おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、オーダーメイド家具、椅子のデザイン、制作をしています。お客様のご希望に合わせて、デザインから設計、製造まで全ての工程をやっております。 椅子の修理、リペア、y チェアなどのペーオコードの張替えもやっております。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

おのえ椅子製作所は、兵庫県加古川市、権現ダムの麓で、世界にひとつだけのオリジナル家具、オーダーメイド家具を作っております。最終的な仕上げは、あらゆる角度から見て、切り出し小刀、反りガンナなどを手を使って、誰にも真似できない有機的な美しいラインの本物の家具、オーダー家具を魂を込めて作っております。椅子、家具の修理、リペア、yチェアの張替えもやっております。

作品はブログの商品、worksカテゴリ、タグまたはFBからご覧いただけます。

facebook
https://www.facebook.com/eisuke.onoe

おのえ椅子製作所のFB
https://www.facebook.com/onoechair/

リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中 
商品についての問い合わせ、見積もり、工房の見学希望は

eisukeonoe@gmail.comまで。

座ってん(丹波での椅子の展示会)のチラシ置いてもらいにウエルネスパークへ。ゴールデンウイーク中、丹波年輪の里での開催。私最終日、受付当番!


IMG_3129

山桜も終わりがけ。
IMG_3130
IMG_3131

これはカメムシか?いろんな生き物が入ってきます。
IMG_3133

マスキング外し、取っ手くるまで最終チェック。
IMG_3139

fullsizeoutput_9eb


良い!この表情。

IMG_3141

雨降るとすぐ汚れるので、窓だけはふきます。赤いのが寒冷地仕様の電熱線。
IMG_3143
IMG_3144
IMG_3145

after

IMG_3147

金物くるまで、次の座椅子の新規開発。設計。
IMG_3148
IMG_3149

窓が綺麗だと不思議と全体が綺麗に見えます。
IMG_3151
IMG_3153

原寸図設計に欠かせない、曲線定規。never,ヴェクター何ざー使わない!手書き!アナログ!
IMG_3156

シャーペンはステッドラー。
IMG_3157

きました、真鍮の金物。実際現物につけるまでどうなのかわからない。

イメージではぴったりなはず。数ある中からこれをチョイス。
IMG_3158

シンプルなデザイン。
IMG_3159



IMG_3160
IMG_3161

これもお客様のご希望のフック。しまえるようにとのこと。くるりと回せばピタッとハマります。
IMG_3162

間仕切りは取り外し可。寸法の希望通り。後ろのスキは伸縮に対応するため。故に、後ろのみ接着剤入れてない。

持ち運びするとのことなので、中は軽い桐を使用。桐と化粧も一番大きなのはくるみ(軽い)で重さ対策。

それでも気乾比重大きい広葉樹がメイン。重い。重すぎる。
IMG_3166
IMG_3167

一番下は3層になってて、書類などのスペース。これも重さ対策。そうでないと、6段引き出し、めちゃくちゃ重くなる。お客様は外にも持ち運びできるようにとのご希望(画材用具入れ)
IMG_3169

開閉可能。
IMG_3171

下から、桜、ヒノキ、トチ、くるみ、ヒノキのみ香り活かすため無塗装。さらにアロマがわりにヒノキの端材入れて納品する予定。
IMG_3178

右側はさらに小箱4つ収納、これも間仕切り全部外せます。
IMG_3179
IMG_3180
IMG_3184
IMG_3185
IMG_3186

使うときはひねり。
IMG_3188

使えわないときはしまう。
IMG_3189

これも倒れるハンドルがご希望。
IMG_3190
IMG_3191
IMG_3192

画材道具入れ、4段引き出し

W370 D270 H530  素材、躯体タモ、引き出しキリ、引き出し化粧面上から、くるみ、トチ、ヒノキ、桜。(ヒノキ、桜は兵庫県産)

オイル仕上げ。価格15万円から。(税別)
IMG_3194
IMG_3199


IMG_3195


美しい平荘湖。

人造湖で、中学生の頃、よくバス釣りや、陸上部の練習で来たところ。
今月は月末に中学時代の陸上部の2つ上の小学校の先生してる先輩が九州から来られます。30年ぶり再会予定。


IMG_3110IMG_3111IMG_3112

昨日のレザー部分にやや納得いかなかった箇所があったのでやり直し。ややゆるい感じだったので。

原因は買った金具(カシメ)の高さが高すぎでサイズがあってなかったのでダイヤモンドヤスリで削って再加工。

IMG_3102

ぴったり、強度も出てます。
IMG_3104

ダイヤモンドヤスリ。ドリル類の目立てにも使います。
IMG_3105
IMG_3106


そうこうしてると、飛び込みでロッキングチェアーの制作依頼が。予算は10万円とのこと。10万じゃ設計からなので無理ですが、お受けしました。

うちの家具は本物なのと、国内でこの業界での全体の底上げしたいので常に高目の値段設定ですが予算に合わせて制作いたします。久々にロッキングチェア作りたいなと思ってたところなのです。25万くらいの価値があるもの作る予定。

作ったキーホルダーに合わせてサングラスケースも、レザー調のに変更。これはレーシック前にメガネケースとして使ってたので年代物。車のキーレスも28年前の車なので全オーナーの後付け。ミラー格納すらしない年代の可愛い愛車。余計なものは何もついていない、三菱ジープくらい、シンプルな愛車。エアコンとカーステのみ。 しかし、寒冷地仕様なので、リアヒーターとバックドアのガラスに電熱線入ってます。

IMG_3108

防塵マスクも2代目。初代は不自然な穴が空いてたので、虫に食べられたのかと思いきや、友人曰くネズミであろうとのこと。びっくり。

IMG_3113




オイル塗装前の最後の調整。引き出し後ろは摩擦抵抗減らすために若干下げてます。


IMG_3114

サイドにフックつけて欲しいととのご希望。そしてさらにしまえるようにとのご希望。

IMG_3117
IMG_3118

くりんと90度ひっくり返すとフックが。
IMG_3119

丁寧に研磨し、エアーでふきとばします


IMG_3120


マスキングし塗装。

IMG_3121IMG_3122
IMG_3123

めちゃかっこいい桜。この引き出しのチャームポイント。
IMG_3125

オーナーさんが屋外でも持ち運びできるようにとのことなので、(絵を描く道具入れなのです)軽量化のため選んだくるみ。
良い色です。くるみは広葉樹でもしっかりとした強度の割に気乾比重小さい。
IMG_3126

ヒノキはこの香りを消すのはナンセンスなのでそのまま。香りを楽しんでいただきます。
IMG_3128


裏側もアートな桜。こちらを表にしたいくらい!
IMG_3124

トチは想像通りきらきらの杢が。トチは女性的で上品。写真ではわかりずらいですが、貝殻のような綺麗な表面。

あとはもう直ぐ来る予定の真鍮の取っ手つけて完成です。半年位上待たせたO様、もうしばしのお待ちを!
IMG_3127



日差しがきつくなって来てる今日この頃、愛車へのいたわり。ナルディとダッシュボードを紫外線から守ります。昨日の愛之助椅子工房さんがうちの車(軽トラ、年代物)リッター5しか走らへん。だって洗車してないですもん。 古くても、軽ならちゃんとメンテしてたら5はありえない。愛ですよ。愛。

うちのは街乗り10から11。車重2トン。28年選手。

IMG_3025IMG_3026

雨も上がったので新たに座ってんにポスター掲示。
IMG_3027

ゴールデンウイーク中に開催となっております。最終日は当番のため一日受付してます。
IMG_3028

無事圧着完了! お酒のマスのよう。
IMG_3029

この極小スペースに2段積み重ね、計4箱はい入ります。丸穴は上に引き上げやすいように。
IMG_3030
IMG_3031

今が見頃の菜の花。
IMG_3032
IMG_3033

たまにやってる、警察の訓練。大きな掛け声、体育会系。
IMG_3035

新規見積もり受けてるキッチン収納の簡易図面。
IMG_3036

いつもお世話になってる恵通商さんがあいかの見本帳持って来てくれました。
IMG_3039

予算に合うなら、天板に使う予定のデュポンの人工大理石。高級材。

IMG_3040

引き出しの金物、取っ手類を見にここら辺りでは最大規模のムサシへ。夢前川も桜の名所。ほんの少しまだ残ってます。

IMG_3045
IMG_3046

広すぎて、探すの大変。大抵のものはそろいます。
IMG_3051

IMG_3080

引き出しの取っ手とフックのデザイン、収まり考えに久々のスタバ飾磨店へ。
IMG_3081

久しく来ないうちにソファー変わってる。前のがよかったのに、、、
IMG_3082
IMG_3083

引き出しの金具ついでにキーホルダー自作することに。
IMG_3086

before

IMG_3087

本革も売ってました。
IMG_3088

パンチングで穴あけ。kbrアラポンこと荒田くんに教えていただきました。
IMG_3089

取り付けるときにこの台がないとぺちゃんこになってまっすぐ平らになってしまうそうです。
IMG_3090

after

IMG_3092
IMG_3097

simple .less is more そうミースのように。
IMG_3098

↑このページのトップヘ