター XENOGLOSSIA に参加中!
いよいよインベルとヌーディアムの最終決戦

ウルトリウスの危険も顧みずiDOLの真実を知るために向かう!!

アイドルマスター XENOGLOSSIA
アイドルマスター XENOGLOSSIA













芸能人パワー
さすが高槻やよい、キグルミアイドルとしてラジオでの人気はさすがのもの、そりゃ運転手もテンション上がる

量産型リファ、斧を片手に一騎当千、よかったね
某アニメはアウトでしたから
量産型エピメテウスシリーズ、こんなのに止められる春香ではない

あずさと真最後の会話
あずさ「私に作らせて欲しい、あなたの道を」
真に全てを託したあずさ、真はその気持ちにこたえるためヒエムスを起動させる
もうモンデンキントでもトゥリアビータでもなく真として操る

エピメテウス軍に襲われるインベル、これに対抗してテンペスターズのコアから発した音で誘い出す作戦のようです
待ち受けるはガクテンオー伊織ネーブラ
戦闘力には定評がありますw

ヤシマ作戦!!!
雪歩の奇襲に動じることなく敵の本拠地に乗り込むインベル
春香「雪歩ちゃん・・・」
決戦のときは近い

真の主役
伊織「こうゆう時主役ってのは、全部ぶったおすのよ」
なんて戦闘力だよ、魔法か?科学力か?
そしてジョセフ自らオペレーター席、これは熱い
すぐれた上司は命令しているだけじゃない!!!


雪歩「そうゆうの・・・ヘドがでます」
黒雪歩全開、千早の思いを代弁するように涙の訴え
雪歩「もう関係ない、みとめない、私の望みは千早さんの気持ちをインベルに刻むっ」
春香「あきらめないよっ、全部」


ウルトリウスを必死に抑えながらエピメテウスとも戦う
ギリギリの2面戦闘

おそかったじゃないか真さん


ネーブラ魂のどつき、彼女をヒエムスに盗られた嫉妬か?
伊織「足はひっぱらないでよね」
真「誰に向かって言ってるんだ」
これぞロボットアニメな展開、信じられないようですが本来は作業用ロボットです、いやでも戦闘用だったのかも・・・そんなのかんけいねぇ

ヌービアム容赦ないハードパンチャーっぷり
しかも至近距離からエネルギーチャージ
雪歩「千早さんこれが私の愛です」
何しやがった雪歩、千早の声が・・・刻が見える・・・
インベル大噴火!!!
春香「好きな人と一緒になるって、きっと違うところを見つけていくことなんだよ、それでよかったのに・・・それは愛じゃないもの

愛って・・・深いんだな・・・
雪歩「私達、どこから間違ったんだろ」
たぶん視聴者も聞きたいと思う

朔「ウルトリウス、発射」
ヌービアム、何する気だ・・・インベルを庇う気なのかっ!!!
なんかもう神の雷・バルスって感じの巨大ビーム兵器


元々何もなかったかのような海上、2体のiDOLだけがそこに残っていた
のは雪歩とインベルを守ったヌービアム
そして宇宙では5体のiDOLが揃ったことにより異変が・・・




あぁまたいいところで終わったよ
でも最終回だからこのクライマックスはいい引きだったかも

春香と雪歩の対話→「どこで間違ってしまったのだろう」
多分あなた達が間違ってるのはiDOLと恋愛していることですよ
さぁさぁ雪歩は藍蘭島に帰りましょうね、伊織さん暴れるなら聖王のゆりかごに戻ってください


それにしても最後の最後まで思いが伝わらなかった千早が一番かわいそうだ
彼女なりに尽くしてきたのにインベルがなぜ春香を選んだかが一切描かれてない気がする
たしかずっと倉庫で眠っていた春香を見たとたんに飛び起きたんだよね
じゃあ千早とは遊びだったのかっ!!!ってことじゃないか
インベル氏ね

ネーブラは乗り手の方が奪い合いだったからOKだと思う
伊織と真揃っての戦闘はいい王道展開、ただ戦闘に少し味気がないのがやはり作業用ロボットだからなんだろうな

次回はいよいよ最終回、久々にペンギンの文字
iDOLを5体生贄にささげて上京ペンギン召還

自堕落ラジオ次回は9月25日