最近の流行として高級ダウンをよくお見かけします。デュベティカ、モンクレール、カナダグース、いろいろ…。
ナガヤマも憧れを持って「いつかはカナダグース」的な気持ちを抱いたりもするわけです。
(いつかはクラウン的な)

 

67ae643a2e1b6b6b1c2c4e0d15e55929_s

 

が、悲しいことにどれだけ丁寧に扱ってお手入れをしたとしてもお洋服は着用のたびに服同士で擦れたり肌に当たったり、はたまた外的な要因による汚れ(食べこぼしなど)によりすこーしずつ傷んで行きます。また、経年による劣化も避けては通れません。

これは、ナガヤマ御用達のプチプラファッションには言うには及ばず、最初にお話しした高級なお洋服にも起こります。と言うか高級なお洋服にこそ起こりやすいと言われています。

IMG_1435
 

特に冬用アウターなどは着用回数に対しお手入れの回数は限られています。汚れがついた状態で洗浄まで置かれている時間が長いのです。


お洋服に付着した汚れは時間が経つことで酸化してしまい、お洋服の繊維まで影響を及ぼします。

汚れを落とすことは可能なのですが、汚れと一緒にお洋服の本来の色まで落ちてしまうのです。
首周りや袖口の皮脂汚れなどは落ちたのに、汚れと共に染料まで落ちてしまってそこだけ変色してしまった…なんてことも。


一般的にお洋服の寿命は3~5年と言われています。これはこの期間を過ぎた途端に着られなくなるわけではないのですが傷みや色落ちが起こりやすくなるのも事実です。


弊社でも出来る限り注意を払い、手間をかけて洗浄させていただくのですが汚れの下の繊維の状態まで伺うことは困難です。
洗浄の前に注意深く検品をして気になるお品物についてはお客様に洗っても差し支えないかお伺いを立てることがままあります。
また、品質表示の指示に従い洗浄したとしても汚れによる状態の変化はクリーニングしてみるまでわからないことが多々あります。

 

612ccaeb6b1f0d25324f9a290f31d054_s


汚れがついが状態で長期間置いておくことがトラブル発生の可能性を劇的に高めますので、お気に入りのお洋服とできるだけ長くお付き合いするためにも、汚れをこまめに落としてお手入れしてあげることはすごく重要です。
"中間洗い
でも紹介しましたがクリーニングすることで、中のダウンがふっくらしてダウン製品本来の機能を取り戻すこともできますのでせっかくの高級ダウン、ぜひ万全の状態で使用してあげてくださいね。

 

 

 全国宅配クリーニングサービス<スマクリ>

http://www.sumakuri.com/

ONODRY<小野ドライ>
http://www.onodry.net/