おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、椅子のデザイン、制作をしています。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

2017年04月

今日は、車も復活したので、都築のタイヤ交換する予定が、大家さんと連絡つかず(大家さんの倉庫でタイヤ交換してます。前回途中でレッカー移動したためジャッキもタイヤもそのまま)急遽神社巡りすることに。神社に詳しそうな友人のHealing Salon Crystal Fairy のけいこさんに聞くと、六甲比命神社と越木岩神社お教えていただきました。越木岩神社は行ったことあるので、六甲比命神社へ。

昔のタンドラ発見。
 
 
fullsizeoutput_826
IMG_5439
IMG_5440 
 
どんどん六甲山登っていきます。
IMG_5226
IMG_5241 
頂上付近は大阪湾一望できます。
IMG_5242 
 
鳥居が見えたけど、駐車場なく車停めるスペースなし。仕方なく止めれそうなところまで通過します。
だいぶ過ぎてしまった。坂道戻ります。元陸上部。小学校のマラソン大会はほぼ1位の足腰健在。
fullsizeoutput_825 
 
あれ?名前が違う。まちがえたかな?と思いつつとりあえず行ってみることに。
後で調べると、六甲山神社 であることが判明。しかも前から行きたかった、六甲山の石の宝殿がある神社です。生石神社の石の宝殿は地元なので、子供の頃からなんども行ってます。
IMG_5262 
こんな大きなあせび見たことない。2−3メートルくらい。満開!
IMG_5265 
倒木くぐってワイルドに進みます。
IMG_5266 
 5分くらいで、何やら建物が、、、
IMG_5271 
奥に立ち入り禁止の場所があり手前が社殿。
IMG_5272
IMG_5274
IMG_5276 
 
許可なく入ってはいけませんという張り紙見つつも何のためらいもなく、入っていく我。
安藤忠雄さんも、若い頃、工事中のサグラダファミリア柵乗り越えて入ったそうな。
神様にはもちろんご挨拶してから入らせていただきます。
IMG_5277 
 
六甲山神社って、石の宝殿があるって聞いたけどこれなのかな?巨石ではないです。
IMG_5279
IMG_5280 
八代龍王大神。
IMG_5282
六甲山大権現
IMG_5284

IMG_5286 
駐車場まで戻ろうとして道間違えて偶然、磐座発見!これが六甲山の石宝殿、おそらく。

ものすごく大きいです。かっこいい!
IMG_5441
IMG_5442
IMG_5443
IMG_5444
IMG_5445 
 
けいこさんに教えてもらった神社はすぐ近くにあることが判明。続いて向かいます。


先日、ハブボルト折れたため、発注してた純正ナットが到着したためネッツへ。
 
 
IMG_5200 
ディーラーの若い整備士がネジ山なめた状態で取り付けたため、せん断破壊したボルト。
IMG_5074 
角度おかしい。ネジ山ずれてる。ボルトが斜めになってます。
IMG_5188

ネッツが破損時休みだったため、カローラ系のトヨタでつけてもらったナット。
純正品は到着時間かかるとのことでの仮のナット

IMG_5178 
 
新しいナットに付け替えますと言われたけど、丁重にお断り。(怖いのと、明日タイヤ交換する予定なので)。

車検時、タイヤつけた整備士呼んで話を聞く。

緩まないくらいの締め付けで、折れたナットとボルトみるとネジ山ずれてることから、「ネジ山なめた、もしくは傷つけた状態で無理やりねじ込んだんでしょ?」

「いえ、トルクレンチ使って普通に締め付けました」

「あのね、ホイールナットなんて、女の人でも体重かけて、クックって十字レンチで軽く緩むの。それが、身長180オーバーの俺が思いっきり体重かけても、ギッチギチでほんの少ししか動かなかったんやで!」

冗談はよしこさん

「自覚症状自分であったでしょ?相当な力で締め付けないと、なめたナットは入らんで。」

しかし無言で、認めない若い整備士(20代前半)でも明らかに顔が動揺してる。

彼を精神的に追い詰めてもしょうがないので、事の重大性をこんこんと説明する我。

「あのね、あなたの仕事、車、特に足回りは人の命に直結してんねんで。これだけ緩まなかったということは、規定トルク以上の力で強引に締め付けてるっていうことやで。」(実際ちょっと緩めて、戻そうとしたら折れたから、相当な剪断応力すでにかかってたはず)

「仕事でミスして、上司に報告しにくくても、あなたの仕事は人の命に直結してるってことをよく肝に銘じときなさい。これからは言いにくくてもミスした場合、絶対報告しなさい。このまま走行してて、ハブボルト1本折れて、他の5本のボルトにも負荷かかるので、高速走行してたら脱輪の可能性もありうるで。」

なぜか全く腹も立たず、むしろ、彼の今後が心配。(まさかクビにはならないと思うけど、怒られないかな?っとか心配してしまう末っ子気質の我。)営業の人も、他の整備士さんも優しそうな人多いので、多分大丈夫であろう。
IMG_4930

IMG_5222

隠れ家ヒーリングサロン夢の森のkumiko さんの糸かけ曼荼羅のプレート完成。

糸かけ曼荼羅はこんな感じのもの。綺麗です。ワークショップやってるそうです。
o0800044913697155179



IMG_5185IMG_5187
IMG_5186 
工房近くの公園も新緑が綺麗、これはコナラ、クヌギあたりのドングリの木。
IMG_5182 
藤も咲き始めてます。


IMG_5183
IMG_5184 
 
藤といえば、丹波 白毫寺(びゃくごうじ)
電話で問い合わせてみると、見頃は5/10くらいとのこと。

夜もライトアップされるみたいです。

満開になるとこんな感じ!
今年こそは見に行かねば。

wisteria_spt02_pht01
yakei_030


 
ディーラーでの車検で整備後、タイヤ交換自分でしてる時、ディーラーの整備士が明らかにネジ山潰れた状態で強引につけたため剪断破壊したボルト。角度が明らかにおかしい。一個ネジ山ずれてる。

10代なら、キム兄のごとく、キレていたであろう(笑)
IMG_5188 
 
2日ぶりに戻ってきた愛車。
IMG_5199 
純正品は届くのもう少し時間かかるとのことで、とりあえずは代用品。
IMG_5178

IMG_5208
IMG_5206 
 
なんてことない、古いボンゴ。でも大切に乗られてる車特有の佇まい、雰囲気があります。
fullsizeoutput_824 
 
たまに来たくなる日岡山公園の大きな楠。
IMG_5192
IMG_5193 
お見事!
IMG_5194 
楠は常緑樹だけど、この時期に葉を入れ替えます。ゆえに、落ち葉ふさふさ。
IMG_5195 
濃いのが古い葉。うすい色が、新葉。
IMG_5196
IMG_5197 
ツツジも見頃。
IMG_5198
IMG_5215
IMG_5219 
そして相変わらずワンプレートで仕上げてくるおかん。ふー、やれやれ。
IMG_5175


丹波の座っ展の搬入ついでに、神社巡り。グーグルマップで、「神社」と入力し、ピンときたところに行ってきました。まずは、丹波の兵主神社(ひょうずじんじゃ)
IMG_5138 
すごく気持ちの良いところ。山の麓で、氷上高校の横。
IMG_5139 
風格があります。
IMG_5140 

肘木、尾垂木に龍の彫り物が。
IMG_5141 IMG_5142

なにやら奥にも神社が。

IMG_5143 
磐座ですね。

IMG_5144
IMG_5145
IMG_5146 
その少し横側には龍神様と、井戸が祀ってます。
なぜか龍が好きな我。直感おそるべし!
IMG_5147 
 
すっごい、ケヤキの巨木。下の紅葉の葉は横の木の枝。
IMG_5148 
 
こんな大きなケヤキ見たことない。
IMG_5150
IMG_5151 
木の中で一番好きな、楠。これも大きいです。
IMG_5152
IMG_5154
IMG_5153
IMG_5155
IMG_5156 
参道も美しい!
IMG_5157 
続いて、新井神社(あらいではなく、にいと読むそうです)

この杉も、3本に別れてて、見事。後ろに1本隠れてます。
IMG_5160
IMG_5161 
茅葺の本殿。
IMG_5162 
 
この小さな子供が、天使のようにキュートでした。

IMG_5159
IMG_5163
IMG_5165
IMG_5166
IMG_5167
IMG_5170 
 
さやエンドウとコロッケの横にオレンジとパイナップルのせるおかん。もはや理解不能! 
IMG_5173


↑このページのトップヘ