おのえ椅子製作所 onoechairのblog

兵庫県加古川市でオリジナル家具、椅子のデザイン、制作をしています。 機械では決して作れない人の手でしか生み出せない美しい有機的なラインの家具を、魂を込めて一つ一つ作っております。 リンク先のおのえ椅子製作所のホームページは現在新しく改装中。 もう暫しのお待ちを 作品は、ブログの商品、worksカテゴリー、タグ、FB等で閲覧できます。 ご予算に合わせて制作いたします。 商品や、見積もり、工房見学等のお問い合わせは eisukeonoe@gmail.com までお願いします。

2017年10月

友人の家具屋さんのお手伝い。

ウェグナーのソファー。シンプルで良いデザイン。

IMG_0439

北欧アンティーク。
IMG_0440
IMG_0444

今回はロスから、イームズの仕入れ。

イームズではハーマンミラーの
LCWが一番好き。

IMG_0437
IMG_0441
IMG_0442
IMG_0443

IMG_0452

次のあ客様のソファーのデザインがやや時間がかかっており、お待ちいただいてるお客様にはご迷惑おかけしております。もうしばしのお待ちを。

ここしばらくデザインに集中してることもあり、気分転換にパッと閃き美術館へ行くことに。
IMG_0389

10代の頃から横尾忠則ファン。西脇の美術館は何度行ったかわからない。
IMG_0392

休館日だけ確認して、いざ着いてみると、なんと!!!!!!
IMG_0391

でも、お話しすると、無期限の入場券いただきました。ふふふ。ついてる。
ここは、建築界の巨匠、村野藤吾設計。元は兵庫県立近代美術館。安藤さんの兵庫県立美術館ができてほとんどの所蔵品が移り、老朽化したものを改修して横尾忠則現代美術館と、原田の森ギャラリーとしてオープンしたそうです。
IMG_0393
村野藤吾さんは、日生劇場設計した人。名作。これも見たい建築の一つ。

a-la-carte_04_img04

素晴らしい。内装はアコヤ貝使ってるそうです。

安藤さんが住吉の長屋で建築学会賞したとき、「雨の日に傘を差さなければトイレに行けないとはなんたる建築家の横暴か!」と非難多い中、「賞は、建築家でより、勇気ある施主に与えるべき。」おっしゃったそうです。
7cbed30d1c52f2c274c8373ba7563aaf
e0102445_15223838

名作、住吉の長屋。
Azuma_house
9b749429d1a3a498fe5957ca4c29153c
f0045776_571357


IMG_0395
IMG_0397
IMG_0398


ギャラリーで水墨画展見た後、小磯記念美術館へ。

IMG_0400

六甲アイランドの中にあります。
IMG_0405
IMG_0406
IMG_0407
IMG_0408


IMG_0409

アトリエの一部も移築されてます。静かで、人も少なくお勧め。
ルノワール、やモリディアーニなども展示されてます。
IMG_0410
IMG_0411
IMG_0412
IMG_0416
IMG_0417
IMG_0427
IMG_0428

舞子のスタバ前、淡路目の前。絶景!
IMG_0429
IMG_0433

今日のNHKでの安藤さんのスケッチ。コルビュジェといい、建築家のスケッチは独特で素敵。

IMG_0388

言葉も独特。

平常心を身につけるには、ギリギリまで追い込まれた経験があるかどうかだと思います


いざとという時はどないでもなる。ノックアウトしたらいいと思ってましたよ。


自ら考え、決断し、行動していく。


エレベーター待つのが嫌い。10階までくらいなら階段や


人生というのは所詮どちらに転んでも大した違いはない。ならば闘って、自分の目指すこと、信じることを貫き通せばいいのだ。


人間の価値、人生の重さは、いかにひたむきに、精一杯生き抜いたかで決まると思います。どのような職業、境遇にあっても、真剣に生きている人間の姿はそれだけで、すがすがしく、美しい。


仕事の中に幸福感があるとすれば、それは無我夢中になることでしか生まれてはこない。必死に取り組まなければ仕事の喜びなど分かるはずはない。



人間、人生なんて休む暇ないよ

かっこ悪くてもいいから、がむしゃらに働いてやってみないと。

これしかないというぎりぎりのところで、才能を叩きつけながら生きる者の姿は強く、美しい。


やりたいことを見つけたら、まずはそのアイデアを実現することだけを考える。現実問題としてどうか、というのは後で考えればいい


闘争心。結局はこれで勝負が決まると思います。


今、私が自信を持ってものが言えるのも、若いうちに死に物狂いで勉強したからです。


全力でやればね、必ず向こうから面白いほど寄ってきますよ


まあ、全力でやれば必ず光が見えてきますよ


もっと皆スピードあげて走らないかん若い子は。


諦めたらいかんのです


全部にチャンスがあると。チャンスを逃さない為に感性磨いておけと、普段から。


ゆっくりしとったらダメです。、もう跳び降りるくらいの・・


疲れたら商売にならへん。基本的に休みなしや。


仕事は与えられるものではなく、創るもの




講演の映像。かっこいい。独自な生き方。
ユーモアもたっぷり。


光の教会の 1/1ができてるそうです。


↑このページのトップヘ